atusisugoiのblog

カテゴリ: 園 芸

 季節外れの気温が高い日中でしたが、空気は少しひんやりとして、爽や
かな気候でした。午後は風が少し強めに吹きました。
 我が家の庭の時計草が、今シーズン2輪目を咲かせてくれました。この
時計草は親から、取り木して育てたものですが、肝心の親木は、枯れてし
まいました、この親木からは5鉢くらい取り木をしましたので、体力を消
耗してしまったのでしょうか、その親木は裏庭に置いていますが、もしか
して新しく芽が出てくるかなと思い、観察しています。

      時計草〔1輪目〕   2018.05.03 撮影
CIMG0018




























      時計草〔2輪目〕   2018.05.05 撮影 
CIMG0022






































                 時計草〔2輪目〕   2018.05.05 撮影 
CIMG0020



































 2018年5月12日(土曜日)
 
 3,4日前は、季節外れの寒さで暖房を使用したくらいでしたが、今日
は日中25℃を予想しています。汗ばむ陽気になりそうです。
 ところで今メジャーに入団した大谷翔平の投打の大活躍で話題が集中し
ています。
未だ前半ですから、体調管理を十分行って、まず今シーズンの活躍を期待
したいと思います。
 庭の時計草の花が咲き出しています。
 反対に、あれほど咲き誇っていた、「ギョリュウバイ」は、なんだか葉
の色も悪く、昨年枯れてしまったギョウリュウバイに煮た症状ですが、手
を打つ手段を知りませんので、ただ傍観するだけです。

        時計草   2018.05.12 撮影
CIMG0032




































     ギョリュウバイ  2018.05.12 撮影
CIMG0031



































それに、「におい蕃(ばん)まつり」という名の植物が、たくさん花をつ
けました。
名前の通りに、独特のいい香りがしています。

   「におい蕃(ばん)まつり」 2018.05.05 撮影
CIMG0023


































 2018年5月14日(月曜日)

 昨日は、午後から雨が降り出し、気温も上がらずじまいで、暖房を焚い
たりして過ごしましたが、今日は一転して、夏日のように気温が上昇して
います。
 庭に出てみますと、時計草が、次々と花を咲かせ、強い陽射しを歓ぶよ
うにあざやかに誇っています。
 昨日、広島の娘たちから、母の日のプレゼントが贈られたのですが、都
合で今日受け取ることになりました。まだ中身は知りませんがませんが、
ちょっとした心づかいは、簡単なようで難しいものです。ゆんちゃん有難
う。哲哉先生にもよろしく伝えてくださいね。

      時計草   2018.05.14 撮影
CIMG0037



















                         時計草   2018.05.14 撮影
CIMG0035











 本日東京で、桜の花が満開になったと報じています。平年より10日早
いそうです。日本橋に勤務していた頃は、上野公園へ夜桜を楽しみに行っ
たものです。現在は桜の木も大きくなって、桜の花は上の方にあり、花よ
りも夜桜を楽しむ人ばかりが目につきます。桜は、間近で見れる方が僕は
好きです。
 この身延枝垂れ桜(みのぶしだれざくら)は、17年くらい前に、ドラ
イブで立ち寄った身延山で、購入した苗木から育てた思い出の桜です。
 自宅の裏庭に毎年花を見せてくれます。

      身延枝垂れ桜 2018.03.26 撮影
CIMG0036



















 わが家の庭では、シャクナゲの花が満開近くになっていて、庭を明るく
染めてくれ、癒しを与えてくれます。この石楠花(シャクナゲ)と、躑躅
(つつじ)それに昨日公園で手折った「椿」の枝をそれぞれ、挿し木にし
てみました。


      石楠花(シャクナゲ)2018.03.21 撮影
CIMG0001











































      石楠花(シャクナゲ)2018.03.21 撮影 
CIMG0002


































             石楠花(シャクナゲ)2018.03.28 撮影
CIMG0071




































石楠花(シャクナゲ)、椿、躑躅(つつじ)、カルミヤの4種類を、
1鉢へ纏めて挿し木をしてみました。


       挿し木   2018.03.24 撮影
CIMG0012




































 2018年3月26日(月曜日)

 春が急に訪れたことで、各種の花木の挿し木に今夢中になっています。
自分の気に入った花を、鉢植えで増やそうとしています。シャクナゲも、
ついに開花しました。

    シャクナゲ他の挿し木   2018.03.26 撮影
CIMG0031

































 椿の花は、萎(しお)れかけましたので、取り除いてみました。
次の花の蕾がありますが、果たして開花するでしょうか。
 躑躅(つつじ)も、根付いたようです。この躑躅は、栃木県の小山に一
番上の娘家族が住んでいた頃に、ここで挿し木にして自宅へ持ち帰った思
い出の花です。青森の出張時にもこの躑躅の鉢植えを一緒に連れて行った
ものです。

