attacking

ATTACKING PHASE

Strategy, Tactics, System and Schemes of Play

13

ブラジルワールドカップの日本代表に期待する

1 2014W杯メンバーが発表された。ブンデスリーガで最もフィジカル面で通用しており,安定したパフォーマンスを続けている細貝萌が外れた以外は予想通りのメンバーであり(川崎Fから誰かが入るというのも,予想された事実であろう・),ザッケローニらしい予定調和のメンバーである。
2 ベルギー遠征では,ゾーン・ディフェンスの安定性と攻撃の流動性の「エクイリブリオ」(バランス)を巡るザッケローニの模索が手に取るように伝わり,興味深い2試合を見ることができた。
 トップ下の本田の守備はあまり期待できず,4−4の2ラインによるゾーン・ディフェンスの実効性が守備の土台となるが,ポジショニングの妙で相手を攪乱する香川,ボランチとしては軽い遠藤が4−4に参加した場合,ゾーンディフェンスの効力は低下する。
 他方で,ショート・パス・スタイルの攻撃で絶妙なリズム,パス・フィーリングで味方を楽にできる遠藤,左サイドでスタートしながら効果的なポジション移動,創造性で攻撃の局面を動かせる香川の2人が入ると,攻撃の威力はドラスティックに変化する。固定的なポジションで質の高いプレーをするのではなく,ポジションチェンジを繰り返して,スペースメークとパスの連続で組織的に相手を崩すのが日本サッカーの最大の美点であり,現メンバーでは香川と遠藤がそのような攻撃の核となる。
 ザッケローニは,かかる攻守のバランスを分析した結果,2人をスタメンから外して前半を守りきり,後半で勝負をかけるというゲームプランに逢着したのであろう。そして,1勝1分と,結果を出してみせた。
 毎試合同じメンバーで酷い結果を続けていたことに辟易していた私も,「遂に動いた」ザッケローニの采配に感興を覚えた。
3 細貝萌が外れたのはいまだに納得がいかないし,宇佐美,ハーフナー,永井など,この4年でもっとチャンスを与えるべき選手がいたのではないかとも思うが,祭りが始まれば全力で日本を応援し,このブログでも日本代表に力を与えるべく,ポジティブな私見を発信していきたいと思う。
15

低空飛行が続くザッケローニ・ジャパン。ショック療法が必要か。2

サッカー・ブログランキング
最新記事はサッカーランキングへ。

 何試合にもわたって驚くほど安易にバタバタと失点を許し,その点につき監督が改善策を打った痕跡すら見られず,失点後DFを交代させるだけで,チグハグな試合を繰り返しているザッケローニ・ジャパン。東アジア選手権の内容の拙劣さも相まって,相当数のサポーターにとって,ザッケローニを続投させる意義を見出しがたい状況に至っているのではないだろうか。
 私の率直な印象でも,札幌で韓国に快勝した時期と比べて,ザッケローニが固執する主力選手のパフォーマンスは安定的に低下しており,チームとしても憑きや勢いを失った「低空飛行」の状態があまりに長く続いている。かつ,監督がそれを改善すべき方策やさらなる引出しを持っていない(少なくとも改善・進歩の跡はない)ように映るため,極論をいえば,監督交代等のショック療法が必要な段階に至っているのではないかとさえ感じる。
 
 私はザッケローニ就任時に以下のような期待を記した。
「(1)イタリア人監督らしい網の目のような守備のオーガナイズ、(2)陣形を整えた敵の守備組織を遅攻から崩すスキーム、(3)オープンスペースを活かした3トップによるカウンターの仕掛け…といったものが徐々にピッチ上に顕現してくるとすれば、多くのサポ−ターの心をつかむのではないか。」

