October 06, 2012

あくびと脳の関係

こんにちは!
10月ですね!季節の変り目なので皆さん体調を崩さないように気を付けて下さいね!

眠たくなるような気候ではないですが、今日は『あくび』についてお話したいと思います。
「あくび」は眠たくなったときや退屈したときに反射的に起こりやすいです。あくびについてはその原因などメカニズムはまだほとんど解明されてはいないそうです。
眠気や退屈感があるときにあくびがでるのは、脳の働きが鈍くなってきた証拠だと言われています。そこで、口を大きく開けて空気を深く吸い込み、新しい酸素をより多く脳へ送ります。また、口を大きく開けると顔の筋肉が伸縮して脳を刺激します。腕や脚を大きく伸ばす動作にも同じ効果があると考えられています。また、精神的に緊張する場面にも、あくびが出ます。会議でプレゼンテーションする前や大勝負に臨むときなど、あくびが出がちです。これは緊張を緩めて脳の働きを高めようとする自然な現象といわれています。
ちなみに、あくびをしたら涙が出てきますよね?これは、目頭にある涙をためる袋があくびによって押されるからです。涙は目尻の近くにある涙腺から常に少しずつ分泌され、目の表面をうるおします。その涙が一時的にたまっている袋が、あくびによって押され、涙が出てきます。
意識しなくても出てしまうあくびは、人前だと行儀が悪い、失礼だと思われますが、身体にとっては必要な行動です。ただ、頻繁にあくびが起こるのは疲労や寝不足、疾患などが関わっている可能性もあるので、注意も必要ですよ。

By ユメヒコウキ
応援のワンクリック、よろしくお願いします。


attivobodycare at 00:30コメント(2)トラックバック(0) 

February 03, 2012

腸の働きが停滞すると・・・

2月3日節分ですね今年の恵方は北北西だそうです。
私の家では、毎年恵方巻きを食べるという習慣はないのですが、皆さんのお家はどうでしょうか?
恵方巻きを調べると七福にちなんで具材が七種で福を巻き込むから巻きになっているとか、縁を切らないように丸かぶりをするなど改めて意味を知ると今年から毎年食べようかな・・・・と思いました

さて、今日は読んだ本の中に〜腸の働きが停滞すると脳は老化してしまう〜ということが書かれており、頭は使わないと退化して、回転しなくなるという言い方があるように脳と直結している腸の働きが停滞してしまうと、脳を老化させてしまうようです。
入院して点滴治療が長引くことで、点滴による静脈栄養に頼りきりなっているうちに腸の神経細胞の活動が低下して、その結果脳への刺激が弱まっていくとありました。
これは、腸だけでなく入院することで筋肉の働きが低下したり、免疫力の低下などあらゆるマイナスが起こっているのではないかと私は思います。

前日のブログにもあるようにインフルエンザや風邪をひかないためにも自己免疫力を高める生活をしていくことが大切なことだと実感しています。
運動を続けていることで体温が上がったことで免疫力も上がり、風邪をひかなくなったというお話を聞くことが増えてきました。
私自身、熱っぽいと感じてもしっかり睡眠をとれば翌日には良くなっています。

皆さんも体をしっかり動かし、腸も脳も活発にし、そして自己免疫力を上げ健康を手に入れていただきたいと思います。

By シーシ!(^^)!

応援のワンクリック、よろしくお願いします。

attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

November 07, 2011

咀嚼と脳の働き

こんにちは!
11月に入りましたね!!紅葉を見に遠出される方も多いでしょうね(^^♪
去年は行けなかった紅葉を今年こそは見に行きたいです!!

さて、今日は『咀嚼と脳の働き』についてお話します。
私たちが何気なく行っている『咀嚼』という行為は、食べ物を歯で噛み、細かくして消化を助ける働きの他に、脳の働きもよくしてくれます。実際、ガムを2時間噛み、その前後の記憶力の変化を調べる実験が行われたことがあります。実験結果はガムを噛む前に比べ正解率が15%アップしていたそうです。
噛むことで脳を刺激し、脳の血液循環が良くなります。すると、脳の働きが活性化し記憶力がアップすると言われています。また、新しい事を記憶するのに脳の中の海馬という部分が重要な働きをします。海馬の神経細胞の機能が低下すると新しいことが覚えにくくなります。年をとり、記憶力が低下していくのはこの海馬の働きが関係しています。しかし、噛むことでこの海馬の働きが高まり活性化されます。