                 シャクナゲ他の挿し木   2018.03.28 撮影
CIMG0072






































 2018年4月8日(日曜日)

 日中の気温は、17℃くらいまで気温が上がりましたが、少し風が冷た
く感じました。
 黄色い花のシャクナゲの挿し木は花が萎(しぼ)んでしまいましたので,
その花のも除去しました。
 同じ鉢に挿し木をしている、つつじ、椿、カルミヤも元気そうです。特
に躑躅(つつじ)は新しい若い葉も出てきています。
 散歩の帰り道、大きな木のハナミズキが目にとまり、手を伸ばすとよう
やく手の届く高いところにあった小枝を手折って、園内のトイレで、紙に
水を滲(し)み込ませ、手折った部分にそれを巻くようにして、持ち帰り
ました。早速、土を拵(こしら)え、鉢へ挿し木をしてみました。
 楽しみがまた一つ増えました。もしこの挿し木が、順調に生育すれば、
植樹をしたことと同じですから、環境にやさしい行為だと思いますが・・
・・?。

   シャクナゲ他の挿し木   2018.04.09 撮影
CIMG0148




































     ハナミズキの挿し木 2018.04.09 撮影
CIMG0147







 今日は、日中の気温は20℃を超え、さすがに上着は不要でした。
 午後、家内が親しくしている、近所の奥様と3人で、いつもの日野市に
ある園芸センターへ行ってきました。最近の園芸センターは、プランタな
どに寄せ植えするような1年草の花が多く、盆栽は大変少なくなっていま
す。今の季節これから花を楽しむ、木瓜(ボケ)の盆栽を2鉢、知り合い
の奥様が購入され、そのうちの1鉢わが家にを頂戴いたしました。
 品種は「芳寿の誉」といいます。
 楽しみがまた一つ増えました。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.14 撮影
CIMG0056


































 一輪開花しました。

      木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.15 撮影
CIMG0003



























 2018年3月16日(金曜日)

 朝からどんよりとした雲に覆われた天候です。日中の気温は昨日より7
度低い15℃を予想しています。この芳寿という木瓜(ボケ)の花は非常
に上品な花のように観えましたので今日も撮影してみました。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.16 撮影
CIMG0007


















 この芳寿の誉は、午前中に撮影をしたのですが、午後観るとこの花は、
鉢の中に落ちていました。まだ咲き初めたばかりすので、たぶん「ひよど
り」か「めじろ」の仕業(しわざ)だと思います。
 寒い時期は、鳥たちも、食べ物が少ないので、しかたがないかもしれま
せん。

              木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.16 撮影
CIMG0008




























 2018年3月17日(土曜日)

 昨日より気温は低めですが、素晴らしい太陽の光が木々の葉を照らして
います。一輪落花しましたが、待っていたようにつづいてもう一輪が満開
を迎えようとしています。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.17 撮影
CIMG0010

























                  木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.17 撮影
CIMG0011
























 2018年03月15日(木)

 今日も昨日と同じくらい4月頃の陽気になっています。最寄りのコーナ
ン(ホームセンター)内にある園芸センターに行き、木瓜(ぼけ)の挿し木
に使う商品名「メネデール」を購入してきました。
 このメネデールは、植物の発育によい成分の入った液体ですが、挿し木
に使用するというものです。
 まず、赤玉土を粉状にすりつぶし、これにメネデールを適量入れ、混ぜ
たものを、木瓜(ぼけ)の親木から枝を10㎝くらい剪定して、その切り
口に串し団子みたいに巻き付けます。
 そして、赤玉土を入れて拵(こしら)えた鉢に挿し木するという工程で
す。
 上記写真の木瓜の木で試してみようと考えていますが、リスクを伴う可
能性がありますので、少々迷っているところです。

 午後、やはり木瓜(ボケ)の盆栽の親木から、枝を剪定し前述の要領に
て、挿し木を施しました。

 2018年03月19日(月曜日)

 日中は曇り空でした。気温も16℃くらいでしのぎやすい一日で
したが、夜19時ころから雨が降り出し、この雨は明日の午前中
まで続くといいます。明日は真冬並みに気温が下がり、日中でも
7℃までしか上がらないそうです。
 木瓜(ボケ)の盆栽の花があまりに美しいので、撮影しました。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.19 撮影
CIMG0014


























               木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.19 撮影
CIMG0015




















    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.23 撮影
CIMG0004


























 2018年3月26日(月曜日)

