2017年07月26日

パンチの裏側が、



1
















割とはっきり、顔だった。




2

















オイルを差して欲しかったことも知った。

                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 11:45|PermalinkComments(0)あつこさん的観察 

2017年07月19日

ゆずる と あげる


この2つの言葉は、あつこさんの中で長い間、ほぼ同じ意味だった。
どっちもタダであげるってこと。
譲るのほうに『 売る 』って意味があるのは、オトナになってから知った。

小さい頃、『 お姉ちゃんなんだから、譲ってあげなさい 』って、よく言われた。
あれを言われると、年長者としてのプライドを守るために、我慢せざるを得なかった。
あの時の『 譲る 』は間違いなく『 あげる 』だったし、その時に沸き上がるやり場のない気持ちも、自分でフォローするものだった。1回で2度悔しいぶん、達成できた時にはそれなりに価値のある言葉でもあった。

だからオトナになって、『 売る 』の意味を持った『 譲る 』に初めて出会った時には、全然ピンとこなかった。
え? 『 お譲りします 』って、お金取るの? へぇ〜・・・
今後、誰かから譲りますよ的なことを言われた時には、気をつけなきゃとも思った。ありがとうだけ言って、支払いもせずに平気な顔でいたら、相手をびっくりさせちゃうもんね。

一方で、『 売る 』なら『 売る 』って、もっとハッキリ言えばいいのにとも思った。これは今でも思ってる。
儲けようとはしてないけど、あげちゃうほど気前よくもない時に使われる、中途半端なあの『 譲る 』・・・好きじゃない。『 あげる 』の意味だってあるのに、紛らわしいし、スカッとしない。
だからあつこさんは、『 売るよ 』か『 あげるよ 』のどっちかしか言わない。

そういう話。

                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 20:41|PermalinkComments(0)あつこさん的思考 

2017年07月09日

偏食あつこさん


小さい頃は、ちっとも食べない子だった。
素材がダメだったり、味付けがダメだったり、食感がダメだったり。
タンパク質全般にも興味がなかったから、小学校の高学年になってもチビで痩せてた。

母ヒデコさんはいつも、鬼の形相で言った。
『 食べなさい! 』
まぁそりゃそうだ。
母はそう言わねばならぬ。
全然食べない娘をいろいろ心配していたかもしれない。

だけど嫌なもんは嫌だもんね。
あの頃は電子レンジもなかったし、一旦冷めると、食べるのは余計にキツかった。
ムリヤリ飲み込んで、えずいて口まで戻ってきたのをさらに飲み込もうとして、またえずくっていう、胃との戦い。噛まなくてもイケるのはそれで流し込んでたけど、噛まなきゃいけない肉類はお手上げだった。

ある日、いつまでも食卓に座ってウジウジしていると、待ちきれなくなったヒデコさんは『 じゃぁもう、食べなさんな! 』って言って、残したお皿をキッチンの一段高くなっている所に目立つように並べて置いた。
『 お父さんが帰ってきてこんなものを見たら、ものすごく叱られるんだからね。 』
低い声で言われてすごくつらかった。どんなに叱られるんだろうと思うと、胃の辺りがギューってなって、悲しくてションボリするしかなかった。

実際には、父タツオさんはそんなには叱らなかった。
『 残しちゃったのか?ダメじゃないか。 』って言っただけだった。
実はタツオさんも小さい頃は偏食で、あつこさんのツラさはよく分かってたらしい。
そんなことは知らない小さなあつこさんは、父タツオさんが帰宅するまでの数時間、ずっと恐怖を味わった。たいして叱られなかったことに疑問も持たず、たまたま今日は軽く済んだだけで、命拾いをした・・・って神様に心から感謝した。自分で言うのもナンだけど、その頃はメチャ素直な良い子だったのだ。

学校でも食べれないのは同じだった。ヒデコさんが早起きして作ってくれたお弁当の殆どは、面倒見のいい友達の胃袋に納まるか、掃除の時間になってもあつこさんを席にしばりつけた。埃が舞い上がっていく中、オマエ、いつまで食ってんだよー!って言われるのは、恥ずかしかったし、情けなかった。

ところが偏食人生が終わる日は、唐突にやってきた。
修学旅行先の高知県で、郷土料理の『 さわち料理 』を出された時、なんて豪華で綺麗でたくさん種類があるんだろうって感動した。
たしかそこは『 昭和天皇も泊られた 』とかいう由緒正しきホテルで、先生もソコはかなりアピールしてたから、あつこさんの記憶が確かならば、結構ちゃんとしたさわち料理だったんじゃないかと思う。

『 全種類、食べてみようかなぁ・・・ 』
気が向くっていうのは、まさにああいうことだって、今でも不思議に思う。
突然スイッチが入ったあつこさんは、端から1つ1つ、マジメに制覇していった。周りに友達は居たハズだけど、ぜんぜん記憶にない。自分とさわち料理だけの真剣勝負の世界にトリップしてた気がする。

前向きに取り組んでみると、大概のものは食べれたし悪くなかった。驚きだった。
ウゲェ・・・なモノもあったけど、折角ここまできてるのにって気持ちが勝って、例の噛まずに飲み込む熟練の技でしのいだ。えずかなかった。
最後の一品を食べ終わった時には、すごい達成感が突き抜けて興奮した。誰にも強制されない環境で、自主的にやりきったんだっていう満足感は、格別のモノがあった。

そんな訳で、先生の思惑とは違ったとは思うけど、あの旅はあつこさんにとって、文字通りの『 修学 』旅行になった。『 食べる 』ことを学んで帰ってきたのだ。
ブラボー!

