僕と彼氏の旅行記

ホテル、絶景、グルメが好きで旅に出ます!一人旅もゲイカップル旅も!

IMG_5842IMG_5841
ご飯をを食べた後は、新江ノ島水族館に再入場しました。
新江ノ島水族館では、手の甲にスタンプを押してもらうことによって、その日限定で再入場できます。
ご飯を食べに外に出れるので、とてもありがたいシステムなのですが、一方でご飯を食べるときに手を洗うことができないというちょっとしたトラップでもあります。
再入場してすたすた歩いていくと、もうゴマちゃんスタンプラリーは紙がなくなっていました(1日500枚限定なので)。ゴマちゃん人気を再確認しました(*・ω・)ノ
で、イルカと握手できるイベントを、朝一で入った時に予約しておいたのです。
時間になったのでイルカのスタジアムプールの奥へ!(写真の右上です)

IMG_5770
ここの小さめのプールに、イルカくんたちがやってきてくれます。

BlogPaint
イルカさんと握手ができます!
イルカはゴマちゃんの次に好きな動物なので、こうして握手できて幸せでした。
これもすっごい笑顔。

BlogPaint
彼氏もいるかと握手してまんざらでもない表情。


IMG_5757
終わった後はアザラシプールの前に移動。
アシベとゴマちゃんが再びやってきました。

IMG_5756
ゴマちゃんがアザラシプールの前にやってきて、そこで記念撮影!
ゴマちゃんのぬいぐるみを持っている小さい子が数人いて可愛かったです。
そうそう、今回のイベントでは大人ではなく子供がゴマちゃんにはしゃいでいたのが印象に残りました。NHKで1年間アニメ放送されただけあって、子供の認知度も上がってきているんですね。第2期ゴマちゃんブームの予感!

BlogPaint
もちろんいい大人である自分も、ゴマちゃんと写真撮ってもらいました(彼氏は一緒にうつってくれない)!

IMG_5749
IMG_5748
このイベントに合わせたように、プールから陸地へあがったリアルゴマフアザラシが可愛かったです。

ゴマちゃんを満喫したら胸いっぱいになり、家へ帰りました。
新しい旅のスタイルとして、ゴマちゃん中心の日帰り旅行してみると、中心になるものが変わると旅も新鮮になるなると実感(′∀`)
何度も行った江ノ島も、ゴマちゃんがいるだけで再び色鮮やかになって。
THE TOUR OF ゴマちゃん、またしたいなーって思います!


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_5814
この日は、アシベ、ゴマちゃんと一緒にゴミ拾いをするイベントがありました。
えのすいecoデー、海をきれいにするイベントです。
始まる15分ほど前に整理券を配布されました。なんとノベルティーをいただけると!無料のイベントなのにすごい!Go! Go! ゴマちゃんのクリアファイルでした。うれしいなー!
引換券もゴマフアザラシでかわいいです。

IMG_5812
ゴマちゃんとアシベが登場!

IMG_5811
IMG_5808
テツandトモも登場。
ゴマちゃんとアシベは大人の事情で声を出せない(笑)ので、代わりにしゃべったりネタを披露したりしていました。
なんでこの人たちなんだろう?って思ってたら、今度の第二期Go! Go! ゴマちゃんの主題歌を歌うらしいです。

IMG_5799
顎に旗を載せていました。
ひょえー!!

IMG_5788
記念撮影をして、いよいよゴミ拾いです!

IMG_5784
軍手やトングをもらって、30分から1時間程度ゴミ拾いをしました。
お笑い芸人の二人はすぐいなくなってしまいましたが、ゴマちゃんとアシベはゴミ拾いにけっこう長く参加していました。偉いぞゴマちゃん!
暑すぎず寒すぎずな季節だったので、ゴミ拾いしながら海辺を歩くのは結構気持ちよかったです。
ゴマちゃんと一緒に社会貢献できるって、すっごい楽しいなーと思います!


