姿勢

November 23, 2020

速く走れる人の特徴?

片足を水につける 画像1 走るのが速い人の身体の特徴は、色々な条件はありますが、その一つに、水槽に脚をつっこんで容積を調べると速い人においては、この容積が小さいという結果が得られるようです。走るときの脚のスイング動作での等価質量(股関節を支点にスイングするときの感じる重さ)の約90%が膝下によるものなので小さく、細い方が有利ということのようです。
ウサイン・ボルト 画像1 簡単に説明すると速く走るために足のスイングのスピードを上げたい場合は、脚を太く、大きくすることは望ましくなく、特に膝下が太い場合は、重くなるので走る時にはかなりの負担になります。
ハムストリングス、殿筋 画像1 スプリンターが、ハムストリングスや殿筋の発達がすごく、その部分をしっかりトレーニングをしていることは体型からも分かります。この筋肉の働き自体がスイングするときのエネルギーを生むという観点でトレーニングが行われているようなのですが、姿勢の面から見ても理にかなっています。速く走る人の身体の特徴 画像1これらの筋肉は、骨盤を伸展される作用があり、体の重心線を重力負荷に対して鉛直にしてくれ、他の筋肉に余計な負荷をかけずにすむ姿勢でいられます。だから、下腿部や大腿部前面は極端に大きく発達しなくなります。以前より記録が更新されているのは、体型をも変化させることになっているのだと改めて感心します。
速く走る人の体型 画像1 つまり走ることがきれいにできている方は、下肢などの身体への負担も少ないし体型もきれいになっていくと考えられます。ダイエットや健康のためにジョギングやウォーキングに取り組んでいて、体型が良くなっていない方は、お尻や大腿部の裏側の筋肉を刺激するようにしてみてください。変化が出てくる可能性は大きいですよ。

by 筋知良        クリックお願いします。




attivobodycare at 17:00コメント(0) 

November 07, 2020

快眠への誘い

眠れない 画像1 健康の三大要素の運動・栄養・睡眠は、どれも重要ですが、自然災害等で被災されている方や新型コロナウィルス感染症に怯えている方は、毎日落ち着いて眠れない日々が続いていると思います。
質の良い睡眠 画像1 良い睡眠は、昼間の疲れを解消し、朝の爽快感を得ることができます。快眠=グッスリ眠れる=目覚めのよい睡眠ということです。快い眠りを得るためには、ストレスを残さない・適度な運動をするなどが必要ですが、寝具や寝返りも重要な要素になっています。
☆寝返り
寝返りの効用 画像1 いろんな説はありますが、人は一晩のうちに20〜30回ほど寝返りを行っていると言われています。寝返りは、寝ている間の血液やリンパの流れを循環させる為に必要不可欠なのです。仰向けの状態から横向きになった時、顔の中心線と敷布団が平行になっていることがスムーズに寝返りを行いやすい状態のようです。しかし、寝返りは多くても少なくても朝に疲れを残してしまいます。
☆寝具
良い寝具 画像1 敷布団は、硬すぎても柔らかすぎてもダメなんです。硬いと体が痛くなってきて寝返りをうちすぎます。逆に柔らかいと体が沈み寝返りをうちにくくなります 敷布団は適度な硬さ、枕は適度な高さで首や肩に無理のないものが良いです。。
 気温の変動が大きいこの時期は、快い眠りが体調維持には重要です。疲れが抜け難い方は、睡眠を見直してみてくださいね。

by ベクトル        クリックお願いします。




attivobodycare at 17:00コメント(0) 

September 15, 2020

咳と姿勢

咳をする 画像1 我々は、生命維持のために呼吸していますが、その空気の通り道である気道、気管や肺等に何らかの刺激があると、その刺激は神経を伝って延髄に到達し、反射が生じて、“咳”として反応します。
咳反射 画像1 例えば、風邪を代表とする呼吸器の感染症の場合、気道に存在するウイルスなどの病原体を排除しようとするために咳をすることになるので、咳は人間の防御反応の1つと言えます。薬によって無理に止めてしまうと、かえって長引いてしまうことにもなります。その他にも炎症、腫瘍等が刺激となって咳をすることもあります。
鼻呼吸と口呼吸 画像1 咳の主な原因が、気道や肺などの遺物による刺激が多いので、口から呼吸をするのではなく、鼻から呼吸をすることでかなり減らすことができます。鼻呼吸でなく、口呼吸になっている方の姿勢は猫背で背中が丸まっている方が多いです。このような姿勢では深い呼吸が出来ず、ついつい口から呼吸してしまいがちです。口呼吸が、咳を誘発し易くなります。
咳で骨折 画像1 そして、咳の威力はすごく強く、ぎっくり腰や背骨の圧迫骨折、肋骨骨折なども引き起こしてしまいます。そこまでも至らなくても、強い筋肉痛に悩まされることも多いようです。特に姿勢の影響は大きく、咳をするときも猫背気味の方は、上記のような強い影響を受けてしまいますが、姿勢が良い方は比較的軽くて済みます。

by ボヤッキー        クリックお願いします。

 

attivobodycare at 17:00コメント(0) 

August 05, 2020

身体を支える?

