■「ステロイド・プロトピックを塗れば、副作用はでますか?」
 という質問がホームページを見られた方からありました。


 この方、会社員ゆえに、生活が不規則で、深夜までの残業、
 お付き合いの飲酒、食事もコンビニで済ますとか。

 
 ■わたしは、治療法については意見も批判もしないという
 立場をとっています。ですから生活改善のアドバイスしか
 致しません。
 ステロイドを批判すれば、いま使われて、かつ、悩まれて
 おられる方に、気の毒だと思います。


 ■もし、副作用がでたとしたら、誰を責めればいいのでしょうか?
 医師でしょうかね?
 それとも、ご本人??


 ■効果があればもちろん副作用はあります。
 薬が効きすぎて副作用があるわけですから。
 表があれば裏があります。


 ■副作用があっても、誰も責めるべきではないでしょう。
 医師の指示を拒否してもいいのですから。
 医師が薬の量を指示しても加減したらいいのですから。
 風邪薬を飲むと胃を荒らすので胃薬までくれますが、
 あなたは胃薬まで飲みますか?
 それとも風邪薬の怖さに心配になりませんか?


 ■ステロイドのリバウンドなど薬の副作用に
 過去を悔やまれる方がおられるかも知れません。
 しかし、ステロイドを塗ったときは
 治したい一心だったのですから、それは人の気持ちとしては
 仕方がないこと。悔やんで、あなたを責めることはないですよ。

 

 その分、賢くなったのではないですか?

 だれかを恨んでもしかたがない。

 

 ■アトピーは肌のみにアプローチしては
 いけません、それは生活習慣病であり、
 食生活、生活習慣を見直し、「からだ」を良くすべきなのです。

 塗り薬を使う上でも、このことを忘れないで下さい。