2020年10月23日

2020 スーパーモト中日本エリア選手権 第2戦 美浜サーキット

2020 mihama-04
スーパーモト中日本エリア選手権第2戦 美浜サーキットに参戦してきました。10/17〜18の開催、前日練習は雨が降りフルターマック。決勝はドライコンディションとなりました。

今シーズンは新型コロナウイルス流行のため、シリーズが縮小化。加えて自分のエントリーしたSUGOは2ヒートともフルターマックで、今年はダートありのモタードレースが出来ていませんでした。前々から興味があった美浜、そして昨年の目標であったS3の今野さんも、昨年は東日本、中日本と参戦していたので跡を継ぐかたちで自分もアウェイの地へ挑戦しました。

2020 mihama 01
はじめての美浜、慣れない右回り。そしてフルウエットと初日から苦戦しましたがコース自体は新鮮さが上回るため楽しめました。

2020 mihama 03
中古のレインタイヤと路面温度が上がらない天気。接地感を得ることに苦労しましたが、今までトライしていない空気圧にしたら良い方向になったので今後に繋がるデータも取れました。
無難に走って初の美浜サーキット、フルウエットで57.2秒。アドバイスをくれた愛知県が地元なS1OPENつぐつぐはWR250Xでウエットな路面でも自分より3〜4秒も速いみたい…

2020 mihama 02
それと、この日は2016年のチームメイトで当時S2に参戦していたTechnixの津村くんが、WR250Rをモタード化したデモ車で一緒に走り、アドバイスをくれました。ランデブーで走り、改善点もかなり明確になり朝から4秒以上タイムアップできました。



急ピッチで組んでもらったエンジンも特に違和感なく、1日を通して大きなトラブルもなく終えることができました。
タイムスケジュール的にもかなり時間に余裕があり、体力的にも温存できて良い感じ。タイヤ交換や受付等、全部の時間を通してレースウィークを組み立てるのが今年のテーマでもあるので、その辺りは上手くいったと思います。

2020 mihama-01

2020 mihama-02
美浜のダート、この内側の区間が設定されていましたが、降り続ける雨の影響でキャンセル。土手越えのレイアウトになりました。

決勝日

この日はどんなコンディションでもダートを入れると、結果的に土手を越えるダートありのコースレイアウトになりました。
OPENから公式練習が始まります。吉田さんとダートの様子を確認し、トラクションやスロットルワークについてアドバイスをもらいました。これが後々にかなりプラスになりました。

2020 mihama 04
朝は前日の雨でかなりぬかるんでいて転倒車続出のエリアクラス。
自分もダート終わりの右コーナーでフロントから転けましたが大事に至らず。湿気を含んだ土がタイヤにがっつり付いており、これがモタード特有の難しさだなと改めて感じました。

タイムアタック
2020 mihama 05
セッティングの変更はせず、攻略に徹してます。
ターマックが全くまとまりきらず、グリップも難しく…ただ回復傾向にあるダートは去年の自分と比較しても技量が上がっている確かな手応えを感じました。
3周走って総合7番手、S3で3番手。美浜サーキットは4-3-4-3…のグリッド配置のため、2列目アウト側のグリッドをゲット。「3列目か…」って思っていたのでラッキーでした。

決勝ヒート
2020 mihama 06
スタート、まずまずのクラッチミートでバイクを進められるものの、1コーナーの入りでシフトダウンのタイミングを思いっきり失敗してポジションアップならず。
そのままの形でレースを進めていくとダートの土手越えで前車が転倒し苦労せずポジションアップ。



そのまま離されていき、後続に続くS2と共にラップを重ねます。

2020 mihama 07
比較的得意とする走り慣れた左コーナーですら、土を走った後のモタード特有のグリップ感に不安を覚えつつイマイチ攻めきれず…

2020 mihama 08
とにかく転ばないように走ることしかできなかった。

2020 mihama 09

2020 mihama 10
終盤S2のエンザカさんに抜かれてそのままフィニッシュ。
2位で終えたことは嬉しい気持ちもありましたが、トップには全く手が届かなかったこと、モタードコースにまったくもって対応できなかったことに悔しい気持ちでいっぱいになりました…

