僕と彼氏の旅行記

ホテル、絶景、グルメが好きで旅に出ます!一人旅もゲイカップル旅も!

2016年12月、11月に引き続き宮城へ。
IMG_4716
新幹線は通常シートだったのだけど、背もたれだけでなくシートも少し動かせて快適でした。

IMG_4715
IMG_4713
原っぱが広がる景色を見ながら、「ああ、遠くまで来たなぁ」と実感しました。
そして、今までステイしてきた地域と、違う雰囲気の場所に来たなと。

IMG_4710
駅のホームから見る景色に感じる、ワクワクする気持ち。
国内旅行でこんなにわくわくしたのは久しぶりだったかも。

IMG_4709
地味に面白かったのは、白石蔵王の駅ナカ。
こんな突っ込みどころ満載の神輿があったり。

IMG_4707
白石温麺のお土産コーナーなんかもあったり。
地方の駅だけど、観光に力を入れて頑張ろうとしているのが伝わってきます。

IMG_4706
IMG_4705
観光案内所が改札を出たところにありました。

IMG_4704
IMG_4703
去年の大河とラマにかけて、真田の特集がされていました。アニメ風キャラになっているのがイマドキ。

IMG_4701
みんな美男美女ですね。
そんなどうでもいいことを考えながら、観光案内所を出ると、今宵の宿の方のお迎えが来ていました。
どうやら僕が観光案内所を出るのを待ってから声をかけていただいたようで、その心遣いに、「ああ、いい宿になるな」とワクワクしながらステイに向かったのでした。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ


最近、我が家ではネスプレッソをいただきまして、それ以来2人して(主に僕)ハマっています
仕事に行くときにネスプレッソで入れたラテをもっていくほど。

んで、好きが高じてきちんと勉強しよう!ということで、ネスプレッソのコーヒーセミナーに参加してきました。

IMG_6015
ということで、表参道のネスプレッソブティックへ。

IMG_6016
1階はカプセルや機械の販売、2階がセミナースペースになっています。
赤い椅子がポップでいい感じです。

IMG_6006
表参道を見渡す一等地でにあります。

IMG_6018
IMG_6017
色味が素敵な二人掛けの席にかけて、さぁ、セミナー開始です!

IMG_6008
まずは、ネスプレッソによるエスプレッソを一杯頂きながら。
2014年もののビンテージブレンド(期間限定)でした。
これが複雑な味がして気に入り、のちに5箱くらい大人買いすることに。

IMG_6004
まずは、ネスプレッソのコーヒー豆がこだわって作られていること、こだわって密封していることなどを画面でお勉強。

IMG_5998
テイスティングもしてみました。
「花のような」「レモンのような」って、コーヒーに使うかな?と僕の感覚では思ってしまう(;´・ω・)

IMG_5994
一つ、カプセルをつぶして開けてみます。あーいー香り。

IMG_5992
カプセルの見た目の良さも、ネスプレッソの魅力の一つです。

IMG_5991
コーヒー豆は、熟し方によって、色が信号みたいに変わるよう。
最初、コーヒーに付け合わせで出されたマーブルチョコかと思ったけれど、なんとコーヒー豆だったという。

IMG_5997
先ほど開けたカプセルと匂いを比較。
開けたばかりのカプセルのしっかりとした匂いに比較して、10分前にあけたカプセルはもう匂いが飛んでいました。「これがコーヒーのアロマです」と解説のお兄さん。

IMG_5990
二重になっている泡、これがアロマの層。
確かにこれがあるコーヒーはネスプレッソに限らず外さないですよね。
コーヒーカプセルによって、この抽出速度を変えている(そのため、抽出速度が異なる)のにはびっくりしました。

IMG_5985
IMG_5984
ラテを作る、牛乳泡だて器も同時に使います。

IMG_5976
IMG_5975
ちょっと微妙になってしまった(笑)。
ネスプレッソ3杯を結局セミナー中に飲むことになり、若干胃もたれしたという。途中でカフェとか挟んでくれるとなおいいかな。

