ブログネタ
寒い季節のあったか対策、何をしますか? に参加中!

鍋シーズン到来ですね。
真鱈や鮟鱇、生牡蠣、鰤、生鮭、蟹、海老、助宗鱈、ドンコ…。

多彩な魚種が揃い売り場も賑わいます。

俺たちの現場は寒い作業場で、もはや冷たいを通り越し『痛い』真水と戦ってます。

ヒートテックの着用は欠かせないが、いくらインナーを着込んだって魚を捌くのはほとんど素手。そうじゃないと正確性やきれいな商品造りに影響がでる。

なもんで、手足の霜焼けなんかは日常茶飯事だ。


俺のメインの担当は商品の陳列。

水を使わないから楽じゃねぇ?って思うかも知れないがそうでもない(-.-;)

朝は売り場ケースからの半端ない冷気の中で、ギンギンに冷えた冷ケースに手を突っ込んで陳列してます。

業務用の手袋もあるんだけど、スピードを優先させるとやっぱり素手。

毎年冬が終わる頃には手が紫色に変色する。

職業病っつうか労災を適用してくれってレベルだ。


今シーズンも恒例行事、『手』選手権が開催されると思います。