June 25, 2012

美しさは権力なのか 『スノーホワイト』

パッケージ
監督:ルパート・サンダーズ
出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン
アメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点




美しさは権力なのか

 

白雪姫が排水溝の中を走り回り鎧を着込み剣を構え戦う、というコンセプトは面白いと思うのですが、実に惜しい。

2時間の尺のほとんどが退屈な逃亡劇に割かれていて、いざ攻め入ろうとしてからあっという間に終わってしまいました。起承転結のうち、起承がやたら長くて転結があっさりした感じかもしれません。

描かないといけない場面の多さを考えると3時間くらい必要だったのは明確なのですが、無理やり2時間に詰め込んだ感じですね。興業的判断なのでしょうが、作品の質を考えると残念ですね。

毒のリンゴ

一番の見どころはシャーリーズ・セロンでしょうか。美しいです。

最期は干乾びるようにして死んでしまいますが、その死にざまは深作欣二『里見八犬伝』に出てくる夏木マリを想い起させました。はい、古くてすいません(笑)

思えばキャラクター造詣にも共通するものがあるように思います。悪役の死にざまはかくあるべし、という見本のようで良かったです。

セロン

個人的に笑ってしまったのが、主人公のスノーホワイト(クリステン・スチュワート)の戦士ぶりが華麗さのかけらもないイノシシ騎士というか、猪突猛進な戦士だったことですね。
ひたすら突撃を命じていたのはおいおいと思いました。

戦士2

あと、宮崎駿『もののけ姫』に出てきていたシシ神がカメオ出演しています。
『もののけ姫』では首を銃で撃たれていましたが、今作では矢で射かけられてしまっています
()

リスペクトしているのが非常に伝わってくるシーンでした。

戦士

さて、美しさは罪、とはよく言いますが、美しさは権力なのか。白雪姫の物語の優れたところはここの問題提起をはっきりやっていることですね。

男からみても、例えば、美人とそうじゃない人に対する接し方に違いはないかと聞かれれば否定できないような・・・。美しさは特権階級であるのかもしれません。

また、美しさとは絶対評価なのか相対評価なのか。

もし相対評価ならもうそれは終わらない闘いですし、絶対評価であるなら共存や並立が可能ですよね。白雪姫が女王を打ち倒してしまうのを見ると、つまりは相対評価であるということかもしれません。
うーん、難しい
()

セロン2

この映画はちょっとあれですが、グリム童話はさまざまな示唆に富んでいて本当に奥深いですよね。

公式サイト 



にほんブログ村 映画ブログへ
↑そのクリックが更新の励みになっています!



