atomtokyo

アトム法律事務所|刑事事件に強い弁護士 新宿 北千住 横浜 千葉 埼玉 名古屋 京都 大阪 神戸 福岡

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事弁護専門の法律事務所として多くの刑事事件のご相談に対応してきました。交通事故の被害者相談にも対応しています。

30

メディア出演|Abema TV「Abema Prime」岡野弁護士が薬物事件について解説しました。

5

Abema2

11月29日、テレビ朝日系列 Abema TV「Abema Prime」に、アトム法律事務所の岡野弁護士が出演しました。

テーマは、覚せい剤や危険ドラッグといった薬物事件についてです。
先日、歌手のASKAこと宮崎重明氏が、覚せい剤事件で執行猶予中に、覚せい剤取締法違反の容疑で再逮捕されたニュースが世間を驚かせました。
この事件を受けて、現在の覚せい剤取締法の問題点などについて、刑事弁護士の立場から解説しました。

また、昨今、危険ドラッグがネットなどで簡単に入手できることが問題になっています。
なかなか追いつかない法規制の問題点などについても、MCのケンドーコバヤシさんや小松靖アナウンサーなどの出演者の方のご質問にお答えしました。

+-----------------------------------------------------+
弁護士に刑事事件・交通事故の悩みを無料相談
逮捕されたら:刑事事件の弁護士
人身事故にあったら:交通事故の弁護士
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
+-----------------------------------------------------+
24

テレビ出演|フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」成瀬弁護士が盗撮ハンターについて解説しました。

22

11月22日、フジテレビ「 直撃LIVE グッディ!」で、アトム法律事務所新宿支部の成瀬弁護士が取材を受けた内容が放送されました。

先日、東京都町田市で、いわゆる「盗撮ハンター」と言われる男性が逮捕されました。
盗撮ハンターとは、盗撮をしている人を見つけ、被害者の関係者を装って、示談金等の名目で高額な金員を要求する人たちのことです。
盗撮ハンターは、盗撮された被害者と面識がないケースが多いのですが、被害者と共謀していることもあります。

「お金を払わなければ盗撮犯であることをばらす」「警察に訴える」などと脅してお金を支払わせる盗撮ハンターの行為は、恐喝罪にあたります。
盗撮した人は、自身が盗撮の加害者であるため、恐喝の被害にあっていることを警察に届けにくく、言われるままに数百万円のお金を払うことも少なくありません。

これらの盗撮ハンターの最近の動向や、そもそもの盗撮事件の状況について、刑事弁護士の立場から解説しました。

+-----------------------------------------------------+
弁護士に刑事事件・交通事故の悩みを無料相談
逮捕されたら:刑事事件の弁護士
人身事故にあったら:交通事故の弁護士
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
+-----------------------------------------------------+
18

テレビ出演|フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」藤垣弁護士が特殊詐欺の傾向について解説しました。

17

11月17日、フジテレビ 「直撃LIVE グッディ!」において、アトム法律事務所埼玉大宮支部の支部長を務める藤垣弁護士が取材を受けた内容が放送されました。

テーマは、特殊詐欺についてです。
先日、女優の泉ピン子さんが、還付金詐欺の可能性がある電話を受けるという経験をされました。
その経験談を受けて、昨今の特殊詐欺の傾向や、詐欺被害にあわないために注意すべきこと等を、刑事弁護士の立場から解説しました。

+-----------------------------------------------------+
弁護士に刑事事件・交通事故の悩みを無料相談
逮捕されたら:刑事事件の弁護士
人身事故にあったら:交通事故の弁護士
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
+-----------------------------------------------------+
17

NEW!太田弁護士担当の傷害・器物損壊事件で準抗告認容!ご依頼者様が釈放されました。

17準抗告2

アトム法律事務所新宿支部の太田弁護士が担当する傷害・器物損壊事件で、勾留決定に対する準抗告が認容されました。
これにより、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。

【事件の概要】
ご依頼者様が、口論からトラブルになった男性を殴って怪我を負わせ、男性所有の携帯電話を壊したという、傷害と器物損壊の容疑で逮捕・勾留された事件。

ご依頼者様の事件では国選弁護人がついていましたが、都内の警察署で既に10日間の勾留が決定しており、関西にお住いのご両親が不安に苛まれて弊所に初回接見のご依頼をされたケースでした。