IMG_5965
IMG_5964
お土産をいただきました。
カプセルセットとエプロンでした。
エプロンは普通にかっこよかったので、彼氏が料理を作るときに使っています。

3000円かかるセミナーですが、内容的にも面白いし、お土産代を考えると充分元が取れるセミナーでした。
またこういうのがあれば行きたいなーと思います。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_3770
ウェスティン仙台宿泊記の続きです(以前の記事はコチラ→部屋前半部屋後半パブリックスペース前半後半)。
ウェスティンホテル仙台の朝食会場は、メインダイニングであるシンフォニーです。

IMG_3716
IMG_3715
レストランは、華やかに金と黒を使ったパブリックスペースとは違い、杜の都だけに緑を基調としています。
すべてが仙台カラーです。

IMG_3701
ミネラルウォーターは蔵王の湧水。こういうのうれしいですよね。
でも、アンリオのシャンパンクーラーで冷やされているので、朝から泡が飲めるんじゃないかと思ってシャンパンを探してしまった俺💦
見つからなくて勝手にガッカリ(笑)

IMG_3710
蔵王の牛乳を飲みながら、朝食をスタート。

IMG_3714
山形の名産であるおみ漬けがあったり、松前昆布だしやずんだ餅があったりと、東北を意識した朝食メニューでした。ほかにも秋田のいぶりがっこや、仙台長茄子漬、仙台「ふ」も。
ウェスティンナゴヤキャッスルの朝食(→その時の記事はコチラ)があまり地域性を感じず、そういう意味ではウェスティン仙台も同じかな、と思っていたし、以前は東北を感じるメニューはあまりなかったように記憶しているので、ここに関してはいい意味で裏切られました。

IMG_3702
デザートで締めました。
せっかく旅しているのですから、やっぱり地元のものが食べられると、気分が上がりますね!
もともとおいしいのは分かっていたけれど、東北の地域性も感じられた朝食には大満足でした!


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



これでもか!というほど、長々とつづってきた去年の台湾旅行記。
こうしてみると盛りだくさんな旅行だったなって、帰ってきてからも実感しますね。
おととしのドイツ旅行のように、まとめ記事を作ってみました。

IMG_3486
まずはLCCで成田→台北桃園空港へ。
初日は滞在時間が限られるのでビジネスホテルで我慢、ということでJust Sleep西門町館へ(→部屋、→ラウンジ)。

IMG_3373
夕方は近辺のお寺を散策、夜の台湾情緒を満喫したのでした(→天后宮龍山寺)、そのあとカフェ
迷って怖かったのも、今となってはいい思い出です。人生初の海外一人旅を満喫したのでした。

2日目は台湾高鐵に乗って高雄へ
蓮池潭風景区を観光、竜の体内に潜り、台湾ならではの体験をする。
IMG_3154
そして龍虎の双塔へ。
歩き疲れてカフェで一息ついて、今度は台南へ。

IMG_3114
シャングリラ台南で初のシャングリラホテル、初のクラブフロアステイを満喫したのでした。
(→部屋編ホライゾンクラブラウンジレストランパブリックスペースとプール)
高いサービス、おいしいクラブラウンジ、まあまあのハードで2万円くらいの宿泊でコスパの良さに感動しました。

IMG_0826
台南では知事邸鹿耳門天后宮安平古堡などへ行ったのですが、なんといっても最大の山場は前々から行きたかった麻豆代天府でした。シャングリラ台南に紹介してもらった陳さんのおかげで充実の観光になりました。感謝です。

IMG_2763
シャングリラ台南に2泊した後は、台北へ戻ります
ここからは彼氏も合流、2人で台北ホテルホッピングを楽しみます。
1泊目はW台北。チャラチャラして見えて対応はラグジュアリーホテル、というのが新鮮だったなーと思います。
(→ベッドルームバスルーム夜のプールターンダウン後バーパブリックスペース朝食プール)
九份へ行ったり、故宮博物館(→前半後半)行ったりもたのしかったです。

