私、毎年夏になると、怖い映画作っているんですよ。

場所もだいだい決まっているんですけど、富士の青木ガ原の樹海ってあるじゃないですか、

そこが多いですね。


樹海の中に民宿があって、その近くで、深夜撮影をするんですよ。

樹海というのは、夜になると、真の闇ですよね。


照明のあたるところはいいですけど、

一歩明かりの外に出ると、まったくの闇で、何も見えないですよ。


ストロボ点けて写真撮ると、人物は写るけど、後ろの樹木は写らないですよね。
そういう場所ですよ。


そんな状況の中、撮ってて、一息入れようかと思ってね、

「じゃ、休憩入れようか」

って言ったんですよ。


そうしたら、タバコを吸う人間も入れば、コーヒーを飲む人間もいるし、おしゃべりをしている人もいる。

私は現場でもって、スタッフの女の子と、

あと、何分撮って、どうなって、まぁ、取り残しはないよね・・・

なんて、確認していたんですよ。

そんなことしながら、ふっと顔を上げたんですよね。

黒い闇の向こうなんですがね、

明かりがポツンと光って、こちらに向かって来るんですよ。

「あら~」って思いました。

木々の間を、チラチラ、チラチラ、その明かりが、こちらに向かって来るんですよね。

車だな・・・って思ってね、

その内に、

ブウゥゥゥッ・・・

エンジン音が聞こえて来たんですが、

結構なスピードで走っているんですよ。


「おおっ、樹海の中、結構跳ばしてるな」

って思ってね。

どうも、様子からしてその車、我々の灯りを目指して来ている様な気がするんですよね。

ブウウウゥゥゥッ・・・

そのうち、

「あぁ、タクシーだ」って、気付いたんですよ。


ヴロロロオォォッ!
キキッー、ズザザザッッ!

って、止まった。


そしたら、制作の女の子が、

「ご苦労です!ここまでの料金お支払いしますんで、すみません領収書下さい」って、言ってるんですよ。

ところが、ぜんぜんタクシーの方は、返事がないの。
もう一度、

「すみません、あの・・・料金お支払いしますんで、領収書お願いします」

って言っているんですがね、反応がない・・・


その内に、後ろのドアが、ふっと開いて、若手の俳優さんが出て来た。


そしたらこの人が、キョロキョロ周り見てるんですよ。

あら?って思った。


普通この業界ですからね、どんな時間でも、もう、車降りたらすぐに、

「おはようございます!よろしくお願いします!」

これ常識なんです。


ところが、全然そういう様子がない。


そしたら、もう一方のドアも、ヒョイと開いた。

やはり、若手の俳優さんが一人出て来てね、

見れば、ガタガタ、ガタガタ震えているんですよ。

あら、何か、おかしいなぁ?と思ったんですよ。

相変わらず運転手さん、ボーっと、前を見てるんだ・・・


で、その制作の女の子が、

「すみません、ここまでの料金お支払いしますから、領収書お願いします」

って、言ってるんですがね、

まったくダメ、反応がない・・・


で、その内、ふっと気が付いたようにね、

突然ドア開けて出て来たんですよ。

そして三人がちょうど、車の前に並ぶような感じになった・・・


やっぱり様子がおかしいんで、みんなが段々と周りに集まって来たんですね。

私も行ってみた。


「はい、どうも!ご苦労さん!」

って言ったら、向こうで、

「あっ、おはようございます!」
って、言うんですよ。


「どうしたの?何かあったの?」

って聞いたら、


「ええ・・・あの~・・・」

って言うから、

「なに?良かったら、教えて」

って言ったんです。


そしたら、

「・・・実は、ここへ来る途中で、恐ろしい体験してしまったんです・・・」

って言ったんです。


この二人の俳優さんっていうのは、明日朝一番からの撮影なんですよ。

で、前乗りって言ってね、前の晩に、現地に入るわけです。


制作の方から、FAXが行っている訳だ。

で、列車でもって、どこどこの駅で降りて、そこからタクシーで来て下さい、

地図も付いている訳ですよ・・・


二人は言われるままに、列車に乗ってやって来た。

駅で降りて、タクシーに乗って、

「すみません、ここまでお願いします」

って、FAXを渡す。

受け取った運転手さんは、

「ああ、ここね、はい解った、どうぞ!」

二人は乗り込んで、タクシーは、

ブオッッ!

と走り出したの。


はじめの内は、二人で話をしていたんですがね、

しかし、走り出してしばらくすると、

景色は変わらない、

何も見えない、

暗闇の樹々の間を走っているだけ、

いつの間にか、眠ってしまったんですね・・・



そしたら、その内また、目が覚めた、

何だか知らないけど、タクシーがガタガタ、ガタガタ揺れているんですよ。

やけに揺れてるなぁ・・・どんなとこ走っているだろ?