IMG_5775
IMG_5783
ゴミ拾いをして爽快な気分になった後は、江ノ島の島のほうへ渡ってランチにすることに。
ぷはーっとビールで乾杯しました。

IMG_9401
夏のイベントの時に、ゴマちゃんがどんぶりに扮して宣伝していた、江ノ島の名物、生シラス丼(今思えば、このイベントは書下ろしイラストも多くて豪華だったなぁ)。

IMG_5780
丼ではないですが、生シラスを注文しました。
釜揚げシラスよりもぷりぷりしていて、お酒のつまみにいいなと思いました。
シラス丼にするよりもこうやって注文してよかったなと。

IMG_5778
IMG_5777
僕の注文した定食と、彼氏の注文したシラス丼定食。

IMG_5776
シラス丼は、卵もシラスがついたシラスづくしな一品でした。


IMG_9402
IMG_9400
本当は、夏のゴマちゃんとの出会いとの想い出を巡ろう!ということで、タコせんべい(下の写真で登場)も食べたかったのですが、3連休の中日だけにものすごい人出で、タコせんべいにビックリするくらいに並んでいたのであきらめました。
また次江ノ島に来るときに挑戦したいです。

IMG_5772
島からの景色だけ楽しんで、水族館へ戻ります!


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



gomachan-2
さて、3連休だったわけですが、僕らはゴマちゃんイベントに行ってきました!

大人気アニメキャラクター・ゴマちゃんと、新江ノ島水族館のゴマフアザラシが夢のコラボレーション!!
えのすいPresents 少年アシベGo! Go! ゴマちゃんスタンプラリー!

予想しない形でこの1月から生活スタイルが大きく変わった僕ら。
それにとっもなって、新しい旅のスタイルを作りたいなーって思ってたところで、少年アシベGo! Go! ゴマちゃんの第二期が決定。ゴマちゃんイベントが開催されることになりました。
そうだ!ゴマちゃんをテーマにした旅をすればいいんだ!名付けて「THE TOUR OF ゴマちゃん」!!
ゴマちゃんをテーマに、いろんなところに行こうと思います。

IMG_5896
片瀬江ノ島駅から、旅はスタート。
竜宮城のようで、なりきれていない微妙な駅舎。

IMG_5895
江ノ島に到着!
ヤシの実と灯台を見ると、ああ、江ノ島に来たなって気分になります。

IMG_5887
IMG_5894
新江ノ島水族館の中へ。
3連休の中日だったので、とても混んでいました。

IMG_5886
入ってすぐのところにゴマちゃんスタンプラリーの台紙が置いてあります。

IMG_5890
IMG_5892
さぁ、ゴマちゃんスタンプラリースタートです。
水族館だけに、ゴマフアザラシの生態に迫るスタンプラリーです。

IMG_5882
IMG_5878
クラゲもきれーだなーなんて思いつつ、進みます。

IMG_5868
IMG_5871
アザラシプールでスタンプポイントその2を発見。
早速スタンプを押します。ゴマちゃんかわいい!

IMG_5858
IMG_5853
アザラシプールの前なので、ずーんと泳いでいるリアルなゴマフアザラシ。可愛いです。

IMG_5852
息継ぎしている様子もキュート。

IMG_5863
アシベとゴマちゃんもいたので、写真を撮っておきました。
イマイチ、テンションが上がりきらないのは、これが去年の夏の江ノ電秋冬の杉並アニメーションミュージアムでも見かけたアシベとゴマちゃんと同一だから。
去年の夏の時は約20年ぶりにゴマちゃんと写真が撮れて、大興奮したものですが、ずっと同じゴマちゃんとアシベだと、だんだん新鮮味がなくなってくる自分がいます(;´・ω・)

IMG_5861
このコーナーは、ゴマちゃんをフィーチャーしているので、壁紙も巨大なゴマちゃんの写真でかわいかったです。

IMG_5844
スタンプのポイント探しに館内を回ります。
外に出て亀のコーナーへ。

IMG_5836
けだるそうに水浴びするカメさん(*・ω・)ノ

IMG_5834
亀の雄雌はしっぽの長さで見分けられるそうで、長いの(下)がオス、短いの(上)が雌だそうです。

IMG_5832
卵がかえる様子も勉強できます。

IMG_5831
IMG_5840
命がけで亀が産卵しに砂浜に上がる様子って、テレビ番組で見ると感動するシーンですよね。

IMG_5826
IMG_5827
探し回っているとしんかい2000の展示もありました。
ここだけ雰囲気が違いましたね。

IMG_5839
3つ目のスタンプゲット!