身体を動かす 画像1 「体を動かす」「運動」と聞くと、「しんどい」、「楽しい」、「汗をかく」、「元気が出る」、「疲れる…」などなど、良いイメージから悪いイメージまで、人それぞれだと思います。
氷の上で歩く 画像1 体を動かそうとしたとき、動く側と反対の「支える力」が必ず必要となってきます。例えば、スケートリンクでごく一般的な運動靴を履いた状態で、野球のバットかゴルフクラブを持って、思い切り素振りをするとします。容易に想像できると思いますが、氷の上のようなツルツルとした不安定な場所では、足場が固定できず、思うようには振れません。下手をすると振った勢いで転倒しかねません。すなわち体を動かす時は、動かす力以上に、支える力の方が大事で、体を安定して支えられて初めて、強い力を発揮することができるようになります。
身体を支持する仕組み 画像1 このことは素振りに限らず、跳んだり走ったり、マシンを使った動作でも同じです。一般的に運動に励んでおられる方の中でも、「頑張って動かさないと」と力が入り過ぎている方に限って動作優先になって、支える方が疎かになっていることがあり、「お腹に力をいれて」とか「しっかり足を踏ん張って」など、一見、動きに全く関係のないようなところに意識を導くと「楽に動いた」とか「軽く感じた」というようなことを体感します。
 体を動かすこと全てに関わることなので、日常生活でも例外ではありません。動かす力より支える力、体を安定させることを意識してみてください。日常生活の動作が少しでも楽になるかも知れませんよ。

by 筋知良        クリックお願いします。

 

attivobodycare at 17:00コメント(0) 

June 14, 2020

お尻を鍛える?

 “お尻を鍛える”と聞くと、「魅力的な格好良いお尻が欲しい人が行う」と考えてしまう人も多いのではないのでしょうか。しかし、お尻を鍛える(活性化させる)ことは見た目が変わるだけでなく、他にも様々なメリットがあります。
「代謝が上がる」
代謝が上がる 画像1 人体最大の筋肉は大腿四頭筋が有名ですが、大腿四頭筋は4つの筋肉の総称を言います。しかし、単一筋の人体最大の筋肉は、大臀筋になります。この大きな筋肉が活性化されるとエネルギー消費は上がることになり、ダイエットにも効果的です。
「姿勢改善」
姿勢改善 画像1 お尻は骨盤の安定性に大きく関わります。これに伴い骨盤につながる脊柱(背骨)にも影響が出るため、お尻が衰退してしまうと骨盤の安定性も崩れて不良姿勢に繋がります。そして、腰や背、肩などの様々な部分の痛みに繋がります。
「脚が細くなる」
脚が細くなる 画像1 中臀筋という筋肉は、バランスをとるために働く筋肉で、この部分が活性化すると歩行時や立位時の脚にかかる負担が減るため、下腿等の脚痩せが期待できます。
「腰痛の改善」
腸腰筋と殿筋 画像1 前回(5/10)の記事で…温筋が腰痛の原因であることが多いと記載させていただきましたが、その腸腰筋の拮抗筋(反対の動きをする筋肉)が大臀筋です。その大臀筋の活動が減ると腸腰筋が過剰に働き、腰痛につながります。座ることが多くなる現代人は、腸腰筋が硬くなりやすので、大臀筋の働きが活性化されると腸腰筋のストレッチ効果に繋がります。
 お尻・ハムストリングスを活性化させる練習に「ヒップヒンジ」という動作があります。
ヒップヒンジ 画像1 足を肩幅に開き、つま先は真っ直ぐにする。
背筋は伸ばしたまま、お尻を後方に引きながら、60度ほどお辞儀をするようにお尻を膝の少し上まで落としていく。
(この時にお尻・ハムストリングスの伸びを感じます)
ゆっくりお尻から前に出しながら,北瓩襦
注意点
膝を落としたときも背筋が曲がらないようにする。
膝が足先よりも前に出ないようにする。
どうでしたか?皆さんの痛みの原因もお尻にあるかもしれませんね。

by コオロギ        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0) 
Categories
Archives
Search