岩籠山登山、続きです。 (その1は→こちら

DSC_0192
駄口コースより歩きだし、尾根道を歩き、鞍部にある美しいブナの林までやってきました。

そこから登り返すと、
P5135181
いったん木々がきれて、

P5135182
また展望の開けた道に、

P5135185
そこか再び林にはって、下ると

DSC_0207
もう一度、ブナの林へとでます。

DSC_0204
先ほどのブナ林ほどではありませんが、こちらも新緑が鮮やかできれいです◎

P5135188
林を抜けると視界が開けて、ザレた滑りやすい急登になり、その先はクマザサの茂る平原へとなり、

P5135189
やがて、目指す岩籠山ももう少しで、

P5135190
分岐で、まっすぐ進むとインディアン平原と名付けられた、巨石の立つ平原で

P5135191
左手は岩籠山への道になります。 ひとまず山頂を目指し、

DSC_0210
しばらくすると、岩籠山(765m)山頂に到着です。
それほど広くはありませんが、開けた山頂からは360度の展望が楽しめます。

DSC_0213

DSC_0214

DSC_0215
やはり、遠望は霞みがかかったようで、ハッキリとはしませんが、それでも青い空のもと清々しい展望が広がっています。

P5135198
ラーメンも担いできましたが、まだ時間も早かったので、山頂でのおにぎりタイム。

DSC_0217
その後は、分岐まで戻ってインディアン平原先の広場に移動することに、

P5135202
先ほど見えていた巨石を過ぎてしばらく歩くと

P5135203
岩に囲まれた広場にでます。

DSC_0232
山頂より一段下がるので、そちら側の展望はききませんが、

DSC_0220
大きな岩より望む展望は雄大で、

DSC_0221

DSC_0223

DSC_0228
素晴らし展望が望めます◎

P5135206
のんびり展望を楽しんだあとは、来た道をもどり下山へと向かいます。

P5135208
分岐をすぎると森へと下る道ですが、この辺りは滑りやすく下りは特に歩き難いですね。

P5135213

P5135214
森に入ると再びブナの林。

P5135216

P5135217
さらに歩をすすめて

P5135224
鞍部に広がるブナの林へと、

DSC_0236

DSC_0238
ここで、再び歩みを止めて、

DSC_0245
目を閉じて、風の音、鳥の声、そして木々の音に耳を傾ける◎ やっぱりヤマノボリ最高って、しみじみ感じる瞬間です。

P5135225
ここからは谷を登り返して、あとは一気にくだります。

P5135232

P5135235

P5135238
いくつかピークを越えてどんどん下ります。
今日は誰とも会わないかなと思ってましたが、下りの途中で3組くらいの登山者とすれ違いました。

P5135242

P5135245
さらに森の中を下り、

P5135246
登山口到着です。

山頂からの展望、開放的な平原、巨岩の並ぶ光景など標高の割にはいろいろと楽しめる良いお山でございました。
そしてなにより楽しめたのは、見事なブナの林◎ 山の息吹を体全体で感じられるすばらし山行となりました。


岩籠山(765m)登山、ありがとうございました。

駄口登山口(08:01)~奥野三角点(08:27)~鞍部(ブナ林)(09:18)~(09:51)岩籠山(10:05)~(10:14)平原(10:30)~鞍部(ブナ林)(11:05)~駄口登山口(11:54)