2018年07月02日

7/1 桶川スポーツランド

180701-03
1日は吉田さんもターマック練習をするということで桶川へ。午後から練走りました。この日は知り合いも結構来ていて楽しかったです。
1本目、2本目と吉田さんが少し追走してくれてアドバスをしてくれて、かなり良い手応えをゲットできました。1本目より、というよりも前回よりもかなり力を抜いて余裕をもって走れるようになったとの、コーナー、コーナーで走らずつなげられる感覚がわかり始めたかなと。
それの効果もあってか、インフィールドでバイクがバシバシ寝かせられるようになった気もします。このままスキルアップにつなげたい。8コーナーの開けられるポイントと開け方をもっと早く、すぱっと開けるようにするのも課題…。上手い人って8コーナーから9コーナーにかけてバイク寝っぱなしですね。
3本目はWR乗りのサーキット仲間のもこぽるさんをちょっとだけ引っ張ってあげたらベスト出たみたいで良かった。いつもシマダさん、吉田さんと走るときはだいたい後ろについてもらって煽られているような感じになるので、引っ張るって難しいですね…

180701-01
良い指導をいつもしてもらって本当にありがたく思います。自分が抱えている課題を追走で簡単に読み取って、改善点をアドバイスしてくれるのは本当にすごかった。あのモーションでどんな操作をどういう風にしているかまで言い当てられてびっくりしました。

180701-02
それと、気になっていたラジエーターの水がやたらキャッチタンクに貯まる問題ですが、
・DRCの1.6のキャップに交換
・サーモスタット取り外し
でとりあえず解決しました。ワコーズのヒートブロックも用意したのですが、とりあえずレーシングクーラントを使わずしてもどうにかなってます。ただ、この日も30度超えの高温多湿となると、サブラジエーターがあった方が絶対に良いともいます…。せめて社外のビッグラジエーター…

今月はターマック練習に時間を割こうと思います。
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ

2018年06月26日

2018の初桶川ミドルコースと水温対策

今年初の桶川のミドルコースを走ってきました。久々のフルターマックで、なおかつコインランドリーで洗った革ツナギが少し縮んでて、1本目はガチガチの走り。
2本目、3本目とフィーリングを取り戻し、とりあえず44.1まで出たのでOK。スリップサインまで削れているスーパーコルサだったんですが、今日は梅雨明け間近なのか気温も上がり路面コンディションもかなり良かったです。
4コーナーのラインを変えてみたけど追走したくれたシマダさん曰く、詰まるようなので遅いっぽいから要改善。でもなんだかいつもより走っていて楽しかったので良しと。

エビス前から気になってたのが、キャッチタンクにやたら水を吹くようになってしまったこと。水温が上がるこの時期だと仕方ないですが、毎回足して、捨ててを繰り返していたらきりがないので対策を。

IMG_5568
すでにWR250Xのファンは外してあるので、シマダさんに教わりつつ追加でサーモスタットを取り外し。外した後に液ガスを塗っておくと良いそうです。ワコーズの良いものをもってたのでそれで対処。
あとはキャップをDRCの1.6に変更して様子を見てみようと思います。それでダメならラジエーターを大きくするしかないですね。

って悩んでて、いつもお世話になっているガレージハラダ姫路の原田さんにも相談。今年はもて耐にチャレンジすると言うことで、250の車両を制作中です。圧縮の話と冷却の話を中心に解説してもらって、問題解決の糸口も見えました。
とりあえず、
・サーモスタット外してみて確認
・ラジエーターをでかくする
・ヘッドガスケットが抜けていないかチェック→ラジエーターキャップ開けて、優しく暖機して奥から気泡がぽこぽこでないか確認
・ヘッドガスケット交換
と。1つ1つトライしてみます。

クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 18:56|PermalinkComments(0)mixiチェック WR250X 

2018年06月21日

WR250X enjoyシートカバー

IMG_4100
茂原戦の前に、1度知り合いからenjoyシートカバーをつけたシートを借りて走ったところ、ブレーキングや加速Gでの着座部分のグリップUPがかなり感じられて好印象だったので交換しました。
自分は昨シーズンまでハイシート使っていましたが、ややシート高は低い方がハングオンに向いている感触だったのでノーマルシートを使いたかったのが本音です。ただ、WRのノーマルシートは前傾がきつく、ブレーキングなどでケツがやたら滑るので避けてました。
が、このシートでブレーキングの時もケツがずり落ちることもなくなり、むしろ腕の負担がかなり減った印象です。
欠点と言えば洗車に向かないかも…。ノーマルシートカバーの上からこのシートカバーをタッカーで打っちゃえば良かったかと思います。
タッカーは手動式で付ける人もいるようですが、エアツールを使った方が綺麗にしっかり張り替えられます。今回も毎度お世話になっているハラツヨワークスで工具を借りて張り替えました。おすすめです!
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 21:37|PermalinkComments(0)mixiチェック WR250X 

2018年06月20日

2018スーパーモト東日本エリア選手権 第2戦 エビスサーキット

2018EBISU01
6月10−11日に開催された、スーパーモト東日本エリア選手権 第2戦 エビスサーキットに出場してきました。この週の天気予報では土曜日腫れ、日曜日曇りから雨と悪くなる予報で決勝はドライで走れれば良いなぁといった感じでした。
紆余曲折あり、古川さんとゆ〜すけ君のご厚意で急遽ピットを確保できました。

2016年に走って以来のエビスのモタード特設コース。
2018EBISU02

2018EBISU03
今年は第1ダートがかなり長いかつ下り坂のレイアウトでした。

2018EBISU04

2018EBISU05

2018EBISU06

2018EBISU07
ブレーキングからのヘアピンと、ダートのブレーキングテクニックが必要とされるセクション。イワイサーキットで一昨年よりも十分にダート練習は積んできたつもりだったので、走る前から楽しみでした。

2018EBISU08

2018EBISU09
第2ダートは土質が異なります。
テーブルトップも設置され、これも走り応えがありそうなセクション。テーブルトップは自分が走ったモタードコースの中では一番大きく、反りたっておりかつ落差があるので勢いだけじゃ飛べないなぁと感じました。
続きを読む
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ

2018年06月17日

ベリックレーシングスーツ チェスト部分の拡張

茂原戦の時に感じたのですが、いくら練習して上手くなったとしても動けないツナギを着ていては練習の成果が発揮できないなと…。

ツナギ拡張
モタードではダートがあるので、革ツナギはロードの姿勢よりも自由度が求められます。スペアのために買ったベリックのレーシングスーツが思ったよりもきつく、減量云々を通り越してかなり厳しい感じだったので、本番用2着ともにYONEZO様でアレンジしてもらいました。
お店で実際に着て、拡張する部分を相談し、胸の外側部分にフリースを足してもらいました。それと、長めだった袖丈も詰め、かなりきつかった腕周りも広げてもらいジャストサイズになりました。

ダートを含むコースで実際に使用しましたが、かなり身体の自由度がUPしました。横田社長いわく、海外製のツナギは自社の製品と違って丈合わせ等が難しいとのことでしたが、それでも職人技で具合良く仕上げていただきました。ありがとうございました!

YONEZO
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