レースを終えて、「転ばなかった…」とホッとした気持ちで、同じクラスを走った人と談笑できましたがSUGOの時ほど清々しさは無く。まだまだだなとモタードとしての自分の技量を確認できたレースでした。
フルターマックやモトクロスの成長は最近少し手応えを感じていましたが、モタードの技術、具体的には土のついたロードタイヤや土の引っ張った路面への対応は昨年と比較してもそんなに成長を感じれないレースでした。その辺りはむしろ伸び代、まだ着手してなかった改善点と捉えて来シーズンに向けて取り組みたいです。

2020 mihama-03
初の他のエリア戦への出場は良い経験になりました。吉田さんのサポートで数年連続美浜に来ていましたが、やはりサポートと走るのは別です。日頃走り込めないアウェイのサーキットの対応力こそ普段の練習、バイクの操作やコースの捉え方で差が出ると思うので、その腕試しにもなりました。
昨年、東日本でチャンピオンを取った今野さんの走りには自分がまだ届かない位置にいるのも確認できた気もします。
2位というリザルトは嬉しいものでしたが、内容は自分の理想とはかけ離れた走りだったのでまたコツコツやっていきます。

参加された方、スタッフの方々お疲れ様でした。
応援してくださった方々、ありがとうございました!レース後のピットロードのハイタッチでの出迎えは嬉しかったです!

今年のエリア戦参加はこれにて終わりとなりました。また来年も挑戦したいと思います。
ブログ読んでくださりありがとうございました。
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 22:44|PermalinkComments(0)mixiチェック レース参戦 

2020年10月21日

747proの突然死!? バッテリー交換

747pro01
サーキットを走り始めた頃から、モタードライダー古川さんの勧めもあり愛用しているデータロガー747pro 。
美浜サーキットに行った際に、土曜日の走行を終えたらうんともすんとも言わなくなりとうとう壊れたか?と焦りました。何回か落下したりもしているし、壊れてもおかしくない…この日は雨でしたし。

747pro02
調べてみると、バッテリーが突然死することがあるみたいです。
たしかに電源に繋いだ時は起動し、GPS信号もキャッチできているようでした。
その辺りの現象を古川さんに相談すると、バッテリーじゃないかなぁとの見解。
Amazonで互換性のあるバッテリーを購入。
こうみると、純正はかなり膨張しています。バッテリーも劣化していた様子。

747pro03
充電、起動も問題なく出来ました。良かった!
どうやらバッテリーはHT-5Cというモデルが互換性があるようです。

下にリンクを貼っておきます。

データロガーは色々ありますが、コースを選ばす、バッテリーで動き、使用時に電源を必要としない747proがベストなのかなと思います。
知らぬ間に後継機種も出ているようです。

多くのサーキットがソフトに盛り込まれているため、エリア戦などで他のサーキットに行った時も重宝します。まだまだこれからも活躍してほしいです。

クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 22:30|PermalinkComments(0)mixiチェック DIY 

2020年10月14日

3回目のシフトフォーク破損

IMG_9404シフトフォーク
WR250Xのシフトフォークが折れました。次回の走行に向けてオイルを抜いていたらドレインボルトにピーンッと付着…
直前まで走行出来ていたので、ミッション周りの破損はないと良いのですが、これで3回目のシフトフォーク破損。
WR250Xのシフトフォークは弱いのは確実ですね。
ちなみにヤマハのカスタマーセンターは門前払いでした(笑)

他の原因として考えられるのは、面識のあるモタード車両作成に強いメカの方に聞いたら、シフトチェンジにも問題があるかもとのこと。
よく考えれば、桶スポ3〜4コーナーのシフトアップで2速→3速と上げる際に、上げ切らずにギア抜けすることがたまにあります。入り切らずに弾かれてギア抜けすることは、ヤマハのシフトフォーク周りの構造的にかなりのストレスになるようです。
オフロードブーツを履いているため、人よりややチェンジペダルを上方向に設定していますが、指摘してもらって改めてS1PROの車両写真を見てみると、佐合選手や森田選手、金子選手の車両はペグの高さの延長にチェンジペダルが位置しています。確実に蹴り上げてシフトアップすることを考えると、再度チェンジペダルの高さは検討の余地がありそうです。

IMG_9437シフトフォーク
今回はPITシマユウのシマダさんのところで急遽パーツ交換、それとカムチェーンの交換等もやってもらえることになったので助かりました。飛び込みの修理に対応して頂きありがたいです。
シマダさん曰く、シフトフォークの刻印が以前と変わっているとのこと…。ヤマハは対策品か何かしたんですかね…。わかりませんが。
今日の夜にエンジンは組み上がり、明日搭載予定みたいです。助かります!

