僕と彼氏の旅行記

ホテル、絶景、グルメが好きで旅に出ます!一人旅もゲイカップル旅も!

DSCN6950
マンダリンオリエンタルバンコク宿泊記の続きです(→チェックイン、部屋プール)。
部屋に帰ると、ターンダウンされていました。

DSCN6951
DSCN6953
光の加減で部屋の雰囲気が変わっていく…。

DSCN6957
ベッドが白いシーツだけになると、また雰囲気が変わりますね。

DSCN6958
白い布もひれていました。

DSCN6960
DSCN6961
ベッドの周りにお水が。

DSCN6978
部屋からの景色もトワイライトタイム。

DSCN6967
DSCN6968
ディナーの前にお風呂に入ることにしたのですが、ここでハプニング発生。
風呂の水が少しずつだけど抜けていくのです。
バンコクで、クラシックホテルとはいえ、一泊7-8万のホテルなので、ちょっとあり得ないこと。
日本人ホテリエの方に相談し、部屋を変えてもらうことにしました。


DSCN6979
変えてもらった部屋はチャオプラヤ川を逆側から見ます

DSCN6980
DSCN6981
DSCN6986
ベッド周りの雰囲気は同じです

DSCN6988
CDが置かれていました。
タイの音楽のようだったので、せっかくだからBGMとして流しておきました。
非日常感が増してよかったです。

DSCN6982
部屋が変わると、ウェルカムフルーツが変わっていました。ランダムなのでしょうか。

DSCN6983
たぶん、一つ上のデラックスルームにアップグレードしてくれたのだと思います。
バスローブがコットンからタイシルク?に変わっていました。
シルクのバスローブ、高級感あるしタイっぽいし見た目にはいいのですが、ペナペナで吸水力が微妙なのでそれほど実用的ではないという。

DSCN6984
オリジナルのバスオイルが置かれていました。
これもデラックスルームならでは。100mlくらいのけっこう大きなサイズで、太っ腹だなーと思いました。

んで、部屋替え後、ディナーのため着替えようと思ったところで、さらにトラブル。
バトラーが荷物を映してくれたのですが、干していた水着とシャツをくっつけてしまわれてしまい、彼氏のシャツが濡れてしまっていたのです。ウェルカムフルーツを切った際に果汁をテーブルにこぼして帰っていったあたり、最初からいい印象はないバトラーでしたが…。
それで日本人スタッフの方を話したいのですが、と電話をして「おりかえします」といわれましたが、10分ほど待っても折り返しなし。
ディナーの時間も迫っていたので、違うシャツを着て出かけることにしたところ、ロビーに日本人ホテリエの方が。
「~なんです」と状況を説明しました。「ご迷惑をおかけしたので」と、レイトチェックアウトなどを提案いただきました(そして、さらにサプライズがあり、最後は機嫌よくホテルをあとにすることができました!)。
彼氏はプールが気に入ったようで喜んでいました。
その時は色々あって疲れたけれど、言葉に不自由があっても日本と同じクオリティを要求してクレームが言える、ということ自体がすごいといえばすごかったな、というのは帰ってきた今となっては思います。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN8667
GWの京都旅行ですが、アメックス京都ラウンジ、圓徳院をあとにして、今度は次のライトアップへ移動しました。

DSCN8670
DSCN8671
「青蓮院門跡、夜の特別拝観」です。

DSCN8673
DSCN8675
この門の中の青に吸い込まれるような感じ。

DSCN8676
DSCN8677
白壁を光で青に染める、という発想がすごい。脱帽。

DSCN8679
建物の中へまずは入ります。

DSCN8683
DSCN8684
中も撮影可能でした。

DSCN8695
外の石庭が青く光ります。

DSCN8699
DSCN8701
青蓮院門跡のライトアップというと石庭が有名ですが、それ以外にもお庭があって、ライトアップされたものを見学することができます。

DSCN8707
DSCN8714
DSCN8721
幽玄な世界が広がります。

DSCN8725
DSCN8726
竹林の中の社もあるので、様々な雰囲気を楽しめます。
高台寺にしろ、青蓮院門跡にしろ、一つの寺院で見どころがたくさんあるのは特徴でしょう。

