スクリーンショット 2019-05-06 8.57.06
スクリーンショット 2019-05-06 8.57.21
蓄熱と言う世界は一般的には中々理解されていないし、身近では無いのかもしれない・・・

何かを蓄えておく事は社会生活や暮らしでは必要性が低いのだろうか❓

しかし、意識しないか殆ど目に見えない所で利用されているのである。

車にはガソリンのタンクがある訳であり、それはエネルギーを備蓄してある訳だ

ガソリンや燃料がすっ空になって給油したりはしないだろう、無くなったらスタンドまで走る事も出来ない訳だ

燃料がなくなる前にスタンドに行って燃料を給油する事が前提なのだ

それと似たように暖房と言うのは暖房熱の効果がなくなる前に持続的に熱エネルギーを入れる事が大切なのである。

暖炉や薪ストーブは薪を燃やしている時と同時に熱を本体に蓄える蓄熱機能が鍵となる、炎が消えた後も蓄えられた熱で持続的に暖房熱を空間に放射し続ける事が大切です。

この蓄熱機能が日本の薪ストーブには備わっていない

そもそも、基準やレベルがあまりにも低い業界である・・・
スクリーンショット 2019-05-06 9.39.10
炉内の上の蓄熱ユニットで熱エネルギーを蓄熱する、8時間は火が消えても持続的に熱を放熱する

一般的に見る薪ストーブよりも60%以上は熱効率が高まる

大量の薪消費から解放される新世代のバイオマス蓄熱暖炉
スクリーンショット 2019-05-08 6.42.57

ブログを書く励みになります^^

ボチッと応援よろしくです
    ↓                      ↓        ↓
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 八女情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
エアコンやファンヒーターでは成し得ない暖かさ
福岡で炎の癒し
福岡で薪ストーブ・暖炉ならココ
               ↓
新世代の遠赤外線暖炉

バイオマス蓄熱暖房ホームページ 
http://biomass-attakaya.com/