こうも焦っていた理由として、スーパーモト中日本エリア選手権の最終戦美浜サーキットにエントリーしました。このままではリタイヤも考えるところでしたが、どうにか間に合いそうです。
レース前ってバイク壊れるのあるあるですよね…。
それと、またしても週末は雨の可能性が…ですがSUGOの経験を活かして挑戦したいと思います。

クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 23:21|PermalinkComments(0)mixiチェック WR250X 

2020年10月11日

イワイMX・マディ練習

20201012 Iwai03
久しぶりのMX練習へ、吉田さんに誘われてイワイへ。S1PROな森田さんや松浦さん、OPENのゆ〜すけ君に、桶スポのSS KILLERS SP勢など賑わってました。
先日の台風で思いっきりマディ。一部コースが陥没していたので、結構な雨量だったようです。

20201012 Iwai07

20201012 Iwai04
淡々と乗って、土の上の感覚を取り戻します。
マディだったので開けてもブレーキしても滑る滑るでめちゃくちゃ練習になりました。モタードのダート練習の予定でしたが、結局マディだったので諦めて…って思ったけど、十分繋がる感覚が養えて気がします。

20201012 Iwai06
撮ってもらった。
ステップへの入力とマシンホールドでトラクションする、しないの感じがマディだとわかりやすくて、なおかつ基礎の重要性も再確認できて良かった。

20201012 Iwai01
だいぶした人も…

20201012 Iwai02
相変わらず洗車大会は大変でした。今日も安定の80L使用…。

20201012 Iwai05
たくさん乗ったし、以前より体力付いたなって思える1日でした。
知ってる面々多数でかなり楽しく、ペースはマディでいつもより上がらずともマシンコントロールという視点で凄く良い練習が出来て満足。
ターマックも楽しいですがモタードも楽しいですね。また集まれると良いです!
…走っていて感じた感覚を言語化するって難しいな(笑)
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 23:46|PermalinkComments(0)mixiチェック モトクロス 

2020年10月07日

3年ぶりの45.6

IMG_9265
10/6はもこぴーと桶川スポーツランドに練習へ。
なんだかんだ1ヶ月くらいターマック練習が続いています。っというものの、やはり日本のスーパーモトのコースはターマックが7〜8割占めるため、やはりターマックの技術は不可欠だなと思います。

で、今年新コースでスーパーコルサを履くのが久々でしたが45秒は結構入りました!
SS KILLERSの中古タイヤを投入して、2017年以来に自己ベスト同等の45.6。ここまでタイムが戻るのにかなり時間と労力を費やした気がしますが、戻ってこれて正直めちゃくちゃ嬉しかった。

AMの3本目が風も落ち着き1番コンディションが良かった気がします。
リアブレーキと進入スライドのコントロールも、程度の良いタイヤだとかなりコントロール性が良いことも掴めましたが、やはりバンク角が足らず速さに繋げるのはまだまだ先になりそう。

それと、榎本さんに指摘してもらったブレーキングの悪い癖も撮ってもらった動画を確認する限り全然出来ておらず…

タイムが出ましたが、まだまだウィークポイントがあり、それも明確でそこ直せば44秒入る気がしてきました。

この日一緒だった、最近成長著しいKWNさんはWR250Xで44秒サクッと入れていてすごかった…走りが一筆書き、コーナーの車速の変化が滑らか。走りを見ていて逆にものすごいヒントになりました。

気温も落ち着いた時期になり、1日十分に走れて満足。ただ、ウォーマーが一部焼けて穴開いてしまった。補修してみたのでまた次回の記事にでも。
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 21:18|PermalinkComments(0)mixiチェック サーキット