IMG_5823
IMG_5816
一つ目のスタンプがどこにあるかわからなくて、探し回りました(実際は展示が始まってすぐのところにあった)。
無事3つそろいました。
商品のシールは後ろに最初からくっついているので、はじめから何も出ないんですけど。

IMG_5824
出口のところにゴマちゃんポスターが!

IMG_5821
えのすいのお土産屋さんにもゴマちゃんの姿がありました。
思わずいろいろ買っちゃいました!

IMG_5820
IMG_5818
しばらく座って彼氏と海を眺めました。

ゴマちゃんとアシベの像が使いまわしとか、突っ込みどころはあったけれど、水族館とゴマちゃんという、コラボレーションは鼻血が出そうな組み合わせでとてもよかったです。
この後もゴマちゃんの話が続きます。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_1623
IMG_1622
W台北宿泊記、最後は昼のプールを紹介します。
プール自体はロビー階にありますが、その受付は一つ上の階にあります。
プールをイメージした水色がイメージカラー。

IMG_1619
ロッカールーム。

IMG_1620
IMG_1624
中にはスリッパが完備されていました。
日本からビーチサンダルをわざわざ持って行ったのですが、この旅行ではシャングリラ台南のプールくらいしか使いませんでした。W台北のとんがったプールによく似合う、白と透明ブルーのビーチサンダルです。

IMG_1616
IMG_1617
屋外にもシャワーが。
横目に見ながら、エレベーターを降りてプールへ向かいます。

IMG_1614
夜のお色気むんむんな感じとは大きく変わって、健康的でポップな感じ。

IMG_1615
ぶらぶらさせてみました。
でも、日が強かったので、移動しましたが。

IMG_1604
IMG_1603
プールサイドで一杯。
僕の(下側)は柚子のカクテルだったのですが、柚子ではなくオレンジやグレープフルーツの味でした。
おいしかったですが、?という感じ。

IMG_1593
おつまみは試験管に入れて出てきました。何から何までオシャレです。

IMG_1601
IMG_1592
せっかくだからゴマちゃんビーチボール(江ノ電のイベントで去年の夏にゲット)を持って行ってパシャパシャ。
ゴマちゃんに顔が隠れると殺せんせーにしかみえない彼氏(笑)。

IMG_1579
キューキュー!
ゴマちゃんとキューキューしていたら、不満そうな彼氏の写真とかが残っていて今見ても面白かったです(笑)。

IMG_1618
泳いだ後は、大浴場スペースでゆったりできます。
ジャグジーを貸し切りにできました。

W台北の記事は以上になります。
チャラい見た目に反してラグジュアリーホテルの対応、昼のポップさと夜のセクシーさのギャップ、部屋に向かっていくにしたがってどぎつさがなくなる色彩…。
自分のホテルステイもマンネリ化しがちな中で、今までにないホテルであり、とても楽しめました。
今回はSPG AMEXのクレジットカードの無料宿泊特典で宿泊したので、ホテルで色々遊べるお金が浮いたので、バーやら朝食やら楽しめました。てっぺんのバーはそうでもないですが、プールバーや朝食はコスパが高く、今後お金を払って泊まってもぜひリピートしたいです。
本当かウソかわかりませんが、大阪にできるといううわさもあるWホテル、本当だといいなぁ。

・W台北の記事一覧はコチラ


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_2434
台北旅行記の続き、故宮博物院の続きです(前回の記事はコチラ)。
清朝時代のカラフルな墨が今見てもモダンでした。

IMG_2425
IMG_2407
こんな器欲しい!と思いながら眺めておりました。

IMG_2413
とか思ったら、すっごいグロテスクなのがあったりして。
すごい振れ幅の中で展示があるのが、とても広い博物館ですが飽きずに楽しめました。

IMG_2400
IMG_2398
こわいよー!こわいよー!!

