atomtokyo

アトム法律事務所|刑事事件に強い弁護士 新宿 北千住 横浜 千葉 埼玉 名古屋 京都 大阪 神戸 福岡

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事弁護専門の法律事務所として多くの刑事事件のご相談に対応してきました。交通事故の被害者相談にも対応しています。

24

NEW‼新宿支部長の野根弁護士が担当する児童買春事件で準抗告認容、ご依頼者様が釈放されました。

24

アトム新宿支部長の野根弁護士が担当する児童買春事件で、勾留決定に対する準抗告が認められ、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。

【事件の概要】
ご依頼者様が、ネットで知り合った少女に対価を渡してホテルで関係を持ったという児童買春の容疑で逮捕された事件。

本ケースでは、ご依頼者様が逮捕された当日、ご両親からアトムのフリーダイヤルにお電話をいただき、来所されて法律相談となりました。
日曜日の夕方のご相談の後、事件を担当した野根弁護士は、直ちにご依頼者様が逮捕されている留置場に接見に向かいました。

夜まで続いた接見の中で、ご依頼者様の深い反省の念や、本件事件に至った経緯などを聞き取った野根弁護士は、ご依頼者様が普段は真面目な社会人であること、ご家族のサポートも万全であることなどから、勾留する必要はないことを訴えました。
しかし、そうした事情があるにもかかわらず、検察官は勾留を請求し、裁判官もこれを認める決定を下したのです。
それでも野根弁護士は、諦めませんでした。
新証拠を追加して準抗告の申し立てを行い、裁判官との面談で勾留の必要性がないことを粘り強く訴えた結果、準抗告が認められ、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。

【解説】
警察に逮捕されると、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれ、勾留するべきかがどうかが検討されます。
逮捕に続く勾留は、原則として〆瓩鯣箸靴燭海箸魑燭Δ紡りる相当な理由、勾留の理由(住所不定、罪証隠滅のおそれ、逃亡のおそれ)、8留の必要性、という要件を全て満たす場合に限り認められます。
これらの要件を満たすと検察官が判断して勾留を請求し、裁判官もこれを認めると、検察官による勾留請求の日から10日間身柄が拘束されることになります。
更に勾留の必要があると判断された場合はそれから10日、つまり逮捕から23日にわたり留置場での生活を強いられます。

もし、ご依頼者様が本当に犯罪を行っていたならば、適切な取調べが行われること、そしてご依頼者様自身が罪を認めて反省することがとても重要です。
しかし、本当なら必要のない身体拘束下におかれ、毎日捜査機関側の人間に囲まれて取調べを受ける中で、犯した以上の罪を認めたり、必要以上の罰を受けることは防がなくてはなりません。

本来なら不要な身柄拘束を防ぐためには、ご依頼者様が証拠を隠滅したり、逃亡する恐れがないことなどをきちんと伝える弁護活動が有効です。
それでも不当な勾留が決定されてしまったような場合には、不服申し立てを行うことができます。

この不服申し立てのことを、準抗告と言います。
準抗告は、裁判官による判断の間違いを防ぐために設けられた制度で、準抗告を申し立てた場合は、勾留決定をくだした裁判官とは別の裁判官3名の話し合いにより、勾留の必要性などが改めて検討されます。
しかし、準抗告は、裁判所が同じ裁判官の判断を覆す意味をもつため、認められるのはとても難しいのが現実です。

今回、勾留決定に対する準抗告が認められご依頼者様の釈放が実現したのは、野根弁護士の熱心で粘り強い弁護活動の成果と言えます。
野根弁護士は、本件だけではなく、夜間・休日を問わず、ご依頼者様とご家族の安心のために日々刑事弁護活動に邁進しています。

