身体の状態

February 23, 2021

しこりがある?

しこりニキビ 画像1 しこりのあるにきびはありませんか?それは、粉瘤(ふんりゅう)、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)もしくは、アテロームとも呼ばれ、皮膚の良性腫瘍の1つで、表皮にできた袋のような腫瘍です。
 表皮は、細胞分裂を繰り返して、角質層となり、最後は「垢」になり、はがれ落ちていくのですが、袋状になっているため袋の中に「垢」がたまっていきます。表皮の袋ですから体のどこにできても不思議ではありません。主に耳たぶ、脇の下、首や背中、お尻などに多発します。
粉瘤 画像1 ニキビとは違い、触るとしこりのような物があり、黒点状の開口部が見られることがあります。指先でつまめるぐらいの物なら、潰して開口部から垢を絞り出すこともできますが、化膿する危険性もあるので、お勧めはできません。特に気にならないようなら、放っておくのが無難でしょう。もし、痛みがあったり、大きくなっているようなら、医療機関で確認してもらう方が良いと思います。
耳後ろの粉瘤 画像2 耳たぶに粉瘤ができたの方は、米粒大ほどの大きさだったのですが、医者には行かず、触ると気になるとのことで、極力触れないように、過ごしていたところ、2〜3週間ほどで、気にならなくなり、一ヶ月を過ぎたころには、粉瘤が無くなっていました。首の後ろに粉瘤ができていた方も、知らない間に、無くなっていたとのことでした。
骨盤筋トレーニング 画像1 身体を動かすことで血流が改善し、代謝と免疫機能が向上したり、体にとって余分なものを排出する働きが現れます。一般的には、切除手術しか治らないと言われていますが、身体には自助力があるので、ほとんどの場合改善します。改めて「体を動かす」ということは、色々な可能性があるようですね。

by 太久籠        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0) 

February 21, 2021

寝返りの効用

質の良い眠り 画像1 質の良い眠りには、浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠が規則正しいリズムで繰り返し訪れることが重要になります。この2つの睡眠を正しい周期で繰り返すと脳や身体がきちんと休まるだけでなく、ホルモンが分泌されやすくなるため、身体の疲れを取ることができスッキリと目覚めることができるのです。
寝返り 画像1 寝返りは、そのレム睡眠とノンレム睡眠を切り替えるスイッチになっていると言われています。また他にも、寝返りには様々な効果があることが分かっています。寝返りをすると、布団の中で熱くなって、澱んでしまった空気が抜けて新鮮な空気が入ってくるため、布団の中の温度や湿度を調節することができます。さらに、身体の同じ場所を常に下にして寝続けると、体重が一点にかかってしまうため血流が悪くなってしまいます。寝返りをすることで血液の流れがよくなり、身体が痺れたり、凝ったりすることを避ける効果があります。
寝返り回数 画像1 人によって一度の睡眠で寝返りを打つ回数はバラバラですが、極端に寝返りをうたないケースの場合、起床時の腰痛や肩凝りを訴えることや睡眠時無呼吸症候群を起こす傾向が多いようです。眠っている間にしていることなので、自分で意識して寝返りを上手にすることはできません。そこで寝具などの選び方が大切になってきます。まず、身体が沈んでしまうような柔らかすぎる布団やベッドマットでは、上手に寝返りをすることができません。反対に身体が圧迫されるほど硬いマットレスも逆効果になります。良い眠りの圧 画像1適度な硬さの布団やマットレスを選ぶようにしましょう。また、枕の高さが合わないと首の痛みや肩こりを招きやすくなりますし、いびきの原因にもなってしまいます。ちょうどいい枕の高さは、立っている時と顎の位置がほぼ同じ位置になることだと言われています。高さが低い場合は、タオルを折りたたんで重ねて、ちょうどいい高さになるように調整してください。

by 筋誤労        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0) 

February 19, 2021

言語障害

新生児聴覚スクリーニング 言葉の発達では、「他者の言葉を聴く機能」「言葉の意味を理解する機能」、そして「言葉を表出する機能」がすべて発達する必要があります。聴く機能(聴覚系)に異常があると、他者の発する音声が脳に届かないため、言葉が遅れます。近年では新生児聴覚スクリーニングの進歩により、聴覚の異常の早期発見が可能になりました。
言語障害 画像1 聴覚の異常がないのに言葉の遅れがある場合、「言葉を理解する機能」と「言葉を表出する機能」の両面を調べることになります。これは、発達検査や知能検査と言語検査を組み合わせて行います。発達検査や知能検査では遅れがみられず、言語検査でのみ、「言葉を理解する機能」、または、「言葉を表出する機能」の発達に異常がみられる場合を「言語障害(言語症)」と言います。
言葉が遅い 画像1 言葉の出る時期が通常より遅れ、言葉の数が増えるペースや、複雑な文章を理解したり、話したりし始める時期もしばしば遅れます。その結果、同年齢の子どもたちに比べ、短くて単純な言語表現にとどまり、文法的な間違いも多くなります。「適切な言葉を思いつけない」「言葉の定義をきちんと理解していない」「同義語を知らない」「同じ言葉の他の意味を知らない」などの特徴もみられます。ところが、日常生活の中では、前後の状況や会話の流れなどから直感的にうまく話を合わせてしまうという代償行動を身につけることがあるため、言語障害の存在が見落とされている子どもは意外に多いと考えられます。
知的能力障害 画像1 発達検査や知能検査で発達全体の遅れがみられる場合、「知的能力障害(知的未発達症)」が疑われます。知的能力障害では、言葉の発達だけでなく、身の回りのこと、運動、作業、判断など、日常生活を送る上で必要なさまざまな力を身につけていくことが難しく、そのため年齢が上がるにつれて学業や社会生活に支障をきたすので、言語障害とは、異なります。
言語障害のリハビリ 言語障害の場合、本人が理解できるペースで学習すれば、着実に向上しますので、親や教師が焦って無理な指導を行わないことです。焦った指導は、本来なら学べるはずのことを学び損ねるだけでなく、自信や意欲を失い、二次的に抑うつなどの精神症状を合併することになります。本人の理解力に応じた指導や教育を行う態勢が重要と言えます。

by スカラー        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0) 