以来、何でも食べれるようになって、ちゃんと成長して普通サイズになった。さらにどんどん食いしん坊になって、食べ物の話しかしない女になり、食べ物の話しかしない男と結婚し、今に至る。
食べるって、本当に楽しい。あの時、気が向いて良かった。
自分を変えてくれた、さわち料理に大感謝。
                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 00:24|PermalinkComments(0)思い出ポロポロ | 食!

2017年07月04日

猫と中年


ジメジメするねぇ
膨張する髪を少し切ったら、扱いやすくなった。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

さて、アホゥの黒猫 『 クロ 』 に、白髪が生えてきた。
あつこさんと一緒だ。
今は抜きゃーなんとかなる量だけど、そのうち染めなきゃどうにもならなくなり、毛の量も減って、やがては白髪のオバァさんになるのかと思うと、老いの非情さ・強大さに震えずにはおれない。
クロもどんどん白猫化していくんだろうか?
最後には逆転して完全に白猫になったら、それはそれで面白いけど。

そういえば夫サトルちゃんは、ここ数年で逆転に成功した。若白髪タイプなのは分かってたけど、ブラジルに居る間にさらに加速して、最近じゃイイ感じのロマンスグレーになった。
コンビニのレジには、お客さんの年代をコッソリ打ち込むボタンがついてるらしいけど、『 オレ、大概、“ 50歳代以上 ”のボタンを押されるんだよなァ 』 とサトル氏。
コンビニの店員達が涼しい顔でそんなチェックをしていたとは・・・
油断ならん世の中だ。

人は老いると中身もそれなりに老いてゆくけれど、動物はどうなんだろう。
白髪交じりのクロの中身は、子猫の頃と変わらないように思えるけど、猫界ではやはり、ゴリゴリのオッサンなのかもしれない。


シマクロ






















※ ちなみに、賢者猫シマさんの中身は、間違いなくオッサンだと思う。

                          人気ブログランキングへ



atsuko6741 at 19:20|PermalinkComments(2)我輩は猫と居る。 

2017年06月29日

菌よさらば


タオルが臭くなると、あーあって思う。

『 おかーさん!タオルが臭いんだけど!? 』
14歳にも、メチャ責められる。

オイ、なんだよそのキツめの言い方は。
おかーさんが全部悪いみたいに言うんじゃないよ。
雨の日が続けば、そうなることもある。
そしてそれは、チミも含め、男どものタオルの使い方に大いに問題があることを、分かっているのか?

チミらはいつだって、好きなだけタオルを使う。
雨の日だろうが、分厚いタオルも平気で使う。
使ってビシャビシャになったのを、洗濯カゴに丸めて放り込んで、それでおしまい。
タオルを臭くしてるのはオマエらだ。

洗濯は自然現象じゃねぇぞ。
洗って、干して、畳んで、しまってる人が居るんだよ。
雨の日は、頭をつかってタオルを遠慮しろ。
薄手のを使え。
引き出物のブランド品には手を出すな。
自分で洗濯しないから、何も分かんないんだよ。
文句だけ一丁前に、100万年早ぇぞ。
・・・そう言いたい。
言ってるけど。

とはいえあつこさんも臭いタオルはイヤだから、早めに対応はする。
ウチでは、タオルは熱湯消毒。
前は漂白剤を使ってたけど、色々具合が悪くてやめた。
グツグツに煮立った大鍋でタオルをしゃぶしゃぶすると、菌達がグギャー!って断末魔の叫びをあげてるのが想像されて、無慈悲な権力者になった気がする。
溜めると面倒くさいから、気になった順に ( つまり臭いと思った順に ) 、毎日少しずつ・・・梅雨の前に先手必勝したから、今年はいい感じだ。


しかし、梅雨の晴れ間は暑っついな。
汗だくの夏が、すぐそこまで来てるんだなって思う。
                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 08:10|PermalinkComments(0)その他 

2017年06月20日

坂道を登ってもまだギリで汗だくにはならない6月のつぶやき。


6月。もう後半じゃないか。
早くも1年の半分が過ぎ去ろうとしている・・・

い、今からでも、もっとヤル気を出そう!

