今日も一日お疲れ様でした。

FOMCを控えて模様眺め気分の商品市況、FOMC後の「声明文」に注目が集まっています。相場にとってポジティブに考えると、「現状の疲弊気味な米国経済の内容では、利上げを強行する声明は金融市場の波乱要因となると思われ、必然的にインフレ対応については玉虫色の表現となり、ドル安の方向性に変化はないと考えられる」ということになります。或いは「景気後退局面はすでに終息に向かいつつあり、今後はインフレを抑制するためには手段を選ばない!」との文言であれば、ドルを買い戻す動きが強くなり、商品市場には圧迫要因となることが考えられます。

筆者はどちらかというと前者の意見に近いものと予想していますが、度重なるドルへの口先介入や、インフレ抑制のために商品市場への介入も初めており、こればかりはなんとも言えない微妙な情勢と思われます。ただし、万一後者の内容であったとしても、米経済の後退局面が鮮明化しそうな雲行きの状況の中、利上げに踏み切るであるとか、強調介入のドル買いの動きは政策的な無理があり、供給過剰な米ドルの流れが大きく変化することは経済の原則からは非常に考えにくく、ドル安の体勢の流れは変わらないものと考えております。