トレーニング

November 29, 2020

効果が上がらない!?

効果が上がらない 画像1 「毎日トレーニングしているのに効果が上がらない」と嘆く方はたいへん多いです。インストラクターにアドバイスを受けて、熱心に取り組んでいるのに期待していたほど効果が上がらないのは、トレーニングに問題があります。「今までより、重い重量を使っている」、「今までより、回数を多くしている」とこれだけを見ると明らかに運動強度は上がっているので、今まで以上の効果は期待します。しかし、「少しは変わった」、「ほとんど変わらない」、「変わらないどころか、下がった」という方は結構多いのです。
チーティングフォーム 画像1 このようなことが起こる理由は、身体への刺激より、動作の達成を目的にしてしまうからです。扱う重量を重くしたり、回数を増やすことで運動強度を上げて、身体への刺激を大きくしようと取り組みますが、重量アップされた負荷や高回数を達成するために脳はできるだけ身体に刺激にならない動きや筋の利用を探します。補助筋を使ったり、支点をずらしたりと軽い負荷や低回数で行っていたフォームと違う取組みになっていることに気付かずにこなしてしまいます。また、拳上することだけを意識し、降下するときは極力省エネモードでエクササイズをこなしてしまい、思っている以上に刺激が小さくなってしまっています。
Inked短縮性と伸張性収縮 画像1_LI 筋肉は、短縮性動作(コンセントリックコントラクション)と伸張性動作(エキセントリックコントラクション)という二種類の動作があります。前者は、主にダンベルなどを持ち上げるときに筋肉が収縮するときの動作で、後者はダンベルなどを下すときの筋肉が伸張されるときの動作です。これを比較すると、一般的には下すときの筋が伸張するときのほうが筋の働きが1.5倍以上大きいことが確認されています。そして、この特性を上手く利用したものが、スロトレとして人気を集めているトレーニング方法なのです。
スロトレ 画像1-1 スロトレ(スロートレーニング)を全面的に推奨するわけではありませんが、効果が上がってないなら、試してみる価値はあります。今までのトレーニングを下すときに意識して、時間をかけてみてください。重量は極端に軽くしたり、回数を少なくする必要はありません。今まで一秒で下していたなら、二秒かけて下すようにしてみてください。下すときだけでなく、上げる時も反動を利用したりしないようにしてください。極端にゆっくり上げると補助筋や拮抗筋が働いてしまうので、長くても2秒くらいまでのほうが良いと思います。今まで感じなかったようなバーンズ(熱い焼けるような感覚)があり、確実に身体に刺激になっているという信号です。それを1か月続けると期待していた以上の効果を感じれるはずです。

by 筋誤労        クリックお願いします。




attivobodycare at 17:00コメント(0) 

November 05, 2020

声は、筋力が・・・。

声のちから 画像1 米カリフォルニア大学の研究で、体よりも声からのほうが、力の強さがわかる可能性があるという研究結果が報告されています。
声の出る仕組み 画像1 この研究では、世界中の2,000人以上の男性に、短い文章を繰り返してもらい、その声を録音するとともに筋力測定をしました。その録音した音声を大学生に聞かせて、声からその男性の筋力レベルを1〜7のスケール(1が一番弱く、7が一番強い)で評価してもらいました。その結果、学生は録音された声から(話している言語にかかわらず)、筋力レベルをかなり正確に推定しました。
発声の仕組み 画像1 この結果から、声の質は筋力によって大きく変化すると考えられます。筋肉の活動量が声帯に大きく影響するためと推測されます。確かに、関取や野球選手などの運動選手は、声量もあり歌が上手い人が多いです。声に張りがあり、リズム感も運動によって養われているので、たいへん上手いし、力強いです。
高音域の鍛え方 画像1 また、女性が男性の声に魅かれるのも、本能的に強さを感じられるのかもしれません。声にコンプレックスを持っている方は、トレーニングをして筋力アップすると魅力的な声に変化するかもしれませんよ。

by 筋知良        クリックお願いします。




attivobodycare at 17:00コメント(0) 

October 25, 2020

走ると脇腹が痛い!?