atribecalled at 23:00│Comments(7)TrackBack(30)アメリカ映画 | 5点評価

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. スノーホワイト  [ だらだら無気力ブログ! ]   June 26, 2012 21:48
まさかの「もののけ姫」。
2. スノーホワイト  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   June 30, 2012 00:44
公式サイト。原題:Snow White and the Huntsman。ルパート・サンダース監督、クリステン・スチュワート、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン、ニック・フロス ...
3. スノーホワイト/Snow White and the Huntsman  [ LOVE Cinemas 調布 ]   June 30, 2012 01:57
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリックに『
4. スノーホワイト/シャーリーズ・セロン  [ カノンな日々 ]   June 30, 2012 06:31
予告編を目にするといつも思うことがありました。グリム童話『白雪姫』の名シーンの1つでもある女王が「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるあのシーンなんですけど ...
5. スノーホワイト  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   June 30, 2012 10:19
スノーホワイト (竹書房映画文庫)クチコミを見る覚醒した白雪姫が邪悪な女王に挑戦状を叩きつける「スノーホワイト」。この話、王子サマなんていらないんじゃないの?!恐ろしい魔 ...
6. スノーホワイト  [ Akira's VOICE ]   June 30, 2012 10:21
中途半端が点在していて立ち上がる心が整わない。  
7. 映画「スノーホワイト」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   June 30, 2012 10:53
2012/6/19、109シネマズ木場。 シャーリーズ・セロン、クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース。 ** 物語の緒の部分はダイジェスト版で表される。 すなわち、王妃(リバティ・ロス)は白い肌、赤い唇、黒い髪の子を産み、 スノーホワイト(白雪姫...
8. 『スノーホワイト』 新解釈の白雪姫  [ ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション ]   June 30, 2012 11:23
■ストーリー『幼い頃に母を亡くしたプリンセス“スノーホワイト”は、継母となった魔女ラヴェンナによって実父マグナス王を殺され、自身も城の塔で幽閉生活を強いられていた。そ ...
9. 『スノーホワイト』(2012)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   June 30, 2012 12:01
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのスノ
10. 『スノーホワイト』  [ ラムの大通り ]   June 30, 2012 12:08
(原題:Snow White and the Huntsman) ----- 今日は、フォーンが前から観たいと言っていた『スノーホワイト』。 なぜ、観たかったかって? それは、もともとは童話のこんな子供向けのお話が どうやって、2時間を超える、しかもスペクタクルな作品になるか、 そこに興味...
11. スノーホワイト  [ ハリウッド映画 LOVE ]   June 30, 2012 17:37
原題:Snow White and the Huntsman監督:ルパート・サンダース出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーンまた!三角関係かよっ!!
12. スノーホワイト  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   June 30, 2012 19:22
評価:★★★★【4点】(10)(10) 戦う白雪姫、新しい神話がココに始まる。
13. スノーホワイト  [ キノ2 ]   June 30, 2012 20:22
★ネタバレ注意★  白雪姫生誕百周年を記念して(嘘)、今年は白雪姫の映画が二本も封切られる模様です。二作に共通しているのは、白雪姫よりも悪い女王のキャスティングが注目を集めていることで、もう一本の “Mirror Mirror”で悪い女王を演じてるのはジュリア・ロ
14. ビジュアルと女王は文句なしで素晴らしい 映画“スノーホワイト”  [ 映画とライトノベルな日常自販機 ]   June 30, 2012 20:34
★★★2.5グリム童話の白雪姫をアレンジした物語。鈍色のビジュアルと凝った衣装、女王役のシャーリーズ・セロンは素晴らしいが、ストーリーの薄さと肝心な主役の存在感の弱さが残念。ストーリーは伏線になるのかなと思ったシーンが回収されることもなく、人間関係の描写も希
15. 『スノーホワイト』('12・初鑑賞66・劇場)  [ みはいる・BのB ]   June 30, 2012 21:00
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 6月16日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン6にて 12:30の回を鑑賞。
16. 『スノーホワイト』  [ こねたみっくす ]   June 30, 2012 21:01
映像だけは凄い!ただ盛り上がってほしい場所では全然盛り上がらない脚本のまま続編製作決定は早計すぎるのでは? グリム童話「白雪姫」をダークファンタジーにアレンジしたこの ...
17. 『スノーホワイト』  [ beatitude ]   June 30, 2012 21:13
スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送る...
18. 映画「スノーホワイト」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   June 30, 2012 21:47
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたア...
19. スノーホワイト  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   June 30, 2012 22:52
【SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN】 2012/06/15公開 アメリカ 127分監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・...
20. スノーホワイト  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   June 30, 2012 23:57
戦いのシーンも迫力満点であり、魔法使いの女王の悪役ぶりもいい。スノーホワイトのクリステン・スチュワートと女王のシャーリーズ・セロンがはまっている。中世ヨーロッパは飢饉などがあって何かと暗い時代であり、未来を切り開く展開が勇気をもらえる。
21. [映画『スノーホワイト』を見た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   July 01, 2012 05:54
☆う〜ん、ユニバーサル映画100周年作品。  『バトルシップ』も良かったけど、見終えて思うに、この「スノーホワイト」も「同じテイスト」で、頑張って作られてますね^^  誰もが知っている「白雪姫」を、世界構築型ファンタジーとして、豪快かつ繊細、更には、や...
22. スノーホワイト/SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  [ いい加減社長の映画日記 ]   July 01, 2012 06:03
白雪姫かぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。 この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。 しかし、スノーホワイト...
23. スノーホワイト  [ tom's garden ]   July 01, 2012 10:33
監督:ルパート・サンダース、衣装デザイン:コリーン・アトウッド、音楽:ジェームス・ニュートン・ハワード 出演:クリステン・スチュワート、シャリーズ・セロン、クリス・ヘムワース、サム・クラフリン 戦う白雪姫。 悲しき悪の女王。 そして、守れなかった後悔
24. スノーホワイト  [ 迷宮映画館 ]   July 01, 2012 18:00
本当は怖い・・じゃなくて、強いお話。。
25. スノーホワイト 自然に逆らうものと、自然と共生するものの闘い  [ 労組書記長社労士のブログ ]   July 02, 2012 10:50
【=27 -2-】 今年の父の日は何事もなく終わった・・・( ̄ω ̄;)エートォ... 白雪姫ってディズニーのアニメとその絵本でしか知らないが、もともとグリム童話なんだから、ディズニーでのお話しと違ってかなり残酷なお話しなんだろうとは思っていた、だからこの映画は、そうとう怖...
26. スノーホワイト  [ 心のままに映画の風景 ]   July 03, 2012 12:29
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ...
27. スノーホワイト  [ とりあえず、コメントです ]   July 03, 2012 22:06
グリム童話の白雪姫をベースに、思いっきりダークなファンタジーに仕上げた作品です。 年末からずっと予告編を観ていたので、この“戦う白雪姫”の公開を楽しみにしていました。 美しさだけでなく、本当に戦っている白雪姫でした~
28. スノーホワイト(2012)***SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  [ 銅版画制作の日々 ]   July 10, 2012 16:15
“おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる!好き度:=70点 母が退院したので一段落。ご心配下さった方、またコメントのお返しにお邪魔したいと思っております。誠にありがとうございます。 さて観たい作品は知らぬ間に終了...
29. スノーホワイト  [ Diarydiary! ]   July 13, 2012 21:46
《スノーホワイト》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - SNOW WHITE
30. スノーホワイト  [ いやいやえん ]   October 28, 2012 09:55
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存在

