2010年07月01日

誰にも相談できなくて・・・

■なぜ??どうすれば??

私が「職場コミュニケーション」をテーマに活動しているのは、
11年前の出来事がキッカケです。

私が取締役をしていた会社は、社長が夜逃げをした後、倒産。
そして、私は借金取りに会社の借金返済を迫られました。

なんで社長は逃げ出してしまったんだろう?

そう思った時に、私は思い出したのです。

社長は、会社を守るために、自分の命(生命保険)を担保に
借金を繰り返していました。

資金繰りに行き詰まり、結局最後は、逃げるしかなかったのです。

それに気づいた私は・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

当時借金取りに追われていた私は、心身共に疲れ果てていました。

もう、諦めて自殺するしかないかな・・・

誰にも相談できなくて、一人で悩んでいた時期もあります。

夜逃げをする前の社長も、きっと今の私と同じような気持ち
だったのかな?
誰にも相談できなくて、悩んでいたいたのかも知れません。

なぜ、あの時、社長の気持ちに気がつかなかったのだろう?

あの時、どうすれば、社長は夜逃げをせずに、結果、会社が
倒産せずにすんだのだろう??

なぜ??
どうすれば??

(つづく)


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


atsu_57 at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)職場コミュニケーション 

2010年06月30日

逃げるしかなかった

■夜逃げした社長は・・・

私が「職場コミュニケーション」をテーマに活動しているのは、
11年前の出来事がキッカケです。

私が取締役をしていた会社が倒産しました。
そして、私は借金取りに会社の借金返済を迫られたました。

もう自殺するしかないかな。

そう思った時に、私は・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんでこんな事になってしまったんだろう??と考えたのでした。

会社が倒産したのは、資金繰りに困った社長と専務が、夜逃げを
してしまったからです。

では、なぜ社長と専務は逃げてしまったのだろう??

実は、会社の資金繰りが、悪くなってきた1年前に、社長と専務は
多数の金融機関から借金をするようになりました。

しかし、借りてばかりで、なかなか借金は減りませんでした。
もう借りられる金融機関が無くなった頃、社長は、生命保険を
担保に2億円の借金をしています。

そうです、私が関西弁の借金取りから「簡単やで」と言われた
あの方法です。

社長は、生命保険を担保に借金をしていたため、最後には
夜逃げをするしかなかったのです。

そっかぁ、今、私が思っているような苦しみを、当時の社長は
していたんだなぁ。

と私は考えるようになりました。

(つづく)


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


atsu_57 at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)職場コミュニケーション 

2010年06月28日

なんで、こんな事になったんだろう??

■逃げても無駄や・・・

私が「職場コミュニケーション」をテーマに活動するキッカケは、
11年前に、私が取締役だった会社が倒産した事にあります。

会社名議の借金を返済するために、借金取りから保険金目当ての
自殺を迫られた私は・・・


++++++++++++++++++++++++++++++++++

「お前の居場所はわかっとる、逃げても無駄や!!」

借金取りは、私にそう言いました。
そして私が保険金目当ての自殺しないのなら、今すぐに迎えに
行くと、言っていました。

遂に私の命もここまでかぁ・・・
でも、なんでこんな事になってしまったんだろう?

私は、ふと疑問に思いました。
そして私が出した結論は・・・

社長が夜逃げしたからだ!!

と、いうものでした。
そして、また疑問が湧いてきました。

なんで社長は夜逃げをしなくちゃならなかったんだろう??

(つづく)


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


atsu_57 at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)職場コミュニケーション 

2010年06月25日

コンクリート詰めで沈めるぞ!!

■大阪湾に・・・

私が「職場コミュニケーション」をテーマに活動するキッカケは、
11年前に、私が取締役だった会社が倒産した事にあります。

倒産で背負った借金 7千7百万の返済を断った私に対し、
借金取りは、私に自殺を奨めました。

死後に支給される保険金で、借金を返せと迫ってきました。

そして・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

「なぁ、簡単な仕組みやろ?」

と、関西弁の借金取りは、私に自殺を奨めました。
私が自殺を断ると、得意の「ボケ!!カス!!コラ!!」の
波状攻撃で、怒鳴りつけられてしまいました。
「お前が死にとぉないんやったら、お前をコンクリート詰めにして
大阪湾に沈めたろうか、ボケェ!!」

そっかぁ、私は、大阪湾に沈められちゃうんだ。
でも、大阪まで移動するお金は、借金取りが負担するのかなぁ?
それとも、私が負担するから、また借金が増えちゃうのかなぁ?

当時、東京の八王子に住んでいた私は、自分の命よりも借金の
額が増える事が気になっていたのでした。

(つづく)


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


atsu_57 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)職場コミュニケーション 

2010年06月24日

「死」を持って、借金を返済しろ!

■生命保険を担保に・・・

私が「職場コミュニケーション」をテーマに活動するキッカケは、
11年前に、私が取締役役だった会社が倒産した事にあります。

倒産した結果、借金(7千7百万円)を返せと借金取りが、私の元に
連絡をしてくるようになしました。

そして・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

「お前、生命保険入ってるやろ??」

と、借金取りは、関西弁で、私に聞きました。
はい、入っています。
と答える私。
それに対して、借金取りは、ある提案をしてきました。

・保険金の受け取り人を、嫁から借金取りの会社に名義変更すること。
・保険金の額面を、7千7百万円までアップさせること。

そして・・・

時期を見て自殺すること。


これが、借金取りの提案でした。

そう、私は「死」を持って借金返済をしろと迫られたのです。

(つづく)


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


atsu_57 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)職場コミュニケーション