IMG_1523
そして何より、最終日のマンダリンオリエンタル台北。
(→クラブラウンジでチェックイン、→部屋編備品編バスルーム編、→クラブラウンジでのカクテルタイム、→近くで小籠包、→ターンダウン後、→パブリックスペース、→プール朝食)。
クラブラウンジで、ゲイカップルでも変わらずカップルとして滞在できた、というのは僕の中でとても大きな体験でした。
いつかまた、もう一度泊まりたいホテルです。

IMG_1251
そして日本へ。
いろんな旅行記を読んでいて、台湾はみんな好きそうな理由がよくわかりました。親日で、言葉では困らず、でも適度な異国感。
そして、ゲイが台湾台湾いう理由もよくわかりました。当たり障りのない接客ではなく本当の意味でゲイフレンドリーでした。さすがアジアで唯一、同性婚へ向けて具体的議論の進む国だなと。

Wホテルにも、マンダリンにもまた泊まりたいですし、台湾は今ホテルラッシュ。台中にも台東にも新しいラグジュアリーホテルが建てられています。
日本から案外簡単にいけますし、絶対また行きたいです。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_6025
インターセクトbyレクサス、というレクサスのカフェで彼氏とランチしてきました。

IMG_6030

タオルにはしっかり何の香りか忘れましたが、香りがついていて、気分が上がります。

IMG_6031
その前にイライラすることがあったので、シャンパンでフーっとすることにしました。
ペリエジュエをグラスで。
シャンパンがグラスで1200円で頂けるのはお得感があります。

IMG_6036

彼氏の頼んだかぼちゃのケーキ。
僕は食べてないのでわかりませんが、おいしかったそうです。

IMG_6032
この日はスープセットにしました。

IMG_6033
野菜は別に焼いたりしてあって、凝った味でした。普通に1000円くらいのランチセットなのに、すごいなという感じ。

IMG_6023
食後にはアイスティー。ランチドリンクのセットにしてくれて、200円でした。
無駄な出費なくおいしくいただけるのが素晴らしい。

IMG_6020
そうそう、このお店で素晴らしいのがトイレ。

IMG_6019
アメニティーはイソップだし、

IMG_6014
お手拭きはタオル。
この値段でいいんだろうと思うほどです。

IMG_6011
IMG_6010
トイレの天井はミニカーになっていて圧巻。
便座に座ると目に入るというエンターテイメント。

レクサスのイメージアップを狙ったカフェだからか、味、接客、内装すべて値段以上であり、ここで儲けを出そうと思っていないのでは?と思うほど。
その前にちょっと残念なことがあって二人ともイライラしていたのですが、それが吹き飛びました。
ディナーにも行ったことがあるのですが、それもコスパがよくお勧めです。
車に興味のない方も是非。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ




IMG_3835
IMG_3833
ウェスティン仙台宿泊記の続きです(以前の記事はコチラ→部屋前半部屋後半パブリックスペース前半)。
今日はパブリックスペースの後半です。客室階のエレベーターホール。

IMG_3837
客室へ向かう廊下も黒字に金で連続性をもって色彩に凝っています。


IMG_3779
最上階。
和食のレストランがあります。

IMG_3778
朝方には景色を眺めるにも良いところです。


IMG_3776
IMG_3774
レセプションと同じ階に広くはないですがフィットネスルームがあります。

IMG_3764
IMG_3748
続いては、25階の宴会場フロア。
この階のコンセプトは金のようでした。

IMG_3763
IMG_3761
ソファーも金色!

IMG_3757
IMG_3756
カーペットも、上階からの照明も金色。
上のレセプションからぶち抜いて現れるこのクリスタルのシャンデリアは高級感大です。

IMG_3753
IMG_3750
景色を楽しめるように椅子が配置されています。

IMG_3752
IMG_3751
宿泊した東北大学側とは異なる街側の景色を眺められるので、宴会場に陽にある方の邪魔にならない時間であれば、ビュースポットとしてもいいと思います。

