2009年06月11日

アトピー体質の人が作ったエイジングケア化粧品で話題になっているのがゴッデス オブ ラブです。
ゴッデス オブ ラブ化粧品は発売元の社長さんが自分のアトピー体質の為にと作った商品なのですが、それが口コミで広まり商品化した商品みたいです。
保湿力を一番に考えているエイジングケア化粧品なので、カサカサ肌でお悩みのアトピー体質の人にはおすすめです。

ゴッデス オブ ラブ化粧品の詳細はこちら



atopii1 at 22:35 

2009年04月14日

特許取得!おすすめアトピー性皮膚炎治療用温泉水

アトピー肌はとてもデリケートなので、ちょっとしたことで痒くなったり赤みがでたりしてしまいますね〜
とくに赤ちゃんや小さな子供は痒いとどうしてもかいてしまってアトピーが悪化したりなどしてしまいます。
おすすめのアトピー性皮膚炎治療用温泉水は、血液洗浄化作用があり免疫力を高めてくれるので安心して使用できます。
またアトピー肌以外にも肌荒れやあせも、ニキビも効果があるので、肌でお困りの人におすすめの温泉水です!

おすすめアトピー性皮膚炎治療用温泉水はこちら



atopii1 at 10:50 

2009年02月12日

アトピーの発症は乳幼児に多く発症するアレルギーとされていて、3.4歳ぐらいまでに発症することが多く、アレルギーの中では気管支喘息とアトピーは乳幼児になるアレルギーとして知られています。
親からの遺伝も多いと言われているアトピーですが赤ちゃんの場合生後6ヶ月以降にアトピーかどうかの診断がされます。生後6ヶ月以前ではきちんとした診断がくだせないみたいです。


atopii1 at 09:48 

2008年12月26日

アトピーの治療には病院から処方される薬以外でも、家庭でのアトピー肌への気をつけることがたくさんあります。アトピー肌は皮膚が炎症している状態でかゆみがでるので、なるべく皮膚を冷やします。どうしてもかゆいと指でかゆい箇所をかいてしまいますが、かくと炎症が広がり余計にかゆくなるので、乳幼児の場合はなるべく肌をかかせないよう様子をみることが大切です。
あと入浴後などもかゆくなるので、肌をかく前にすばやく衣服を着替えさせることも大切です。その他には寝ると体温が上昇して乳幼児にかんしては中々寝付けず、つい肌をかいてしまいます。小さな子供はかゆくてぐずりだしてお母さんもストレスを一番感じてしまうと思うのですが、洋服のうえから体をさすってあげると意外にもかゆみが軽減されます。アトピー肌に直接ふれてさするのは、よくありませんが洋服のうえからであれば大丈夫です。


atopii1 at 16:29 

2008年12月18日

アトピーは肌がすごく乾燥することによって白い粉をふいたりで湿疹がひどくなります。なのでアトピー肌にはまず保湿することが重要になります。そして保湿を持続されるのも大切だといわれています。
最近ではさまざまなアトピー肌用のスキンケアー用品がありますが、まずは病院などで診断してもらった際にスキンケアーのこともきちんと聞いていたほうがいいと思います。
市販で売られているアトピー肌のスキンケアー用品も病院で処方してもらうスキンケアー用品も肌に完璧にあうかはわかりません。ただ保湿に関しては保湿力がもっともあってアトピー肌に効果的といわれているのがワックス状の軟膏といわれています。
あとアトピー肌には保湿といういみでは水分を補うことが効果的なので、入浴もスキンケアーのひとつでもあります。


atopii1 at 22:52 

2008年12月16日

アトピー性皮膚炎というと赤ちゃんから5歳ぐらいまでの子供のアレルギーとしてやっかいな皮膚炎でもありますよねーアトピーの原因としては不明とされていますが、さまざまな要因があります。
乳幼児がアトピーになる要因としては、遺伝やダニ、ハウスダストのアレルゲンなどがあげられ、乳幼児意外の大人のアトピーの発症の要因はストレスや生活環境での変化で発症するといわれています。
アトピーは顔から体にかけて皮膚の炎症の湿疹がでます。特に関節付近に乾燥した白い粉みたいなのをふき湿疹がひどくでます。あとは耳介の下部が裂けるような症状の耳切れや眉毛のあたりにも白い粉をふきます。
結節などができると激しい痒みを伴ったりもするので、体全身のケアーが必要になります。赤ちゃんや子供もアトピーは親がケアーをするのも大変でストレスになりますが、今はさまざまな治療法があるのでその子にあう治療法をみつけてあげることが大切だと思います。


atopii1 at 01:53 
  • ライブドアブログ