2008年05月

南米のジャングルやアマゾン流域に生息するナマケモノ
正直なところ大人になっちゃうと余り可愛くはないのですが
小さな赤ちゃんの時はこ~んなに可愛いいのですな(。^(エ)^。)

What Does A Sloth Say?




Curious baby sloth

オランダのアーティスト"テオ・ヤンセン" の
風の力で動く立体造形オブジェです。
初めて見たときは素直に「おお、これは凄いと思いました

南アフリカの BMW がキャンペーン用に製作したCM動画
(TVCMを見た時は衝撃的でした、解像度が少し低いです)

BMW (South Africa). Defining innovation.



砂浜動物とテオ・ヤンセン氏のウェブサイト
STRANDBEEST
img20080528023224590
img20080528030635121


Simulation CGI of Theo Jansen 's Mechanism


動作原理の動画を見るとクランク機構を繰り返し組み合わる事で
この様な物が出来上がっていく事がわかります。
しかし一番最初に何もない所からこの様な物凄い物を
思いつく人の脳の構造はどうなっているのやら(☆(エ)☆)ノ

引き続きFesto社が開発した水中クラゲロボット
「AquaJelly」の紹介を

「充電ステーションとコミュニケートして
 自ら自己のエネルギーを供給しに帰って来るという
 まったく新しいオートメーション型Robots」
なのだそうです

Fest AquaJelly のページと

ユラユラ泳ぐ動画で御座います(。^(エ)^。)
img20080521170753275

ロシアの Central R&D Institute for Robotics と
(ロボット工学 R&D 中央研究所)
Technical Cybernetics in Student Engineering Design Office
(学生エンジニアリング・デザイン・オフィス(SEDO))
で開発されたスネ~ク型ロボットなのだそうです。

将来的には、地震などの災害救助時に
人の潜り込めない瓦礫などの狭い場所に入って行き
生存者の有無を頭部に組み込まれたCCDカメラの
映像で確認出来たりなんかします。

移動する時の動きがウネウネ、ウニョウニョと
妙~にリアルでオモシロいですな。(^^)
首を持ち上げたりするしぐさなんかも結構可愛かったりして


Snake-like robot "SnakeWheel-2"

IFAW(アイフォウ)国際動物福祉基金 の活動の一つ
ロシアで子グマを育てて野生に戻す取り組みだそうです。
エサの採り方をちゃんと学ばせたり、
自然界に戻った時に不用意に人間に近づかない様にする
訓練もされているそうな。

子グマ達がイッパイ

ENGLISH RUSSIA - BEAR GROWERS

すっごくカワイイッー(。^(エ)^。)
img20080503073054023

↑このページのトップヘ