お電話に対応した大阪支部の事務スタッフから連絡を受けた太田弁護士は、直ちにご依頼者様が勾留されている警察署に向かい、事件が発生した経緯や反省の情を聞き取りました。
ご依頼者様とご家族のご希望で、国選弁護人から事件を引き継いだ太田弁護士は、直ちに示談交渉に着手し、被害者側の弁護士と交渉を重ね示談に応じてもらう約束を取り付けました。
さらに示談交渉と並行して裁判所に準抗告を提出し、示談成立後すぐにその旨を報告するなど、ご依頼者様の釈放に向けた活動に奔走しました。

その結果、太田弁護士の主張が通り準抗告が認められ、初回接見の翌々日にはご依頼者様の釈放を実現することができました。

【解説】
警察に逮捕されると、その後48時間以内に検察庁に送られ、検察間が勾留すべきかどうかを検討します。
勾留が認められるためには、〆瓩鯣箸靴燭海箸魑燭Δ紡りる相当な理由、勾留の理由(住所不定、罪証隠滅のおそれ、逃亡のおそれ)、8留の必要性、の要件を満たす必要があります。
検察官がこれらの条件を踏まえて勾留すべきと判断し、裁判官もこれを認めると、検察官による勾留請求の日から10日間身柄を拘束されることになります。
更に勾留の必要があると判断された場合はそれから10日延長されることもあり、逮捕から23日間もの間、留置場生活が続く可能性があります。

もし、本当に犯罪を行ったのならば、ご本人が真摯に事件に向き合って反省し、適切な捜査が行われることが重要です。
しかし、上記の要件を欠くような不当な身柄の拘束が続く中で、精神的に追い込まれ、犯した罪以上の罪を認めたり、必要以上の刑罰を受けることは防がなくてはなりません。

このような本来認められるべきではない身柄の拘束が行われないようにするためには、弁護活動によって証拠隠滅や逃亡の恐れがないことなどを伝えていくことが有効です。
にもかかわらず不当な勾留が決定された場合は、準抗告という不服申し立てをすることができます。

準抗告は、裁判官による判断の間違いを防ぐための手続きで、勾留決定を行った裁判官以外の3人の裁判官が話し合い、勾留の必要性などを検討する制度です。
しかし準抗告は、裁判所が同じ裁判官の判断を覆すものであるため、準抗告が認容されるのはとても難しいものとなっています。

今回、ご依頼者様の釈放が実現したのは、関西・関東での迅速な連携、そして太田弁護士の豊富な刑事弁護経験に基づいた、幅広くかつ迅速な対応があったからこその結果ということができるでしょう。

+-----------------------------------------------------+
弁護士に刑事事件・交通事故の悩みを無料相談
逮捕されたら:刑事事件の弁護士
人身事故にあったら:交通事故の弁護士
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
+-----------------------------------------------------+
21

NEW!庄司弁護士が担当する児童買春事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。

2

アトム名古屋支部の庄司弁護士が担当する児童買春・児童ポルノ法違反事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。

【事件の概要】
ご依頼者様が、LINEの掲示板で援助交際相手を探していた女性と知り合い、対価を渡して性的関係を持ったという児童買春の容疑で逮捕された事件。

本件は、ご依頼者様が逮捕・勾留された後、他県にお住いのご家族・ご友人が心配してアトムに電話をされ、初回接見を依頼されたケースです。

電話を受けた他県のアトムのスタッフから連絡を受けた庄司弁護士は直ちに接見に向かい、ご依頼者様が事件を深く反省していること、普段は真面目に働く会社員で、ご家族の支援も十分であることといった事情を汲み取りました。
接見の報告を受けたご家族から、弁護活動の要請を受けた庄司弁護士は、接見に行った帰りには直ちに早期釈放を求める弁護活動に着手しました。
上記の事情を伝え、裁判所に対して真摯に交渉をした結果、勾留決定の判断が覆り、ご依頼者様の早期釈放を実現することができました。

庄司弁護士の迅速な活動により、ご依頼者様が釈放され、ご家族はもちろん、一緒に弁護士を探しておられたご友人の方の安心にもつながる結果となりました。

【解説】
警察に逮捕されると、翌日か翌々日に検察庁に送られ、勾留すべきか否かを検討されます。
検察官が勾留すべきと判断して勾留を請求し、裁判官も認めると、勾留請求から10日間、留置場で身体拘束を受けます。
この身体拘束のことを勾留といいます。
10日間の勾留期間後も勾留を続ける必要があるとされると、更にそれから10日間にわたって身柄の拘束が続く可能性があります。

もし、ご依頼者様が真実罪を犯したならば、真摯に事件を反省し、適切な捜査によって事件が解明される必要があります。
しかし、本来必要のない身柄の拘束によって、犯した以上の罪を認めるよう追い込まれたり、必要以上の刑罰を受けることは防がなくてはなりません。