February 17, 2021

ファイトケミカル

ファイトケミカル 画像1 がん、心疾患、脳血管障害などの生活習慣病は「食生活が原因」になることが多いと言われますが、「食生活の改善」をする事によりこれらの病気の予防と治療も可能です。そこで、ポリフェノールやリコピン、イソフラボンなど、私たちにも馴染みのある食物性成分が、病気にかかりにくい生活を送る為の効果があることが確認されています。これらの食物成分は「ファイトケミカル」と呼ばれ、強力な抗酸化作用、がん抑制作用、免疫増強作用をもっています。
ファイトケミカル 画像3 ファイトケミカルは主に植物に含まれています。野菜や果物は、強い紫外線や害虫にさらされた時、動物のように日陰に移動したり、害虫を払い除けたりする事はできません。その為、野菜や果物は大量のファイトケミカルを作り、身を守っているのです。植物にとって、ファイトケミカルは”紫外線を浴びたときに発生する活性酸素を中和する作用”、”種を酸化から守る抗酸化作用”、あるいは”害虫から身を守る抗菌作用”など、いずれも植物が生きてゆく為に欠かせない作用を持っています。
ファイトケミカル 画像4 実は、私たち人間にとっても、ファイトケミカルは、大変身近にあるものです。カラフルな果物や野菜の色、香り、そして、辛味成分や苦味成分は、ファイトケミカルなのです。すなわち、私たちは野菜や果物を食べる時、野菜や果物に含まれるファイトケミカルを色・香り・辛み・苦みとして感じているのです。
植物の防衛反応 画像1 植物には、過酷で流動的な環境変化のなかで発芽し、成長を遂げるために、動物にはない、さまざまな自己防衛機能が内包されています。例えば、植物の種子には、雨風にさらされる野ざらしの状態で、腐敗を抑えるとともに動物に捕食されないよう、酸化を抑える抗酸化成分や動物を遠ざける苦味の成分などが含まれています。そして、こうした自己防衛機能をはじめとする機能性成分がファイトケミカルと呼ばれているのです。
ファイトケミカル効果 画像1 ファイトケミカルの素晴らしさは、抗酸化作用で動脈硬化を防いだり、皮膚の老化を防いだり、がんを防いだり、免疫を強くして肺炎などの感染症を防いだり、私たちが元気で生きるためのパワーを与えてくれるところにあります。ファイトケミカルが、含まれる食材で、健康的に過ごしたいものですね。

by 太久籠        クリックお願いします。



attivobodycare at 17:00コメント(0) 

February 05, 2021

肝臓は再生する!?

肝臓の再生 画像1 肝臓の再生は、以前から確認されていましたが、その解明を東京大学の研究チームが「肝臓はまず肝細胞の肥大によって再生し、肥大だけでは不十分である場合にのみ分裂してその数を増やすということを示唆している。これらの結果から、これまでに知られていなかった肝再生における肥大の重要性が世界で初めて明らかとなった。また、肝細胞の20〜30%程度は2つの核を持つことなどの特殊な性質にも着目し、肝細胞の細胞周期の観察をこれまでにないほど詳細に行った。幹細胞 画像1その結果、肝再生において肝細胞の大部分は、肝細胞の倍数性が増加することや、再生後の肝臓では2つの核を持つ肝細胞の割合が通常の肝臓よりも減少すること、および2つの核を持つ肝細胞の細胞分裂においては、2つの核から凝集した染色体が細胞の中央に集まり、それらが細胞の両極に分配されることによって1つの核を持つ肝細胞が2つ生み出されることを明らかにした。このように、肝細胞が肝再生において非常に特殊な細胞分裂を行うことが示された。」と説明しています。
Inked肝臓の再生 画像1_LI また、肝臓が、手術などで大きく傷ついた際、脳が信号を出して急速な再生を促す仕組みを東北大の研究チームが解明したと英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表し、掲載されました。肝臓は、大きなダメージを負うと急速な再生が起きることは知られていましたが、その仕組みは、詳しく分かっていませんでした。東北大大学院医学系研究科の研究チームがマウスで行った実験では、肝臓が傷つくと、自律神経を通じて脳からの信号が肝臓に届き、肝臓内の免疫細胞を刺激することが判明しました。肝臓の再生指令 画像1この免疫細胞が、分泌する物質により、肝臓の急速な再生が進むことが分かりました。また、自律神経を切除すると生存率が、極端に低下することも確認されています。更に、老化したマウスでも、急速な再生が起き難いことが判明しました。
肝臓の謎 画像1 研究チームの主任教授は「臓器の老化がなぜ起こるかや、老化のダメージを抑えることにつなげる手法にも応用していければ」と話していて、今後の課題となっていますが、肝臓の再生の解明が、肝疾患の治療にも繋がることになるのは間違いないと思います。

by 筋誤労        クリックお願いします。




attivobodycare at 17:00コメント(0) 
Categories
Archives
Search