見れば、周りは鬱蒼たる木々なんですよね、何か変な感じ、

そしたら、もう一人も目が覚めた、

うん?まだ着かないんだ?と思った。


で、二人してフロントウインドウから前方を見てみると、

これが、おかしいんですよ、

前方を照らすヘッドライトね、

照らしているのが、土の道でもって、雑草がウサっと生えてる・・・


轍(わだち)は見えるんですがね、

周りは鬱蒼たる木々に囲まれてる・・・


今時どんな田舎でも、車の通る道は舗装されてますからね、

何でこんなとこ走っているんだろう?

変なとこ走ってるなぁ・・・と思ったの、

そしたら運転手さんが、ポツとね、独り言のように、

「おかしいなぁ・・・道、間違えたかなぁ?・・・」

って、言うのが聞こえた。


冗談じゃないなぁと、思いながらね、

「どうしました?」

って、声掛けたら、

「えぇ、おかしいんですよね・・・方向はあっているんですがね・・・道間違え
たかなぁ?」

って言う。


嫌だなぁと思ったけど黙ってた・・・

そのままタクシーは、揺れながら走って行くんですよね。


すると、しばらく行くと、明かりの先に、チラッと車の屋根の様なものが見えたもんで、

「運転手さん、あれ車かな?」

「ああ、そうみたいですね!地元の車だったら、道を聞いてみますよ」

って、言いながら近付いていった。


タクシーが段々と近付いて行った・・・


そしたら、どうも様子が違うんですよね。


それは、鬱蒼たる雑草にね、埋まるようにして、屋根だけが顔を出して見えているんですよ・・・


塗装もはがれて、錆び付いている・・・


「運転手さん・・・これ違いますね・・・」

そしたら、運転手さんも、

「えぇ、違いますね・・・」


どうやら、放置車のようなんですね。



やがて、フゥーっと、タクシーが近寄った。


道は狭いですからね、

スピードをグウッーっと、落とすわけだ。


そして、その放置車の横を擦れちがう訳ですけどね、

その車、もうガラスもなければ、タイヤもない・・・

スピード落として、このタクシーが、放置車の横を、

ズズッ、ズズッ・・・と進み始めたの。


放置車とタクシーの間は、せいぜい5、6センチ、

車の間を雑草がザワザワ揺れている訳だ・・・


タクシーが、ズズッ、ズズッっと進んでいく、

と、運転手さんの後ろに座っていた青年が、突然、

「見るなぁっ!!」

と叫んだの。


何だ?と思ってね、叫んだ青年を見ると、


膝の間に顔を伏せて、ガタガタ、ガタガタ震えてるもんだから、


自分も「うわっ」と怖くなっちゃって、下向いて震えてたの・・・


でも、運転手さんは、そうはいかないですからね、運転している訳だから、

何だろう?

と思いながら、ズッ、ズッ、ズッと、進んでいったの、


やがてタクシーが、この放置車の横にピタッと並んだときね、


突然、


バン、バン、バン!
バン、バン、バン!


窓を叩かれたもんだから、3人が思わず、ヒョイと窓を見た途端、

「うわぁ~!!」

と、悲鳴をあげた。


なんと、誰もいないはずの放置車の窓から、

頭から血を流した女が、上半身をヌウッと乗り出して、

窓に顔をくっ付けるようにして、窓を叩いてる!

そして、叩きながら、ドアをガチャガチャと開けようとしている訳だ!!


「うわあぁぁぁ!!!」

もう、運転手さん、夢中でアクセル踏んで、あちこち車ぶつけて、

ブオォォォッ!

とスピード上げてタクシーを走らせた。


やがて、塗装した道にでたもんだから、

ブワッ!と走らせた・・・


やがて人心地ついたんで、一方の若手の俳優さんかね、

「運転手さん、今のは一体なんですかね?・・・」

って、聞いた。

すると運転手さんが、

「いや・・・前にね、放置車の中に、死体があがったって聞いたことあるけど・・・それかなぁ?」

って言った。


すると、もう一方の青年が、

「でも、運転手さん、何だって、あんな道、走ったんです」

って聞いた。

運転手さんが、

「いや・・・お客さん達がこっちだと言うから、走ったんですよ」

って言ったんで、


「いいえ・・・僕たち寝ていたんで、そんなこと、言っていませんよ・・・」

って言ったら、運転手さん、

「え?・・・じゃ、あれ、誰が言ったのかなぁ?・・・」

って言ったそうですよ・・・



まぁ、運転手さん、

暗いところ、一人で帰るの嫌だってことで、

明るくなるまで、我々と一緒にいましたがね。


で、明るくなったんで、みんなで行ってみよう、ということになったんですよ、

で、行ってみた。


でも、探しても、そんな道ないんだ・・・

もちろん、そんな車もない・・・

だけど、私は、3人が嘘を言っているとは思わない。


彼等は本当に見たんでしょうね。

だって、そこは樹海ですから・・・・

※別題名:「樹海を走るタクシー」「タクシーの窓を叩く女」