少し前に修理したミルクパンの木の取っ手は、ちょっと素人くさい仕上がりにはなったけど、うまい具合に機能してる。壁から吊り下げられるように穴を開けて針金を通したのも良かった。気に入ってる。
古い柄は、見えなかった部分が驚くほど炭化してスカスカになってた。あの状態でよく、たった1本のネジで(もとは2本あった)留まってたもんだ。無理に無理を重ねて最後まで踏ん張ってくれていたに違いない。お陰でヤケドをすることもなかった。

今日は深夜から大雨になるそうだ。
雨はもう降り始めてる。
布団に入って眠るまでの間に、すごい雨の音、聴けるかな。
おやすみ。

                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 22:12|PermalinkComments(0)その他 

2017年06月15日

毒舌未遂


『 面倒くさい人だなぁ 』 っていう言い方には、相手を悪く言わず、あくまで面倒くさがってるのは自分って形を保ちつつも、嫌いだってことは表現できる丁度良さがある。
                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 16:12|PermalinkComments(0)あつこさん的思考 

2017年06月11日

機嫌がいい日

機嫌がいい日は、大概、何かを仕込んだ日だ。調味料とか、味噌漬けとか。
元々機嫌がいいから 『 ヨシ仕込むか 』 って気になって、仕込んでより機嫌が良くなるから、こういう日は本当に調子がいい。
毎日そうだといいけどね。

今日仕込んだのは、.魯丱優蹐凌歡劼韻鉢∪屮僖廛螢の調味料MASSA。
MASSAは、パプリカの塩漬けをミキサーにかけてオリーブオイルを足したもの。使い勝手がいいから毎年作ってる。ハバネロの酢漬けは今年が初。ベトナム料理のお店に置いてある唐辛子の酢漬けみたいに、いろんな料理にチョイがけできるピリッとした液体が欲しくて作った。去年、有機野菜のお店で冷凍ハバネロのパックを買ったはいいけど、ずっと眠らせてしまっていたのをついに使って満足。ハバネロの辛さがどう出るか?数日待って、使ってみるのが楽しみだけど、実はちょっとハバネロを入れすぎた気はしてる。

調味料作りは楽しいけれど、全部が定番化する訳じゃない。でも作っている時にワクワクすることですでに元は取れてるから、パッとしなくても必要以上にガッカリはしない。趣味でやってることだから、初回の材料費は自分のお小遣いから出して、定番化したら食費から出す。割と律儀だと思ってる。

そういえば、このブログに 『 調味料 』 ってカテゴリー、何で作ってないのかな? 『 食! 』 の方に一括されちゃってるのか・・・ 
各カテゴリーの記事数には、隠し切れない自分が現れてる気がする。今日現在、 『 食! 』 のカテゴリーの記事数は177、対して 『 愛息と私 』 は150。子育てよりも食べ物への愛が勝っているらしい。
ちなみに猫のカテゴリー 『 吾輩は猫と居る 』 は41、夫サトルちゃんに関するカテゴリーは、設定していない。
                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 08:57|PermalinkComments(0)食! 

2017年06月09日

サトルちゃん通信


3日ぶんのパンツを持って出かけたきり戻らなくなった夫・サトルちゃんのその後だけど、一瞬、帰ってきて、またすぐに居なくなった。
今度はシッカリ着替えも持って行ったから、当分姿を見ることはなさそうだ。

まだ書いてなかったけど、今回のサトルちゃんの行き先はオーストラリア。
ブラジルの時は、長期出張を繰り返しているうちに 『 家族も来い 』 って話になったけど、今回はそういう展開はないらしい。ガッカリだ。あつこさんも、うかつに泳ぐとワニに食われるダーウィン海岸でスリルを味わいたかった。

ブラジルと比べると、オーストラリアの治安はとてもいいらしい。
あと、食べ物も、良質なものが揃っているそうだ。

『 スーパーも綺麗だよ。
肉のパックの下に血だまりが出来てるなんてことも、ないからね。 』

そうかい・・・ネズミが運動会してたり、中身が出ちゃってる商品がいっぱいあったりも、しないんだろうね。今となっては、それも懐かしいけども。
まぁ元気にそっちで暮らしておくれよ。

面倒くさい14歳との2人暮らしは、まだまだ続くことになりそうだ。
                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 19:10|PermalinkComments(0)その他 

2017年06月06日

中3、学生生活を語る


『 今日、学力テストあったやん?
試験中にとんでもないことがあってさ・・・
僕のクラス、女の先生が担当やってんけど、残り10分くらいの時にさ。
先生が急にソワソワし始めて。
どうしたんやろうと思って見てたら、ブラウスの下から何か出てるんだよ。
なんだあれ・・・と思ってたら、ポタッと落ちてきてさ。
ブラジャーやってん。
ええええーーー?!ってなったけど、みんなも試験中やん?
どうすんのかなって思ったら、はい、みなさん、ちょっとゴメンねっつって、教室の端の方いって、グワッって服の中に手突っ込んでつけ直してた。 』


・・・・・・  なんてこった・・・

ドンマイ、先生。

                                         人気ブログランキングへ

atsuko6741 at 08:48|PermalinkComments(0)愛息とワタシ