February 27, 2021

牡蠣

牡蠣 画像1 牡蠣には、素晴らしい栄養素が含まれています。その栄養素について紹介したいと思います。
牡蠣の亜鉛 画像1 牡蠣には、100g中、亜鉛が13.2mg含まれています。亜鉛は、体の代謝や細胞を作ることを助ける酵素の成分のひとつで、細胞を作ることを助けてくれるので、肌や髪などを健やかに保つ働きがあり、美肌や美髪を作ることが期待できます。また、亜鉛は、味を感じる味蕾(みらい)を作るのに関係していたり、風邪を予防するなどの免疫機能を助けたりといろいろな働きがあります
セレン作用 画像1 そして、セレンが100g中、46μg含まれています。セレンは、体内で発生して細胞の老化や動脈硬化などの原因といわれている過酸化物質(活性酸素等)を分解する酵素の成分になります。この過酸化物質の分解を助ける働きをしてくれるので、アンチエイジングも期待できます。
鉄の作用 画像1 更に、鉄が100g中、2.1mg含まれています。鉄は、血液中の赤血球の成分、ヘモグロビンの材料となるので、貧血予防が期待できます。赤血球は、体中に酸素を送る働きをしているので、鉄が不足してしまうと体に必要な酸素がいきわたらず、疲れやすくなったり、脂肪の燃焼が悪くなってしまうので、体重も落ちにくくなってしまいます。 ビタミンB12も100g中、23.1μg含まれているので、鉄と共同して赤血球に作用します。Inked牡蠣の食べ方 画像1_LIまた、神経細胞の表面の膜を作ることにも関係しており、脳が正常に働くこともサポートしてくれてくれます。
 まだまだ身体にプラスになるような栄養素を保有していますので、鍋物やフライにしたり、美味しくいただきたいですね。

by グランブラー        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0)食事(食べ物) | 健康 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Archives
Search