不当な身柄拘束を防ぐためには、弁護活動によって、証拠隠滅や、逃亡の恐れがないことなどを関係当局に的確に伝えることが必要です。
しかし、もし不当な勾留が決定された場合は不服申し立てをすることができます。
この不服申し立てを準抗告といいます。
これは、裁判官による判断の間違いを防ぐための手続きで、勾留決定を行った裁判官以外の3人の裁判官が話し合い、勾留の必要性などを検討する制度です。
とはいえ、準抗告を認めることは、裁判所が同じ裁判官の判断を覆すことになるため、実際に認められるのは非常に難しいのが実情です。

今回、準抗告が認められてご依頼者様の早期釈放が実現したのは、庄司弁護士の迅速で的確な弁護活動があったからこその結果といえます。
そして、アトムの一人一人のスタッフの連携によって、離れた場所で不安を募らせておられたご依頼者様のご家族やご友人のサポートにもつなげることができました。

+-----------------------------------------------------+
弁護士に刑事事件・交通事故の悩みを無料相談
逮捕されたら:刑事事件の弁護士
人身事故にあったら:交通事故の弁護士
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
+-----------------------------------------------------+
記事検索
事務所紹介
logo_2

アトム法律事務所 弁護士法人
→ 刑事事件の弁護士 新宿
→ 刑事事件の弁護士 北千住
→ 刑事事件の弁護士 横浜
→ 刑事事件の弁護士 千葉
→ 刑事事件の弁護士 埼玉
→ 刑事事件の弁護士 名古屋
→ 刑事事件の弁護士 京都
→ 刑事事件の弁護士 大阪
→ 刑事事件の弁護士 神戸
→ 刑事事件の弁護士 福岡

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事事件をはじめとする幅広い弁護活動を実際に行う新宿・北千住・横浜・千葉・埼玉・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の支部事務所と、法人全般の管理業務を行う本社事務所によって構成される弁護サービスグループです。

前身であるアトム東京法律事務所時代から、日本初の刑事事件のみを取り扱う法律事務所として、これまで数多くの刑事事件に関する法律相談等を取り扱ってきました。

私たちアトム法律事務所は、時代に即した情報ツールを取り入れることで、より多くの方に弁護活動を提供できるよう取り組んでいます。


【所属弁護士(五十音順)】


【連絡先】
24時間法律相談受付無料(全国対応)
0120-631-276

【住所】

(新宿支部)
東京都新宿区西新宿1丁目13番8号朝日新宿ビル8階
新宿支部地図
新宿駅から徒歩3分

(北千住支部)
東京都足立区千住2-22 SKビル3階
新宿支部地図
北千住駅から徒歩3分

(横浜支部)
神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階
横浜支部地図
横浜駅から徒歩3分

(名古屋支部)
愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7西柳パークビル3階
地図_サムネイル
名古屋駅から徒歩6分

