乾燥

January 11, 2021

冬の肌

皮膚 画像1 多くの人が、寒い季節になると皮膚の乾燥と痒みに悩んでいます。皮膚は、体の最外側に位置するため、外界の変化を直接受けることになり、とくに気温や湿度に大きく影響されます。皮膚の表面は、表皮という細胞群で構成されており、その下に真皮、さらにその下に皮下脂肪組織があります。表皮の一番下に始まる基底細胞は、新陳代謝により徐々に外側に向かい移動してゆき、最終的には核を消失し、角質細胞となります。つまり表皮の細胞のなれの果てとして、角質細胞が厚く積み重なり、角層(角質層)となるのです。いわゆる垢の状態です。
角質層 画像1 角層は、自然に少しずつ脱落してゆき、一定の厚みを保ち続けます。大部分の皮膚では、角層は10層程度の厚みですが、手掌や足底は、実に30層から50層にも厚くなり、物をつかんだり歩くときのバリア、ガードの役割を果たします。1個の角質細胞は、同一サイズの薄い平べったい板状であり、レンガを積み重ねたような互い違いの形態をとり層状を成しています。角質細胞間にはわずかな隙間があり、そこにはセラミドなどの接着物質が存在することにより互いに密着しており、外界の異物は表皮から容易には入り込めない仕組みとなっています。このような防御システムにより、皮膚のトラブルとなるような細菌や有害物質の侵入を防いでいます。
バリア機能が低下した皮膚 画像1 ところが、乾燥や身体の冷え、紫外線などでセラミドなどが減少し、このレンガ状の積み重なりが乱雑となり、隙間が広がってきます。そのために外観上は皮膚表面に乾燥が生じ、毛羽立ったようになり、鱗屑という脱落しきれない角質が中途半端に付着した「粉がふいた」状態を生じます。特に、冬季は、身体が冷え、乾燥するので、この状態が生じ易くなります。
肌のために運動 画像1 これらを予防、改善するには、血行促進と体温上昇、発汗を同時に行ってくれる運動です。身体の深部から温度も血液循環も促進されることになるので、細表部の皮膚にも十分作用してくれるのです。肌のことを考えるなら、寒いからといって、部屋に閉じこもらずに、身体を動かしてくださいね。

by スカラー        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0) 

August 03, 2011

口がぽかんと開いていることありませんか?

自分の寝顔って見ることありませんが、目が覚めた時に口がぽかんと開いていたことありませんか?
つい最近まで喉が乾燥し、咳が出て睡眠不足な日々が続いていたわたくし(>_<)
そんな中、目にした記事が「寝ている間の口ぽかんにご用心!」というタイトル。この内容は、こどもの寝顔について書かれたものでしたが、これは大人にも言えることと思いました。

もともと赤ちゃんは、口呼吸ではおっぱいをたくさん吸えないため鼻呼吸が上手なんだそうです。
鼻呼吸ができると、鼻を通った空気が適度な湿り気を帯びるので、のどが乾燥しにくくなり、鼻毛や奥にある繊毛が、細菌やウイルスを防御するフィルター的な役割をするとも言われています。
呼吸も歩き方と同じで教わるものでなく、自然と習慣になってしまうものですよね。
寝ている時に口がぽかんと開いているのは、鼻の通りが悪いことも原因ですが、日ごろ口呼吸になってしまっていることも大きな原因なのではないかと思います。
さらに、鼻が詰まっていると睡眠が浅くなるということも書かれていましたので、鼻で呼吸をするということは身体にとって大きな影響を与えていると感じます。睡眠が浅い方、もしかしたら口呼吸が原因の一つかもしれませんよね(>_<)

私の場合も睡眠中、口が開いたままで喉が乾燥し、ウイルスに感染してしまったのではないかと思っています。
日ごろから呼吸器である鼻で呼吸をするように指導もしていますし、自分の中でも意識して鼻呼吸をするようにしていますが、まだまだ完全に鼻呼吸ができていないものと思われます。
今までの癖も生活習慣の中からついたものですから、良い癖を習慣にしていくことも可能だと思います!(^^)!
歩き方と同じように呼吸の意識も高めながら身体に覚えさせていきたいと思います。

by シーシ(*^^)v

応援のワンクリック、よろしくお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

February 05, 2011

乾燥は女性の敵

皆さん、冬の乾燥に悩まされていませんか?
お休みの日に、本屋さんをグルッと見て歩いていたら乾燥と女性について書いてある本がありました。

皆さんの部屋やオフィスの空気は乾燥していませんか?
部屋の温度が同じでも湿度が違うと寒く感じるそうです。
同じ20度に設定した部屋でも湿度が20%と60%ととでは、体感温度は2度も違うそうです。
寒いとつい部屋の温度を上げてしまいがち(>_<)そしたら、肌は乾燥してしまいますよね(T_T)
湿度が低くなっていたら、加湿器か霧吹きか何か工夫をして湿度を上げるようにしてみてください。
そういえば、昔よく私の家では、ストーブの上にやかんを置いて蒸気で乾燥を防いでいました。