IMG_3746
IMG_3744
続いては3階の宴会場前。
こちらはチャペルとの連続性を意識しているのか、他のフロアよりもクラシックな雰囲気です。

IMG_3741
IMG_3739
2階の会議室。

IMG_3737
IMG_3734
一階へ階段で降りていきます。
金糸のアートワークがかっこいいです。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_5961
1月に彼氏と北鎌倉のフレンチレストラン、航へ行ってきました。

IMG_5960
IMG_5959
立派な門構え。古民家を改装したレストランになります。

IMG_5951
IMG_5950
庭に面したカウンター席でいただきました。

IMG_5929
庭はこじんまりしていますが、鳩が遊びに来たりしていて、結構楽しめました。

IMG_5952
ところどころに置かれているアートもいい感じ。
オーナーがインテリア関係の方だそうで、インテリアの完成度はとても高かったです。

IMG_5939
空いていたもう一つのカウンター席。

IMG_5956
ビールで乾杯!

IMG_5957
前菜をいただきます。

IMG_5944
うーん、食レポはすぐ書かないとだめですね。おいしかったのは覚えているのだけど、どんなだったか全く思い出せない(笑)。

IMG_5943
スープ。
器遣いがいちいちかっこいいお店です。

IMG_5932
メインは肉と魚両方。
色のコントラストがきいているのが良いですね。

IMG_5925
IMG_5914
デザートはコーヒー(なぜかティーカップに入っていた)と一緒に。
ワンドリンクついて3500円で、コスパのいいランチだな、と思いました。

IMG_5954
IMG_5934
テーブル席のほうが雰囲気がさらに素敵でした。
たぶん、より高いコースを頼んだ方がテーブル席になるのかな、と予想しています。

IMG_5949
トイレへのアプローチ。インテリアは隙がないのだけど、一番面白かったのはトイレの中でした。

IMG_5938
IMG_5936
ほら、ウオシュレットのボタンの近未来感がすごい(笑)。
宙に浮いてるんですよ!?


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_3918
ウェスティン仙台宿泊記の続きです(以前の記事はコチラ→部屋前半部屋後半)。
このライトアップされる木が、ウェスティンホテル仙台の外観の象徴だな、と思います。

IMG_3914
IMG_3911
入ってすぐのところで、しわ加工を施したゴールドの巨大なカーテンに迎えられます。
仙台の杜をイメージするような木々の柄に地域を感じますね。

IMG_3818
BlogPaint
入ってすぐ左側にはソファースペース。
金と黒、このホテルを象徴する色の組み合わせですね。
西洋との外交にも積極的であったと言われる伊達政宗。黄金の国の住人が培った「華やかな美」と彼らがあこがれた「舶来の美」がホテルデザインとして表現されています。

IMG_3730
IMG_3728
1階のエレベーターホールには、楕円形の金のアートワーク。
太陽をイメージしたそうです。

IMG_3819
IMG_3820
エレベーター内も金色が目立ちます。
だからと言って中華や中東のような派手さがないのがさすがです。

IMG_3742
エレベーターの模様が変わるのもいいですね。

IMG_3823
26階がレセプションのある階です。

IMG_3727
IMG_3726
漆塗りで朱色に塗られた壁がお出迎え。
漆のクロス貼りだそうです。ここも武家っぽい色彩ですね。

IMG_3767
IMG_3768
チェックインカウンター。
なんとなくこの辺の造りはコンラッド東京と似ています。

IMG_3766
IMG_3765
そういえば、その次の月もウェスティンホテル仙台の予約をしていたので、今度は違う部屋に泊まりたいのでポイントを使ってアップグレードしたい、という趣旨のお願いをしたところ、どうもフロントの方がスターポイントのシステムを熟知はしていなかったようで、色々と行き違いがありました。
3年前くらいから「毎年泊まりたい!」と思うほどにいいホテルで、ウェスティン仙台に泊まることを前提に建てた仙台行きだったので、ちょっと残念でした。
なんというか、以前に泊まった時はスタッフの方が皆さん生き生きとされていて、輝いていたように見えたのだけど、今回は輝きを感じませんでした。普通のホテルになったな、という感じがしました(決して悪いホテルではないですよ)。

