2019年06月11日

イワイでMX練習

IMG_0604
6/5にイワイへMX練習。ゆ〜すけ君と「雨予報だからマディ練習しよう!」って言ったのに、行ってみたら意外と普通…。午後はベスコン(笑)
途中から桶スポウエットを避けて来た内さんと阿川くんも合流で、4人で練習。
各々、エントリーしてるクラスが違うけど、練習者のモトクロッサーは同じ型のCRF250R。

IMG_0645
ひたすらイン側縛りな走りで練習。
それと、先日モトビに行って指摘された加速のフォームを見直し。久々に渡辺明のベストテクを見て試行錯誤して走りました。
少しペースを落として、20分くらい連続で走ってみて腕あがりがかなり軽減。身体重心とバイクの重心と加速Gを考えて走ってみて正解でした。継続してトライしよう。

コースは少し後半セクションのジャンプの形が変わっていて新鮮でした。ちょっと難易度上がった感!
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ

2019年06月08日

桶スポでIRC RX-03 SPEC R 4回目

190605-OSL0
6/5に桶スポ行ってきました。今回は吉田さんも来ていて、かつ空いていて、だけど午後から暑くなって…といった感じ。

RX03でミドルコースの43秒入りを目指しましたが、結論から言うと今回も達成ならず。空気圧とリアサスのリバウンドを調整して、何度かアタックしてみましたが44.2止まりでした。

この日は前回よりもリアに乗ってみてリアの配分を大きくすることをテーマに乗ってみました。ブレーキングが以前より楽になった気がします。旋回に入っていくところではある程度フロントに意識的に配分を移した方が、RX03は曲がっていく感じがしました。ただ、使用2時間くらいになってくると何となくグリップ感が落ちてきているようで、開けていくときも最初よりも気を遣いました。

フロントの空気圧を1.75→1.60→1.75→1.5と結構変えてみて、フィーリングの違いを確認。やはり下げると接地感は出ましたが当然ながらハンドリングが重くなり、特に4コーナーの入りや5コーナーがでのデメリットを感じました。
リアのリバウンドは抜きすぎているとややピッチングが気になる感じがあり、そこから+10クリックすると今度は蛇角が付く速さが遅くなったりと…最終的にこの日は前回の+5あたりのフィーリングがしっくり来ました。
練習では+2クリックとかよりも、+10〜20くらい大きく振った方が変化かが大きく方向性の確認がしやすいと改めて勉強になった。

190605-OSL1
職場の後輩が格安でGopro HERO5を売ってくれたので、ゆ〜すけくんからもらった端材と家にあったアルミ板を加工して、台座を制作して撮ってみました。

ブレーキング、シフトダウン、旋回の繋ぎ方がぎくしゃくしているのがよくわかります。こういう動画を撮ってみたのは初めてで、見直してみると改善点が見つかりますね。
クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ

2019年06月07日

NV350 イレクターパイプでサイドバーアクセサリDIY

IMG_0482
NV350にもウエスホルダーとガムテープをすぐに取れるように収納が欲しいと思って、イレクターパイプ制作しました。
トランポにおいて、ガムテープや養生テープ、ウエス等の使用頻度の高い用具は簡単に取れる場所かつ決まった場所に収納しておくと便利です。


IMG_0483
サイドバーから延長し、ホルダー部分は脱着式にして制作。

これで「ガムテープどこいった?」が無くなる(笑)



クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ
atsu_26 at 23:55|PermalinkComments(0)mixiチェック NV350 

2019年06月03日

桶スポでIRC RX-03 SPEC R 3回目

IMG_0536

5/31にRX03を逆履きして3回目の桶スポ。まぁまぁ涼しかったです。走ってみて熱ダレ感も少ない感じ。

結果から言うと44.2止まりで、3本目に4コーナーでフロントからコケました。

リアのリバウンドを抜いて、舵角がつく早さが変化することが体感できて良い傾向にあったけれども、一次旋回で向きが変わりにくいのは変わらず。

レースの時に使用しているピレリのスーパーコルサV2のようにタイヤを簡単な潰せるタイヤではない(っと言っても、自分は潰れてる感覚なんてほぼわかりませんが…)ので、ケース剛性の高さに合わせてブレーキングでフロント荷重を上げていく意識をしたら良くなかった様子。握り転けでした。

