新聞記事によると一旦は白紙に戻されていた太陽の塔内部の公開の
改修費用の財源確保に目処がついたらしく
再来年には内部が公開されるそうです
公開されたら絶対に見に行きますよ(。^(エ)^。)
img20131115120437993

岡本太郎 生命の樹




「太陽の塔」内部、やっぱり公開…再来年にも

 万博記念公園(大阪府吹田市)にある芸術家岡本太郎(1911~96年)の代表作「太陽の塔」(高さ約70メートル)の内部を公開する計画について、来年度から公園の管理・運営を移管される大阪府が2015年にも内部公開する方針を固めたことがわかった。

 多額の改修費用が必要になるため府はいったん計画を白紙に戻したが、国との協議で財源確保のめどがついたという。

 太陽の塔は1970年の大阪万博のシンボルで、内部には生命の進化を表現した岡本の作品「生命の樹」(高さ約41メートル)があり、万博時には公開されていた。万博後は、耐震性などの問題から原則非公開になったが、公園を管理する日本万国博覧会記念機構が今春、来年度にも常時公開することを決めた。

 だが塔の耐震工事や内部改修に8億~10億円かかるため、府は今年10月の府議会で再検討を表明。その後、国との協議で、同機構から剰余金などの資産を引き継ぐことで大筋合意した。

(2013年11月14日09時14分 読売新聞)