+-----------------------------------------------------+
逮捕されたらアトム法律事務所
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
新宿支部:刑事弁護士携帯サイト
北千住支部: 刑事弁護士携帯サイト
千葉支部:刑事弁護士携帯サイト
埼玉大宮支部:刑事弁護士携帯サイト
横浜支部:刑事弁護士携帯サイト
京都支部:刑事弁護士携帯サイト
名古屋支部:刑事弁護士携帯サイト
大阪支部:刑事弁護士携帯サイト
神戸支部:刑事弁護士携帯サイト
福岡支部:刑事弁護士携帯サイト
+-----------------------------------------------------+
16

NEW‼成瀬弁護士が担当する暴行事件で準抗告認容!ご依頼者様が早期釈放されました。

16

アトム新宿支部の成瀬弁護士が担当する暴行事件で、勾留決定に対する準抗告が認められ、ご依頼者様が釈放されました。

【事件の概要】
ご依頼者様が、飲酒して飲食店の店員と揉め、足を蹴るなどした暴行の容疑で逮捕された事件。

本件は、ご依頼者様の逮捕、勾留を受けて、ご家族の方が相談に来所された事件です。
ご依頼者様の逮捕時、ご家族が仕事で不在だったため、逮捕の事実が判明してアトムにお電話をされたときには、既に勾留が決定されている状況でした。

ご相談を受けて直ちにご依頼者様が勾留されている警察署に向かった成瀬弁護士は、ご依頼者様が持病のため本件行為に至った可能性が高く、病気の影響で当時の記憶も曖昧で供述にも影響が生じている事情を汲み取りました。
そして、裁判所に対して、ご依頼者様が通常は真面目に家庭生活を送っていること、ご家族のサポートもあること、早期治療の必要性が高いことから、勾留を続けておくべきではない旨を強く訴えました。
その結果、準抗告が認容され、ご依頼者様は釈放され、ご自宅に戻ることができました。

【解説】
警察に逮捕されると、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれ、勾留するべきかが検討されます。
逮捕に続く勾留は、〆瓩鯣箸靴燭海箸魑燭Δ紡りる相当な理由、勾留の理由(住所不定、罪証隠滅のおそれ、逃亡のおそれ)、8留の必要性、という要件を全て満たす場合に限り認められるのが原則です。
検察官が、この要件を満たすと判断して勾留を請求し、裁判官も認めると、検察官による勾留請求の日から10日間身柄を拘束されることになります。
更に勾留の必要があると判断された場合はそれから10日、つまり逮捕から23日にわたり留置場での生活を強いられることになります。

真実罪を犯した場合は、犯罪を行った被疑者ご自身が罪を認めて反省すること、そして適切な捜査が行われることが何より大切です。
しかし、本来は不要な身体拘束が続けられ、連日完全アウェイの環境で取調べが続けられる中で、犯した以上の罪を認めたり、必要以上の罰を受けることは防がなくてはなりません。
本来必要のない身柄拘束を防ぐためには、ご依頼者様が証拠を隠滅したり、逃亡する恐れがないことなどをきちんと伝える弁護活動が有効です。

にもかかわらず不当な勾留が決定された場合は、不服申し立て(準抗告)を行うことができます。
準抗告は、裁判官による判断の間違いを防ぐために設けられた制度です。
準抗告を申し立てた場合は、勾留決定をくだした裁判官とは別の裁判官3名の話し合いにより、勾留の必要性などが改めて検討されます。
しかしながら、裁判所が同じ裁判官の判断を覆す意味をもつ準抗告が認められるのは、実務ではとても難しいのが現実です。

今回、準抗告が認容されてご依頼者様が釈放されたのは、成瀬弁護士の迅速な対応と状況に応じた判断の結果と言えるでしょう。
本件では、ご依頼者様の釈放の決定は夜遅くに至りましたが、出張でお迎えに来られなかったご家族の代わりに成瀬弁護士が付き添っての釈放となりました。
ご依頼者様とご家族の状況を慮り、休日・夜間を問わず奮闘した成瀬弁護士の親身な弁護活動が、今回の釈放の礎となっています。