改善策はフロントに荷重はかけつつもリアにも配分は一定以上必要っていうことになるんでしょうかね…難しい。


それと、4〜5の繋ぎで左に振ってから右のゼブラめがけていく、たむ君のラインどりをトライしましたが、開けたまま左右に振る動きも結構渋い感じでした。これは前回には気がつかなかったポイント。曲がりにくい、言い換えれば直進性が高いのか…そんな感覚を覚えました。


IMG_0538
フロント。

IMG_0539
リア。
WR250Xで使用約120分のタイヤ。

思ったより早く消耗してきた印象。

もうタイムの更新は厳しいかなぁと思います。次回もう1回履いてみます。



クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ

2019年05月29日

桶スポでIRC RX-03 SPEC R 2回目

190527-OSL0
練習するときは間髪入れずに乗り込むのが大事なんじゃないかと思い、なか2日で28日にも桶スポへ。
この日は「フロントタイヤのフィーリングを探る」のと「向き変えを早くする」ことをテーマに練習。
にしても5月末なのに余裕の30度超えの暑さ。まだ湿度が低いからマシでしたが…。

1本目からミドルコース44.2と前回のベストを上回りました。路面温度が高くグリップも良い感じ。
コースインして後半に空気圧温感1.75→1.5と変更。
やはりIRC RX-03 SPEC Rは空気圧を落としていくと跳ねる傾向が強くなる様子。ミドルコース1〜2コーナー等はさほど感じませんが、3コーナーや9コーナーなどでガッツリブレーキングするコーナーは顕著。サスのストロークを使い切りそうなところから跳ねてくるので、タイヤを押しつける力が強く潰そうとすると出る印象。走ってるときタイヤの様子が見えれば良いんですけどね(笑)
それとやはり70扁平のタイヤはスプロケを変えないとダメそうですね。もさっとしている…

2本目に入る前にとりあえずもっさり感をなくすため、高温になってきたこともありマップをちょい薄くして回る方向に。
空気圧をフロント1.65に。向きが変えが遅い印象だったのでリアのCOMPを-5クリック。
この変更が結構良い方向になっていたようでだいぶ乗りやすく向きが変えやすくなってきました。タイムは44.1。あまりタイムは変わらずとも、フィーリングが良い方向になって楽しくなってきました。

3本目は乗り方だけ考えて、フロントで乗る、リアで乗るを意識。
立ち上がりで腹圧を上げるとトラクションが良くなるのは体感できたのでこれは収穫あり!骨盤と腰椎の周囲筋をアイソメトリックな使い方でリアサスの反発力に脊柱が負けないようにするのは理にかなってる気がします。
それとミドルコースの1〜2コーナーの攻略ポイントはなかなか見えて来づらい感じですが、逆にコレやっちゃうとダメってのがわかってきました。

190527-OSL2
約160分仕様のリア。耐摩耗性は厳しい印象…。
RX03も、さすがに3本目の11:30〜の気温が上がり日差しが強くなる時間帯にはリアタイヤがタレてくる気がします。ミドルコース2コーナーや3コーナー立ち上がりでずるずる…っと。もうちょっとリアのセッティングとトラクションのかけ方を変えればどうにかごまかせそうです。

190527-OSL1
約160分仕様のフロント。
RX03はとりあえず絶えず加重をかけ続けてグリップさせていくイメージを持って走ると良い方向なのかなと思います。フロントはたしかに跳ねますが滑る挙動は大して感じられず、まだまだ使えそうです。
最終的に44.0まで出たので43秒台、スパコルの自己ベスト1秒以内がかなり現実的になってきました!

S1PROの榎本さんにも剛性の高いタイヤについてのセットアップと乗り方の相談に乗ってもらったので、次回その点をトライしたいですね。近々もう1回走りに行こう。

タイヤの銘柄を変えてみたらいろいろ考えて、バイクも乗り方もアジャストして走るようになったので発見があって面白いです。何事も成長マインドセットを持って取り組まないといけません。自分は結構硬直マインドセットなので…

いきなり何の話やって思う方はこちら。




クリックお願いします!灰色バーナー にほんブログ村 バイクブログへ