DSCN8727
鳥居の赤と竹林の緑のコントラストが、夜になってより顕著に浮かび上がります。

DSCN8728
DSCN8729
夜の竹林まで青蓮院門跡で堪能できると思っていなかったので、うれしい誤算でした。

DSCN8733
DSCN8736
DSCN8737
それぞれのお堂も雰囲気があります。

DSCN8743
DSCN8744
そして、青いライトが敷き詰められた石庭へ戻ってきます。
思った以上に、広くて見どころ多い青蓮院門跡のライトアップでした。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN6932
マンダリンオリエンタルバンコク宿泊記の続きです(→チェックイン、部屋)。
部屋で一息ついた後はプールへ。バンコクはシティーホテルでも本格的なプールのあるホテルが多いですが、中でもマンダリンオリエンタルバンコクのプールは非常に本格的。
プール前の雰囲気は南国リゾートそのもの。

DSCN6933
プールは宿泊者限定なので人がたくさんいても落ち着いた雰囲気を保っています。

DSCN6934
期待高まるアプローチ。

DSCN6935
DSCN6936
更衣室のシャワールーム。

DSCN6937
客室と同じ、オリジナルのレモングラスのバスアメニティでした。
小瓶でいいのかな?

DSCN6938
DSCN6941
さあ、プールへGO!

DSCN6942
プールボーイがタオルをセッティングしてくれます。

DSCN6945
さらに、お水も持ってきてくれます。
プールボーイって高級ホテルでも洗練された感じがないことが多いですが、マンダリンオリエンタルバンコクのプールボーイのサービスは他のホテルよりもレベル高かったです。

DSCN6946
バナナも自由に持っていけるようになっていたので腹ごしらえ。

DSCN6947
プールからの帰り道。

DSCN6948
DSCN6949
外のソファーセットもかっこいい!
ターンダウン後に続きます。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN6765
マンダリンオリエンタルバンコク宿泊記の続きです(→チェックイン、部屋)。

DSCN6766
続いてバスルーム。二面に鏡が張られたブロガー泣かせのバスルームです(もちろん広く感じていいんですけど)。
バンコクの最新ラグジュアリーホテルはどこも50平米くらいあるので、それに比べるとマンダリンオリエンタルバンコクは建物が狭いのでどうしても部屋は狭い、天井は低い、というのは否めません。それを補おうとしているんでしょうね

DSCN6768
お水やアメニティーが置かれた台。

DSCN6772
DSCN6777
ペットボトルの水がちゃんとホルダーに入っているのが可愛いです。
マンダリンオリエンタルって、こういうゲイ心をくすぐる演出がうまいんです。


DSCN6770
バスローブはコットンのペナペナのもの。
これはちょっとイマイチでした。

DSCN6779
DSCN6780
なんか蛇口がレトロでした

DSCN6781
石鹸はレモングラス

DSCN6782
DSCN6783
DSCN6784
コットンパフとバスソルト。
小物の容器が貝殻加工のもので統一されているのが素敵でした。
これが気に入ってマンダリンオリエンタルのではないけれど貝殻加工のティッシュボックスを買ってしまったくらい。

DSCN6787
DSCN6788
タオルは2枚ずつでしたが、外に出るたびに部屋が片付けられているのでその点は問題なし。

DSCN6789
DSCN6791
DSCN6792
バスアメニティは、マンダリンオリエンタル バンコクオリジナルのもの。
実際はプラスチックですが、ガラス瓶みたいなデザインがかわいいです。
レモングラスの香りがして、暑いバンコクでサッパリするのにベストな香りでした。

DSCN6794
DSCN6796
トイレにもアートがありました。

DSCN6797
DSCN6806
シャワーブースは別になっているタイプ。

DSCN6802
DSCN6803
DSCN6805
シャワーブースの中にもバスアメニティが置いてあります。
シャワージェルと石鹸が両方置かれていて気分で選べるようになっています。

DSCN6812
DSCN6813
そうそう、曲線美について前の記事で書きましたが、お風呂の中でも曲線美は健在でした。


DSCN6896
DSCN6897
ビューは、パーシャルチャオプラヤー川ビューです
これが歴史の教科書に出てくるチャオプラヤー川だ!って泊まってる時は思ったけど、帰ってから写真を見返すとそれほど絶景というわけではないですね。ビルも結構あるし。

