August 19, 2018

痛風について

痛風 画像1 痛風(高尿酸血症)は、多量の尿酸が体内に溜まって、これが主に、足の指の関節などに結晶化して起こる病気です。初期段階では、自覚症状はまったくありません。しかし、ある日突然、激しい痛みにおそわれます。痛みは1〜2週間で治まりますが、尿酸値が下がらなければ発作は繰り返され、痛みは慢性化。足に見た目にもわかるコブができる方もいます。尿路結石や糖尿病、腎臓病などの合併症に進行する場合があるので、正しく治療を行うことが大切です。
 かつて「美食家の贅沢病」といわれていた痛風ですが、食事や飲酒などの生活習慣による影響もありますが、尿中尿酸排泄低下や尿酸産生過剰などの体質的な影響も、大きいようです。痛風の人は、プリン体を多く含む食品は禁止と聞いたことがある方も多いかと思いますが、それは過去の話。しかも、多くが腸内で分解されて排泄されるそうです。但し、過剰に摂取しても大丈夫ということではなく、日本痛風・核酸代謝学会の「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」では1日の摂取量が400mgを越えないことを推奨しています。
高尿酸血症になりやすい人の食生活
□ 早食い・大食い
□ 天ぷらや揚げ物など脂っこいものが好き
□ 外食やコンビニ食が多い
□ 朝食は食べない
□ つい間食をしてしまう(2回以上)
□ 野菜が苦手
□ お酒が好きで毎晩飲む(3合以上)
 当てはまるものがある方は痛風に要注意!近年では、エネルギ−の取り過ぎや運動不足で肥満になり、尿酸の量が増えるケ−スが目立ってきました。成長・発育の終わる20才ごろの体重を目安に、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎに気をつけ、適度の運動を心掛け肥満を防いで痛風を予防しましょう。

By ルン        クリックお願いします。



attivobodycare at 00:30コメント(0)疾患(傷病) 

August 17, 2018

知っておきたい食欲の原理

 食べていないのに体重が増える。体調を崩して食べる量が減った時でさえ、体調が戻って食事をするとあっという間に体重増。そんな経験はありませんか!
 我々は、エネルギーが足りないと感じると口内に唾液を分泌させ、消化器官を刺激し、食事に関わる体の働きを活発にさせて空腹を感じるようにします。食事をすると、摂取した栄養素が、分解されグルコースとして血中に吸収されます。その後、グルコースの量を減らすインスリンホルモンが、膵臓から出て血液に乗って、満腹中枢にもう必要ない、まだ摂取すべきという指令を伝える役割をしてくれます。
満腹中枢 画像1 脳の視床下部にある満腹中枢は、人に食べろという摂食中枢とセットになっています。食欲のアクセルが摂食中枢であり、ブレーキが満腹中枢であるため、この2つはセットで働く仕組みとなるのです。
 女性は、ストレスを感じている時には、食欲が増す傾向にあるそうです。日々の生活だけでも人間関係や仕事などでストレスが蓄積されてしまいます。また、生理前や生理中、妊娠中などホルモンバランスの乱れにより食欲が増進されることがあるそうです。
 少しでも早く痩せたいからといって急激に食事の量を減らすと、満腹中枢がいつまでたっても働きません。その結果、無理な食事制限に耐えきれなくなって、過食に走ってしまうことも・・・
満腹中枢 画像F1 食欲とうまく向き合うには、まずよく噛んで食事をすること。咀嚼回数が増えると、脳内で色々なホルモンが分泌され、満腹中枢が刺激されることになります。そして、時間をかけて食事することも。なぜなら、食事をした時の血糖値上昇と満腹中枢の刺激には時間差があるからです。ゆっくりと時間をかけて食べると食べ過ぎ防止にもなります。そして、最も大切な方法が運動です!運動することでエネルギー消費になることはもちろん、自律神経の働きも正常にしてくれます。自律神経の最高中枢の視床下部は交感神経や副交感神経、内分泌機能を調整している大切な器官です。脳の指令が上手に働くよう、我々の身体の働きを正常にしてくれるこの「運動」で食欲とうまく向き合っていけたらいいですね!!

