June 07, 2012

ネオンを引き立てる暗闇 『ドライヴ』

パッケージ
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン
アメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点




ネオンを引き立てる暗闇

 

「この街には10万の通りがある」

この言葉と同時に使い込まれた地図が映し出され、その先には携帯で話す男性の姿がある。カメラは、運び屋としてのルールを事務的に話す男を追っていき、最後に、この電話番号は今回限りであることを冷たく言い放つ。これが危ない仕事であることを暗示したうえで無造作にベッドに放り投げられる携帯、カメラはそこから窓に向かっていく。その先には夜景。そこから空撮により画面いっぱいに映し出されるネオンと暗闇のロサンゼルス。

正直、このオープニングのカッコよさに痺れました()

ドライヴ

暗闇の中を生きるアウトローな主人公に好きな女性ができて人生の光を見出すという、まぁ、特別目新しい脚本ではないのですが、演出がスマートでとても良かったですね。

特に印象に残ったのがライティングですね。室内のシーンでの照明の使い方が素晴らしかったです。先述のロサンゼルスの夜景も色彩センスが光る、非常にカッコいいものでした。

肝心のドライブするシークエンスも、運転している主人公の横から車の正面を捉えタコメーターとかの光が浮かび上がるような構図をしていて、光と闇の演出が文句なしに良かったです。

マリガン

その中でも一番印象に残ったのがエレベーターでの場面ですね。

主人公(ライアン・ゴズリング)とアイリーン(キャリー・マリガン)がエレベーターに乗り込むと先客がいます。スーツの隙間を覗き込むと銃が見える。二人を殺しに来た刺客なのですが、すぐには戦闘にならず観客に緊張感を持続させます。そこで主人公は刺客から背を向けアイリーンを守るような体勢になり、二人は初めてキスをする。この瞬間に照明が薄暗くなり、二人だけの世界を際立たせます。そしてその後の格闘。
このタメと魅せる演出がすごかったですね。

ただ見つめ合う

あと個人的に思ったことが、二人の個人経営のようなマフィアのボスが良かったですね。スコセッシのギャング映画に出てくるような本物っぽさがあって、強烈な存在感がありました。落ち着いて余裕のある佇まいの中にも、何をするかわからない冷酷な感覚が垣間見ることができて、敵役として最適ですね。

マフィア

どこか、
70年代のニューシネマを現代的な感覚で蘇らせたような雰囲気も感じられます。

またこの作品、『シェイム』と同じ日に観たのですが、偶然にも両方のヒロインがキャリー・マリガンでした(笑)まったく意図していなかったのですが。

今作では清楚なシングルマザー、あちらではスレたシンガーということで、図らずも彼女の演技の幅を体感してしまいました。特に今作の彼女は非常に魅力的でしたし、これは『17歳の肖像』を観ろという神の啓示でしょうか(笑)

さて、監督はデンマーク出身で、これまでにもいくつか作品を撮ってきているようですが、残念ながら未鑑賞です。ただ、非常にセンスの良い今作を観ると、これから見逃せなくなりそうですね。
 

公式サイト 



にほんブログ村 映画ブログへ
↑そのクリックが更新の励みになっています!