+-----------------------------------------------------+
逮捕されたらアトム法律事務所
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
新宿支部:刑事弁護士携帯サイト
北千住支部: 刑事弁護士携帯サイト
千葉支部:刑事弁護士携帯サイト
埼玉大宮支部:刑事弁護士携帯サイト
横浜支部:刑事弁護士携帯サイト
京都支部:刑事弁護士携帯サイト
名古屋支部:刑事弁護士携帯サイト
大阪支部:刑事弁護士携帯サイト
神戸支部:刑事弁護士携帯サイト
福岡支部:刑事弁護士携帯サイト
+-----------------------------------------------------+
14

中学生と新宿支部・成瀬弁護士との質問会〜冤罪が生まれる背景と刑事弁護士の役割について

成瀬B修正用

6月11日、アトム法律事務所新宿支部において、中学生と成瀬弁護士との質問会を行いました。

来所されたのは、都内の中学校に通う男子学生の方です。
授業で刑事裁判等について学ばれ、冤罪が生まれる背景についてご自身で課題を見つけて勉強されています。
自白の強要や人質司法と呼ばれる刑事事件のあり方の問題点や、その中で弁護士が果たす役割などについて、質問にお答えしつつ意見を交わしました。

アトム法律事務所では、法教育の一環として、法制度や刑事裁判について勉強中の学生の方や、弁護士を目指す学生の方からの質問にお答えしています。
若い学生さん達の学びの一助になれるのは非常に嬉しいことであるとともに、担当した弁護士にとっても、レクチャーを通して原点を振り返ることができる貴重な経験となっています。

+-----------------------------------------------------+
逮捕されたらアトム法律事務所
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
新宿支部:刑事弁護士携帯サイト
北千住支部: 刑事弁護士携帯サイト
千葉支部:刑事弁護士携帯サイト
埼玉大宮支部:刑事弁護士携帯サイト
横浜支部:刑事弁護士携帯サイト
京都支部:刑事弁護士携帯サイト
名古屋支部:刑事弁護士携帯サイト
大阪支部:刑事弁護士携帯サイト
神戸支部:刑事弁護士携帯サイト
福岡支部:刑事弁護士携帯サイト
+-----------------------------------------------------+
9

法律監修|NHK「総合診療医ドクターG」の法律監修を行いました。

ドクターG

ドクターG2

6月8日、NHK総合テレビで放送された「総合診療医ドクターG」の法律監修を行いました。

「総合診療医ドクターG」は、医師が経験した実際の症例をもとに、医師と研修医がカンファレンスを重ねて病名を突き止めるという番組です。
今回は、未決囚である患者が拘置所で突然暴れだし、自殺の恐れがあるというテーマでした。
放送に際し、どういう罪名や前科・前歴が状況に適うか等について、アドバイスを行いました。

今回の患者さんは、前頭側頭型認知症と言われる認知症を患い、窃盗を繰り返している方でした。
当所にも、高齢のご家族の窃盗行為でお悩みのご相談が寄せられています。
通常の窃盗とは異なる事情を弁護活動を通じて正しく主張することで、適切な治療を受けることが可能になる場合もあります。
社会の高齢化が進む中、認知症による窃盗行為は、今後も生じ得る問題です。
アトム法律事務所では、こうした状況に対処しご家族の方のお悩みに寄り添えるように、今後も刑事弁護活動に邁進して参ります。

+-----------------------------------------------------+
逮捕されたらアトム法律事務所
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
新宿支部:刑事弁護士携帯サイト
北千住支部: 刑事弁護士携帯サイト
千葉支部:刑事弁護士携帯サイト
埼玉大宮支部:刑事弁護士携帯サイト
横浜支部:刑事弁護士携帯サイト
京都支部:刑事弁護士携帯サイト
名古屋支部:刑事弁護士携帯サイト
大阪支部:刑事弁護士携帯サイト
神戸支部:刑事弁護士携帯サイト
福岡支部:刑事弁護士携帯サイト
+-----------------------------------------------------+
7

NEW‼野根弁護士が担当する盗撮事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。

7

アトム新宿支部支部長の野根弁護士が担当する盗撮事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が釈放されました。

