温祝 − 人生 誰でも 山あり 谷あり −

人生 山あり谷あり••• 音楽の話だけじゃなく今日感じたことを描いていこう。。。

2014年01月

これしちゃダメでしょ!5



これしちゃダメでしょ!


って大きな声で言いたいです!



こういう上辺だけ隠そうとする大人たちが
未来の日本を……


否、


今の日本を駄目にしていると思うんです。



歌詩に問題があるんじゃなくて、
こんな判断をするあなた達の思考に問題があるんです!





今日は下記を読んでほしいんです。↓↓↓↓↓




「盗んだバイク」はダメ 教育委、悪影響ある歌詞を変更へ  : 虚報タイムス http://eilreverse.exblog.jp/20187702/











YouTube【ひまわりのうた】作詩 曲 / 杉浦温祝5

【ひまわりのうた】作詩 曲 / 杉浦温祝



artist『CHESS』の歌うカヴァーversionは

東日本復興支援ソング~
『福島里親プロジェクト公式メインテーマソング』になっています。

応援宜しくお願いします。

【2014年の日本に、ひまわりのうたを咲かせましょう!】






青空を見上げて 描いた夢は
笑顔あふれる ひまわりの国
僕と君の手と手 合わせたならば
ほら 小鳥もさえずり 歌を歌う
このひまわりのうたを いつまでも
このひまわりのうたを 歌おうよ



夕焼け小焼けの 赤とんぼ
その目に映すのは 未来への夢
いつか君に話した ひまわりの丘は
赤い夕陽がゆれて 僕らを包む
このひまわりのうたを いつまでも
このひまわりのうたを 歌おうよ



時 という名の船が たとえ沈んでも
僕らの夢の船は 沈みはしない
僕は大人になっても 忘れない
太陽にも負けない 君の笑顔
このひまわりのうたを いつまでも
このひまわりのうたを 歌おうよ



僕らは生きてる だから歌うんだ
届けひまわりのうた どこまでも
咲けよ ひまわりのうた いつまでも…





それではお聴きください ↓↓↓↓↓





https://www.youtube.com/watch?v=FOmcp2GdcHI&feature=youtube_gdata_player






YouTube【あなた】 作詩 曲 / 杉浦温祝5


僕のオリジナル曲『あなた』を紹介します。



あなた 作詩 曲 / 杉浦温祝



あなたが いくつになっても 愛してる
あなたがどんなに年老いても 愛してる

わたしの心に あなたはいつもいる
どんなに遠くに離れても いつもいる

人は生まれ 愛を育み いつか別れがきて
だけど大空の向こう側で
いのちはひとつになる 誰でも…

あなたが いくつになっても 愛してる
あなたが どんなに年老いても 愛してる




あなたのしあわせ いつでも祈ってる
どんなに遠くに離れても 祈ってる

雨に打たれ 風に吹かれる 野に咲く花のように
ありふれた暮らしの中に
しあわせは そこにある 誰にも

わたしは 星になり あなたと共にいる
言葉じゃ言えない 心 煌にして


あなたが いくつになっても 愛してる
あなたがどんなに年老いても 愛してる

わたしの いのちは あなたの伴にいる
一度も言えなかった あなたを愛してる
あなたを愛してる……




それではお聴きください ↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=6uc_qGPssTg&feature=youtube_gdata_player







YouTube 【妖艶に…キレイニ】 作詩曲 / 杉浦温祝5


【妖艶に…(キレイニ…)】作詩 曲 / 杉浦温祝



月夜に照らされた蒼い夜…
独り眠れない貴女に贈ります…





貴女が変わっていく
貴女が妖艶になる
わたしの胸に抱かれ
貴女の鼓動燃える
たとえ離れていても いつも一緒さ
ほらね 瞼を閉じれば ふたりだけの世界
憶えてる? あの夜空 星は瞬き
Orion と Cassiopeia を指でなぞった
同じ星座 同じ時間 夢は密かに
白い吐息 温もりを 確かめた… ah…
貴女が綺麗になる 貴女がladyになる
わたしの胸に抱かれ 貴女の身体燃える



