1 2014W杯メンバーが発表された。ブンデスリーガで最もフィジカル面で通用しており,安定したパフォーマンスを続けている細貝萌が外れた以外は予想通りのメンバーであり(川崎Fから誰かが入るというのも,予想された事実であろう・),ザッケローニらしい予定調和のメンバーである。
2 ベルギー遠征では,ゾーン・ディフェンスの安定性と攻撃の流動性の「エクイリブリオ」(バランス)を巡るザッケローニの模索が手に取るように伝わり,興味深い2試合を見ることができた。
トップ下の本田の守備はあまり期待できず,4−4の2ラインによるゾーン・ディフェンスの実効性が守備の土台となるが,ポジショニングの妙で相手を攪乱する香川,ボランチとしては軽い遠藤が4−4に参加した場合,ゾーンディフェンスの効力は大きく低下する。
他方で,ショート・パス・スタイルの攻撃で絶妙なリズム,パス・フィーリングで味方を楽にできる遠藤,左サイドでスタートしながら効果的なポジション移動,創造性で攻撃の局面を動かせる香川の2人が入ると,攻撃の威力はドラスティックに変化する。固定的なポジションで質の高いプレーをするのではなく,ポジションチェンジを繰り返して,スペースメークとパスの連続で組織的に相手を崩すのが日本サッカーの最大の美点であり,現メンバーでは香川と遠藤がそのような攻撃の核となる。
ザッケローニは,かかる攻守のバランスを分析した結果,2人をスタメンから外して前半を守りきり,後半で勝負をかけるというゲームプランに逢着したのであろう。そして,1勝1分と,結果を出してみせた。 毎試合同じメンバーで酷い結果を続けていたことに辟易していた私も,「遂に動いた」ザッケローニの采配を評価したい。
 W杯本番でも,このような攻守のバランスが最大のポイントになると考えられる。親善試合とは異なり,守備面で要求されるレベルが高い。その意味で香川と遠藤の起用方法により攻守のバランスを欠けば,チーム倒壊の可能性も予想される。彼らはチームの長所でもあるから,ザッケローニ監督が彼らを生かすための戦術的保障を用意しなければならない。
3 細貝萌が外れたのはいまだに納得がいかない。彼のようなフィジカルコンタクトの強さを生かした守備ができるボランチがいることにより,「守り切りたい」局面で有効な方策を打てたはずだからだ。他にもこの4年でもっとチャンスを与えるべき選手がいたのではないかとも思うが,祭りが始まれば全力で日本を応援し,このブログでも日本代表に力を与えるべく,ポジティブな私見を発信していきたいと思う。