みなさま如何お過ごしでしょうか。
お忘れでしょうが、このブログのぬしであります。

個人的な事情により、まとまった時間がとれなくて、ブログの更新がまったくできないです。
いただいたコメントぐらいは読みたいものですが、なかなかむずかしいものがあります。
いや、読んだりはしているんですが、お返事することができません。


昨年の12月あたまあたりにグーグルの検索アルゴリズムが変更されました。
というか、健康医療関係の検索結果表示が変わりました。
例のバカまとめサイトのせいで、薬の企業サイトとか大きな病院のサイトの優等生的な記事などが上位になって、たとえどんないいことが書いてあっても、イチ個人がやってるブログ記事みたいのは出てこなくなったりとか。
なので、お医者さんのブログなんかも、かなりアクセスが減ったりとかいうことがあったようです。

んで、その騒動の結果、うちのブログも、アクセス数が半分になってしまいました。

その後、何回も見直しがあったようで、いまはけっこうアクセス数が多いです。
なので、もとに戻ったようにみえなくはないですが、今年の飛散量は多いので、検索数そのものがべらぼうに多いと思われます。

アクセス数は飛散数に応じて増えたり減ったりする傾向があります。
それは実際に確かめているのですが、今シーズンの増減が飛散数だけが原因なのか、それとも検索アルゴリズムの変更なども関係しているのか、よくわかりません。
実際、急に増えたりしているので、それが飛散量の急増によるものなのか、グーグルのせいなのか、わかりません。


というハナシはともかく、今年2018年シーズンはきついです。
いつものような対策が取れないせいもあってか、ずいぶんきてます。

今シーズンの私のメインの薬はデザレックスです。
デスロラタジンですね。

P4110001_1


ロラタジンというのはクラリチンの成分でして、この薬はずいぶんと古いものです。
それを改良(と言っていいと思う)したのがデスロラタジンですが、じつは、これもかなり古い薬です。
日本では出てなかっただけの話です。
メーカーの戦略だと思います。


という薬を飲んでいるんですが……これがまた効かない効かない。
相性よくないのかもしれないけど、あまりに効かないので、フェキソフェナジンの安い薬を追加して飲んでます。
それでやっと効き目が実感できるというレベルなんですが、それでも夕方~夜になると、デザレックスの効き目が切れてきて、症状がひどくなったりしてます(飲むのは前日の夜なんで、24時間持たないということ)。

じゃあ、そこでまた薬を追加するかというと……短時間だけフォローしてくれればいいので、レスタミンとかアレルギールとかの第一世代を飲んでごまかしたりしてます。

とりあえず、効き目が弱くなってくるということを実感できるということは、いちおう効いてるということです。
効いてるんですが、効き目が足りないんですね。

いやー、まいりました。
ここまでひどいのは何年ぶりだろうか、というレベルです。


それはともかく、このひどい症状、花粉だけじゃないと思いました(実際、花粉による症状とはちょっと違う)。


まずは乾燥で鼻がやられているということの影響があると思います。
以前のように痛くなったりはしないのですが、鼻をかむと血がまざっているという感じのドライノーズ状態がけっこう続いていました。
そんな鼻のままシーズンに入りましたので、花粉にも敏感になっていると思われます。

それともうひとつ、やはり自律神経のバランスがおかしくなっていて、モーニングアタックならぬ1日アタックが連日のように出ていたということもあったようです。
このアタックは抗ヒスタミン薬が効きません。
自分の息すらも刺激になってくしゃみや鼻水が出るという地獄のような状況……になったりはしませんでしたが、それに近いものがありました。
これには、刺激に対して鼻粘膜を鈍感にさせる鎮痛薬が少し効きます。


ってな感じのごたごたがあって、もう助けてくれという事態になったりもしたのですが、ここのところちょっと落ち着いてきました。


いやあ、花粉症サイトの管理人がこんな状態では困りますねぇ。


と言う感じで、音沙汰なしでありましたが、生きてはいます。
生きてはいますが、更新は今後もむずかしいです。
なんとかしたいとは思うのですが、うーむ。


なお、この記事は4月1日にうpしますが、エイプリルフールではありません。
今年も、あつ花フール記事は中止です。


(フォレスト)