ふたり違う人生を歩いていっても
ほらね 瞼を閉じれば ふたりだけの世界
もしも ねぇ 眠れぬ夜は 見つけよう
貴女のような白肌い月 見上げよう
白い吐息 白い肌 甦り
確かめあった 確かにあった 忘れない… uh…
貴女が妖艶になる 貴女が月夜に舞う
わたしの夢の中で あなたが綺麗になる


わたしは夢誘い 貴女と伴に眠る……







それではお聴きください↓↓↓↓↓



https://www.youtube.com/watch?v=f2qsAPdOCMw&feature=youtube_gdata_player














息吹きと気づき5



息吹きと気づき 作詩 / 杉浦温祝




今朝のことだ。

公園のベンチの端に座り
朝の肌寒さの中にも
微かな春の気配を感じながら
冷たい青空の中をゆっくりとスクロールしていく
白い雲の行方を追っていた。



幼稚園児ぐらいの女の子が近寄ってきて
ベンチの端に座った。


僕は「おはよう」とだけ挨拶して
雲の行方を追っていた。


女の子がポツリと言った。


「お兄ちゃん手がガサガサだね」


どうしてそう言われたのかは
わからないけど、その時
頭に『老い』の存在がスクロールした


僕は急に寂しくなったから
女の子を見て一瞬微笑み
そのまま公園をあとにした。




その日の午後
仕事の息抜きに公園にいった。
公園は職場の目と鼻の先にある。


朝の女の子のことを思い出しながら
公園のベンチの端に座り
昼下がりの優しい陽射しの中に
新春の気配を風に感じながら
空を見上げ
人生のキャンパスの中をゆっくりとスクロールしている自分の人生を
白い雲に重ねていた



