イラストレーター 若松篤志

私の好きな物や興味のある物を、ひたすらに書いて行くブログです
はるか先の未来、地球から遠く離れたある星の情景「飛行船世界」の絵を中心に
イロイロな絵を描き続けております

日本出版美術家連盟(JPAL)会員
日本イラストレーター協会(JIA)会員
高槻市美術家協会員

日本挿絵大賞2016大賞受賞

飛行船世界 ウェブサイト http://airshipworld.web.fc2.com/

カワイイ子供の象の動画(。^(エ)^。)


Baby elephant chasing birds




Most Funny and Cute Baby Elephant Videos (2016)

今、医療技術はここまでの事を出来る様になってるんですね
驚きですね(。^(エ)^。)


両手移植の男の子 今ではバットも振れる




両手移植の男の子 今ではバットも振れる
7/19(水) 14:12配信 BBC News

(c) BBC News
米ボルティモア出身のザイオン・ハービー君は2015年6月、8歳にして、両手移植手術を受けた世界最年少の男の子となった。2歳の時に敗血症のため両手・両足を失い、母親から腎臓移植を受けたザイオン君は、手がなくても様々な動作を器用にこなしていたが、小さい妹を抱っこしたいという思いから、フィラデルフィア小児病院で11時間にわたる移植手術に挑戦した。拒絶反応を克服し、理学療法で運動機能を鍛えてきたザイオン君は、今では10歳。その目覚ましい回復に医師団は驚き、誇らしく思っている。バットも振れるようになったし、担当医によると今では「母親の頬に触れて、感触を知覚することができる」のだという。

(c) BBC News

最終更新:7/19(水) 14:12

艦載用レールガンの自動装填と発射テスト(。゜(エ)゜。)
各国の巡洋艦、護衛艦、駆逐艦の搭載砲がレールガンに置き換わるのも
そう遠くない未来ですね(。^(エ)^。)


レールガン(電磁砲)の自動装填 & 連続発射:マッハ6のスピード

いつの間にやらこんな時代になったんですね(。゜(エ)゜。)
日本の技術が使われた兵器が世界に溢れるのも
そう遠くない未来の様な気も。。。

転載禁止なんだけど、そのうち記事が消えちゃうのでコピペ保存



c8721419

日独、防衛装備品協定を締結 機動戦闘車の開発などに力

日独、防衛装備品協定を締結 機動戦闘車の開発などに力
相原亮 2017年7月19日07時38分

[PR]
 日独両政府が17日付で防衛装備品・技術移転協定を結んだことがわかった。複数の政府関係者が明らかにした。日本が同様の協定を締結したのは米英仏などに続き、8カ国目。ただ、今回はドイツ側の希望で発表を見送った。

 協定はドイツ・ベルリンで八木毅・駐独大使とズーダー国防次官が署名。防衛省関係者によると、陸自の離島防衛強化に備え、戦車と装甲車の機能を持つ機動戦闘車の開発などに力を入れるのに必要と判断した。この関係者は「戦車技術力の高いドイツと武器開発することは今後のプラスになる」と話す。

 協定は条件付きで武器輸出を認める「防衛装備移転三原則」を踏まえたもので、武器性能に関する情報の目的外使用や、第三者への移転をしないなどの管理を相手国に義務づける。同原則には「透明性の確保」が明記されており、防衛省内では発表を見送ったことに「以前からドイツ側が非公表を求めていたが国民に疑念を呼びかねない」との指摘も出ている。

 政府は競争力の高い欧州との防衛協力に力を入れており、5月にはイタリアと協定を締結。英国とはミサイル開発に向けた共同研究に着手している。(相原亮)

↑このページのトップヘ