代謝

July 21, 2013

便秘は太る体質を作る?

こんにちは!
7月も半分過ぎましたね!
学生さんはそろそろ夏休みに入る頃でしょうか(^▽^)?
皆さん楽しい夏を過ごして下さいね♪

さて、皆さんは便秘に悩まされたことはありませんか?
便秘なんてなったことがない!という人もいれば、生活の悩みになっている人もいると思います。
便秘は太る原因になると聞いたことはありませんか? 食事をしても、腸の中に排泄されるはずの便が溜まっているため、一時的に体重が増えることがあります。 それだけでなく、いつもより消化に時間がかかり、糖分や脂肪が吸収されやすくなる可能性があるとも言われています。 食べ物の消化が滞ることで身体の代謝が悪くなってしまうので、それも便秘が原因で太る理由となってきます。 また、冷え性など身体の冷えによって消化器官の働きが悪くなることで便秘になりやすいとも言われています。
現在では色々な種類の便秘薬が出ていますが、薬に頼ることを覚えてしまうと身体がもっている本来の力を出そうとしなくなります。 薬は使った時は便秘は解消するかもしれませんが、根本的に改善することにはなりません。 出来るだけ食事、運動で改善してあげる方が身体にとってもプラスになります。 食事では不足しがちな食物繊維や腸の活動を活発にさせる乳酸菌などを取るようにしたり、バランスの良い食事を心がけてください。 そして、1日10分程度でも運動する時間を作り、腸の働きを助けるようにしてあげてください。
特に、夏場は基本的に代謝が落ちるので、便秘になると更に代謝を下げてしまうので要注意です!
便秘を解消して身体の中から綺麗になっていきましょう(^о^)♪

By ユメヒコウキ

クリックお願いします




attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

December 20, 2011

太ってる人は汗をかくのにやせない!?

こんにちは!
12月も半ばとなり今年も残すところあと少しとなりましたね!
私は今日が今年最後のブログとなります。今年1年ブログを見て下さった沢山の方本当にありがとうございます!来年も興味を持ってもらえるブログが書けるよう頑張っていきます!!

さて、今日は『肥満と汗』についてお話したいと思います。
汗をよくかくと痩せやすいと思っていませんか?
汗をかく=代謝が良い=痩せやすいと考える人も少なくないと思います。しかし、肥満体型の人を思い浮かべた時、よく汗をかいている人が多くはないでしょうか?
肥満の人は汗をよくかくにも関わらずなぜ太っているのでしょう。
脂肪には身体の熱を逃がさない断熱材の役割があります。私たちは日常生活で身体を動かすたびに熱を作り、その熱を外へ放出することで体温調節をしています。しかし、肥満の人は脂肪がこの働きの邪魔をしてしまい体温が上がりやすくなってしまいます。その体温を下げる手段により多くの「発汗」が必要となるので、汗をよくかくんです!
太った人は代謝がよくて汗をかいているわけではないので、エネルギー消費もあまり良くありません。なので汗を沢山かくのに痩せにくいのです。
「嫌な汗」より「気持ちいい汗」をかくために適度な運動を続けて行うように習慣づけて行きましょう!!

By ユメヒコウキ

応援のワンクリック、よろしくお願いします。




attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

June 25, 2011

健康的にダイエット 太りにくいカラダづくり

こんにちわ、おとーやんです。制汗剤や日焼け止めのCMが多くなってきて、夏が近づいてきたな〜って感じがしますね。肌の露出が多くなるこれからのためにも「健康的にダイエット」力を入れていきたいと思います!
周りの方を見ていて「自分よりもたくさん食べてるのにあの人は太らないな〜」とか「あの人はいつも少食なのにぽっちゃりしているな〜」って思うことないですか?この違いってどこから来るのでしょうか?
代謝という言葉をよく耳にされるかと思います。私たちは代謝を繰り返しながら熱産生をし、必要なエネルギーを得て活動をしています。たとえ眠っていようとも生きている限りは、呼吸をし、心臓を動かし、絶えずエネルギーを消費し続けているのです。「1日の総消費エネルギー」が「1日の摂取エネルギー」を上回ればそう簡単に太ることはありません。すなわち「1日の総消費エネルギー」を多くなるような体質=代謝の高い体質こそが、食べても太りにくい体質なのです。

「1日の総消費エネルギー」(代謝)は以下の3種類に分類されます。

基礎代謝
6月10日のイギー先生のブログでもピックアップされました。生命活動(呼吸する・心臓動かす・体温を保つなど)に使っている代謝で全体の70%を占めています。寝ているだけでも代謝は行われているのですよ。基礎代謝が行われる部位のうち、約40%を占めるのが筋肉なので、筋肉の強化は、基礎代謝の底上げになり、寝ている間にも脂肪を燃やしてくれるという夢のような体づくりにつながります!