DSCN6916
レースのカーテンが金色なのが、部屋全体の雰囲気と川周囲のビルが喧嘩しない様にうまい具合に整わせています。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN9967
羽田空港、国内線ターミナルでご飯。
中華料理「彩」に入ることにしました。

DSCN9956
けっこうちゃんとしたセッティングです。

DSCN9957
DSCN9955
オシャレんてぃーな店内(でも、空いている時間帯だったので後ろのほうに陣取れたけど、前のほうだたら落ち着かないかも)。

DSCN9960
ビールを頼んだのですが、付け合わせにザーサイが出てくるのができる!と思います。

DSCN9962
チャーハンセット(1380円)。
味もちゃんとしていた記憶があります。

DSCN9964
ここでもう一度ザーサイをくれるのが、飲兵衛としては高ポイント!
味よしセンス良しで、やっぱり羽田空港っていいなって思いました。

DSCN9973
さあ、空の旅へ


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN6864
マンダリンオリエンタルバンコク宿泊記の続きです(→チェックイン、部屋)。
今日はもっと細かい所を。



DSCN6865
ウェルカムフルーツ。

DSCN6866
DSCN6867
絵と花が添えてある演出が素敵。
でも、あまり見たことないフルーツだったので、食べ方がわからず、バトラーを呼んで「これってどう食べるの?」と聞いたら、一個をぶすっと真ん中ら切って、果汁を散らかして去っていきました。
この対応に彼氏がドン引き。日本のような細やかな対応を期待してはいけない、と思いつつも、「ホスピタリティーが素晴らしい」というネット情報を読んでいたので、バトラーサービスについては残念さが目立ちました。

DSCN6913
DSCN6914
で、この部屋のよさって、やっぱりディテールだなと思います。
椅子のサイドが竹みたいになっていたりとか。

DSCN6910
DSCN6919
机の脚も単純でないし。

DSCN6912
DSCN6921
リラクシングチェアの隣のテーブルも足がすごい

DSCN6922
ベッドのサイドテーブルだって。

DSCN6917
ベッドの足だって。
こういうディテールが、非常に凝っているんですよね。

DSCN6880
マンダリンオリエンタルの雑誌もありました。

DSCN6881
水とカップ。

DSCN6882
紅茶はTWGでした。
5種類×2個ずつくらいあって、その充実度はさすがマンダリンオリエンタル。

DSCN6883
でも、コーヒーがインスタントで。このクラスのホテルでインスタントコーヒーはちょっと…

DSCN6885
DSCN6886
カップはオリジナル。

DSCN6890
冷蔵庫はぎっしり。

DSCN6891DSCN6893
DSCN6892
ミニバーとグラス類。

DSCN6903
台の上にはさりげなくアクセサリートレイ

DSCN6817
ハンガーは意外と厚みとか普通でした。

DSCN6819
金庫が大きい!
このときはあまり気にしませんでしたが、マンダリンオリエンタルバンコクに泊まってみると、結構部屋に人が入る(プールや朝食などの折にもベッドメイキングしてくれる)ので、大きい金庫はいいのかもしれませんね。

DSCN6824
荷物台

DSCN6825
DSCN6828
下は引き出しになっています

DSCN6829
DSCN6830
収納がもう一つあります。

DSCN6831
DSCN6833
スリッパが、ふかふかのキルティング。使い捨てでないタイプをラグジュアリーホテルで見ることはあまりないのでびっくり。これ、家で使っているのよりも分厚いかも。
持ち帰りOKかどうか聞けばよかった。