ぱっとみ米寿前後のお年寄りが
杖をつきながら近寄ってきて
ベンチの端に座った。


僕は「こんにちは」と挨拶だけして
白い雲を見ていた。


お爺ちゃんがポツリと言った



「こんにちは。お兄さん、手がツルツルだね」



どうしてそう言われたのかは
わからないけど、その時ハッとした



お爺ちゃんの言葉に『人生』を感じた。



自分の老いなんて
自分に縛られているものだった


自分の年齢の壁も
自分で決めつけてるものだった


人生におけるあらゆる壁も
同じだと気づいた



人の言葉で『生』『若』『老』『死』を左右されていた自分にぞっとした



僕は急に目の前が明るくなり
お爺ちゃんを見て
「ありがとうございます。お爺ちゃんもまだまだ若いですよ。人生これからです。」と話し
そのまま公園をあとにした。





IMG_11648647943925



久しぶりの動画UP 5

https://www.youtube.com/watch?v=xRrPXdb0KpU&feature=youtube_gdata_player




第1弾 は ?年前だろう……

年末のステージの時の映像です。


懐かしいのが見つかったのでUPしました。








歪み5



失なうことでしか見いだせなかった

この想い……





孤独感…… 快楽……





それらは表裏一体だった











引き換えに失った

貴女……




私は落ちる






暗闇をも呑み込む

漆黒の闇




堕ちて



逝った






心は凍てつき


渇いた








何万年経ったろう





いつしか



渇きは潤いを求めていた





温もりを求めていた





失うことで見つけた


想い……





歪んだ愛




貴女を探す




















IMG_11743556971012







ねむれ ねむれ5








さぁ

ねむれ ねむれ
何も怖くはないから……



今宵


風が月明かりに照らされた
笹舟を優しく運んでくれる…


海も歩いているかのように
笹舟を優しく運んでくれる



キミのためにこしらえた
月の雫の笹笛が
キミを夢の中へ誘うから



キミはただ
僕にすべてを預け
今宵の 月の道をゆけばいい



さぁ

ねむれ ねむれ 何も怖がらずに



ねむれ ねむれ 月へと続く路を……




02






さくら5




さくら 作詩 / 杉浦温祝



4553242196_b7ebe23665








「来年も 一緒にこようね…」


僕は言った……。




「桜ってこうやって散っていくんだね」

「きれい…」



「来年か… 一緒に見たかったな……」



きみが 言った。


いのちの散り際を桜に重ねているように聞こえた。


「……」



僕は込み上げてくる涙を抑えるのがやっとだった。



僕は何も言えなかった……




通いなれた通学路。

川沿いの桜並木の小道は
静かに いのちの儚さを語っていた。


110_F_40835195_P64hwoR3Uv8yba1uRFyPtqXgbUvINOcc-1









車椅子が大きく感じるほど
後姿が小さく見えた今年のきみ。



僕は 悲しみが込み上げてきて

きみが座る車椅子を押すスピードをあげた。



砂利にガタガタ揺れる車椅子に


きみが 「こわい」 と言った。



きみが振り返ろうとしたから



僕は 慌てて 「ごめん」 と言った。


涙でくしゃくしゃな僕の顔を
きみに見られたくなかったから。


きみの姿が二重にも三重にも見えるくらい
涙で滲んでいた。



きみがあの時振り向いたかどうかは
もう聞くことはできない。



ただ あの時きみが言った

「目を閉じれば逢えるんだから…」


その言葉を今もはっきり憶えている。




今年も桜の木の下で
出来上がりを楽しみにしてた卒業アルバムを
独りで開く…


あの頃の元気なきみがいる






胸が苦しくなり
桜を見上げて 目を閉じた……



無邪気に微笑むきみが僕に寄り添っていた…。






110_F_33943151_t4EoVsgNE4PEsDidAITgnpNyfjM9KHe4


老眼5



近頃 近くのものが見えなくなった。


巷ではこれを『老眼』というようだ。


僕はこれを『進化』と認識している。




僕は 本を読む。


夜中に本を読む。


この時間がとても好きだ。


僕に知恵と静寂な時を与えてくれる。


ぼくを賢くしてくれる。





ふと、気づいた。


日に日に 本の文字が見えなくなっている。


日に日に 本の距離を離していく。



ピントが合う。



素晴らしい。




老眼……。





僕の首のホクロくらいの大きさしかない
小説の小さな文字が

離遠くなるほど見易いなんて…



まさに進化。



このままいくと


いずれ…


僕はどんな遠くも見透せる『眼』をもつだろう。


その眼は


『明日』を見透し


『未来』を見透し


やがて


『 時』をも見透せるようになるだろう。



そして

その眼を手に入れた時



僕は 次への進化を遂げるために

天へと帰還する。



『進化』



素晴らしい。



『進化』



喜んで受け入れよう。




明日という日は



僕の眼に何を映してくれるだろう…






IMG_11771975501316







livedoor プロフィール

(社)日本作曲家協会・会員
(社)日本著作権協会 会員
日本音楽療法学会 正会員
日本歌謡講師会 所属
AJ ミュージック・代表
オフィス フルムーン プロダクッション 専属講師
ユニバーサル・プロモーション・ジャパン 選任講師

高校卒業後上京。 片桐和子氏をはじめ第一線の講師からボイトレと基礎知識を学ぶ。
演劇,ジャズダンス、クラシックバレエの教育も受ける。TVや映画などで活躍。
東純平氏との出会いで音楽の観念が広がり、独自トレーニング法をまとめ【AJミュージック】を設立し、ボイストレーナーとして活動。
作詞・作曲家としても活躍。
代表曲に【ひまわりのうた】【あなた】etc・・・
提供作品には【DA PUNP】【ISSA】の父である【PAPA・辺土名】が歌う【琉球から〜息子へ〜】【島人心(シマンチュググル)】等がある。
音楽セラピーにも力を注ぎ人気の講師として注目を集めている。

QRコード
QRコード
musicチューナー
  • ライブドアブログ