October 16, 2011

走り方の変化

昨日のT-PON先生のブログのタイトルにもなっていましたが、マラソンシーズン到来ということで、今日は、神戸マラソンに向けてのトレーニングのご報告をさせていただきます!
昨年、福知山マラソンにチャレンジをしました。その時に太もも裏(ハムストリングス)が痛くなり、マラソン後も痛みが残っていました。
痛くなった原因は、私の悪い走り方です。
蹴って走る動作が多いことと、飛び跳ねるように走ること。そして、骨盤が左右に振られる走り方なので横腹も痛くなりやすく、疲れやすい。恥ずかしながらとても修正点の多い走り方です(>_<)
今年はこの走り方を少しでも修正しようと取り組んでいます。
昨年は、マラソン当日まで外を走ることがなかったので、足(脚)に痛みが出ないか確認をしながら、今年は外も走るようにしています。
9月末ごろに10km走ってみて足(脚)の状態を確認し、10月に入りつい先日約15km走りました。
コースは自宅からユニバーサルスタジオまで(^v^)
景色が刻々と変わるなか走るのはとても気持ちが良かったです。
走り方など考えながら走っていたので、昨年とは違う筋肉が働いたかと思います。
さらに脳の活性にもなったのではないでしょうか!(期待したいところです(笑))

自宅に無事帰り、足(脚)に痛みがなくホッとしました。
走る動作のプログラムが昨年と違うものになっていると信じ、今後も神戸マラソンに向けトレーニングに励みたいを思います。
筋肉が脳を動かすということが本に書かれたのを思い出しました。実際に自分の身体でもそれが起きていることを実感していきたいと思います。
皆さんもスポーツの秋をぜひ楽しんでくださいね!


By シーシ(*^^)v

応援のワンクリック、よろしくお願いします。

attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0)トレーニング  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Archives
Search