atribecalled at 23:30│Comments(11)TrackBack(32)アメリカ映画 | 7点評価

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ドライヴ〜ミッション:5ミニッツ  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   June 19, 2012 17:52
公式サイト。原題:Drive。ジェイムズ・サリス原作、ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティナ・ ...
2. 「ドライヴ」 Drive (2011 クロックワークス)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   June 19, 2012 18:25
「えっとねー、長井って小国より標高が200mぐらい高いんですよ」 事務室で英語教
3. ドライヴ  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   June 19, 2012 19:22
評価:★★★☆【3,5点】(10) これは雰囲気を楽しむ映画ですね。
4. 映画:ドライブ Drive  L.A.を舞台に 旬のゴズリングがキメる、非常にクールなフィルムノワール。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   June 19, 2012 20:05
旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。 L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。 プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って) のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。 ひとつひとつ...
5. ドライヴ  [ あーうぃ だにぇっと ]   June 19, 2012 20:16
ドライヴ@シネマート六本木
6. 『ドライヴ』  [ こねたみっくす ]   June 19, 2012 20:38
な、なんてクールな映画なんだ! 昼はカースタントマン、夜は強盗の逃し屋をするこのドライバーだけがクールなんじゃない!第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したニコラス・ウ ...
7. 『ドライヴ』 (2011) / アメリカ  [ Nice One!! @goo ]   June 19, 2012 20:42
原題: DRIVE 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ライアン・ゴズリング 、キャリー・マリガン 、ブライアン・クランストン 、クリスティーナ・ヘンドリックス 、ロン・パールマン 試写会場: なかのZEROホール [2012年3月31日公開] 公式サイ...
8. ドライヴ/ライアン・ゴズリング  [ カノンな日々 ]   June 19, 2012 21:30
ライアン・ゴズリングとキャリー・マリガンの若手実力派俳優の二人を主演に迎えてデンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督がメガホンをとったこの作品は、昼は ...
9. 『ドライヴ』 これぞリアルな変身ヒーロー  [ 映画のブログ ]   June 19, 2012 22:29
 影響を受けたのは『ハロウィン』と『トランスポーター』。  オマージュを捧げているのは『タクシードライバー』とアレハンドロ・ホドロフスキーの諸作。  そうニコラス・ウィンディング・レフン監督は語...
10. ドライヴ  [ to Heart ]   June 19, 2012 22:33
原題 DRIVE 製作年度 2011年 上映時間 100分 映倫 R15+ 原作 ジェイムズ・サリス 監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 出演 ライアン・ゴズリング/キャリー・マリガン/ブライアン・クランストン/クリスティナ・ヘンドリックス/ロン・パールマン/オスカー・アイザッ...
11. ドライヴ  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   June 19, 2012 22:39
Driveクチコミを見るLAを舞台にしたハード・ボイルドタッチのクライム・サスペンス「ドライヴ」。名なしの主人公のロマンチシズムが泣ける。昼間は映画のスタントマンと車の修理 ...
12. ドライヴ  [ 映画のメモ帳+α ]   June 19, 2012 22:47
ドライヴ(2011 アメリカ) 原題   DRIVE 監督   ニコラス・ウィンディング・レフン 原作   ジェイムズ・サリス 脚色   ホセイン・アミニ 撮影   ニュートン・トーマス・サイジェル 音楽   クリフ・マルティネス 出演   ライアン・ゴズリング 
13. ドライヴ  [ 悠雅的生活 ]   June 19, 2012 23:16
5分だけ待つ。スコーピオン。もう帰らない。
14. ドライヴ  [ 心のままに映画の風景 ]   June 19, 2012 23:17
自動車修理工場で働く卓越したドライビング・テクニックのドライバー(ライアン・ゴズリング)は、映画のスタントマンとして活躍する一方、夜は強盗の逃走を手助けする闇の仕事を請け負っていた。 ある日、...
15. ドライヴ  [ だらだら無気力ブログ! ]   June 19, 2012 23:23
冒頭の逃走シーンが素晴らしい。
16. ドライヴ / DRIVE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   June 19, 2012 23:46
ランキングクリックしてね ←please click 今月は、春のジュード祭りとライアン・ゴズリング祭り開催中 二人の出演作が2本も公開。ってことで 31日に公開になる本作、一足早く Twitter映画鑑賞記録サイトcocoさんのご招待試写にて鑑賞。 昼は車の...
17. ドライブ  [ とりあえず、コメントです ]   June 19, 2012 23:58
カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したライアン・ゴズリング主演のクライム・サスペンスです。 予告編を観て、ライアン・ゴズリングがまた怪しそうな役を演じているなあと気になっていました。 ちょっとバイオレンスなところもありましたけど、孤独な男と薄幸の親子の寂しそうな
18. ドライヴ/Drive  [ LOVE Cinemas 調布 ]   June 20, 2012 00:56
表の顔はスタントマン、裏の顔は逃がし屋という凄腕ドライバーが、偶然知り合った女性を愛してしまったが故に思わぬトラブルに巻き込まれてゆく姿を描いたクライムアクション。主演は『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング。共演は『SHAME』のキャリー・マリガ
19. ドライヴ  DRIVE  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   June 20, 2012 06:21
昼間はハリウッドのスタントドライバーで夜は強盗などの運転担当として稼いでいる孤独な青年が主人公だ。「トランスポーター」と似ているけど、この作品の方が暗くて余計なセリフがなくクールだ。カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しているだけに、格好いい映画だと感じた。
20. リアル・ヒーロー~『ドライヴ』  [ 真紅のthinkingdays ]   June 20, 2012 08:44
 DRIVE  A real human being and a real hero  「10万の通りを持つ街」、ロサンゼルス。自動車修理工場で働く謎めいた男 (ライアン・ゴズリング)は、抜群のドライビング・テクニッ...
21. ドライヴ  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   June 20, 2012 10:13
【DRIVE】 2012/03/31公開 アメリカ R15+ 100分監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス ...
22. ドライヴ  [ 映画にする? ]   June 20, 2012 10:53
ドライヴ2011年(アメリカ)原題 Drive監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘン ...
23. ★ドライヴ(2011)★  [ Cinema Collection 2 ]   June 20, 2012 13:23
DRIVE 疾走する純愛―― 上映時間 100分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(クロックワークス) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル サスペンス/犯罪/アクション 映倫 R15+ 【解説】 ジェイムズ・サリスのクライム・ノベルを基に、闇の稼業に手を染めた ハリウッ.
24. 映画「ドライヴ」@シネマート六本木  [ 新・辛口映画館 ]   June 20, 2012 17:19
 映画レビューサイトCOCOさんの独占試写会だ。客入りは若干空席があるものの、会場となったシアター3はほぼ満席である。映画レビュアーさんたちの出席率の高さに感心する。      映画の話  天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専
25. 『ドライヴ』  [ 映画大陸 ]   June 20, 2012 23:55
 「ブ」と「ヴ」の違いってどこにあるのだろう?  あまり意識せずに使い分けているこの二文字ですが、「ブ」は平仮名とカタカナがあるのに対し、「ヴ」はカタカナでしか書かれ ...
26. ドライヴ・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   June 22, 2012 00:09
その愛は、危険に加速する。 昼はハリウッドのスタントマン、夜は犯罪者の“逃がし屋”として、都市の日陰で生きる孤独な男が、ふとした切っ掛けで知り合った隣家の母子を救うために、裏社会の大物相手に命懸...
27. 『ドライヴ』をHTC渋谷2で観て、骨太任侠映画だなふじき★★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   June 23, 2012 01:39
五つ星評価で【★★★★昔気質だ】 実に高倉健チック。 余計な事は言わない。 自分が信じた正義の為に行動をする。 情を信じるし、情を遂行するが、情に溺れない。 かっくい ...
28. ドライヴ  [ 迷宮映画館 ]   June 23, 2012 10:45
とにかく音楽が秀逸♪
第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞して注目を集めたクライム・サスペンス「ドライヴ」が、3月31日より日本で公開される。新作の撮影中の合間に来日したニコラス・ウィンディング・レフン監督にお話を伺った。【1/2】
30. ドライヴ  [ 晴れたらいいね〜 ]   July 04, 2012 22:08
1日はサービスデー♪しかも、日曜日。しかし、春休み。久しぶりに、根性だして観に行ってきました、エイプリル・フールゆえウソこいて(笑・こういうウソはよくないと思う)。この ...
31. ドライヴ  [ 銀幕大帝α ]   September 22, 2012 01:22
DRIVE/11年/米/100分/犯罪サスペンス・アクション/R15+/劇場公開(2012/03/31) −監督− ニコラス・ウィンディング・レフン −出演− *ライアン・ゴズリング『ラブ・アゲイン』・・・ドライバー *キャリー・マリガン『ウォール・ストリート』・・・アイリーン
32. ドライヴ  [ いやいやえん ]   September 26, 2012 09:32
ライアン・ゴズリングさんの演技も良いのですが、演出も良かった。監督は「ヴァルハラ・ライジング」の方。同じように少ない台詞からは推し量れない何かが心を抉っていく。台詞のない状態での感情の動きってのが凄く沁み込んで来る作品になっていると思う。静寂が時に緊