 しかし,現実はどうだろうか。
 (1)についていえば,3年経っても,メカニズムこそ見えるもののプレッシングに目を見張る連動性は見られず,前線からプレッシャーが効果的にかからない状況でラインを上げる(あるいはラインを下げるタイミングが遅い)ため,容易に裏を取られ,走り負けるなどして失点を重ねる試合が続いている。
 また,4−2−3−1システムで,ディフェンスラインの前の2人のボランチは,守備の局面では,3人の攻撃的MFが帰陣して適正なポジションを取れるまで、相手の攻撃の展開を遅らせなければならないところ,そのようなフィルターの役割をあまり果たせておらず,DFが相手FWにダイレクトに晒され,容易に攻略される場面が目立つ。
 遠藤はインテンシティを欠いたJ2の試合に馴化して軽率なプレーが多くなっており,国際レベルで4−2−3−1の2センターを任せられる水準にないのではないか。
 なお,酒井高徳は,シュツットガルトでも右SBでの起用が多く,左よりも右をやらせたほうが安定感があるので(元同僚である岡崎との連携も期待できる),内田と酒井宏樹が一長一短で決めかねているということであれば,右に酒井高,左に長友という選択肢も試すべきだと考える。
 (2)についていえば,長友が好調な時期には,ゴールに背を向けての起点作りが上手い前田,本田,遠藤との連携により左サイドを効果的に攻略できていたが,現在は,本田や香川ら個々がボールを持って仕掛けてはコースを切られる,といったブツ切りの攻撃が目立ち,相手の頭の裏をかくような創造性やパスコンビネーションによる連携が乏しくなっている。
 乾や宇佐美のような動的にチャンスメイクできるタイプの選手を併用する,あるいは中村憲剛のようにピッチを広く使って攻撃を動かせるパサーを起用する,各選手のポジション及び役割を再構築するなどして,ウルグアイ戦の3点目(本田のダイレクトパスから香川がフィニッシュ)のように,香川や本田が「線」ではなく「点」で攻撃に関与できるよう,監督が工夫すべきであろう。香川は,ユナイテッドでの試合を見ていても,ドルトムント時代のような最も危険なエリアにペネトレートし,シンプルにフィニッシュまで持って行く感覚が鈍っているように見え,本田は,足の怪我以降,やや鈍重なプレーが目立ち,モビリティが落ちている。今の状況で彼らの個の力に依存するのは危険である。
 (3)については言うまでもない。玉田や大久保のようなモビリティとスキルのある選手を起用していた岡田監督時代の方が見るべきものがあった。

 以上のとおり,私の期待はあまり現実化されておらず,「エクイリブリオ」(バランス)も保たれていない。また,主力のコンディションや組織的連動の部分で今後の上積みもあまり期待できない。
 とはいえ,JFAがザッケローニ解任に動く可能性は乏しく,今後も硬直したメンバーで進歩のない試合が続く蓋然性は高い。柿谷のように,世論の後押しでレギュラー争いに加わる新戦力が台頭し,チームに風穴をあけてくれることを期待するしかないのであろうか。

 
ranking最新サッカー・ランキングへ。
面白かったという方はベスト5以内に押し上げてください(笑)


(アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S(アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S

(Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE J.LEAGUEENTERPRISE(Jリーグエンタープライズ) 日本代表タオルマフラービックエンブレム ブルー P78239 (Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE J.LEAGUEENTERPRISE(Jリーグエンタープライズ) 日本代表タオルマフラーエンブレム ブルー P78236 (アディダス)adidas Kids 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S (JLEAY)Jリーグエンタープライズ 日本代表 タオルマフラー エンブレム P61516 (JLEAY)Jリーグエンタープライズ 日本代表 タオルマフラー ビックエンブレム P61519