【事件の概要】
ご依頼者様が、携帯電話のカメラで女性を盗撮した容疑で逮捕された事件。

本件は、ご依頼者様が逮捕された日の深夜、ご家族の方がアトムに相談の電話をされたケースです。
翌朝一番で法律相談に対応した野根弁護士は、早速留置場に接見に向かい、ご依頼者様が事件を認めて深く反省している事情を汲み取りました。

逮捕に続く勾留は、本来〆瓩鯣箸靴燭海箸魑燭Δ紡りる相当な理由があること、勾留の理由(住所不定、罪証隠滅のおそれ、逃亡のおそれ)があること、8留の必要性があること、というすべての要件を満たす場合に限って行うことができます。
今回のケースでは、ご依頼者様は罪を認めて反省され、ご家族のサポートも万全でしたが、検察側は勾留を請求し、裁判官もこれを認める決定を下しました。

釈放の交渉段階から捜査の遅れ等を口にしていた検察側の対応を踏まえて事前に準備を進めていた野根弁護士は、勾留決定と同時に準抗告を提出しました。
そして所轄の警察署に連絡の上、検察側が捜査遅延の理由にしていた証拠品の押収を、ご依頼者様のご家族による任意提出により受領するよう働きかけました。
こうした活動に加え、野根弁護士が釈放の必要性を強く訴えた結果、準抗告が認められ、ご依頼者様は当日中に釈放され、ご家族の元に戻ることができました。

【解説】
警察に逮捕されると、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれ、勾留するべきかが検討されます。
検察官が勾留を請求し、裁判官がそれを認めると、検察官による勾留請求の日から10日間身柄を拘束されることになります。
更に勾留の必要があると判断された場合はそれから10日、つまり逮捕から23日にわたり留置場での生活を強いられることになります。

もし実際に犯罪を行った場合は、適切な捜査が行われ、犯罪を行った被疑者ご自身が罪を認め、反省することが何より大切です。
しかし、本来ならば必要のない身柄拘束を受け、連日の取調べが行われる中で、犯した以上の罪を認めるよう追い込まれたり、必要以上の罰を受けることは防がなくてはなりません。
本来不要な身柄拘束を防ぐためには、ご依頼者様が証拠を隠滅したり、逃亡する恐れがないことなどをきちんと伝える弁護活動が有効です。

それにもかかわらず不当な勾留が決定された場合は、不服申し立てを行うことができます。
これを「準抗告」と言います。
準抗告は、裁判官による判断の間違いを防ぐために設けられた制度です。
準抗告を申し立てた場合は、勾留決定をくだした裁判官とは別の裁判官3名の話し合いにより、勾留の必要性などが改めて検討されます。
とはいえ、準抗告を認めることは、裁判所が同じ裁判官の判断を覆すことになるため、実際に認められるのは非常に難しいのが現実です。

今回のケースで準抗告が認められ、ご依頼者様の釈放が実現したのは、野根弁護士の豊富な刑事弁護経験に基づく的確な判断と、警察を動かす実行力の成果と言えます。
もし、検察側のいう捜査の遅れを甘受していれば後日家宅捜索が行われ、ご依頼者様の幼いお子様達にも少なからず影響が及ぶ恐れがありました。
ご依頼者様の反省の情を被害者の方に伝え謝罪を尽くすとともに、突然の逮捕で悩まれるご家族に配慮した、野根弁護士の親身で迅速な対応が今回の早期釈放につながりました。

+-----------------------------------------------------+
逮捕されたらアトム法律事務所
お問合せ:(0120)631-276(24h対応)
新宿支部:刑事弁護士携帯サイト
北千住支部: 刑事弁護士携帯サイト
千葉支部:刑事弁護士携帯サイト
埼玉大宮支部:刑事弁護士携帯サイト
横浜支部:刑事弁護士携帯サイト
京都支部:刑事弁護士携帯サイト
名古屋支部:刑事弁護士携帯サイト
大阪支部:刑事弁護士携帯サイト
神戸支部:刑事弁護士携帯サイト
福岡支部:刑事弁護士携帯サイト
+-----------------------------------------------------+
記事検索
事務所紹介
logo_2

