サッカー・ブログランキング
最新記事はサッカーランキングへ。

 何試合にもわたって驚くほど安易にバタバタと失点を許し,その点につき監督が改善策を打った痕跡すら見られず,失点後DFを交代させるだけで,チグハグな試合を繰り返しているザッケローニ・ジャパン。東アジア選手権の内容の拙劣さも相まって,相当数のサポーターにとって,ザッケローニを続投させる意義を見出しがたい状況に至っているのではないだろうか。
 私の率直な印象でも,札幌で韓国に快勝した時期と比べて,ザッケローニが固執する主力選手のパフォーマンスは安定的に低下しており,チームとしても憑きや勢いを失った「低空飛行」の状態があまりに長く続いている。かつ,監督がそれを改善すべき方策やさらなる引出しを持っていない(少なくとも改善・進歩の跡はない)ように映るため,極論をいえば,監督交代等のショック療法が必要な段階に至っているのではないかとさえ感じる。
 
 私はザッケローニ就任時に以下のような期待を記した。
「(1)イタリア人監督らしい網の目のような守備のオーガナイズ、(2)陣形を整えた敵の守備組織を遅攻から崩すスキーム、(3)オープンスペースを活かした3トップによるカウンターの仕掛け…といったものが徐々にピッチ上に顕現してくるとすれば、多くのサポ−ターの心をつかむのではないか。」

 しかし,現実はどうだろうか。
 (1)についていえば,3年経っても,メカニズムこそ見えるもののプレッシングに目を見張る連動性は見られず,前線からプレッシャーが効果的にかからない状況でラインを上げる(あるいはラインを下げるタイミングが遅い)ため,容易に裏を取られ,走り負けるなどして失点を重ねる試合が続いている。
 また,4−2−3−1システムで,ディフェンスラインの前の2人のボランチは,守備の局面では,3人の攻撃的MFが帰陣して適正なポジションを取れるまで、相手の攻撃の展開を遅らせなければならないところ,そのようなフィルターの役割をあまり果たせておらず,DFが相手FWにダイレクトに晒され,容易に攻略される場面が目立つ。
 遠藤はインテンシティを欠いたJ2の試合に馴化して軽率なプレーが多くなっており,国際レベルで4−2−3−1の2センターを任せられる水準にないのではないか。
 なお,酒井高徳は,シュツットガルトでも右SBでの起用が多く,左よりも右をやらせたほうが安定感があるので(元同僚である岡崎との連携も期待できる),内田と酒井宏樹が一長一短で決めかねているということであれば,右に酒井高,左に長友という選択肢も試すべきだと考える。
 (2)についていえば,長友が好調な時期には,ゴールに背を向けての起点作りが上手い前田,本田,遠藤との連携により左サイドを効果的に攻略できていたが,現在は,本田や香川ら個々がボールを持って仕掛けてはコースを切られる,といったブツ切りの攻撃が目立ち,相手の頭の裏をかくような創造性やパスコンビネーションによる連携が乏しくなっている。
 乾や宇佐美のような動的にチャンスメイクできるタイプの選手を併用する,あるいは中村憲剛のようにピッチを広く使って攻撃を動かせるパサーを起用する,各選手のポジション及び役割を再構築するなどして,ウルグアイ戦の3点目(本田のダイレクトパスから香川がフィニッシュ)のように,香川や本田が「線」ではなく「点」で攻撃に関与できるよう,監督が工夫すべきであろう。香川は,ユナイテッドでの試合を見ていても,ドルトムント時代のような最も危険なエリアにペネトレートし,シンプルにフィニッシュまで持って行く感覚が鈍っているように見え,本田は,足の怪我以降,やや鈍重なプレーが目立ち,モビリティが落ちている。今の状況で彼らの個の力に依存するのは危険である。
 (3)については言うまでもない。玉田や大久保のようなモビリティとスキルのある選手を起用していた岡田監督時代の方が見るべきものがあった。

 以上のとおり,私の期待はあまり現実化されておらず,「エクイリブリオ」(バランス)も保たれていない。また,主力のコンディションや組織的連動の部分で今後の上積みもあまり期待できない。
 とはいえ,JFAがザッケローニ解任に動く可能性は乏しく,今後も硬直したメンバーで進歩のない試合が続く蓋然性は高い。柿谷のように,世論の後押しでレギュラー争いに加わる新戦力が台頭し,チームに風穴をあけてくれることを期待するしかないのであろうか。

 
ranking最新サッカー・ランキングへ。
面白かったという方はベスト5以内に押し上げてください(笑)


(アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S(アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S

(Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE J.LEAGUEENTERPRISE(Jリーグエンタープライズ) 日本代表タオルマフラービックエンブレム ブルー P78239 (Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE J.LEAGUEENTERPRISE(Jリーグエンタープライズ) 日本代表タオルマフラーエンブレム ブルー P78236 (アディダス)adidas Kids 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S (JLEAY)Jリーグエンタープライズ 日本代表 タオルマフラー エンブレム P61516 (JLEAY)Jリーグエンタープライズ 日本代表 タオルマフラー ビックエンブレム P61519