今、モントリオールで映画祭がやってるらしいんだけど。

日本映画は

46億年の恋
Always 三丁目の夕日
ヤクザ23区
デスノート』『デスノート: The Last Name
嫌われ松子の一生
悪夢探偵

エクステ
シルバー假面
太陽の傷
妖怪奇談』他が公開されるんだって。

 

このチョイス、どうゆう基準なんだろう???

『Always三丁目の夕日』や『デスノート』は解るけど。
『叫』もちょっとフランス映画っポイ所あるかなぁ〜??
でも『嫌われ松子の一生』なんて、こっちじゃ理解されんと思うけど。

 

それに、知らないのがだいぶある。

『叫』は加瀬亮が出てるから、嬉しい。
『硫黄島からの手紙』で世界的な知名度、少しは上がったかな??
『パッセンジャー』って言うフランス映画にも出てるんだよ。

 

ま、モントリオールはカナダだけどさ。

 

海外で活躍する日本人な映画人が最近すごく多いよね。
モントリオールにいる日本人が初監督した作品なんかも公開されるらしい。

それにさ、インド映画に主演した日本人の女優さんも結構注目されてるよね。
監督志望の人。

映画やりたくてインド。これって、かなりいい選択。
インドやタイって、映画が安価で誰でもできる娯楽として、受け入れられてるんだって。
だけど、彼らは映画を撮るノウハウを持たないから、自分達の映画ってのが今の所なくて(インドは出てきたみたいだけど)、
日本の古い小津安二郎の映画とかが流されたりしてるんだって。
これはこれで、うらやましい(笑)

 

だから、これらの国でビジネスとして映画製作から上映までのシステムが確立したら、大きな市場になるだろうって言われてるんだって。

 

 

でもさ、インドの山奥とかで、映画作り・・・。

悪いはずがないよね。
ま、私の場合二ヶ月くらいが限界だろうけどね。

昨日のカレー、今日のカレー、おとといのカレーとか言ってさ。
カレーのドキュメンタリーとか(笑)
メイキングで撮れそうだよね。

 

私だったら、カンボディアで映画作ってみたいな。
女優さんにアンコールワットまでの橋でたたずみながら、スコールに濡れて欲しい(笑)
絶対、絵になる。
あ〜いいなぁ・・。そういうの。
やっぱ、映画いいわ〜

 

 

トロントも9月に国際映画祭だから、今から相当楽しみ♪