晩秋の燕岳登山のつづきです。 中房温泉の登山口より燕岳へ、燕山荘にて泊り、翌朝。

DSC_0818
夜明け前の明るくなりだした東の空。 昨日の夕方よりも更に冷え込み、キーンと空気が冷たい。
小屋前よりご来光をのぞみます。

DSC_0824
西の空には、裏銀座の峰々の上にお月さま。

DSC_0841
昨日よりさらに雲が晴れて表銀座の稜線もクッキリと。

DSC_0843
燕山荘に燕岳の展望もクッキリ◎

DSC_0870
やがて、雲海の向こうよりあがる朝日◎ 寒さも忘れる瞬間でございます。

DSC_0875
朝日に照らされる槍ヶ岳、

DSC_0873
そして、燕岳◎ 素晴らしい朝の光景でございました。

DSCN0880
ご来光の後はほっこり朝ご飯◎ あったかご飯が嬉し美味しいです。

DSC_0877
美味しい朝ご飯の後は、荷物はまとめて山荘に預け再び燕岳山頂に向かいます。
朝の7:20頃、夜明けの時よりは気温があがってますが、まだ稜線上は風が冷たく防寒着をきて歩きます。

DSC_0902
そして、迎える山頂は、

DSC_0882
もう言うことのない大展望。

DSC_0896

DSC_0885

秋晴れの澄んだ空気のなか、

DSC_0887
素晴らし絶景を堪能。

DSC_0903
そしてせっかくの大展望なんで燕岳山頂の先、北燕岳まで足を延ばして、

DSC_0905
そこからの光景ももちろんで、

DSC_0928
またまたプライスレスなひと時に大感動です◎

DSC_0945
大展望の稜線を戻り、再び燕山荘へ。

DSCN0900

良く手入れ整備された施設に、きめ細やかな接客と、さすがに人気の山小屋でございました。
燕山荘、お世話になりました。

DSCN0902
それでは中房登山口に向けて下ります。

DSCN0909

DSCN0912
昨日は雲の中だった合戦尾根も今日は展望の道で、

DSCN0915
好展望に足を止めつつ、ノンビリ下ります。

DSCN0918
合戦小屋に到着。 ここですこし休憩、「おしるこあります」の看板に心惹かれましたが、昨日ケーキも頂いているのでここは我慢。
登ってる来る方、下りる方で小屋前は賑わってました。

DSCN0919
ここから樹林帯の道へと入り、

DSCN0923

DSCN0924
すこし秋の色が残る道を行き、

DSCN0928
はるか足元だった雲海がだんだん目線の高さに近づいてくると、

DSCN0937
第三ベンチを過ぎたあたりから雲のなかへと入りました。


DSCN0943
さらに下り、水場のある第一ベンチをすぎて、

DSCN0945
登山口到着です◎

DSCN0947
いつの間にか、雲も晴れ登山口にも青空が広がっておりました。

5年ぶりに歩いた燕岳。 晩秋の北アルプス、好天に恵まれ素晴らし展望の山歩きとなりました◎
燕山荘にてのんびり泊り、泊りならではな素晴らしい夕景に日の出も堪能できました。
季節は秋から冬へと、たぶん標高の高いお山は今年は最後かとおもいますが、最後に良い山行になりました。

燕岳(2763m)登山、ありがとうございました。


岳(2763m)歩行距離約11.3km 累積標高差約1581m
1日目】
中房・燕岳登山口(08:40)・・・第2ベンチ(09:35)・・・(11:03)合戦小屋(11:40)・・・(12:38)燕山荘(12:44)・・・(13:05)燕岳(13:20)・・・燕山荘(13:40)

【2日目】
燕山荘(07:17)・・・(07:37)燕岳、北燕岳(08:30)・・・(08:50)燕山荘(09:16)・・・(09:55)合戦小屋(10:10)・・・第2ベンチ(11:10)・・・中房・燕岳登山口(12:00)