銀河連邦新指導部:旧銀河連邦指導部は旧アセンションプログラムのミッションを完了し、アセンションプログラムのシナリオは最終章へと移行した。総絶対根源指揮下に主導権はミカエルとなり銀河連邦新指導部は本格稼動を始めた。この地球に新たな変革が始まる!

銀河連邦新指導部:
旧銀河連邦指導部は旧アセンションプログラムのミッションを完了し、アセンションプログラムのシナリオは最終章へと移行した。総絶対根源指揮下に主導権はミカエルとなり銀河連邦新指導部は本格稼動を始めた。この地球に新たな変革が始まる!

選挙活動たるもの

2009年08月23日

 選挙活動・政権交代という言葉は、いい加減聞き飽きた頃ではないだろうか。

 投票までのリミットは残りわずかではあるが、どうも投票したいと思わないのはこのブログの管理人だけではないのは言うまでもない。

 ましてや政権交代となれば、誰に支配され、誰の奴隷にされるかの選択肢を突きつけられたかに過ぎないからである。言い換えれば、弱者はどのようにいたぶられたいかを決めているようなものであり、政権交代・選挙活動なんて言葉は所詮、きれいごとに過ぎない。

 救いとしては、支配者候補の中には必ず一番のまぬけと言える存在がいるくらいであり、そのまぬけが当選して墓穴を掘って卑劣な日本侵略計画を失敗に終わらすぐらいである。しかも本当にまともと思える政党があったとしても気休めに過ぎない。むしろ野蛮な計画をたくらむ政党でも、まぬけが尻尾出しやすい政党が当選してしまった方がましなのかもしれない。

 結局どこに投票しても投票先には、野蛮なエージェントが必ず潜んでいるわけだから、イルミナティの思う壺である。しかしエージェントと言えども人間だけにまぬけも当然潜んでいることになる。まぬけを当選させて尻尾つかむ方がむしろ一番まともな結果が出るのではないだろうか。

 ここまで酷い日本になるまで放置されてきたのも大きな問題である。人間の汚れそのものが反映された以外、他ならないのではないだろうか。むしろ他の星の侵略者に支配された方が豊かな世の中になっているのではないだろうかと思うこのブログの管理人である。

Part-1

Part-2

 上記のアホなアニメは20年以上昔に放送されたうる星やつら第1話である。
今の現状でこのアニメを見て、この結末に抱くものは20年前では想像もつかない感情であるのは言うまでもない。



atlanty58 at 03:02| PermalinkTrackBack(0)陰謀論 

銀河連邦新指導部:
旧銀河連邦指導部は旧アセンションプログラムのミッションを完了し、アセンションプログラムのシナリオは最終章へと移行した。総絶対根源指揮下に主導権はミカエルとなり銀河連邦新指導部は本格稼動を始めた。この地球に新たな変革が始まる!

Powered by DRARIONNET