DSCN6835
マンダリンオリエンタルバンコク宿泊記の続きです(→チェックイン)。

DSCN6839
DSCN6837
憧れのホテルのレビューができるのはうれしいもんです。

DSCN6848
DSCN6840
入ってすぐのところには生け花
生け花が部屋の中にある、というのはマンダリンオリエンタルならでは。

DSCN6845
DSCN6858
お茶やお酒を一緒に飲める机といす

DSCN6874
DSCN6875
机の上にも生け花。
客室の中にも生け花があるのは贅沢感があってよかったです。

DSCN6877
マンダリンオリエンタルバンコクのニュースが新聞みたいに

DSCN6925
引き出しの中にはレターセット。

DSCN6924
あ、そうそう。鍵はタッチ式でした。
カードキーだとクラシックな雰囲気に合わなかったりするけれど、これだったらアリだな。

DSCN6898
DSCN6901
机の上にあるランプの曲線美がいいです。

DSCN6859
DSCN6860
お風呂が見えるような見えないような仕様。

DSCN6868
DSCN6909
キングサイズのベッド。


DSCN6906
DSCN6908
クッションはタイシルクです。
クッションがたくさんあるって、なんか豪華な雰囲気がします。

DSCN6923
ベッドボードは木製でクラシックな感じでした。

DSCN6849
DSCN6850
ベッドサイドのティッシュは貝殻のケース。

DSCN6853
なんと下にスピーカーが隠れている!という

DSCN6854
もう片方のサイドテーブル。

DSCN6855
DSCN6856
DSCN6857
なんと、DENONのCDプレーヤーがあります。
ただCDプレーヤーがある、というのではなくて、ちゃんとオーディオメーカーのがあるのがさすが。

DSCN6873
DSCN6861
1人がけソファーの居心地がよくて、主にここを占拠していました。

長くなってきたので続きます。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

mig
9月9日は「キュー・キュー」でゴマちゃんの日!
ということでTwitterは盛り上がっています。僕はTwitterはしていないので、ブログでゴマちゃんの日に参加することにしました。
どういう記事にしようか迷ったのだけど、我が家のゴマちゃん温泉の模様替えをしたので、それについて書こうかと(以前の記事→ゴマちゃん温泉模様替え①)。

DSCN8035
彼氏が以前にロンドンお土産で買ってきてくれたJo Malone(ジョーマローン)のお風呂グッズを中心にお風呂前のディスプレイコーナーを模様替えしました。

IMG_0214
IMG_0213
これは、彼氏がロンドン出張で送ってきた画像です。
日本でも表参道ヒルズ、丸の内など一等地にお店に構えるJo Maloneですが、ロンドンでも一等地にお店を構えているそうです。

DSCN8035
DSCN8037
シャワージェルとバスオイルを買ってきてくれました。箱を開けると香水の匂いが香りました。
日本の値段と比べると3分の2くらいだったみたいです。
ジョーマローンのシグネチャーであるライムバジル&マンダリンです。

DSCN3185
うまい具合にバスオイルの蓋の上にのったゴマちゃん。

DSCN3198
最終的には、サンプルも並べてこんな感じに。

fac6603b33efcfa16f0ed37dc5c40393
これは公式サイトの画像ですが、最終的には箱を集めてこんな風に飾れればと妄想中です(もちろんゴマちゃんも入れて!)。
コスメや香水の箱はどれも素敵ですが、ジョーマローンの箱のかっこよさは群を抜いています。
クリーム色と黒の組み合わせ、ロンドンじゃなくてパリのブランドみたいな雰囲気です。

さて、ジョーマローンの使用感ですが、香水のブランドなんだなーと、しみじみします。
アロマセラピーアソシエイツのバスオイルはポカポカあったりますが、そういうのはそれほどでもないです。代わりにやさしく包み込むような香り(香水は結構強いけれど、バスオイルはきつさがありません)で包まれてリラックスするお風呂になります。
逆にシャワージェルはこれでもか!ってくらい香りがはっきりしていて、お風呂から出た後は香水をまとったみたいになれます。
最近マイブームになっているので、他の香りも試してみようと思います。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN8607
GW京都旅行、建仁寺に行った後、祇園を散歩し、夕飯を食べて…。
散歩した祇園はすごい混雑で、雰囲気どころでない。食事に行ったところも場所代ありきでイマイチ。
ちょっと微妙な思いをしながら、一息つこうとアメックス京都ラウンジへ(以前の記事→日中夜間)。
普段は夜はやっていないのですが、ライトアップをやっている期間は夜間も入れるのです。

DSCN8608
入り口が少しわかりづらいですが、中に入ってラウンジ利用と伝えます。

DSCN8610
DSCN8612
和室と洋室がありますが、そういう訳で疲れていたので、今回は洋室で椅子に座ることにしました。

DSCN8615
梅昆布茶をいただきました。

祇園を歩いていて騒がしくて、カフェでもうるさくて、夕食を食べたところも相席になってしまい落ち着かなくて。
人混みが嫌いな彼氏は若干不機嫌だったのだけど、このラウンジで機嫌が直ったようでした。
祇園・八坂のあたりでタダでゆったりできる。今回ゴールデンウィークの旅行だったので余計にありがたみを実感しました。


