2011年07月

大人のナマケモノからは想像も付かないほどの
かわいらしさを持つ赤ちゃんのナマケモノの動画です(。^(エ)^。)

Adorable Baby Sloth Yawning

Google Booksのアーカイブにあるアメリカの古い科学雑誌

『ポピュラーサイエンス』(1872年創刊~)

Google Bücher : Popular Science

下はその表紙に空中空母の飛行船が描かれている
1923年10月号の画像なのですが
既に著作権切れの古い書籍なので
全ページフリーで閲覧する事が出来るんですね

Popular Science Okt. 1923

Google Books、古~い雑誌がたくさん電子化されていて
調べれば他にも色々面白い物が出て来るんじゃないでしょうか
資料探しで足繁く通っていた古本巡りが
いずれ殆どネットの中だけで済んでしまうかもしれませんね・・・(。^(エ)^。;)

船体上部が開いて甲板が出現する飛行船イラスト
物凄く古いのに何故か新しい感覚が沸いて来ます(。^(エ)^。)(笑)
content

複葉機が上部甲板(かんぱん)に着船して、エレベーターで下部格納庫に行ったり
尾翼には沢山の対空機銃座があったり
胴体下部には複葉機を吊り下げ引き上げるフックがあるとか
船体腹部がパカッと開いて複葉機が発進するとか
とってもセンス・オブ・ワンダーな解説図ですね(。^(エ)^。)
content_

複葉機と飛行船の組み合わせは、ずっと長い間考えられていたんですね
そして上部甲板こそ流石にありませんでしたが
偵察・哨戒用の複葉機を船体下部に5機も収納する事が出来る
大型の硬式飛行船、アクロン(USS Akron) が1931年に
姉妹船のメイコン(USS Macon) が1933年にアメリカ海軍で就役したのでした(。^(エ)^。)
(しかし両船共に、事故による損失で短命に終わってしまいましたが・・・)
content

独立行政法人・原子力安全基盤機構が今回の大震災の事故前に
原子力防災専門官向け資料として作成していた
炉心溶融のシミュレーション映像だそうです(。・(エ)・。)

現実に福島第一原発の1~3号機で炉心溶融が起こってしまったわけですが
そのイメージがわかり易く画かれていると思います・・・

動画で見る炉心溶融


ウラン残土レンガ・・・こういう物があるんですねェ・・・(。・(エ)・。)

20年、30年の単位で考えると
レンガ表面が昼夜の温度差や風雨で劣化して
細かい塵になると思いますし
人が通る場所に敷き詰めると
靴底との摩擦で極々僅かずつ削れて飛散しますよねコレ

ウラン238の放射能の半減期は44億6000万年・・・
私なら自ら進んで買わない様な気もしますが(。^(w)^。;)

ウラン残土レンガ on Vimeo.



『ウラン残土レンガと放射能の基礎知識』
uranzando.jpn.org/​uranzando/​shimin/​014.htm

小出裕章教授レジメ(PDF)
uranzando.jpn.org/​uranzando/​shimin/​resume081115.pdf

人形峠製レンガのHP
人形峠製レンガの頒布のお知らせ



一個だけ購入して、室内に飾ると
ラドン温泉やラジウム温泉に入浴しているのと
同様な効果があるんだろうかとか
少し馬鹿らしい事を考えてたりしましたが・・・

小出助教授の話を読むとラドン、ラジウム温泉などの
低量放射線によるホルミシス効果は間違いかもしれないのですね・・・(。^(エ)^。;)

映画 Hindenburg(ヒンデンブルグ) 2011年 ドイツ

その中の一場面の壁紙画像です、良く出来てますね
現在のCG技術はもう全く違和感も無く
簡単にその世界に入り込めますね(。^(エ)^。)
img20140605150134557

最盛期には大小約90棟の飛行船格納庫が
ドイツ国内で作られていたそうなんですが
(ヨーロッパ全体だと幾つになったんでしょうか!?)
再びそんな時代がやって来ないだろうかとか
1930年代末で終焉した飛行船の時代が終わらず
今も続いているパラレルワールドの平行世界なんかを
たま~に想像して考えてしまいますね(。^(エ)^。)

今年、富士学校祭で行われた
10式戦車の性能デモンストレーションの走行だそうです(。^(エ)^。)

機動中でも砲身を目標に向け固定する
砲安定装置の性能がかなり高いのが分かりますね(。^(エ)^。)

10式戦車 HD 2011年7月10日 富士学校祭 JGSDF Type 10 New Tank DEMO 2011



ところで、富士総合火力演習(略して「そうかえん」)に
毎年、応募してるんですが全く当たりませんねぇ(。^(w)^。;)

アリゾナ州・ノガレスの河川付近の木で見つけた
蜘蛛のザトウムシ(英名“Daddy-long-legs”『あしながおじさん』)の
塊りだそうです(。^(エ)^。;)

樹木に葉が無いので越冬中で寄り添っていたのでしょうか
こんな蜘蛛の塊り、一度見てみたいですな(。^(w)^。)

Mass of Daddy Long Legs in a Tree

今回のメルトダウン&水素爆発事故でプルトニウムを
全世界に撒き散らず事態になってしまいました・・・

結局今回の事故で10年単位先まで掛かるであろう
炉心溶融を起した3基の原子炉の安定循環冷却やその後の解体費用
農業・漁業などの賠償保障金などなど色々な費用を上乗せすれば
原発はとんでもないコストの発電になってしまうんでしょう・・・

MOX燃料に関するウソと真実、もう3年前の2009/11/25に投稿されています
動画を作った人も今日の様な原発の災害は考え似なかったでしょうね・・・

プルサーマル:ウソと真実

海外サイトで紹介されていた小熊の動画なのですが
撮影者や周りの人は日本語を喋っています
どこの動物園なのでしょうか(。^(エ)^。)

水しぶきを追いかけるクマがカワイイ(。^(エ)^。)

Cute Bear Cub Plays with Water

↑このページのトップヘ