アトム法律事務所 弁護士法人
→ 刑事事件の弁護士 新宿
→ 刑事事件の弁護士 北千住
→ 刑事事件の弁護士 横浜
→ 刑事事件の弁護士 千葉
→ 刑事事件の弁護士 埼玉
→ 刑事事件の弁護士 名古屋
→ 刑事事件の弁護士 京都
→ 刑事事件の弁護士 大阪
→ 刑事事件の弁護士 神戸
→ 刑事事件の弁護士 福岡

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事事件をはじめとする幅広い弁護活動を実際に行う新宿・北千住・横浜・千葉・埼玉・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の支部事務所と、法人全般の管理業務を行う本社事務所によって構成される弁護サービスグループです。

前身であるアトム東京法律事務所時代から、日本初の刑事事件のみを取り扱う法律事務所として、これまで数多くの刑事事件に関する法律相談等を取り扱ってきました。

私たちアトム法律事務所は、時代に即した情報ツールを取り入れることで、より多くの方に弁護活動を提供できるよう取り組んでいます。


【所属弁護士(五十音順)】


【連絡先】
24時間法律相談受付無料(全国対応)
0120-631-276

【住所】

(新宿支部)
東京都新宿区西新宿1丁目13番8号朝日新宿ビル8階
新宿支部地図
新宿駅から徒歩3分

(北千住支部)
東京都足立区千住2-22 SKビル3階
新宿支部地図
北千住駅から徒歩3分

(横浜支部)
神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階
横浜支部地図
横浜駅から徒歩3分

(名古屋支部)
愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7西柳パークビル3階
地図_サムネイル
名古屋駅から徒歩6分

