さかえクリニック院長 末武信宏先生が、
弊社製品ハートリズムスキャナーPE(Biocom社製)を使用し、
東京オリンピック競泳日本代表選手の自律神経の計測と指導をさせていただきました。


IMG_3603-235x300

自律神経機能計測中の様子(BIOCOM HRV ハートリズムSCANNER 解析システム)

IMG_3591-1-300x225
IMG_3591-1-300x225 (1)



自律神経は二人とも副交感神経優位でTPも高くトップアスリートとして最適なデータでした。
さらにこの機能をバージョンアップできる胸郭のスムーズの動かし方から身体の使い方、
水泳にとっての最大のアドバンテージである息継ぎの際の呼吸時における
最大酸素摂取量のアップするためのコンディショニング法、
トレーニング法を詳細に解説、指導させていただきました。
全て指導は 機能解剖学・運動生理学に基づいて実施して 
競泳なのでタイムという定量評価が結果としてできることになります。

最近テレビや雑誌等で耳にしたりする「自律神経」という言葉ですが、
よく知らない人も多いのではないでしょうか?
「自律神経」とは生命活動を支配する神経で、自分の意志とは関係
なく刺激や情報に反応して、からだの機能をコントロールし、状況に
あわせてからだを適応させるために、からだの中からと、外からの
情報や刺激にあわせて、自動的に作動しています。
また、呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌などのシステム
を調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の
役割でもあります。

「自律神経」は相反する働きをする交感神経系と副交感神経系
から成り立っており、互いに拮抗し合いながら機能し、
身体全体を調節しています。


空と女性

自律神経が整うことで以下のような効果が得られます。

○血流が良くなる事により新陳代謝が活発になる

○腸内環境が整う事によって便秘の解消につながる

○免疫力がUPする事により病気にかかりにくくなる

○不眠が改善され質のいい睡眠がとれるようになる

○血液やリンパ液の流れが良くなる事により手足の冷え・むくみが解消される

○ゆったり大きく呼吸が出来るようになり肺がふくらみ
 胸を張るようにする事で姿勢も良くなる

○自律神経のバランスが整う事によって、
 多少のストレスを受けても平常心を保てるようになり、
 常に安定した状態を保てるようになる

○便秘解消に伴い、肌荒れや髪のトラブルも解消される


空と建物

自律神経を整え改善する為にはいろいろな方法がありますが、食べ物の中にも神経を整えて
くれる栄養素があります。

〇ビタミン・ミネラルでホルモンの分泌を促す
 ビタミンを多く含む食品・・・野菜、果物、豆・豆製品、ナッツ類、肉類、魚介類、乳製品等
 ミネラルを多く含む食品・・・骨、階層、野菜、果物、肉類、魚介類、乳製品等

〇鉄分で酸素を身体のすみずみまで行き届きやすくする
 鉄分を多く含む食品・・・レバー・赤身の肉魚、うなぎの肝、貝類、シジミ、卵、大豆、大豆製品、きくらげ、ひじき、のり、ほうれん草、プルーン等
  ※ビタミンCと一緒に摂ると吸収が高まります。

〇カルシウムで神経を緩和してイライラを抑える
 カルシウムを多く含む食品・・・干しエビ、サクラエビ、煮干し、しらす干し、ししゃも、サバ、大根の葉、モロヘイヤ、ゴマ、ケール、大豆、チーズ・ヨーグルトなどの乳製品
  ※ビタミンDと一緒に摂ると吸収が高まります。

焼肉


マッサージには、血行やリンパの流れを良くしたり
体から老廃物を排出しやすくするなどいろいろな効果があり
ストレスを感じた時にするととても気持ちが楽になります。

ストレスを受けた体は緊張し凝り固まっており、
血液循環は悪化し栄養や酸素が滞って悪循環になってしまいます。
リンパマッサージをする事で、
リンパの流れを改善し全身の循環を良くする事ができます。
そうする事で、緊張していた筋肉は徐々にほぐれ
本来の状態を取り戻すと共に、体がリラックスされていきます。


セルトリートメント3

 
アロマの香りは気持ちを落ち着かせたり、疲労回復などストレス解消にとても効果的です。


・芳香浴

アロマポッド等を使用することで上記を発生させ、部屋に充満した香りを楽しむ。


・アロマバス

体温より少し熱めのお湯にエッセンシャルオイルを数滴たらし、ゆっくりとつかる。


・アロママッサージ

エッセンシャルオイルを皮膚を通して体内に吸収させる。


アロマには様々な香りがあるので、その時の気分で変えてみたり、自分の好みの香りを探してみたりすると、より一層楽しむことが出来ます。

花の香りを嗅ぐ女性




.精神的ストレス人間関係等精神的に不快に感じる事によるストレス
2.構造的(身体的)ストレス体のゆがみによって脳が感じるストレス
3.化学的ストレスある栄養素が過剰摂取又は不足したりすることによって脳が感じるストレス
4.温度と湿度のストレス冷暖房の効きすぎ等によって起きるストレス。湿度による不快感や気圧の
             変化の影響によるストレス

女性ショック

↑このページのトップヘ