おはようございます

「ブッシュ元大統領の国葬」により米国市場は休場となっています。


為替市場ではドル円が113円20銭と小幅にドル高・円安で推移、ユーロは1.134ドルと小動きに終始し、ドル指数は97.0ポイントと小幅に続伸しています。株式や商品は取引所取引は休場も時間外取引では前日の急落からダウ平均は数十ドル程度の小反発にとどまり、商品市場ではドル高なの流れを受けて金が3〜4ドル安に、原油も40〜50セント安で推移、非鉄相場や穀物相場は堅調を維持しています。

休場によりADP民間雇用統計や、EIAの原油在庫は明日の発表に持ち越しとなります。引き続き米中の貿易摩擦の今後の協議に対する不透明感や、今週は米長短金利差の逆転による景気後退懸念が市場を覆うことでリスク回避姿勢が継続しています。

本日もよろしくお願いいたします