生活活動代謝
日常の運動に伴う全ての代謝で約20%を占めています。歩いたり、スポーツをしたり、鍛えたりするのはここに含まれます。私たちが一生懸命頑張っている運動が代謝全体の20%って意外に少なく感じませんか?エネルギーの消費だけでいうと少なく感じるかもしれませんが、運動を通じて筋肉の発達を促すことができますので長期的に見ると全体の代謝アップにつながってきます。

食事誘導性熱代謝
食事をした際に、咀嚼、消化、吸収の過程に生じる代謝で、全体の約10%を占めます。ダイエットというとどうしても摂取エネルギーを抑えがちになるのですが、それに伴い食事による代謝も抑えてしまうこともあるので注意が必要です。例えば朝食を抜くというのも、この代謝を抑えることになります。摂取エネルギーを増やすイメージだけが強い食事ですが、実はエネルギーの消費にも関与しているのです。

この3種類の代謝を上手に上げて、食べても太りにくい体質に変えていきませんか?期間限定の一時的なダイエットではなく、一生付き合っていける健康的なダイエットにしませんか?僕は3か月で10キロのダイエットに成功しましたが、トレーニングで筋肉量を増やして基礎代謝をあげることが本当にダイエットへの近道だと確信しています。しかし、筋肉は残念ながらほっておくと、どんどん減少していきます。痩せるためにはトレーニングは絶対に必要ですし、痩せてからもトレーニングは続けないといけないのです。健康でカッコいい体のためなら頑張れますよね?!一人では難しいな〜って思う方にはアッティーボのスタッフがついていますよ♪

byおとーやん

ブログへの応援クリックをよろしくお願いいたします。


attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

June 10, 2011

報われないダイエット

 こんにちは、イギーです。日中の暑さが日増しに増してきて、服も夏用のものに変わってきました。寒いのも苦手ですが暑いのも苦手な私ですが、しっかりと運動をして暑さに負けずに頑張ろうと思います。さて、今回はダイエットについてまた少し書こうかと思います。
 皆さんはダイエットというとどんな方法を思いつくでしょうか?大きく分けると、ダイエットは運動と食事の2つの方法があると思います。現在食事によるダイエット法は色々な雑誌などで紹介されており、その数はいくつあるのか把握しきれないほどです。ですが食事によるダイエットはボヤッキー先生のブログにもあるようにあまりお勧めできるものではありません。ですので、身体のためを考えると、やはり運動をしてダイエットに取り組むことをお勧めします。
 そうすると、じゃあ明日から走ってたくさん汗をかいて痩せようという考えが真っ先に浮かびませんか?確かに走って汗をかくと体重は減ります。ですが、ジョギングをしてダイエットに取り組んだ経験がある人の中には思うように結果が得られない人はけっこういらっしゃるのではないでしょうか?そしてなかなか痩せずにいて、とうとう走るのをやめてしまい、目標の体重に至らなかったなんてことはないでしょうか。
 これには理由がありまして、まず脂肪を燃焼させるのに働く器官は筋肉であり、筋肉が少ない身体ですと、脂肪を減らすのには大変不利な状況にあると言えます。つまりせっかくしんどい思いをして走っても、筋肉量の少ない身体ではなかなか脂肪は燃焼してくれません。また、こういった取り組みによる代謝を活動代謝と言いますが、その活動代謝は人間の代謝の約20%と低く、この結果からジョギングはダイエットに不向きだと言えます。
 ではどうすればいいのか。ここで私がお勧めするのが、人間の代謝の約70%を占める基礎代謝量をあげることです。基礎代謝は呼吸をしているだけで、ただ寝ているだけでもカロリーを消費します。この基礎代謝をあげるには、さきほど申しました脂肪を燃焼させるのに働く筋肉をつけることです。そして筋肉を1kgつけると脂肪は4kg消えます。ですが筋肉をつけるにはある程度の高負荷をかけなければなかなかつきません。なので、ジョギングの負荷では筋肉をつけることはほぼできません。そればかりか、絶対痩せてやると長時間ジョギングを続けていると、コルチゾールという筋肉を削り、エネルギーに変えるホルモンが出てしまう危険性もあります。
 なので、ダイエットを成功させたいと思うのであれば、身体を動かして筋肉を使うという発想よりも、身体を使って筋肉を増やす発想にしてみてはいかがでしょうか?また、ドクトル・ノブ先生のブログにもありましたように、成長ホルモンが脂肪を分解してくれますので、筋肉と成長ホルモンの2つの効果で効率よく痩せることができるようになりますよ。

byイギー


読んで参考になったと思った方はワンクリックしてください。



attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

June 06, 2011

湿度とむくみ

こんにちは(^_^)
最近、湿気を感じるようになりました。
髪がウネウネξ・_・ξ
・・・ウネウネウネξξξ・_・ξξξ
不快です!!
さて、そんなこの時期に合わせて、本日は湿度とむくみについてお話させていただきます。
梅雨は湿度が上がり、水分の代謝が悪くなりやすいため、手足のむくみが起こりやすい季節です。
また、気温の変化や湿度の変化で気持ちが憂鬱になったり、胃腸が疲れたりしやすいのもこの季節の特徴です。
そんな梅雨対策としては、香りが良くて水分代謝を良くする食材を摂る、お風呂にじっくりつかって汗を流すなどがあります。
が、やはり一番効果的なのは、しっかり体を動かすことだと思います。
体を動かす、すなわち筋肉を動かすと、筋肉が伸びたり縮んだりしてポンプのような働きをしてくれて循環が改善されます。
また、筋肉を動かすと熱が作られます。
その熱が全身に行渡ると汗を出し、熱を外に逃がし体温調節を行います。
梅雨の季節に限らず、日頃から運動習慣を身につけておくことで、むくみ知らずのスマートな体を獲得出来ますよ☆
                               By ズラー
読んで参考になったと思った方はワンクリックしてください。


attivobodycare at 00:30コメント(1)トラックバック(0) 
Categories
Archives
Search