 弱い日差しが朝からありますが、日中は21℃くらいまで気温がるとい
う予報が出ています。
木瓜(ボケ」芳寿の誉も元気に花を咲かせています。

   木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.26 撮影
CIMG0029

























     「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.27 撮影
CIMG0039





















               木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.27 撮影 
CIMG0040



















  2018年3月28日(水曜日)
 
 この処、春霞がかかり、空気がすっきりしませんが、これは気温が上が
ってきている証拠でしょう。日中の気温は23℃近くになりました。
木瓜(ボケ)の盆栽も日に日に花の数を増やし、花弁も大きくなっています。
 
    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.28 撮影
CIMG0068




































           「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.29 撮影
CIMG0077




















    木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.29 撮影
CIMG0076


























 2018年4月2日(水曜日)
 桜の花もすっかり散り、その代わりに緑の若い葉芽吹きはじめました。
 わが家の庭に置いている木瓜の盆栽は、満開となりました。このような大
きな花は記憶にありません、色合いも含めて素晴らしい長めです。この親木
から挿し木をしたのも今のところ順調に生育しています。
 
     「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.04.02 撮影
CIMG0115




























  2018年4月3日(火曜日)

 木瓜(ボケ」芳寿の誉は今が、挿し聖域です。予想より花弁が大きくし
かもゴージャスな感じにびっくりしています。

 
    木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.04.03 撮影
CIMG0137

























          木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.04.03 撮影
CIMG0136

























     ボケ(芳寿の誉)の挿し木 2018.03.15 撮影 
CIMG0058



































 2018年3月22日(木曜日)
 挿木したボケ(芳寿の誉)は元気そうです。裏庭の梅の木の枝も
一昨日挿し木してみました。

 ボケ(芳寿の誉)2018.03.22 撮影 
CIMG0490




















2018年3月23日(金曜日)

 今日は穏やかな春の陽ざしがいっぱいです。もうこのまま日に日に気温
も上がり本格的な春が訪れそうです。 ボケ(芳寿の誉)の挿し木も
1週間が経ちましたが、順調です。このままいきますと、開花も
まぢかと思われます。
 二、三日前、裏庭の梅の木の枝を剪(き)って、このボケ(芳寿
の誉)の鉢に
挿し木をしてみました。この裏庭の梅の木は、国立
の園芸センターで購入しましたが、もうわが家に来てから30年
は経過
していて、大きな木の割には、一部分にしか花が咲かなくなりまし
たので、次世代に残す必要性を感じ、このようにしたものです。
何しろ記念樹ですから。


CIMG0005



































 2018年3月25日(日曜日)

 朝から春本番の太陽が降り注ぎ、木々の若い葉が顔を出しています。
人の心もこの春の薫りに誘われて、野山に出かけたい気分になります。
 昨日は、東京の桜が満開になったと報じていましたので、いても立って
もいられずに、歩いて50分歩き、久しぶりに立川市の根川緑道を散策し
て来ました。桜は八分咲きでほぼ満開でした。
ところが、目当ての大きな木に先分ける桃の花は、まだ少ししか開花して
いなくてがっかりでした。
この咲きわけの桃の小枝を失敬して、挿し木にしようと、考えて
いましたが、小枝は生憎高いところにあって、手が届かないので
諦めました。

さくら、モクレン、水仙、こぶしの木々が小川のそばに植わり、緑道に癒
しを頂いてきました。

 自宅の庭で挿し木をしている、ボケ(芳寿の誉)は、花が開いてきまし
た。
      ボケ(芳寿の誉)2018.03.25 撮影
CIMG0023



































 2018年3月26日(月曜日)

 挿し木をしたボケ(芳寿の誉)は、満開寸前です。

CIMG0030




































   挿し木をしたボケ(芳寿の誉)2018.03.27 撮影
CIMG0030




































    挿し木をしたボケ(芳寿の誉)2018.03.28 撮影                
CIMG0080



































 園芸センターに行ったついでに、違う種類の木瓜(ボケ)を一鉢購
入してしまいました。
 品種は、「十二一重」です。

            木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.03.15 撮影  
 CIMG0060















































 この十二一重の木瓜(ボケ)はなかなか花の蕾が膨らみませんが、
徐々に生長しています。

    木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.03.27 撮影
CIMG0047


































 2018年4月9日(月曜日)

 今日は朝から紫外線の多そうな強い陽ざしがあります。庭のあたりも若
葉が増えてきている中、十二一重(ボケの花)が真っ赤な色彩で誇らしげに一
輪開花しました。


     木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.09 撮影
CIMG0146



































 2018年4月10日(火曜日)

