スクリーンショット 2019-10-10 11.43.20
ヨーロッパの暖炉文化であるカッヘル・オーフェン・・・

日本には全く馴染みのないドイツやオーストリアなどの冬の暖かい文化です。

(ofen)オーフェンとは ドイツ語ですので、英語だと(oven)オーブンです、お料理でグラタンやお肉をジューシに焼いて調理に使う器具としてのオーブンしか日本人には馴染みがないと思いますが、それは一部でオーブンとは、石やレンガにタイルを熱して部屋や家を温めたり、食品を加熱調理する意味でもあります。

伝統的なカッヘルには薪ストーブのような炎が見えるガラス戸などはありません、鉄の扉のドアから薪を焚べますので、炎が見えないと暖かいイメージがしないと思う我々日本人ですが・・・

逆に炎の直火の熱は近赤外線しか発しなので、本場の方々は刺激の強い痛熱さを嫌う傾向があったようです。

それよりも何よりも、暖かさの本質はレンガや石を熱してから放射され本体から出る大量の遠赤外線の輻射熱です。

オーブン料理でもそうですが、オーブンの炉内には炎が見えませんよね❓、直火ではなくオーブンの炉内が温められているからその輻射熱・放射熱・遠赤外線が肉や料理をジュシーに中まで火が通っている訳です。

カッヘル・オーフェンは直火の炎を利用する文化では無く、二次的に放射される遠赤外線・輻射熱を利用する文化圏の暖炉文化なのであります

スクリーンショット 2019-10-10 11.43.39
中にはセラミックスブロックなどで作られているので熱容量も大きく、炎が消えた後も熱が蓄熱されているので約半日の12時間は薪を焚べる事もなく蓄熱された熱でお部屋を温めています^^

蓄熱と遠赤外線を利用した冬の暮らし文化圏がチロル地方と言えるでしょう

スクリーンショット 2019-10-10 11.44.17
中身はセラミックスのブロックで作られた煙道や蓄熱ブロックでギッシリ詰まっています!!

既製品はないので一つ一つが手作りとなるチロル暖炉のカッヘル・オーフェン

スクリーンショット 2019-10-11 8.47.55
カッヘルオーフェン暖炉は日本の家にはサイズ的にどうかと言う所をコンパクトに凝縮したものがチロルのリトル蓄熱暖炉ラスタベッタです^^

日本の住宅に、ジャストサイズでご提案

SDIM1413


「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ開催」

開催日 2021年2月28日 日曜日

時間  午前9:30〜12:00

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/
 

ボチッと応援よろしくです
      ↓

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ

    

    

#福岡県暖炉 

#久留米煖炉 #久留米薪ストーブ

#八女市薪ストーブ #八女市煖炉