November 25, 2017

夜のケガは、治りが遅い!

夜のケガの治りが遅い 画像1 夜間に負った外傷は、日中に負ったものよりも、治りがはるかに遅いとの研究結果が発表されました。傷の回復速度を制御する体内時計が、日中の方がより効果的に機能するためだということです。
 今回の研究は、生きたマウスと実験用ペトリ皿内のヒト皮膚細胞を用いた実験に基づくもので、イングランド(England)とウェールズ(Wales)にある重症熱傷治療部門のやけど患者118人の記録による裏づけも得ていて、午後8時〜午前8時に発生した夜間のやけどは、回復に要する期間が平均で60%長く、夜間のやけどが95%回復するのに要する時間は平均28日だったのに対して、昼間のやけどは、平均17日で回復したと報告されています。
 研究チームは、体内時計が睡眠、代謝、ホルモン分泌などを含む重要な生体プロセスを調節していることが原因と考えています。体内時計の昼と夜との間で創傷治癒速度に約2倍の差があることが一貫して確認されています。また、人体は、外傷が発生する可能性がより高い日中に最も速く回復するように進化してきた可能性もあることを理由の一つに考えています。
 体内時計と傷の回復との関連性に関する研究は、傷の回復不良を防ぐ薬剤の開発や、外科手術の結果向上などの一助になる可能性が十分に期待できそうです。

by 頃僕来        クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)ニュース 

November 23, 2017

野菜の種類と効果

 以前(10月23日)のブログで、野菜摂取によるダイエット効果について書かせていただきましたが、野菜でも、どんなものを摂取したらいいのかという質問がありましたので、具体的にご紹介させていただきたいと思います。
 野菜には色が鮮やかな緑黄色野菜と、色が薄めの淡色野菜があります。緑黄色野菜と淡色野菜の違いは、ビタミンの一種であるβ-カロテンの含有量にあります。100gあたり600μg以上のものを緑黄色野菜、それ以下のものが淡色野菜に分類されます。β-カロテンは、抗酸化力が強く、さまざまな病気の予防・治療に効果が期待されます。一方、淡色野菜には、ミネラルや食物繊維が多く含まれており、緑黄色野菜とは異なる効果を期待できます。
 緑黄色野菜は、浅葱、明日葉、アスパラガス、オクラ、インゲンマメ、人参、カボチャ、カラシナ、小松菜、クレソン、ブロッコリー、ほうれん草、トマト、ニラ、ピーマン、芽キャベツ等。
 淡色野菜は、青シソ、カリフラワー、カブ、キャベツ、きゅうり、ごぼう、ゴーヤ、セロリ、大根、たまねぎ、トウモロコシ、なす、にんにく、白菜、レタス、れんこん等が挙げられます。野菜の栄養と効果 画像2
 野菜の摂取で得られる食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。ごぼうやたけのこに多く含まれる不溶性食物繊維には腸のぜん動運動を促し、便秘を改善する効果が。キャベツや大根に含まれる水溶性食物繊維には糖質の消化・吸収を緩やかにしたり、悪玉コレステロールなどの余分な脂質の吸収を抑えて体外に排出する効果があります。
 野菜にはそれぞれの特徴があり、健康管理にとってはバランスよくいろんな種類の野菜を食事に摂り入れることが重要です。ダイエットにも効果的な野菜、むくみや便秘を改善しながら減量に繋げましょう。

By ルン        クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)食事(食べ物) 

November 21, 2017

寒さと高血圧の関係

 血圧が高い人にとって、これからの時期は、少し注意が必要な季節となります。寒くなると体温を逃さないように、血管が収縮するため、血圧が上がりやすくなります。その他、運動不足や忘年会・新年会など、飲酒の機会がふえることも血圧を上げる要因になります。高血圧は自覚症状があまりないため、放置されることも多く、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすことのリスクを高めます。
 高血圧の原因としては、大きく分けると2種類あります。
[二次性高血圧]
 腎臓病・内分泌の病気などで、血圧を上昇させるホルモンが過剰に分泌され、血圧が上がります。
[本態性高血圧]
 検査をしても特別に原因が見つからないものをいいます。多くの方は、本態性高血圧で、二次性高血圧は、全高血圧患者の5%以下と推定されています。本態性高血圧の原因は、高血圧になりやすい体質の遺伝やその他食事・ストレス・肥満・喫煙などが複雑に組み合わさっています。また、高齢になると、動脈の柔軟性が低下することによって、血圧が上がりやすくなります。
 寒さを感じたり、冷たい水に触ったりした時など、血管は収縮し血圧は上がります。正常血圧の人はそれほど影響ありませんが、高血圧の人は血管が過敏になっており、高く上がり易くなるので、温度変化が大きい状況では注意が必要です。
高血圧 予防 画像1 寒い時期は、運動不足になりがちですが、体重が増えることは血圧を上げる要因となります。そして、お酒は、大量に摂取すると血管が収縮し、血圧は上がります。食生活を見直し、適度な運動をしていきましょう。また、睡眠時間が短いと、血圧が上がり易くなったり、動脈硬化のリスクが高まります。6時間以上の睡眠を心掛けましょう。
 高血圧の治療の目的は、血圧を下げることそのものでなく、その先にある脳卒中や心疾患を防ぐことにあります。日常生活の改善を心掛け、高血圧の予防につとめながら、寒い時期を乗り切りましょう。

BY.BEAR        クリックお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)予防 

November 19, 2017

骨って何?

