この花粉症ニュースのカテゴリの記事は、基本的にコピペです。
ニュースは一定期間が経過すると失われるのが普通なので、患者にとって参考になる(であろう)情報をアーカイブしてると思ってください。

       ■       ■

【花粉】連日の大量飛散に警戒を

こちらの写真は、16日(木)に東京都西東京市で目撃された『花粉光環』です!太陽のまわりに綺麗な虹色が見えますが…この現象が実は、花粉が大量飛散しているサインなんです。

6+25+53

(以下略)


https://weathernews.jp/s/topics/201703/160035/


       ■       ■

とゆーわけで、花粉によるコロナ(光環)が、わりとひんぱんに見られているようです。
それほどひんぱんに出現しているのか、それとも、この現象がよく知られるようになったから、空を見上げる人が増えただけなのか、それはわかりません。

私は、まだ今シーズンは1回も遭遇してないです(でも、今後は飛散量が増えると思うんで、どうかな、という感じですね)。


んで、この光環のしくみとして、こんな図が出ています。

528355



しかし……わかりますかコレ?
光が曲げられるとか……私には、なにがなんだかわからないです(笑)。

まあ、これは空中の微粒子による回折というのが原因なんですが……CCSという会社の「光と色の話」の「光環」の回を読んだほうがいいと思います。
しかし、回折による現象だということがわかっても、どうして回折がおこるのか、どうして波長によって回折の量(曲がる量)が違うのか……そこらへんの根本的なところについて疑問に思うかもしれません。
しかし、そういった疑問は持たないほうがしあわせです(笑)。
まったくのシロウトにもわかりやすく説明することというのは、おそらく誰一人としてできないと思います、たぶん(「虹」の説明を読んで、それとは違うということだけわかればいいでしょう)。


んで、これはスギ花粉による回折なんですが、花粉の形が違うマツ花粉とかによる光環は、これとは形が違うらしいです。
どうして違うのかというと、それは回折によっておこるのだからそーなるのだ……というしかないのです(カメラの絞りの形が違うと、明るい光源を写したときに出る光条が違うということとちょっと似ています)。


(フォレスト)