byそたつ        クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)ダイエット 

August 15, 2018

インプラント周囲炎

 歯を失った人にとって、人工歯根を顎の骨に埋め込み、入れ歯よりも強く噛めて、手間がいらない、見た目が自然なインプラント治療は、たいへん魅力的に映ります。
 インプラント治療は、自費診療なので、約30万〜100万円(1歯あたり)と高額な費用が必要となりますが、“一生使える”と聞いて大枚を叩く人も多いようです。しかし、何年か経過したあとに、それらが全てムダになる事態が起きているようです。
 スイスに本部を置く、FDI(国際歯科連盟)が、世界各国から歯科医を招聘し、世界中で“インプラントの歯周病”が大問題になっている「インプラント周囲炎」について注意喚起しています。
 インプラント周囲炎は、現在のところ根本的な治療法がなく、インプラントを撤去するしかないようです。年内には、FDIから診断基準などが出るようですが、インプラント治療を行なっている歯科医にもこの“病気”を理解していない人が多く、患者にも情報が伝わっていないのが現状のようです。インプラント周囲炎 画像1
 口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくことにもなります。特に、高齢になり、認知症になって、自分で歯の手入れができないと、インプラントが凶器になる可能性があるようです。介護施設に入っている認知症の高齢者は、インプラントの土台だけが二本飛び出して、反対側の歯茎を突き刺してしまい、血みどろになっているような事態も発生しています。“インプラント治療は、手術が終わってから始まる”と言っている専門家もいて、専門的なメンテナンスを受けていないと上記のような事故やトラブルも起こるようです。
 全てに言えることですが、身体に手を加えることは、絶対的に良いというものは無く、良いことがあって、悪いこと(副作用等)もあると思っていただいた方が良いと思います。まず、行う前に現在の状態に対して、緊急性の有無、必要性の程度、5年後、10年後の状態、デメリット(副作用等)の程度を確認して行うようにしていただければ後悔しないのではと思います。

by グランブラー        クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0) 

August 13, 2018

夏風邪にご注意!

夏風邪対策 画像1 本格的な夏の真っ盛り、暑いからといって身体を冷やし過ぎてしまうと、免疫力が低下し、体調を崩しやすくなったりします。そこでこの時期に注意したい夏風邪についてお伝えします。一般的に風邪ウイルスは低温で乾燥した空気を好みますが、夏風邪ウイルスは高温・多湿を好み、湿度50%以上になると活発に働きます。梅雨の時期から夏にかけて活動性が増し流行するため、注意が必要です。
・のどやお腹の痛みが特徴
 冬風邪は熱が高くなりますが、夏風邪は37.5℃くらいの微熱が続きます。また、夏風邪ウイルスは、のどや腸で増えるため、のどの痛みや激しい咳、腹痛、下痢などの症状が主で、冬風邪のような鼻水や鼻づまりの症状が出にくいのが特徴です。
夏風邪 画像1・なぜ「夏風邪」は治りにくいのか
 夏風邪の原因となるウイルスは、ほとんどがお腹の中で増殖するため、体の外に排出されるまで時間がかかる上、暑さの影響で身体は冷えやすくなり、体力や免疫力が落ちやすいため、ウイルスを退治するまでに時間がかかります。
・夏風邪を防ぐには
 外から戻ったら、こまめに手洗いをする。夏風邪ウイルスのついた手で、鼻や口を触ると感染してしまいます。こまめに手洗いやうがいをして、ウイルスを洗い流すことが予防の第一歩です。
・エアコンの使いすぎに注意
 身体の冷やしすぎは、免疫力低下につながり、お腹を冷やすと腸の働きが悪くなります。オフィスなどではひざ掛けなどを常備し、お腹や足元を冷やさないよう注意しましょう。室温は28℃くらいが最適です。
・寝る前に体温を上げすぎない
 人間の身体は、寝ている間は体温が下がるようになっています。夏の身体は、特に冷え易い状態になっているので、寝る前に体を温めてしまうと、発汗量が増えて、寝た後に体の冷え方が急激になり、風邪を引きやすくなります。ですから、入浴後は、1時間以上たってから寝るのがオススメです。
 また、暑いからと言って、あまり身体を動かさないのも、体温低下や免疫力の低下になりますので、日中に適度に身体を動かすようにしてくださいね。

by SYU         クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)疾患(傷病) 

August 11, 2018

水難事故に注意!

 連日の猛暑で熱中症に気を付けてほしいところですが、海やプールに行く機会もあるかと思います。そこで気を付けてほしいのが「水難事故」です。
 水難事故にあいやすい年齢層として全体の2割が子どもであり、死者・行方不明者の約6割が、海で発生しています。行為別では、水遊びをしている時に水難事故にあいやすいそうです。水泳の時よりも注意が散漫になりやすく、事故にあいやすいのかもしれません。
水難事故予防 画像1 水難事故に防ぐためには、危険箇所を把握すること。 釣りや転落のおそれがある場所、 水藻が繁殖しており、見通しが悪いところなど、 水温の変化や水流の激しい場所など、危険箇所を事前にしっかりと把握して、近づかない。さらに、的確な状況判断も求められます。風雨や落雷などの天候不良や河川の増水などのおそれがあるときは、釣りや水遊びは行わない、体調が悪い時や飲酒したときなどは、海や河川に入らないなど。ライフジャケットの活用や、お子様がいらっしゃる場合は絶対に目を離さない。とにかく安全の確保を優先しないといけないということですね。
 熱中症についての記事の復習となりますが、予備知識があるとないとでは被害の度合いが大きく変わってきます。泳げるから大丈夫と過信せず、自分の行動の一歩先を読む習慣を心がけてみてはいかがでしょうか。

By kota        クリックお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)予防 
Categories
Archives
Search