この夏はあまり休みが取れず、休みはほぼファミリーで行動していたので、ガッツリ登山は全くで。
9月になってようやく巡ってきたヤマノボリのチャンスも、秋雨前線に台風。。ひとつ逸れた思えばもうひとつ発生して、こりゃダメだな~と諦めムード。

それでも、直前になんとか北アルプス方面はさほど影響ない感じになってきたもんで、今シーズン初のガッツリ登山。
候補は二つあって、鹿島槍ヶ岳か双六岳。 どちらも2日間しっかり歩けるお山。行動時間的にも同じくらい。

で選んだのは双六岳。 
DSCN0379
新穂高の登山者用の無料駐車場。 普段は前の晩家を出て途中で仮眠して朝方登山口へてのがパターンなんですが、この駐車場は平日でも結構満車になることが多い様で、今回は夜のうちに駐車場へ行ってしまうことに。
3:00前位に着きましたが、まだまだ余裕。朝6:00の段階でもまだ半分くらい空いてました。台風の影響なのか、この日は普段より車が少なかったようです。 
入口すぐに仮設トイレがあり、登山指導センターのある新穂高バスターミナルへの道は一番奥にあります。

DSCN0383
まずは新穂高バスターミナルへ。 こちらで登山届やトイレをすまして出発です。

DSCN0387
しばらく進みゲートを通って左俣の林道へと入ります。

DSCN0389
午前中は曇りで昼から晴れの予報でしたが、どんより空で合羽を着るほどでないのですが、細かな雨がパラパラ。
ゆるい登りの続く林道を行きます。久しぶりの登山なんでウオーミングアップにはちょうど良いのですが、これが長いんですよね。

DSCN0393
ひたすら歩いて、笠ヶ岳方面笠新道の入り口をすぎると、

DSCN0396
ようやくワサビ平小屋に到着です。一時間の車道歩き地味に疲れます。

DSCN0397
綺麗な小屋で、水も豊富にあるようで野菜や果物の冷え冷えで美味しそう。
しばらく休憩していると、雨も止みました。

DSCN0401
ワサビ平小屋からつぎの鏡平山荘までは三時間以上の道のりです。

DSCN0403
ブナの林をしばらく歩くと、小池新道の入り口へ。

DSCN0407
林道と分かれて本格的な登山道を歩きます。 雨は止みましたが雲は晴れずで展望は得られません。

DSCN0412
秩父沢も雲の中って感じです。

DSCN0423
秩父沢からさらに歩を進めて、

DSCN0425
イタドリヶ原。 結構歩いたつもりですが、ワサビ平からまだ半分の所です。


DSCN0430
シシウドヶ原、

DSCN0434
熊ノ踊場と過ぎると、

DSCN0436
鏡平まで500m。 もうちょっと感満載ですが、

DSCN0437
ここからも結構長い。 最後の急登って感じで登り詰めると、

DSCN0440
ようやく鏡池。

DSC_0534
晴れていれば鏡池に映る槍、穂高の絶景が得られるのですが、生憎雲の中で残念。

DSCN0443
鏡池の先に建つ鏡平山荘。お昼時で休憩する方たちで賑わってました。
ワサビ平からちょうど3時間ほど。 岩道の続く登山道でしたが、大きな段差も無くとても歩き易い道でございました。
しかし、今年初のガッツリ登山で、今までさぼってた私、けっこう足にきておりまして。
やっぱりコンスタントに歩いてないとダメですね。
そして、思った以上に蒸し暑くって汗ダーダーで疲れました。

DSCN0445
てことで、ここで大休憩することに。 カップヌードルが染み渡ります、旨~◎

時折薄日が差すものの、山にかかった雲は取れず、山荘からの展望は見れませんでしたが、お腹も満たされて元気も回復してきました。

さて、ここからさらに本日泊まる双六小屋へとあるきます。  その模様は続きへと。

ありがとうございました。