IMG_2397
なんか、日本人の感覚だと悪役にしか見えません。
でも神様です。

IMG_2393
IMG_2391
実験的に最新技術を使ったコーナー。

IMG_2388
IMG_2387
クジャクの色が変わったりしていました。

IMG_2386
タブレットを使ったVRも。
こういうのに凝っていくのって世界共通なんですね。

IMG_2370
IMG_2369
白菜はありませんでした(当時、台中の分院に移動していたため)が、緑色がきれいな宝物は多数ありました。
日本ではあまり使われない色だったので、おもしろかったですね。

IMG_2358
IMG_2357
👽宇宙人みたい👾

IMG_2345IMG_2340
香水瓶が可愛いのも世界共通!
ルイヴィトン展に行ったときにも、香水瓶が可愛いなって思ったのですが、ここでもハマってしまいました。
凝り性なので、一つ買うといくつもコレクションしてしまいそうなので、それはまだやめときます。

IMG_2343
IMG_2341
あまり博物館にはいかない人間なので、正直ほとんど期待せずに行った(彼氏の希望で行った)のですが、とても楽しめるスポットでした。
美しさのポイントが中華だと日本と違うのが面白かったです。

IMG_2329
IMG_2332
終わった後はタクシーでW台北に戻ります。


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_4871
IMG_4870
年末は、彼氏は俺を置いて里帰りしてしまったので、僕は一人表参道へ。
年末恒例の浜崎あゆみのカウントダウンライヴ、ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2016-2017 『Just the beginning -20-』に参加するためです。

IMG_4874
明治神宮の初もうでを意識して提灯もともっていました。

IMG_4866
まだ人気のない、大みそかの明治神宮。嵐の前の静けさ。

IMG_4873
表参道ヒルズは、一人で入れる飲食店はなさそうでした。
よって洋麵屋に入って食べた気がする。

IMG_4878
出店がたくさん出ていました。
21時ごろからにぎわう様子に、「ああ、年末の風物詩だったんだな」とあゆのライヴの大きさを実感しました。
僕は30日に参加することはあったのですが、31日に参加することは初めて。
浜崎あゆみっていう、時代の若者を象徴するアーティストが、渋谷でカウントダウンをするということ、カウントダウンライヴの後、明治神宮にも参拝できること。ああ、年末のイベントだったんだなって。

IMG_4869
代々木体育館へ向かいます。
東京オリンピックののため、工事へ入る代々木体育館。渋谷の年末の風物詩であったあゆのライヴも、これでいったん終焉を迎えることになりました。

IMG_4862
IMG_4867
代々木第一体育館へ。
記念撮影スペースもありましたよ。

IMG_4863
あゆへのメッセージボード。しっかり書いてきました。

IMG_4860
いよいよ開場です。

IMG_4859
IMG_4857
いよいよライヴが始まります。今回のライヴは撮影OKでした。ただしデジカメはダメという謎のルール。

IMG_4855
ライヴがスタート。
最初はヒット曲ばかりで、「個人的にはこういうの期待してるわけじゃないなぁ」と思っていましたが、カウントダウンはまさかの「talkin 2 myself」。
僕があゆを好きになった一番大好きな曲で、でもマイナー曲なので二度と聞けないと思っていたので、これをうたったときは大興奮でした。たぶん会場中で一番テンション高かったのが僕だと思う。
きっと、「代々木がなくなっても、私は歌っていくよ」っていうあゆからのメッセージなんだろうな。

IMG_4852
IMG_4845
ライヴ終了。
この風船を醜く奪い合っていたのが嫌でした。

IMG_4842
IMG_4849
家まで帰るのが混雑で大変でしたが、これで最後となる、あゆの代々木でのカウントダウンライヴ。一つの区切りとして参戦できてよかったです。
代々木第一体育館って、音が悪いし、すぐ近くの原宿への混雑緩和のためにせまい出口しか終わった後開かないし、ライヴ会場としてはあまり好きではありません。でも、あゆと一緒に代々木が作ってきた歴史は、感慨深くもありました。
今年は自身最長ツアーを行うあゆ。今年も追いかけていきます!


