November 03, 2018

ヘルペス

 ヘルペスとは、世界でもメジャーな感染症のひとつで、世界保健機関の報告によると、50歳未満では、約37億人が口唇ヘルペスの原因となるウイルスに感染していると考えられています。ヘルペスウイルスは、細胞に核を持つほとんど全ての真核生物に存在し、その数は約100種に及んでいます。人の場合、8種類が分かっているそうです。
 はじめて単純ヘルペスに感染すると、体内には免疫がないので発疹や水ぶくれなどの皮膚症状がでたり、高熱なども伴うことも。そして、一週間くらいかけて感染部が赤く腫れあがり、水ぶくれが現れます。その後3週間ほどかけて治癒へと進んで行きますが、この間にリンパ節などが腫れ発熱やだるさ、頭痛を伴うそうです。口唇ヘルペス 画像1
  一度治癒したヘルペスの症状でもストレスや風邪などが原因で免疫が低下するとヘルペスの症状が再発することもあります。中でも、単純ヘルペス1型・単純ヘルペス2型・帯状疱疹ウイルスは、一度感染すると神経節という神経の集まる所に潜み、再発の際に水ぶくれを作ります。代表的なもので、口の周りに水ぶくれを発症する口唇ヘルペスがあります。また、単純ヘルペス2型で多いのは、性器ヘルペスです。性器や殿部など下半身に発症し、再発の頻度は高いそうです。ヘルペス種類 画像1
 ヘルペスウイルスは、免疫力が下がっていると再発しやすいウイルスです。再発させないためには、普段から疲れやストレスを溜めないことが大切です。日常の生活習慣、バランスのとれた食事、そして免疫を高めてくれる運動。このように、健康的に生活を送ることが一番の治療法かもしれませんね!

byそたつ        クリックお願いします。

  


attivobodycare at 00:30コメント(0)疾患(傷病)  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Archives
Search