加湿以外でも乾燥を防ぐために、水分補給も大切。夏に比べると減りますよね。常温の水や温かい飲み物などこまめに摂るのも必要です。
そして、代謝が下がることも肌の乾燥に関係するので、運動をして汗をかくことも大切。

運動をすると水分も自然と飲みますし、体を動かして代謝を上げて、乾燥しない体を目指しましょう。
乾燥していないことは、肌のしわ、ハリ、髪のうるおいなど女性にとっては、若さを保つために必要なことですよね。
健康ビューティーを目指す私としても大切なことです(笑)
木曜日は、負荷をかけてのクロスウォーカー30分、スピードを上げながらのウォーキング(マシン使用)25分をしました。尋常でないくらい汗をかきました^^(笑)歩く練習も昨年とは、少しテーマをかえて実施しています。
乾燥は女性の敵です。乾燥に負けない体を手に入れていきたいと思います!!

by シーシ!(^^)!

当院を応援して下さる方、ワンクリックお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

January 07, 2011

乾燥から身体を守るために!

あけましておめでとうございます!
お正月はゆっくり過ごせましたか??

さて、今日は『のどの乾燥』についてお話します。
空気が乾燥すると、肌と同様にのどの粘膜も乾燥しがちになります。のどの粘膜が乾くと免疫力が落ち、カゼやインフルエンザのウイルスにも感染しやすくなり、美容面だけでなく健康面でもトラブルがおきやすくなります。
乾燥でのどが痛くなるのは、ウイルスや細菌がのどに付いて炎症を起こすためです。
のどは粘膜に覆われていて、空中の雑菌やウイルスが体内に侵入するのを防いでくれます。しかし、乾燥して粘膜を覆う粘液が固まると働きが悪くなり、ウイルスを排除する機能が低下してしまいます。また、機能が低下することでウイルスや病原菌がたまりインフルエンザにかかりやすくもなります。
そんな乾燥から体を守るには…
★うがいと水分補給
うがいをすることがのどの炎症と風邪の一番の対策です!うがいをすると、のどが刺激されて喉頭腺から分泌液が出てのどを潤してくれます。
水分補給も、のどの粘膜に湿り気を与えるだけでなく、ウイルスを洗い流す大事な仕事をします。また、食事はしっかり噛んで唾液でうるおすことも大切です。食事の時間がなければアメをなめるのもいいでしょう!
★お休み前に
寝ている間にも水分は逃げていきます。寝る前にあたたかい飲み物(白湯おすすめ)を飲み、枕元にペットボトルなどをおいてのどが痛くて目が覚めた時すぐに水分補給できるようにするのもおすすめ。加湿器がなくても、洗濯物を室内に干したり、コップ1杯の水をおいておく、湿ったバスタオルをハンガーにかけておくだけでも効果はあります!
★鼻呼吸
 鼻から吸った空気は鼻腔を通る間に浄化、加湿され、肺が酸素を吸収しやすい形で送り込まれます。しかし、本来呼吸器官でない口で吸った空気は、空気中に漂う細菌やウイルスなどの有害物質が直接、体に取り込まれてしまいます。
 運動時や普段の生活で鼻呼吸を意識してみましょう!

乾燥した空気から体を守るために、ケアと予防をしていきましょう♪
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます!!

By ユメヒコウキ


当院を応援して下さる方、ワンクリックお願いします。








attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

November 26, 2010

冬の問題児

こんにちは(^_^)
シーシ先生!!福知山のフルマラソンお疲れ様でした!!
そして、完走おめでとうございます!!
私、ズラー・・・マラソンは少し苦手です。
球技が好きです(笑)
さてさて、本日のお話は冬に多い悩み「あかぎれ」についてお話させていただきます。
あかぎれが冬場に多い原因は、主に空気の乾燥や気温の低下といった環境に問題があります。
冬は1年を通じてもっとも空気が乾燥する季節です。
おまけに気温が下がって汗をかく機会が減るため、汗と皮脂が混ざりあって出来る「天然の保護クリーム」とも言うべき皮脂膜が作られにくくなります。
また、気温の低下によって血行が悪くなると、肌細胞に充分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。
すると肌は元気を失い、自身の力で肌細胞を再生し、亀裂を修復することが出来ない状態に陥ってしまうのです。
あかぎれが身体の末端にある手指や足出来やすいのは、こうした血行不良と関連しているためです。
・・・血行不良と大きく関連。
・・・あらあら。
・・・どうやら、あかぎれも予防出来そうですね!!
末端にまで、しっかり栄養が行渡るよう、血行を改善するには、しっかり身体を動かしてあげましょう☆
そうすることで、筋肉がポンプの様に全身に血液を行渡らせてくれます。
冬の問題児、あかぎれはしっかり身体を動かし、血行改善で防げるかもしれませんね♪
おまけに冷え性も解決しちゃいましょう(^皿^)
                              By ズラー
当院を応援して下さる方、ワンクリックお願いします。

★★★★★★★★★★★ お知らせ ★★★★★★★★★★★★★
☆中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
 ↓↓ 詳しくはこちら ↓↓
http://blog.livedoor.jp/pep_s/

☆【合同販促企画】動画で会社をPR!に参加しています。
スタッフ総出演。自作の動画です。是非ご覧ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
Categories
Archives
Search