2008年06月

さて以前ここで紹介したアメリカ国内の珍しい
1940年代カラー写真が紹介されているサイト
"Shorpy"のコダクロームのページなのですが

そこで使われている画像の元ネタである
大画像カラー写真アーカイブを見つけました。
1930s-40s in Color

このフリッカーの各画像の下方リンクを辿っていくと
長軸1024pixelの見本画像と
[Retrieve higher resolution JPEG version]
拡張子TIFFの巨大画像ファイルに行き着きます。
[Retrieve uncompressed archival TIFF version]
(この記事を描いた時点ではTIFFファイルをフォトショップで開いてみ見る事が出来ましたが
 今現在2016年、Windows8だと開きませんなぜなのか(。^(エ)^。;))

TIFF画像の大きさは長軸6000~9000pixel辺りの大画像
枚数も1615枚もあります
こんなに凄い物が無償でネット上に転がっているなんて
とてもビックリです(。☆(エ)☆。)ノシ

この画像の元のTIFFファイルは5002 x 6568 93.9MB
1a35007u Miss Liberty 1942

先日、長居公園にある大阪自然史博物館に
恐竜博覧会「ようこそ恐竜らラボへ!」を見に行きました

以前に同じ場所で行われていた "大恐竜博2005" 以来
3年ぶりに見る恐竜博覧会でございます(。^(エ)^。)
img20080607052129362

サウロロフスの巨大さが良くわかる全身部分骨格。
鎧竜サイカニア全身復元骨格。
カモノハシ恐竜コリトサウルス全身骨格。
肉食恐竜バリオニクスの全身骨格。
歩行中の姿に復元された肉食恐竜アロサウルスの全身骨格。
さらにアメリカの有名な彫刻家が復元した
小型肉食恐竜デイノニクスの超~リアル復元立体彫刻が3体。

恐竜が大好きなお子様にとっては、
かなり楽しめる内容となっておりました(。^(エ)^。)

しかしサウロロフスの成体骨格のデカイことデカイこと
img20080607051636784

↑このページのトップヘ