この記事へのコメント

1. Posted by ヒッチ   June 08, 2012 15:04
『ドライブ』、批評書いてないけど、見ました。
心理描写が秀逸でしたね。台詞がないがゆえに、男女の沈黙が痛いほどの心理として昇華されていく。そしてあまりに古典的な、まるでサム・ペキンパーの現代版であるかのような強烈的バイオレンスが彼の心情を表現していたように思えます。
ラストの編集技は唖然とするほど美しく、音楽がミュージカル映画のような大胆さで全面に出てくるけど、全く気にならないほど、表現として調和しているから巧みだと思いましたがどうでしょう?


ちなみに関係ないですけど、今後、僕のブログはかなり緩い感じになると思うので悪しからず(笑)
というのもweb情報誌のほうで評論を連載するので、そっちに移っていくからです。
ただブログも更新するので、これからもヨロシクです(笑)
2. Posted by Quest   June 15, 2012 06:55
ヒッチさん、コメントありがとうございます。

返事が遅れて申し訳ないです。
そうなんですよね、主人公やヒロインは極端にセリフがないんですよね。ただ、見つめ合っているだけという。
おっしゃる通り、普通の映画よりも音楽のヴォリュームを大きめにしているシーンがいくつかありますね。あえてバランスを崩すことで、抒情性を際立たせる手法は巧みでした。喋らない分、音楽の歌詞に語らせているわけだから、確かにミュージカル的ですね(笑)

web情報誌ですか。お忙しそうですね!
3. Posted by KLY   June 20, 2012 02:23
私ね、自分が車好きなこともあってライアンのグローブに萌えなんです。
ギュッっとグローブをつけるシーンとかもうメチャクチャカッコいい!というか憧れるんです。同じようにならないんだよな~(苦笑)
4. Posted by Quest   June 20, 2012 07:30
KLYさん、コメントありがとうございます。

グローブ萌ですか!(笑)確かにギュッとするシーンはカッコいいですね。私も車は好きですが、タコメーター萌えなんですよね。あの針が跳ね上がる感じがかっこいいなぁって(笑)
5. Posted by pu-ko   June 20, 2012 10:51
静かでいて内に暴力性も秘めたライアンが渋くかっこ良かったです。
画像のマフィアのボスに握手を求められるシーン、
しばらく間があって、手が汚れてるからと、軽くシカトしてみせるところもたまりません。
レフン作品は他に『ブロンソン』を観ましたが、へんてこな映画でした(笑)
(しかし、マニアの間では話題沸騰中らしい)
『17歳の肖像』は大好きです。機会があればぜひどうぞ。

6. Posted by Quest   June 20, 2012 20:29
pu-koさん、コメントありがとうございます。

握手をするかしないかというシーン、確かに良かったですよね。何が起こってもおかしくない緊張感がありました。

レフン作品は初だったのですが、今後注目したいですね!過去の作品もぜひ日本でも観れるようにしてほしいです。いくつかは観ることが出来るかもしれないですけど。

キャリー・マリガンの出世作である『17歳の肖像』鑑賞予定にします(笑)
7. Posted by 蔵六   June 21, 2012 00:08
 こんばんは!

 僕もこの映画と『シェイム』で続けてキャリー・マリガンを観ましたが、良いですね。ちょっと暗いものを抱えていそうな感じがとても好きです。
 ツタヤのネット宅配の予約リストに、この映画を観た後すぐに『十七歳の肖像』を入れました!ただ、それ以前に変な邦画が山ほどリストに上がっていて、一体いつ観ることが出来るやらって感じですけど(笑)

 レフン監督の『ブロンソン』も観たいですね。
 ただ、ブロンソンというと僕はすぐにチャールズ・ブロンソンが頭に浮かびます。こちらのブロンソンも大好きでして、『狼の挽歌』とか観ると燃えますよ!
 『ドライヴ』とは全く違った見せ方ですが、同じエレベーターを使ったシーンがあまりに格好良くて・・・ということで、併せてチャールズ・ブロンソンもよろしくお願いします(笑)
8. Posted by Quest   June 22, 2012 00:38
蔵六さん、コメントありがとうございます。

やっぱり『17歳の肖像』を観るべきなのですね(笑)はい、わかりました!
しかし、蔵六さんのマイナーな古い日本映画評は面白いですね。ジャンジャン変な邦画を観てください(笑)

レフン監督は初めて知ったのですが、これから注目ですね。チャールズ・ブロンソンですか。あまり馴染みがなかったのですが、ちょっと注目してみたいと思います。マンダムな感じですよね?!
9. Posted by sakurai   June 23, 2012 10:44
映像と音楽のぴったりマッチ!最高でした。
私は、「17歳の肖像」よりも、「私を離さないで」の方が好きですわ。
ついサントラ買ってしまいました。
車でどう聞くか、今画策中です。
10. Posted by Quest   June 23, 2012 14:00
sakuraiさん、コメントありがとうございます。

キャリー・マリガンってとんでもなく美人と言うわけではないとは思うのですが、何か雰囲気のある女優さんですね。アイドル的人気があるのかは分かりませんが、『シェイム』では早々にヌードを披露したりして、本格的な女優さんの道を突き進んでいますね。
11. Posted by ぞけよか   August 21, 2013 07:38
2 でいるすさん 土曜日は混んでるし、なかなか難しいものがありますね. 次回はいつ行こうか考え中です. jwさんのところのコメント見ました. ありがとうございます. めときでスープ完飲しなくてよさそうで、

コメントする

名前
URL
 
  絵文字