東証に上場された金ETFは「SPDRゴールド・シェア」証券コード1326番で誕生しています。9,790円の初値でスタート、後場からは円高を嫌気した動きから引値は9,730円となっています。週末のNY金ETFが一日で16トン強の急増を見せたことに、東京の金ETF上場期待感が含まれていないとも限りません。

NY金は5/22の935.4邸■/10の948.7ドルの高値を射程圏に入れており、今夜が続伸するようであれば、6月末や第2四半期末の手仕舞いの入り安い時期の上昇は、より本物の動きにつながると考えられ、注目していきたいと思います。原油や穀物市場にいつまでも主役を奪われていては金の名折れ、ぼちぼち存在感を増してほしいところです。