3

アルベルト・ザッケローニ日本代表監督が掲げるテーマは「エクイリブリオ」

サッカー・ブログランキング
最新記事はサッカーランキングへ。
新代表チームのテーマ「エクイリブリオ」とは何か
 アルベルト・ザッケローニ監督の就任会見において、彼は、新日本代表チームのテーマを一言でいえば「エクイリブリオ(equilibrio)」であると答えていた。
 それでは「エクイリブリオ」とは何か。まずは今回は、私が尊敬するイタリア人監督であるアンチェロッティの説明をお読みいただきたい。
カルロ・アンチェロッティ(チェルシーFC監督)
 イタリアには「エクイリブリオ」という言葉がある。「均衡、平衡、釣り合い」を意味する語句だが、カルチョの文脈では攻守のバランスを云々する際に使われる用語となっている。「エクイリブリオが高いレベルで保たれている」と論評されれば、攻撃の局面でも守備の局面でも質の高いプレーができているということだ。そういうチームは、攻撃の局面では、効果的なオフェンスを続けながら、ボールを失ってもディフェンスがおろそかにならない状態を、守備の局面では、堅固なディフェンスを保ちながら、ボールを奪ったあとの攻撃力を犠牲にしない状態を、それぞれ保っているものだ。
 通常、質の高い攻撃を実現するには、ボールのラインよりも前に多くの選手を送り込む必要がある。ところが往々にして、そういうチームは「前がかり」になりがちで、カウンターのためのスペースを相手に与えてしまうケースが少なくない。逆に、堅固な守備組織を築こうとすれば、ボールのラインよりも後ろに多くの選手を戻して、スペースを埋めるのが一番だ。しかしこの場合は、チーム全体が「引いた」状態になりがちで、攻撃に転じても敵陣までボールを運ぶのが難しくなる。どちらもエクイリブリオを保てておらず、攻撃か、守備か、いずれかの局面にバランスが偏った状態なのだ。
 攻撃に偏っていれば、得点も失点も多いチームになるだろう。守備なら、失点も得点も少ないチームにならざるをえない。逆に言えば、攻撃と守備という相矛盾するふたつの局面を両立させうるバランス(エクイリブリオ)を見出せば、論理的には得点が多く、失点が少ないチームができあがる。すなわちあらゆるチームが、エクイリブリオを高い次元で保つことを、最大の戦術的課題としているはずなのだ。
 イタリアのチームに少なくないのが、非常にコンパクトでよく組織された守備網を敷いている反面、攻撃に人数をかけられず、もっぱらカウンターに依存しているパターンだ。まずは失点を避けたいという守備的なメンタリティーを反映した傾向だが、いずれにしてもエクイリブリオは保たれていない。
 エクイリブリオを高いレベルで保つための具体的な方法論は、もちろんシステムや選手のキャラクターに応じて変化する。ただ、一般論として言うならば、フィールドプレーヤー10人のうち最大で5人(ボールホルダーを含む)までが攻撃に参加し、後方の5人が次のプレーに備えたポジションを取っていれば、エクイリブリオは十分保てるはずである。
 最も重要なのは、コンパクトな陣形と戦術的な秩序を維持することだ。攻撃に転じたら、チーム全体を押し上げる。ライン間の距離を短く保っていれば、たとえボールを取られても、即座にプレッシャーをかけることで、相手の攻撃からスペースと時間を奪えるだろう。そこまでいかなくとも、ボールホルダーを自由にさせず、攻撃の展開を遅らせて、守備陣形を整えるための時間を稼ぎ出せるに違いない。(以上、ワールドサッカーダイジェスト234号から)
ボールのライン このように攻撃・守備の高次元の権衡・両立こそ、アンチェロッティやザッケローニが意味するところの「エクイリブリオ」であろう。システムや選手の個性が違えば、どこにバランス・ポイントを見出すかも違ってくる。ザッケローニが日本の選手の個性とその個性に適したシステムを見出しながら、いかに高度の「エクイリブリオ」を確立し、攻撃の局面でも守備の局面でも、オン・ザ・ボールでもオフ・ザ・ボールでも質の高いプレーを実現できるか。期待して待つことにしよう。
 そして、2007年のアジアカップ(サウジ相手に3失点し、4位敗退)、2010年ワールドカップの日本は、エクイリブリオが保たれていたか。仮に保たれていなかったとすれば、どのような点に問題があったのか。余裕があれば、そういった点を次回は考えてみたい。
 ちなみに「ボールのライン」とは、ボールを通る、ゴールラインと平行に引いた線をいう。図を参照されたい。
 
ranking最新サッカー・ランキングへ。
面白かったという方はベスト5以内に押し上げてください(笑)


アンチェロッティの戦術ノート
アンチェロッティの戦術ノートカルロ・アンチェロッティ 片野 道郎

おすすめ平均
starsフットボールを科学する
stars本当は星10個です★
starsGreat!
starsヨーロッパ屈指の現役監督が語る、戦術、選手、監督論