(京都支部)
京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階
京都支部地図
四条烏丸駅直結

(大阪支部)
大阪市北区曽根崎2-5-10梅田パシフィックビル2階
map
梅田駅から徒歩5分

(福岡支部)
福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル2階
地図_サムネイル
天神駅から徒歩2分
twitter
ギャラリー
  • メディア出演|Abema TV「Abema Prime」岡野弁護士が薬物事件について解説しました。
  • メディア出演|Abema TV「Abema Prime」岡野弁護士が薬物事件について解説しました。
  • テレビ出演|フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」成瀬弁護士が盗撮ハンターについて解説しました。
  • テレビ出演|フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」藤垣弁護士が特殊詐欺の傾向について解説しました。
  • NEW!太田弁護士担当の傷害・器物損壊事件で準抗告認容!ご依頼者様が釈放されました。
  • NEW!庄司弁護士が担当する児童買春事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。
  • マスコミ取材|風俗店経営者が逮捕された事件−売春防止法について藤垣弁護士が解説しました。
  • NEW!射場弁護士が担当する痴漢事件で勾留決定に対する準抗告認容!ご依頼者様が釈放されました。
  • New!埼玉大宮支部長の藤垣弁護士が担当する傷害事件で準抗告認容、ご依頼者様が早期釈放されました。
  • 《急募・深夜アルバイト》法学部生・ロースクール生・司法試験受験生等/夜の時間を有効に使って勉強できます/自習室完備
  • マスコミ取材|公判中の被告人が逃走した事件−拘置所生活について岡野弁護士が解説
  • テレビ取材|九州朝日放送 薬物事件について福岡支部長の野崎弁護士が質問にお答えしました。
  • 高校生と千葉支部長・松毛弁護士との質問会〜裁判員裁判・冤罪・刑事弁護士の活動について〜
  • NEW‼名古屋支部・庄司弁護士担当の窃盗事件で準抗告認容、ご依頼者様が釈放されました。
  • 高校生と成瀬弁護士との質問会を開催〜少年法・死刑制度・裁判員裁判について〜
  • NEW‼成瀬弁護士担当の交通事故事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。
  • マスコミ各社取材|強盗致傷事件の裁判員裁判での無罪判決について新聞各社で報道されました。
  • マスコミ各社取材|強盗致傷事件の裁判員裁判での無罪判決について新聞各社で報道されました。
  • マスコミ各社取材|強盗致傷事件の裁判員裁判での無罪判決について新聞各社で報道されました。
  • NEW‼無罪判決獲得!大阪支部の浦田弁護士・川崎弁護士が担当する強盗致傷事件の裁判員裁判で全部無罪判決が下されました。
  • NEW‼新宿支部長の野根弁護士が担当する児童買春事件で準抗告認容、ご依頼者様が釈放されました。
  • NEW‼成瀬弁護士が担当する暴行事件で準抗告認容!ご依頼者様が早期釈放されました。
  • 中学生と新宿支部・成瀬弁護士との質問会〜冤罪が生まれる背景と刑事弁護士の役割について
  • 法律監修|NHK「総合診療医ドクターG」の法律監修を行いました。
  • 法律監修|NHK「総合診療医ドクターG」の法律監修を行いました。
  • NEW‼野根弁護士が担当する盗撮事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。
  • NEW‼京都支部長・代次弁護士が担当する盗撮事件で、観護措置取消決定によりご依頼者様が釈放されました。
  • NEW!!加藤弁護士が担当する痴漢事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が釈放されました。
  • テレビ取材|金融犯罪について新宿支部の成瀬弁護士が質問にお答えしました。
  • 【69期修習生・経験弁護士の方へ】事務所説明会開催のお知らせ
  • アトム法律事務所 神戸・千葉・埼玉大宮支部開設のお知らせ
  • アトム法律事務所 神戸・千葉・埼玉大宮支部開設のお知らせ
  • NEW!!京都支部長・代次弁護士が担当する交通事故事件の控訴審で破棄自判、執行猶予付判決を獲得しました。
  • New!!新宿支部長の野根弁護士担当の建造物侵入事件で準抗告認容!ご依頼者様の釈放を実現しました。
  • マスコミ取材|野崎弁護士が賭博をめぐる問題について西日本新聞の紙上で解説
  • テレビ出演|九州朝日放送「土曜もアサデス。」野崎弁護士が野球賭博等の問題について解説しました。
  • テレビ取材|九州朝日放送「土曜もアサデス。」 賭博事件についてアトム福岡支部の野崎弁護士が質問にお答えしました。
  • テレビ出演|フジテレビ「ノンストップ!」岡野弁護士が結婚詐欺について解説しました
  • テレビ出演|フジテレビ「ノンストップ!」岡野弁護士が結婚詐欺について解説しました
  • テレビ出演|TBSテレビ「Nスタ」清原元選手の覚せい剤事件・保釈について野尻弁護士が解説しました
  • テレビ出演|TBSテレビ「Nスタ」清原元選手の覚せい剤事件・保釈について野尻弁護士が解説しました
  • NEW!!太田弁護士が担当する窃盗事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が釈放されました。
  • ドラマ監修|フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」の法律監修を担当しました
  • ドラマ監修|フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」の法律監修を担当しました
  • NEW!!永田弁護士担当の青少年保護育成条例違反事件で準抗告認容、ご依頼者様の釈放を実現しました。
  • New! 清原和博氏の覚せい剤(覚醒剤)取締法違反の逮捕に関するテレビ取材、新聞取材、その他のマスコミ取材はこちらまで。
  • NEW!!松毛弁護士担当の大麻取締法違反事件で準抗告認容、ご依頼者様の身体拘束期間が短縮されました。
  • テレビ出演|TBSテレビ「Nスタ」携帯電話の不正取得について野根弁護士が解説しました
  • テレビ取材|TBS「Nスタ」 金融犯罪についてアトム新宿支部の野根弁護士が質問にお答えしました。
  • NEW!!新宿支部の松毛弁護士が担当するひき逃げ事件で準抗告認容、ご依頼者様が釈放されました。
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