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   June 30, 2012 01:59
綺麗でしたよねぇ、シャーリーズ。
来日してテレビに一杯出てましたけど、美人なだけでなく身長もあるからカッコいい。
それが女王のコスするともう…。
ま、クリステンが叶わなくても仕方ないですね。相手が悪かったと(笑)
2. Posted by Quest   June 30, 2012 02:09
KLYさん、コメントありがとうございます。

シャーリーズ・セロン良いですよね。
これ、メリル・ストリープあたりに女王をやらせて、セロンが白雪姫をやったらどんな映画になったのでしょうね?全然別の映画になりそうです。平均年齢が高めな白雪姫とかで(笑)

クリステンに嫉妬するシャーリーズだとちょっと無理ありましたね。
3. Posted by KGR   June 30, 2012 11:03
女王の妖艶さ、美しさと白雪姫の愛らしさの対比であるはずが、対比になってませんでした。

シャーリーズ・セロンに対抗できる美貌と可愛らしさを備えた若手、鑑賞中も誰だったらよかったんだろうと考えてましたが、思いつきませんでした。

Questさんだったら、誰が良いと思われるでしょうか。
4. Posted by sakurai   July 01, 2012 18:00
「本当は怖いグリム童話」なんてのがベストセラーになってましたもんね。
しっかり読みましたが。
ヨーロッパ、特にドイツ人が抱く森への畏怖の念みたいなのがよーく出てたと思いました。
映画はちょっとアレでしたけどね!
5. Posted by Quest   July 04, 2012 19:50
KGBさん、コメントありがとうございます。

はじめまして!
おっしゃる通り、対比になっていなくて、同系統の比較になっていたように思いました。セロンもスチュワートも髪の色こそ違えど、同じような整った顔立ちの美人なんですよね。そうすると、やはりセロンに一日の長があるのかなと。

そう考えると、シアーシャ・ローナン、クロエ・グレース・モレッツ、エル・ファニングとかのまだ幼さが残る若手のほうが、対比になったのかもしれませんね。

セロンと同じ土俵で勝負してしまったチグハグさを感じますね。
6. Posted by Quest   July 04, 2012 19:53
sakuraiさん、コメントありがとうございます。

ドイツ人は森に畏敬の念を抱いているし、日本人は山に同種の念を持っていますよね。アニミズム的なところが共通しているのかもしれませんね。そして、自然が人間に暴力をふるう存在でもあることをしっかり認識している。
映画はちょっとアレでしたね!(笑)
7. Posted by zebra   November 11, 2012 08:25
>男からみても、例えば、美人とそうじゃない人に対する接し方に違いはないかと聞かれれば否定できないような・・・。美しさは特権階級であるのかもしれません。また、美しさとは絶対評価なのか相対評価なのか。
う~ん・・・なかなか 難しいテーマをつきつめましたね~
それは永遠に解明できない謎かもしれませんよ~困っちゃうな・・・

 
>一番の見どころはシャーリーズ・セロンでしょうか。美しいです。 他のブログの方たちの感想みてても セロンの悪の女王のほうが白雪姫より好評価なんですよ~
セロンが白雪姫でもよかった気はしますよ・・・まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

コメントする

名前
URL
 
  絵文字