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_2535
朝食を食べた後は、タクシーで故宮博物館へ。
タクシーで郊外まで行っても、安いのは台湾ならでは。
敷地、ひろい!

IMG_2533
IMG_2532
台湾を代表する博物館だけあって、とても立派な建物なのですが、その周囲がヤシの実、というのが台湾らしくてかわいいかったです。
中へ。日本語のオーディオ解説を借りることができますが、そのためにはどちらか一人のパスポートを預ける必要があります。彼氏が預けて二人分借りていましたが、正直僕はそんなもののために貴重品を預けるのには抵抗がありました。

IMG_2521
IMG_2520
家にこんな茶室ないかなぁ。

IMG_2518
こんな書斎もほしいなぁ
なんて妄想を掻き立てられる最初の部屋でした。

IMG_2517
日本の宝物もあります。

IMG_2516
文化的な価値は僕にはわかりませんが、こういうミニチュア的なのかわいくて好きです。

IMG_2510
優雅な碁石。

IMG_2508
IMG_2505
何層にもわたって彫ってあります。
IMG_2504
全部重なる器もびっくり。
精緻な細工たちです。

IMG_2497
サンゴ。台湾の名産の一つですね。

IMG_2465
サンゴの細工も展示されています。この色の使い方といい、中華圏だなって感じですね。

IMG_2458
IMG_2457
よくわからない古文書?があったりしました。

IMG_2453
IMG_2451
穏やかな表情の仏像もあります。

IMG_2436
仏像の展示の仕方がモダンだったのが印象的でした。
長くなってきたので後半に続きます。

Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_2553
W台北宿泊記の続きです。
朝食を食べにロビー階(10階)の「Kitchen table」へ。

IMG_2566
IMG_2565
ビュッフェでいただきます。
洋食含めどれもおいしかったです。

IMG_2563
卵料理はオーダー形式。

IMG_2554
IMG_2555
中華もありましたが種類は少なめでした。

IMG_2561
IMG_2560
むしろ洋食のほうが充実していて、台湾的な雰囲気はあまり感じませんでした。
あと、西洋人も多くとまっているホテルだからか、すしコーナーもありました。
食べてないので味のほうは分かりませんが…。

IMG_2558
唯一台湾っぽかったのが、フレッシュジュースコーナーです。その場でジューサーでフレッシュジュースをミックスして作ってくれます。
とてもおいしかったです。

IMG_2557
IMG_2550
生で絞ってもらったミックスジュース。おいしかったんで、色々試してみました。
最初から三層に分かれてしまうことがビックリ。

IMG_2570
コーヒーやラテもおいしかったです。

IMG_2569
こんなソファーいいなぁ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG_2547
IMG_2546
イエローベースの内装。
紫ベースの最上階(最上階のバーについてはコチラ)に比べて毒がないように作られている、この辺のバランス感覚がすごいと思います。

IMG_2568
IMG_2545
朝食会場のすぐ隣にあるプール。ヨガのイベントをやっていました。
そういえば、彼氏からヨガをやろうってしきりに言われているけれど、現在宙ぶらりんになっています。

IMG_2567
IMG_2544
野外のテーブルもイエローベース。
外でシャンパン(ビュッフェに泡はなかったので別に頼んだのでしょうか)を飲みながら朝ごはんを食べている白人の夫婦がかっこよかったです。


・W台北の記事一覧はコチラ


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_2576
IMG_2575
W台北宿泊記の続きです。
朝になって、昨日のクラブと全然違う雰囲気になったパブリックスペースについて。
まずはホテルの玄関からですが、これだけとんがったホテルなのに、緑でWって書くそのギャップ。

IMG_2577
W台北の顔ともいえる、鎖のモチーフ。

IMG_2580
IMG_2571
この天井が好き。

IMG_2572
IMG_2573
シッティングスペースはわずかしかない、入ってすぐの、だだっ広いスペース。
「あ、別世界に来たんだ」って感じがします。

IMG_2579
エレベーターで上へ。

IMG_2584
このエレベーターも、間接照明間接照明。
エレベーターにどれだけ凝っているかで、ある程度ホテルのランクがわかるけれど、ここはそういう意味ではとてもよかったです。