DSCN8617
んで、このアメックス京都ラウンジは圓徳院の中にありますので、ゆったりした後は圓徳院のライトアップを見学しました。

DSCN8618
DSCN8619
今回は仏様をLEDであらわすのにはまっているようでした。

DSCN8621
石庭ももちろんあります。

DSCN8622
DSCN8623
ライトの色が少しずつ変わるという。

DSCN8627
DSCN8628
彼氏の好みではなかったようですが、僕は結構好きでした。

DSCN8630
DSCN8633
このLEDの仏様アート、前回は見かけなかったので、今回のために作ったのでしょうか。
それにしてはいろんな種類があって。
けっこうコストかかってるんだろうなぁ。

DSCN8638
DSCN8639
(`・ω・´)シャキーン
と効果音なりそうなのも

DSCN8642
メインのお庭のライトアップ

DSCN8648
DSCN8646
高台寺ももちろん好きだけど、それとは違ってゆったりと見える圓徳院には圓徳院の良さがあります。

DSCN8651
DSCN8653
DSCN8658
和とライトアップの組み合わせって、いいですよね。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

DSCN6931
バンコクでは3つのホテルをはしごしたのですが、マリオットの後はマンダリンオリエンタルへ。
マンダリンオリエンタルバンコクは、ホテルブロガーをしている以上、絶対に行きたかったホテルでした。
日本でいうと帝国ホテルに相当するような、格と歴史。コロニアルテイストとオリエンタル情緒が合わさった雰囲気。
さらに、台北で大ファンになった(といっても台北とバンコク以外泊まったことないけど)、マンダリンオリエンタルグループ、というのもいい!

ワクワクしながら到着したのですが、ドアマンにキャリーケースを預けた後、その後アテンドされず。あれ?
事前に読んだブログだと、花輪を腕にいただく、と書いてあり期待していたので肩透かしを食らいました。花輪はまあ、部屋のランクとか、マンダリンオリエンタルバンコクの車による送迎の有無とか、色々あるのかもしれないのでいいんです。でも、最高位のホテルにタクシーで行ってアテンドしてもらえない、というのは初めての経験でした。
この「?」は滞在中何度かありました。もちろん逆に「素晴らしい!」と思うこともあって、最終的にはとてもいい気分でホテルをあとにし、マンダリンオリエンタルバンコク滞在はバンコク旅行のハイライトとなっています。でも、最高位のホテルだからといって隅々まで素晴らしいかといったら、必ずしもそうではないなと思った滞在でもありました。

で、どっちがフロントだろう?と迷いながら右奥のフロントへ。
ドアマンの対応に不安感はちょっとありましたが、フロントでパスポートなど見せていたところ、どこからともなく日本人ホテリエ登場。
この日本人ホテリエの登場するスピードが非常に早く(バックヤードへフロントの方が呼んだりすることなくさっそうと登場)、この人はできる!とびっくり。実際、ホテルで生じたトラブルについて、この方に助けていただいた滞在となったのですが。

DSCN6930
エレベーターへ乗り(この写真達は別な時に撮ったものですが)

DSCN6929
DSCN6928
部屋のある11階へ。

DSCN6927
廊下は正直ちょっと年季が入ってはいました。

DSCN6926
部屋へ。

DSCN6834
DSCN6838
部屋でチェックイン手続きの続きを行います。
男性二人のダブルベッドでも、本当に自然な接客でした。
フロントで確認されずとも、ダブルの部屋へと案内すればおのずと答えはそこにあるわけなので、ルームチェックインというのはいいもんだなと感じます。
夕食やアクティビティなどの確認事項を確認していきました。

DSCN6762
DSCN6763
ウェルカムドリンクはレモングラスのドリンクでした。
マンダリンオリエンタルバンコクはバトラーサービスのあるホテルであり、バトラーがドリンクを持ってきてくれました。
レモングラスの濃厚な味がそこらのレモングラスティーとは全然違いました。お土産ショップでも販売していたので買って帰りました。部屋に続きます。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