トレーニング

October 07, 2012

先日のトレーニングでの出来事

こんにちは、イギーです。今回は自身のトレーニング中にあった失敗談を書かせて頂こうかと思います。
私は現在、ATTiVOの営業時間前にトレーニングを他の先生方とともにさせていただいていることが多いのですが、ある日いつも通りトレーニングをしていたとき、その日のメニューを黙々とこなしていると何だかだんだんフラフラとしてきました。ですが運動メニューも終盤に差し掛かっておりましたしそのまま続行したわけなのですが、終わった後すぐにその場にへたりこんでしまいました。そしてしばらくの間立てず、少しの間寝込んでしまいました。気分が悪くなり息も荒く、手も震えており、恥ずかしながら完全にダウンしてしまいました。それから20分ほど他の先生方に申し訳なかったのですが横にならせていただいておりまして、そしたら少し気分も回復してなんとか立てるようになりました。そのあと私のとった行動なのですが、自分の身体の特徴と今の症状から判断してすぐに甘いものを口に放り込みました。そしたら症状はすぐに改善し、無事その日の業務を終えることが出来ました。最近のATTiVOのブログをよく読まれている方でしたらもしかしたらお気づきになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、そのときの私は低血糖状態に陥っていたと推測されます。ですので、このときすぐに糖分を補給したので症状が改善したという訳なのです。私の身体の特徴なのですが、ハードゲイナーといわれる簡単に言うと代謝が高く、身体を大きくしてがっしりした身体を作ることが難しい特徴をもっているようで、さらに毎朝の日課である缶コーヒーをその日も飲んでおり、それがインスリンを過剰に分泌させて低血糖に拍車をかけたと思われます。つまりいつもやっていたことがトレーニングにマイナスの影響を与えていたようです。
自分が毎日やっていた些細なことが実はトレーニングに影響を与えている。こういうことはたくさんあるのではないでしょうか。皆さんも毎日やっていることを一度振り返ってみて下さい。もしかしたらトレーニングの効果の妨げ、もしくは今よりもプラスになる発見があるかもしれませんよ。

byイギー
応援のワンクリック、よろしくお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

July 25, 2012

ありがとうございました(^v^)

本日ラストのブログとなりますシーシ(^v^)です。
本当に今までたくさんの方々に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

オープン前の頃からことを思い出しながらブログを書いています。
施設がまだできていない時に他のトレーニング施設で勉強会をしたこと。その頃はまだスクワットが全くできなかったことも思い出します(笑)
夜みんなでよくトレーニングをしていた時は、60Kgと思いながらスクワットをしていた重りが70Kgだったこともありました。
できなかったことができるようになることは、本当に自信につながりますし、身体も変わります。
自分が感じることを多くの方にも感じてもらいたいという気持ちでもトレーニングをしてきました。
なので営業後に皆でするトレーニングが私にとっては、本当に勉強になっていました。
今は、朝営業前のトレーニングをペアで取り組んでいます。
この時間は私にとってとても楽しく、勉強にもなっています。
これからも変化をつけながら取り組み続けていきたいと思っています。

たくさんの方の笑顔に支えられ、たくさんのことを学ばせていただきました。
ATTiVOでの経験、出会いを大切にしていきたいと思います。

みなさんも楽しみながら目標にむかってください。
ずっと応援しています。

そして、これからもATTiVOの応援をよろしくお願い申し上げます!(^^)!

By シーシ(^^)/

応援のワンクリック、よろしくお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

June 25, 2012

デコルテラインを美しく

夏服で過ごせるようになってきましたね(^v^)
今日のテーマはデコルテライン
フランス語で首筋を表す言葉で胸を大きく開けた襟、首筋や胸を大きく開けた襟という意味をもつそうです。
首筋はすっきりと伸び、鎖骨が見えていますか?
首から胸にかけてのデコルテラインが美しいと夏ファッションがさらに楽しめるのではないでしょうか♪

むくみは脚だけではなくデコルテラインがむくんでいる人も多いのだそうです。
頭を支える首や肩甲骨、鎖骨周辺の筋肉が硬くなり血流が悪くなっているとむくんできます。
体の中心に太いリンパ管「胸管」が鎖骨まで伸びていますし、首や顎、目などにも影響は及びます。
当院でBTP(運動療法)をされている女性が、この運動をするようになって顔の肌にハリやツヤが出たとお話をしていただいたり、エステに行かれいる方が、この運動の方がエステの効果が高いと感じていると言っていただいたりと痛みの改善以外での効果を耳にします。
あとデコルテラインがすっきりとしたと言っている方は、顔も小さくなったと喜んでおられました。
なるほど、身体を動かすことは色んな副産物があるのだと改めて実感しました。

デスクワークなど同じ姿勢が続くとデコルテラインの血流は悪くなりますよね。今、私もブログをしながら合間に背伸びをしたり、深呼吸をしたりしています(^v^)
トレーニングをするときも美しいデコルテラインを意識しながらしたいと思います。

By シーシ(*^^)v

応援のワンクリック、よろしくお願いします。

attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

June 14, 2012

トレーニングは健康美容施術?