(京都支部)
京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階
京都支部地図
四条烏丸駅直結

(大阪支部)
大阪市北区曽根崎2-5-10梅田パシフィックビル2階
map
梅田駅から徒歩5分

(福岡支部)
福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル2階
地図_サムネイル
天神駅から徒歩2分
twitter
ギャラリー
  • NEW‼新宿支部長の野根弁護士が担当する児童買春事件で準抗告認容、ご依頼者様が釈放されました。
  • NEW‼成瀬弁護士が担当する暴行事件で準抗告認容!ご依頼者様が早期釈放されました。
  • 中学生と新宿支部・成瀬弁護士との質問会〜冤罪が生まれる背景と刑事弁護士の役割について
  • 法律監修|NHK「総合診療医ドクターG」の法律監修を行いました。
  • 法律監修|NHK「総合診療医ドクターG」の法律監修を行いました。
  • NEW‼野根弁護士が担当する盗撮事件で準抗告が認容され、ご依頼者様の早期釈放が実現しました。
  • NEW‼京都支部長・代次弁護士が担当する盗撮事件で、観護措置取消決定によりご依頼者様が釈放されました。
  • NEW!!加藤弁護士が担当する痴漢事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が釈放されました。
  • テレビ取材|金融犯罪について新宿支部の成瀬弁護士が質問にお答えしました。
  • 【69期修習生・経験弁護士の方へ】事務所説明会開催のお知らせ
  • アトム法律事務所 神戸・千葉・埼玉大宮支部開設のお知らせ
  • アトム法律事務所 神戸・千葉・埼玉大宮支部開設のお知らせ
  • NEW!!京都支部長・代次弁護士が担当する交通事故事件の控訴審で破棄自判、執行猶予付判決を獲得しました。
  • New!!新宿支部長の野根弁護士担当の建造物侵入事件で準抗告認容!ご依頼者様の釈放を実現しました。
  • マスコミ取材|野崎弁護士が賭博をめぐる問題について西日本新聞の紙上で解説
  • テレビ出演|九州朝日放送「土曜もアサデス。」野崎弁護士が野球賭博等の問題について解説しました。
  • テレビ取材|九州朝日放送「土曜もアサデス。」 賭博事件についてアトム福岡支部の野崎弁護士が質問にお答えしました。
  • テレビ出演|フジテレビ「ノンストップ!」岡野弁護士が結婚詐欺について解説しました
  • テレビ出演|フジテレビ「ノンストップ!」岡野弁護士が結婚詐欺について解説しました
  • テレビ出演|TBSテレビ「Nスタ」清原元選手の覚せい剤事件・保釈について野尻弁護士が解説しました
  • テレビ出演|TBSテレビ「Nスタ」清原元選手の覚せい剤事件・保釈について野尻弁護士が解説しました
  • NEW!!太田弁護士が担当する窃盗事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が釈放されました。
  • ドラマ監修|フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」の法律監修を担当しました
  • ドラマ監修|フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」の法律監修を担当しました
  • NEW!!永田弁護士担当の青少年保護育成条例違反事件で準抗告認容、ご依頼者様の釈放を実現しました。
  • New! 清原和博氏の覚せい剤(覚醒剤)取締法違反の逮捕に関するテレビ取材、新聞取材、その他のマスコミ取材はこちらまで。
  • NEW!!松毛弁護士担当の大麻取締法違反事件で準抗告認容、ご依頼者様の身体拘束期間が短縮されました。
  • テレビ出演|TBSテレビ「Nスタ」携帯電話の不正取得について野根弁護士が解説しました
  • テレビ取材|TBS「Nスタ」 金融犯罪についてアトム新宿支部の野根弁護士が質問にお答えしました。
  • NEW!!新宿支部の松毛弁護士が担当するひき逃げ事件で準抗告認容、ご依頼者様が釈放されました。
  • テレビ出演|フジテレビ「ノンストップ!」 生体認証カードを利用した詐欺事件について松毛弁護士が解説
  • テレビ出演|テレビ朝日「グッド!モーニング」 松毛弁護士がシッターの窃盗事件控訴審判決について解説
  • テレビ取材|窃盗事件の判決について、アトム新宿支部の松毛弁護士が質問にお答えしました。
  • テレビ出演|テレビ朝日「グッド!モーニング」 簡易郵便局元局長の詐欺事件について野根弁護士が解説
  • テレビ取材|アトム新宿支部の野根弁護士が、金融犯罪について質問にお答えしました。
  • NEW!!横浜支部長の永田弁護士担当の脅迫事件で準抗告認容!ご依頼者様の釈放を実現しました。
  • NEW!!松毛弁護士が担当する詐欺事件で準抗告認容!ご依頼者様の早期釈放が実現しました。
  • NEW!! 永田弁護士が担当する痴漢事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が早期釈放されました。
  • NEW!!続く身柄解放!新宿支部の松毛弁護士が担当する覚せい剤事件で、保釈却下決定に対する抗告が認容されました。
  • NEW‼松毛弁護士が担当する窃盗事件で準抗告認容!ご依頼者様の釈放が実現しました。
  • テレビ出演|テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」年金情報流出問題について野根弁護士が解説
  • アトム法律事務所 京都支部開業のお知らせ
  • アトム法律事務所 京都支部開業のお知らせ
  • NEW‼野崎弁護士が担当する強制わいせつ事件で準抗告が認容され、ご依頼者様が釈放されました。
  • NEW!!永田弁護士が担当する痴漢事件で準抗告認容!ご依頼者様の早期釈放が実現しました。
  • 《急募・深夜アルバイトスタッフ》法学部生・法科大学院生・司法試験受験生等 夜の時間を有効に使って勉強したい方
  • NEW!!加藤弁護士が担当する窃盗事件で準抗告認容!ご依頼者様が直ちに釈放されました。
  • NEW!野崎弁護士が担当する痴漢の一部否認事件で準抗告認容!ご依頼者様の身柄解放を実現しました。
  • 中学生とアトム東京支部弁護士との質問会が行われました〜刑事弁護活動の意義等について〜
  • マスコミ取材|警察の不祥事とその傾向について岡野弁護士が雑誌紙上で解説しました。
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