IMG_2612
IMG_2610
ロビー階へ。

IMG_2611
IMG_2609
チェックインカウンター。

IMG_2537
ロビー階にはお土産ショップがあります。

IMG_2542IMG_2543
台湾らしさはあんまり感じませんが、モダンでかわいい雑貨が置かれていました。

IMG_2614
IMG_2623
ロビーのすぐ横のスペースでも飲めるみたいでしたが、オープンスペースすぎて、ここよりもプールバーがいいかな。

IMG_2602
IMG_2603
共用スペースにある、シッティングスペースの一つ一つがイケイケ。

IMG_2605
ビジネスセンターです。
なんか非日常すぎてあまり仕事する気にならないホテルではあります(笑)。

IMG_2600
IMG_2601
W台北がとった賞のトロフィーなどが飾られています。

IMG_2615
IMG_2616
至る所にコンテンポラリーアート。
館内アートツアーとかあればいいのに。

IMG_2620
IMG_2622
宴会場の階の前も豪華。
あーこんなソファーセット欲しい。

IMG_2721
IMG_2723
家では絶対できないけれど、こういう白いソファーに派手なクッションっていいですね。

IMG_2740
IMG_2742
夜のクラブみたいな感じがガラッと変わってライティングが変わるとPOPになる。
同じ場所のふり幅の広さがすごい!
日本でもセントレジス大阪やコンラッド東京を手掛けているG.A.InternationalのデザインによるW台北。
いろんなところでテンション上がりまくりますね。



・W台北の記事一覧はコチラ


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



IMG_2783
IMG_2781
Wホテル台北宿泊記の続きです。最上階(31階)のYEN BARへ。
台湾はお酒を食事とともに飲む文化ではないそうで、イケイケなバーは少ないそうですが、そこはW台北、バーを楽しんで一日が終えることができます。

IMG_2789
IMG_2791
紫ベースに、ランタンのおりた、モダン中華な空間。

IMG_2635
最初に通されたボックス席から。
予約したときは台北101が見える席って聞いたんだけど、と主張する僕。

IMG_2630
IMG_2625
席を変えてもらいました。
台北101ビューを指定したのですが、22時でライトアップが終わってしまうらしく、台北101は地味でした。上の写真の右側にありますが、目立ちません…。それより、最上階だけあって、単なる高層夜景のほうがきれいなくらいでした。
もともと22時からで予約していたのだし、予約についてメールで相談している段階で、台北101のライトアップが終わってしまうことを教えてくれればよかったのにな、という思いはぬぐえません。
夜のプールがとても素敵だったので、台北101が見えないのであれば、プールバーに行ったほうがよかったな、と思います(プールバーのほうがミニマムチャージが安い)。

IMG_2627
シャンパンで乾杯。
シャンパンのグラスがヴーヴクリコイエローラベルしかなかったのは、ちょっと残念でした(ボトルだともう少しありました)が、お酒を飲む文化がない国で飲んでいるのですから、仕方ありません。

IMG_2629
お通し。容器がかっこいい。
皮着物と漬物でした。

IMG_2806
九份ではつまんで食べる感じでお腹すいたので、フードもオーダー。結構量があったので、こんなに頼む必要なかったなと反省。

IMG_2799
IMG_2795
二杯目は彼氏はモヒート、僕はリンゴのカクテル。
カクテルは下(プールバー)で造るからちょっと時間がかかりますと言われました。
このカクテルがおいしくてお代わりしてしまうくらいでした!

IMG_2637
IMG_2811
怪しい雰囲気がいい。
エロさ満点なバーでした。

IMG_2788
IMG_2785
今回の旅行では時間の関係で利用できませんでしたが、バーでなくYENの中華料理の方も素敵な内装でした。
今度は利用してみたいです。


・W台北の記事一覧はコチラ


Instaはじめてみました!
Instagram

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