咀嚼は唾液分泌を促し歯を丈夫にしてくれ、内臓の働きも助けてくれます。その上、ダイエット効果もあります。更に、脳の働きを活性化させるのに重要な関係があるんです。
テスト前や集中したいときにガムを噛んで脳の働きをよくするのもいいでしょう!!
よく噛むことは健康にも繋がります。毎日の食事で少し気を付けて見て下さい。

By ユメヒコウキ

応援のワンクリック、よろしくお願いします。



attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

October 21, 2011

男性と女性の脳の働き

利き手と脳は、ご存知の方も多いと思いますが、右手は左脳と、左手は右脳と繋がっています。また、目や耳もそうです。これは、錐体交叉によるもので、これによりクロスするカタチで左右の脳と密接に結びついているからです。では、なぜ利き手というものが存在するのでしょうか?実はそのことについてはまだ原因不明だそうです。ただ、左利きの人が存在する理由については、信憑性が薄いですが次の三つが挙げられます。
一つは遺伝説。しかし、これは一卵性双生児でも一人は右利き、もう一人が左利きになる子供がいることであまりないとされています。
二つめは、利き手が決まる3〜4歳くらいまでに左手を使うことが多かった子は左利きになるという環境説。
三つめは、胎内での成長過程もしくは出産時に何らかの原因で左脳を圧迫する事態が発生し、その左脳のはたらきを補うために右脳が活発になって左利きになるという説があります。ここで、右脳と左脳それぞれの役割について。
右脳・・左半身の担当。イメージ、絵、空間・図形認識。
左脳・・右半身の担当。理論、言葉、数字。
といった感じで分けられています。
また、男性と女性の違いについても右脳と左脳の働きの違いで面白いことがわかっています。
1.男性は女性より空間認知能力が優れている。
2.男性は女性より攻撃的である。
3.女性は男性より言葉が流暢である。
このうち、3の女性は男性より言葉が流暢である、ということについてですが、男性ホルモンには、左脳の発達を抑える働きがあり、反対に女性は左脳の発達が早く、言葉が早いのが原因だそうです。これが女性の優れた言語能力を生み出していると考えられています。しかし言い換えると、男の子は言葉が遅い→左脳の発達が遅れる→相対的に右脳が発達するということも考えられますが、脳には、発達が遅れている分野を補うために他の分野が発達するという特徴があり、実際に男性の脳は右脳の方が左脳よりも大きく、いびつな形をしていることが多いそうです。また女性は、脳梁など左右の脳を結ぶ神経線維が男性よりも大きいので、左右の脳のコミュニケーションがよく取れているそうですよ。
このように性別によって脳の働きの違いがあるように、利き手によっても左右の脳に刺激の与え方が変わるので、もしかしたら身体の使い方によって言葉が流暢になったり、記憶力が良くなったりするかも知れませんね。

byイギー


応援のワンクリック、よろしくお願いします。



attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

October 16, 2011

走り方の変化

昨日のT-PON先生のブログのタイトルにもなっていましたが、マラソンシーズン到来ということで、今日は、神戸マラソンに向けてのトレーニングのご報告をさせていただきます!
昨年、福知山マラソンにチャレンジをしました。その時に太もも裏(ハムストリングス)が痛くなり、マラソン後も痛みが残っていました。
痛くなった原因は、私の悪い走り方です。
蹴って走る動作が多いことと、飛び跳ねるように走ること。そして、骨盤が左右に振られる走り方なので横腹も痛くなりやすく、疲れやすい。恥ずかしながらとても修正点の多い走り方です(>_<)
今年はこの走り方を少しでも修正しようと取り組んでいます。
昨年は、マラソン当日まで外を走ることがなかったので、足(脚)に痛みが出ないか確認をしながら、今年は外も走るようにしています。
9月末ごろに10km走ってみて足(脚)の状態を確認し、10月に入りつい先日約15km走りました。
コースは自宅からユニバーサルスタジオまで(^v^)
景色が刻々と変わるなか走るのはとても気持ちが良かったです。
走り方など考えながら走っていたので、昨年とは違う筋肉が働いたかと思います。
さらに脳の活性にもなったのではないでしょうか!(期待したいところです(笑))

自宅に無事帰り、足(脚)に痛みがなくホッとしました。
走る動作のプログラムが昨年と違うものになっていると信じ、今後も神戸マラソンに向けトレーニングに励みたいを思います。
筋肉が脳を動かすということが本に書かれたのを思い出しました。実際に自分の身体でもそれが起きていることを実感していきたいと思います。
皆さんもスポーツの秋をぜひ楽しんでくださいね!


By シーシ(*^^)v

応援のワンクリック、よろしくお願いします。

attivobodycare at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
Categories
Archives
Search