「リンパとツボの本」を自分が取り組んでいることと重ねながら読みました。
血液と違ってリンパはポンプ機能がないため、流れはとてもゆるやか。
リンパの働きは、しみ出した組織液中にあるタンパク質などの栄養素をリンパ管で回収し、最終的に血液に合流させること。それだけでなく、老廃物や異物の侵入を防ぐ働きもあるそうです。
寝ている時は、リンパ管の自発的な小さなポンプ機能でも大丈夫なのですが、起きて活動している時は、リンパ管の周囲にある「筋肉」が重要なポンプの役割をしていることも書かれていました。
長時間のデスクワークや長時間の運転などでふくらはぎがパンパンにむくんでしまうのも組織液が回収されずに残っている状態だからなのです。むくみを解消させるには、体を動かさなければいけません。
解消法としてよく竹踏みをすることをおススメしています。
リンパの流れが良くなると、たんぱく質などの栄養素が細胞にいきわたり、臓器の働きが改善されるなど新陳代謝がよくなります。
ということは自分で体を動かすということはリンパマッサージになっているんですね!
トレーニングをすることは、この本の言葉を借りて言わせていただくと、最高の健康美容施術になっていると思います。
最近、ストレッチをするときこの本を見ながらツボを押してみたりもしています(^◇^)
色々試すのも面白いですね!
皆さんも自分で体を動かして健康美容施術をしてみてくださいね♪

BY シーシ!(^^)!
応援のワンクリック、よろしくお願いします。

attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

May 13, 2012

トレーニング効果は万人に有り

皆さん、こんにちは!暑くなったと思えば、肌寒い日もあったり。上着を着たり脱いだりしないと体調管理が難しい季節ですね。
本日はトレーニングについて我々に関係深い研究報告を見つけたのでご報告させていただきます。

一般的にトレーニングにおいては、重い重量をする方が効果は高いという概念が受け入れられがちですが、応用生理学誌に発表されたこの研究は、疲労が来るまで6から12回持ち上げることが筋肉の成長に最も良い方法であるという考えに対する挑戦でもあると書かれておりました。
軽い負荷で回数を多く持ち上げることは重い負荷によるトレーニングと同様、筋肉の成長促進と強度を上げるのに有効であるというのが、この研究報告です。 

多くの高齢者は重い負荷のトレーニングを避けざるをえないと言われるような障害を抱えていますが、この研究では、高齢者がより軽い重さで少ない負荷のトレーニングを選択してもその恩恵を受け取ることができることを示しています。

研究では10週間異なる筋力トレーニング方法により足の筋肉を測定するため、若い男性被験者を対象に一連の実験が行われました。まず各被験者が1回の膝伸展で持ち上げ可能な最大重量を測定しました。各被験者には各脚に異なるプログラムが割り当てられました。
一般的に1セットは最大負荷で8〜12回、最低負荷で1セット25〜30回で行われることが多いですが、被験者が可能な限り多くの反復動作を彼らが与えられた負荷で完全にこなせるために下記の3つの異なるプログラムが組み合わせて使用されました。

最大負荷の80%で1セット 
最大負荷の80%で3セット 
最大負荷の30%で3セット

 週3回で10週間のトレーニングの結果、↓グループはMRIの測定から著しい筋量の増加がみられましたが、両グループ間には差が生じなかったそうです。また、▲哀襦璽廚篭呂ながら強度が増加したそうです。.哀襦璽廚和召2つのグループに見られた増加筋量の約半分の増加が見られたという結果に・・・。

現在のレジスタンストレーニング(筋力トレーニング)のガイドラインの複雑さにより、トレーニングや身体を動かすいわゆる運動という視点からの健康をあきらめる人が多くいるのではないでしょうか?我々の行っているBTP(ボディートリートメントプラクティス)も高重量のトレーニングで筋肉をつけるではなく、身体(筋肉)を正しく動かし、神経伝達レベルでのレベルアップにより、痛みの改善や負担の軽減を目的とし行っております。動かすことをあきらめている方、動かすことによっての改善の余地はまだまだ必ずありますよ。

BY T−PON
応援のワンクリック、よろしくお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
Categories
Archives
Search