2004年10月24日

ある種完璧

日テレ録画中継で試合開始前に個人的に未見の前節大分戦のダイジェストをやっていて(しかしいつも思うのだけど余計なV入れるくらいなら完全中継してもらえないものだろうか。放送権上問題が?)、どうせヴェルディの試合結果なんてサイコロの目さと高をくくってたけど改めて見るとえらいレベルの高いゴールばかりだなあと感心していたら、その勢いを確かに伝える清水戦の立ち上がり。
うーむ人もボールも動く動く、何らかの共通理解と確信を九州から土産に持って来た気配が濃厚に感じられました。

それなら逆に森岡のイエロー2枚の退場はナシにしてもらいたかったなあとか。ヴェルディが調子に乗ってから強い/上手いのは分かりきってるので、むしろいかに調子に乗るか、自分のペースを主体的に取り切るかその過程をイーブンの条件で観察したかった。
でも実際審判禍が目立つせいか最近よく思うんですけど、カードで人数が変わっちゃうのはつまらない。次節の出場停止は仕方ないとして、一発レッドじゃない限りその試合については交代枠の限りで補充出来るとか何とかならないですかね。その場合はラフプレーに対する基準は厳しくして、より一発レッドの出る可能性を高くするとかしないといけないとは思いますが。11人の競技はなるべく11人でやろうよ。

それはともかく清水の無抵抗さもあってヴェルディはかなり好きにやっていて、最後の詰めの粗さ(精神的なものに見える。大悟も最後だけはまだまだ甘い。勝負か繋ぎかよく迷っている)が裏目に転がらなければ森岡のアレ無しでもこれくらいの結果(4−0)になったんじゃないかなという感じ。
大分戦を見てないのでチーム作りの流れ上どういう変化があったのかはよく分からないんですが、とりあえず林ではなくてコバが中盤の中心になったこと、相馬、平野、大悟と動ける選手がその前に揃って自ずとプレーの色が統一されたことがこういうプレー内容になっている原因もしくは条件だということは普通に想像出来ますが。

実際昔ランドによく行っていた頃に林抜きでコバが全権握った試合を何度が見ましたが、何か覿面にテンポが変わるんですよね。当時のコバは今の7割程度のコンディションだったと思うんですが、それでもあからさまに意欲的になって積極的にチームを動かすようになる。そういえば今よりもっと方向性模索中だった大悟も、嬉々として使われるプレーに徹してかえって天才振りが引き立っていたっけ。コバの復活の可能性は五分五分くらいという状況でしたが、こんなヴェルディいいよなと近未来に希望を描いていたものでした。
言うまでもなく林のいる楽しさ、林がいるからこそ出来るプレーというのはあってそれはそれで僕も愛してはいるんですが、少なくとも3−5−2でやるなら特別な意図がない限り中盤はコバ(もしくはダブル小林)中心で行くのがスムーズだろうとは思います。

・・・・と、いかにもヴェルディ新時代に思いをはせているようですが、どうなんでしょうね。やっぱり長い目で見るとたまたまチームの流れ、選手のコンディション、相手関係が上手くはまっただけという印象は強いです。勿論この試合の結果そのものはたまたまではないと思いますが、ヴェルディはともかくオジーが今から新しい流れを作り出して大きなピークを迎えるというのはちょっと想像するのが苦しいです。ちょっともう旬が。とりあえず来年もまだいたらそこで改めてという感じ。

要は明確な目標に向かう過程ではなく、改善改善試行錯誤の現在形という以上のものではないように感じるので。チーム自体は妙に前向きな精神状態でいるように見えます(なぜだ?今更。ナビスコ逆ショックか?)し、結果出現したサッカーもいかにも専門誌のレビューで好意的に評価されそうなものではあるんですが。ただ逆にその慣れない(笑)優等生ぶりが不安定感、危うさを呼び起こすので。だから”ある種”完璧なわけですが。
つまり(初期)ロリならばロリ自身が優等生指向なのがはっきりしているので継続性も期待出来たんですが、そこらへんオジーは今だに曖昧。これまでの経緯からも信用しない方が無難、いやむしろ誠実。とりあえず戸川が戻ったら林をどうするのかとかも含めて。


次は磐田か。向こうの調子がいいと逆に興味深い対戦なんだけどな。

atlanta1996 at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ヴェルディ '04  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
最新コメント
アクセス解析



  • ライブドアブログ