Amazonで詳しく見る

話が本当に面白い指導者です。戦術好きは必読!
図解 イタリアの練習―カルチョ式戦術トレーニング244図解 イタリアの練習―カルチョ式戦術トレーニング244
ミルコ マッツァンティーニ シモーネ ボンバルディエーリ

東邦出版 2009-09
売り上げランキング : 20696

Amazonで詳しく見る

日本語でイタリアの戦術練習が詳述された唯一の本じゃないでしょうか

Recent Entries
Monthly Archives
データ・資料集
 


About Me
m:blue
about me
小学校時代からサッカーを続け、一時期は指導者を志し、ライセンスも取得していたが、現在はまったく別の世界で努力する毎日。ただし、日本サッカーの発展にはずっと貢献していきたいと思っている。
好きなタイプのサッカーは、組織的な統一感がありつつ、スキルに優れた選手たちの見せ場があるような楽しいサッカー。ロナウジーニョやデコがいたころのバルセロナ、強かった頃のレアル・マドリー、もっと遡ればフィーゴがいたポルトガル代表など。

Contact
コラム依頼・掲載依頼・問い合わせ等は
こちらのフォームまたはメールでお気軽にどうぞ!
gmail

※掲載メディア(旧サイト)
「yahoo! インターネットガイド」(ソフトバンク)
「smart」(宝島社)
「ブログキャスター」(東洋経済出版社)
「yajin」
「最新ブログ人気ランキング200」(学習研究社)など。

Recent Comments
Recommended
クーバー・コーチング Make your move [DVD]
B001CLFOI4
クーバー・コーチングカリキュラムの1セクションである“1対1のテクニック”の最新アプローチ、「ムーブスピラミッド」と「ムーブスセット」を紹介している。実際のゲームで1対1スキルを「どのように(How)」「なぜ(Why)」「いつ(When)」「どこで(Where)」利用するかを分かりやすく解説。

クーバー・コーチング Improve Your Game [DVD]
B001QB3TXC
基本重要テクニック,フィジカル・トレ,食事等の身体作りまで。

サッカーフォーメーション・システム・戦術
林 雅人
4816348549
フォーメーションを理解するという点では,現在最高の和書でしょう。

オランダに学ぶサッカー戦術練習メニュー120
林 雅人
4262163326
実際オランダで指導者をしていた林さんがオランダで吸収したものを伝授してくれています。

アンチェロッティの戦術ノート
カルロ・アンチェロッティ 片野 道郎
4309271901
ヨーロッパ屈指の現役監督が語る、戦術、選手、監督論。素晴らしい!(本書の印税の一部は、難病研究を支援している財団に寄付されます)

サッカースカウティングレポート 超一流の分析
小野 剛
4862550371
解説者・分析者として本当に超一流だと思います。

サッカーの見方は1日で変えられる
木崎 伸也
4492043756
「決定力」とか「集中力」とかの曖昧な言葉を徹底的に排して、サッカーの「見方」を具体的に解説した本。 モウリーニョ監督がチェルシー時代に選手に配ったスカウティングレポートが付録についている。これも凄い。

スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか ワールドカップで日本が勝つためのヒント
村松 尚登
479735237X
サッカークリニックでも連載がある「戦略的ピリオダイゼーション」を解き明かしている。

モウリーニョ サッカーレッスン [DVD]
B0032S6WL8
汎用性の高い練習メニューが詰まっている。

史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド
ジョアン・サルバンス
409825056X
日本とスペインの子供たちの技術・フィジカルに大きな差はない。ではなぜオトナになると差がつくのか。そこが説明されている。

サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)
池上 正
4098401088
おとうさんコーチに読んでもらいたい。

突然うまくなる!フットサルビギナーズテクニック
4522424485
初心者向け。テクニックのほとんどが,『相手のマークが付いている』を想定して書かれており,実践向き。

日本一監督が教える フットサル速効マニュアル100 ~試合前だけじゃなく試合中にも使える劇的アドバイス付~ (FUTSAL NAVI SERIES 11)
須賀 雄大 北 健一郎
4861915589
実戦的なアドバイスが多いです。重宝します。

個の力を伸ばす!サッカーの技術と考え方 DVD付き
前園真聖
4262163172
前園さん実演です。それだけで見たくなりますね。






  • ライブドアブログ