IMG_3769
IMG_3832
宴会場である下の階まで伸びる照明。
昼と夜で違った表情を見せてくれます。

IMG_3829
夜は床が光ります。
長くなってきたのでパブリックスペースの続きはまた後日にします。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



彼氏のロンドン出張土産の定番品として頼んでいたアロマセラピーアソシエイツ。
ナイツブリッジの基幹店で買ってきてもらっていたのですが(→その時の記事はコチラ)、どうやら最近メンズのbarber "The Refinery"としてリニューアルしていたようです。

contact_refinery
contact_harrods
(画像は公式サイトよりお借りしました)

Refineryは、日本未発売のアロマセラピーアソシエイツのメンズラインです。僕もコンラッド東京に泊まった際にトラベルキットをいただいたことがあります。
メンズ限定でのプレゼントで頂きました。女性限定のプレゼント、というのはよく見ますが、女性とホテルに行くことのない自分としては同じお金を払っているのに不公平感を感じることが多いです。そういう中で男性へ向けたプレゼントが用意されており、コンラッド東京にとても好感を持ったのを覚えています。
アロマセラピーアソシエイツだけに使用感はよかったように記憶していますが、香りはあまりひねりのない感じでした。アロマセラピーアソシエイツの雰囲気を期待して使うとちょっとがっかりするかなと思います。

彼氏によると、店舗もリニューアルされて、アロマセラピーアソシエイツの販売スペースは大幅に縮小、ラグジュアリー感もなくなっていたということでした。運営している会社は変わっていないと言っていたよ、とのこと。
でも、別に日本でも買えるのだけど、好きなブランドの基幹店がなくなる、というのは悲しいものですね。
今後はロンドン土産にアロアソを頼むことはもうないかな(代わりにいいお土産があったら誰か教えてくださいね)。

IMG_5906
IMG_5902
Reviveのボディーウォッシュとミニチュアバスオイルコレクション。
ボディーウォッシュは早速使っていますが、バスオイルは今年の長期休暇に持っていこうと思っています。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ




IMG_3858
ウェスティン仙台宿泊記の続きです(以前の記事はコチラ→部屋前半)。
グラス。ホテルのグラスって妙に厚いグラスなことがありますが、ここのは薄はりで飲み口がよかったです。

IMG_3856
コーヒー類とカップ。
電気ケトルもありました

IMG_3719
台の上に出すとそれっぽくなりますね。
この大理石の天板のミニバーテーブルは高級感があってヒットでした。

IMG_3717
紅茶はプレミアスティー。コーヒーはプレスで入れるオリジナルでした。

IMG_3855
IMG_3853
有料のスナック類、冷蔵庫もギッシリ。

IMG_3863
バスローブとスリッパ。
ワンピースタイプのパジャマや、アイロンもありました。


IMG_3873
IMG_3871
続いてバスルームへ。
ここでも黒と金が使われています。

IMG_3850
IMG_3848
浴槽はカルデバイ(Kaldewei)で、しっかりコストがかかっています。すいつくようなホーローの感じに、ずっとお風呂にいたいような気分になります。

IMG_3869
シンクもホーロー。
(デザインはいいけれどちょっと水はねが気になります)

IMG_3868
IMG_3847
アメニティーは必要十分。
石鹸用のトレイが可愛かったです。

IMG_3865
タオルは3種類×4枚ずつ。
この手のホテルでは、僕はお風呂に何度も入るので、一人2枚ずつあるといいですね。

IMG_3874
シャワーブースとトイレ。

IMG_3867
シャワーはグローエでした。
バスアメニティーはいつものウェスティンのオリジナル。僕は嫌いなんですけどね。


IMG_3843
IMG_3841
ライヴ後なので、到着したのは夜でしたが、夜景は地味でした。


IMG_3814
IMG_3721
朝になりました。
まずは目覚めのジュースを部屋で飲みながら、何をしようかな、と考えます。

IMG_3783
IMG_3782
東北大学側でした。

IMG_4210
蔵王連峰まで見渡すことができるいい景色です。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