ガスが溜まる 画像1 食後にランニングしたり、運動したときに脇腹が痛くなったことを経験した方も多いと思います。この痛みの原因は、走ることによって上下運動が激しくなり、大腸のガスが左右に集中してしまう時に脇腹の痛みに発展するようです。運動を止めると自然と腸自体の蠕動運動により溜まったガスを散らすことが出来て痛みが消えていくようです。
深呼吸 画像1 対策としては、「あまりガスを発生させる食べ物を食べない」、なってしまった場合は、「痛みがひどくならないペースで走りガスが分散されるのを待つ(約2〜3分)」等あげられます。そして、内臓の補助や保護をしている筋肉、特に腹筋の関与が大きいので、腹筋の働きを良くしてあげることも有効です。
体幹トレーニング 画像1 腹筋も大事ですが、姿勢を安定させるために体幹全般の筋肉の働きを高めてあげる必要があります。重心が安定し、上下運動や横揺れが少なくなることで、脇腹の痛みだけでなく、それ以外の身体のトラブルも回避できることになります。

by 筋知良        クリックお願いします。

 



attivobodycare at 17:00コメント(0) 

October 07, 2012

先日のトレーニングでの出来事

こんにちは、イギーです。今回は自身のトレーニング中にあった失敗談を書かせて頂こうかと思います。
私は現在、ATTiVOの営業時間前にトレーニングを他の先生方とともにさせていただいていることが多いのですが、ある日いつも通りトレーニングをしていたとき、その日のメニューを黙々とこなしていると何だかだんだんフラフラとしてきました。ですが運動メニューも終盤に差し掛かっておりましたしそのまま続行したわけなのですが、終わった後すぐにその場にへたりこんでしまいました。そしてしばらくの間立てず、少しの間寝込んでしまいました。気分が悪くなり息も荒く、手も震えており、恥ずかしながら完全にダウンしてしまいました。それから20分ほど他の先生方に申し訳なかったのですが横にならせていただいておりまして、そしたら少し気分も回復してなんとか立てるようになりました。そのあと私のとった行動なのですが、自分の身体の特徴と今の症状から判断してすぐに甘いものを口に放り込みました。そしたら症状はすぐに改善し、無事その日の業務を終えることが出来ました。最近のATTiVOのブログをよく読まれている方でしたらもしかしたらお気づきになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、そのときの私は低血糖状態に陥っていたと推測されます。ですので、このときすぐに糖分を補給したので症状が改善したという訳なのです。私の身体の特徴なのですが、ハードゲイナーといわれる簡単に言うと代謝が高く、身体を大きくしてがっしりした身体を作ることが難しい特徴をもっているようで、さらに毎朝の日課である缶コーヒーをその日も飲んでおり、それがインスリンを過剰に分泌させて低血糖に拍車をかけたと思われます。つまりいつもやっていたことがトレーニングにマイナスの影響を与えていたようです。
自分が毎日やっていた些細なことが実はトレーニングに影響を与えている。こういうことはたくさんあるのではないでしょうか。皆さんも毎日やっていることを一度振り返ってみて下さい。もしかしたらトレーニングの効果の妨げ、もしくは今よりもプラスになる発見があるかもしれませんよ。

byイギー
応援のワンクリック、よろしくお願いします。

attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

July 25, 2012

ありがとうございました(^v^)

本日ラストのブログとなりますシーシ(^v^)です。
本当に今までたくさんの方々に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

オープン前の頃からことを思い出しながらブログを書いています。
施設がまだできていない時に他のトレーニング施設で勉強会をしたこと。その頃はまだスクワットが全くできなかったことも思い出します(笑)
夜みんなでよくトレーニングをしていた時は、60Kgと思いながらスクワットをしていた重りが70Kgだったこともありました。
できなかったことができるようになることは、本当に自信につながりますし、身体も変わります。
自分が感じることを多くの方にも感じてもらいたいという気持ちでもトレーニングをしてきました。
なので営業後に皆でするトレーニングが私にとっては、本当に勉強になっていました。
今は、朝営業前のトレーニングをペアで取り組んでいます。
この時間は私にとってとても楽しく、勉強にもなっています。
これからも変化をつけながら取り組み続けていきたいと思っています。

たくさんの方の笑顔に支えられ、たくさんのことを学ばせていただきました。
ATTiVOでの経験、出会いを大切にしていきたいと思います。

みなさんも楽しみながら目標にむかってください。
ずっと応援しています。

そして、これからもATTiVOの応援をよろしくお願い申し上げます!(^^)!

By シーシ(^^)/

応援のワンクリック、よろしくお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
Categories
Archives
Search