 骨ってカルシウム豊富で硬いイメージがありますが、骨にも血管があるし、骨の20〜24%は水分でできているのです。今回は、この「骨」について、少しだけ詳しく紐解いていきたいと思います。
 骨は全身にどれくらいある?とよく質問されますが、新生児の骨は約305本(350本以上という説もあります。)、成人の骨は約206(200〜210)本と言われています。
 骨の重さは体重の約20%で、最も大きい骨は大腿骨、最も小さい骨は鐙(あぶみ)骨の約3mmです。ちなみに、哺乳類の首の骨は7本です。ということは、あの首の長いキリンも人間と同じ数だとか。でも、首がよく回るふくろうは14本とのことです。
 骨は、骨格として身体を支え、衝撃に対して組織を保護したり、骨髄の中心で血をつくる造血作用や、筋肉と連動して運動したり、無機質、電解質を貯蔵したりします。
 骨の主成分は、にかわ質とカルシウムの化合物です。また、骨の成分は、有機物と無機物に分けることができます。にわか質とは、ゼラチンのことで、動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加え、抽出したものでタンパク質を主成分とします。それと、有機物は骨に弾力を与えることで損傷を防ぎます。小さい子供は有機物が多く骨折しにくいですが、加齢とともに有機物は減っていくので、お年寄りは骨折しやすくなります。骨質 画像1
 有機物が骨に弾性を与えているなら、硬さを与えてるのが無機物の役目です。無機物は、骨の約60パーセントを占め、成分は、骨の59〜60%を占めています。 リン酸カルシウム(85%)、炭酸カルシウム(10%)、リン酸マグネシウム(1.5%) が主で、骨に硬さを与えています。
 骨は生きています。そして、骨にも血が通っています。ということは、正しく動かさないと、もろくなってしまいます。健康のため、また、骨密度を上げるためにはやはり運動が大切なんですね!!

byそたつ        クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)骨格 

November 17, 2017

ストレッチで筋力低下?

 ストレッチの直後には、力が発揮できなくなり、パフォーマンスレベルが低下することをご存知の方も多くなっています。運動前の準備運動の一環としてストレッチを採り入れていると、いざウェイトリフティングや瞬発的な動作をするときに、ストレッチをしなかった場合よりも力が出せなくなります。この状況は、45分程度で回復するのですが、試合や競技前にパフォーマンスレベルが落ちるのは問題です。ストレッチ筋力低下 画像1
 これを確認するため、ジャンプのようなシンプルな運動を対象として、研究が行われました。そこで、ストレッチをしたあとにジャンプすると、しなかった場合と比べ、高く跳べないという結果が出ています。もちろん、事前のストレッチは、数分かけてみっちりやってもらっています。
 これらの研究結果が、実際の運動にどこまで当てはまるかは、はっきりとは分かっていませんが、科学誌『European Journal of Applied Physiology』に発表された記事によると、短時間、軽めにストレッチをするだけなら、パフォーマンスを向上させる場合もあるとのことです。
 このところ「ダイナミック・ストレッチ」が人気になっているのには、おそらく、これらの研究結果も関係しているでしょう。従来の方法だと、静止した状態で1種類のストレッチを30秒以上続けていたのに対し、ダイナミック・ストレッチでは、通常の運動を、もっと大きく行い、体を温めていきます。たとえば、ジョギングをしながらひざを高く上げたり、逆にお尻を蹴ったりする、両手両足を使って地面を這うような動作などを行います。しかし、これらを「ストレッチ」と呼ぶこと自体に、ストレッチ=準備運動というイメージを持っているからだと思います。有酸素運動や筋力強化運動を行ったとしても、おそらく同じ効果が得られるでしょう。結局、ウォームアップの主目的は、血流を良くし、筋肉組織を温めて、細胞のカロリー消費のメカニズムがうまく働くようにすることなので、目的に合っていれば運動の種類は問わないと思われます。
 準備運動をストレッチに固執せずに、自分にあったモノで取り組んでくださいね。

by グランブラー        クリックお願いします。



attivobodycare at 00:30コメント(0)トレーニング 
Categories
Archives
Search