 日中の気温は17℃と少し肌寒い一日でした。ですが陽ざしはいっぱいで、
すがすがしい気持ちになりました。木瓜の赤い花が目に染みるように美しい
です。
 この花が終わると、少し大きめの鉢に植え替えをする予定です。

    木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.10撮影  
CIMG0150








































    木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.11撮影   
CIMG0151







































               木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.11撮影
CIMG0153















 ウンベラーダとい名前の観葉植物を、室内(書斎)で鑑賞するには、ひ
ょろひょろと上の方へ伸びすぎたようですから、一番背の高いところの小
枝を剪定し、これを1ヵ月前に挿し木をしていました。
 少し前に小さな新しい葉が出てきているのを見つけ、小さな感動を受け
ました。
日々生長しています。

 フィカス・ウンベラータは、ラテン語で日傘という意味だそうです。

        書斎のフィカス・ウンベラータ
CIMG0008




































      書斎のフィカス・ウンベラータの挿し木
CIMG0005




































 2017年09月27日(水曜日)
 午前中は陽射しもあり、秋晴れでしたが、午後から曇ってきました。
 フィカス・ウンベラータの挿し木は、ご覧いただきますように、葉も大
きくなり、しかも新しい葉が生まれ、2枚となりました。

  書斎のフィカス・ウンベラータの挿し木 2017.09.27撮影
CIMG0015





































 2017年10月3日(火曜日)

 順調に成長しています。もう1本挿し木をしていますが、現在葉を落と
し丸裸になっています。葉の芽がいつ出てくるのかがまだわかりません。

       書斎のフィカス・ウンベラータの挿し木 2017.10.03撮影
CIMG0097



































 同じ鉢の中へ、挿し木を追加してみました。
 様子を見ようと思います。

 2018年3月4日(日曜日)

 今日は、最高気温が21℃と、この時期としては異常に高い気温でした。
2017年8月頃に挿し木をしていましたフィカス・ウンベラータは、
大きく生長しています。
これから暖かくなりますので、ますます大きくなると思います。

  書斎のフィカス・ウンベラータの挿し木 2018.03.04撮影
CIMG0036



































        
  居間のフィカス・ウンベラータの挿し木 2017.10.03撮影
CIMG0098




































 階下の居間に置いているフィカス・ウンベラータの植木鉢の方も、先週
挿し木をしてみました。

  居間にあるフィカス・ウンベラータの挿し木 2017.09.27撮影
CIMG0016





































 2018年03月15日(木曜日)

 この季節としては21℃と気温が上がり、4月後半の陽気となりましたが、
明日からは平年並みに戻ると予報をしています。居間に「ウンベラータ」を
挿し木にしていましたが、上記写真のように葉はもちろん落ちて、しばら
く沈黙していましたが、
昨日から急に気温が上がったせいか、小さな葉が一枚出現しました。もう枯
れてしまったのかと思っていましたが、挿し木は成功しました。ここまで来
るのに5ヶ月くらいかかりました。

 居間にあるフィカス・ウンベラータの挿し木 2018.03.15撮影
CIMG0062















 昨年、4月4日の時点では、ぎょりゅう梅の花は満開で、しかも長期間に
わたって、寒い時期であっても、花を保ち、目の保養に寄与してくれました。
ところが、今年4月中旬頃から、土の表面を覆っていた苔も茶色くなり、徐
々に、木の葉に元気がなくなり、茶色が目立つようになってきました。
 このため思い切って、大きめの鉢に、鹿沼土と、赤玉土、腐葉土それに、
一般土を配合し、植え替えを行って、再生を図ろうと考えました。
 現在、北の庭に、直射日光を避け、置いていますが、今は、細い緑の葉
が、わずかに顔を出している状態です。

         ぎょりゅう梅  2017.5.30 撮影
CIMG0001
































  2017年6月5日(月曜日)

 今朝裏の庭へ、様子を見に行きますと、少し緑の葉が増えつつあるよう
です。もしかすると、復活するかもしれません。
 
 2017年6月12日(月曜日)

 裏庭の、ぎょりゅう梅は、緑の葉が少し増えてきました。下の小枝には、
まだ新しい葉がありません。
 2,3日前に、栄養剤をやってみました。

         ぎょりゅう梅  2017.06.12 撮影 
CIMG0003









































 2017年7月5日(水曜日)

 昨夜は、台風が関東に接近し、雨が大量に降りました。風はあまり強くなく、
夜半には、東の海上へ通過していったようです。
 うってかわり、今日は、晴れ間が出、気温もぐんぐんと上がっています。
裏に置いている「ぎょりゅう梅」を見てみますと、緑の葉は、ほとんど無くな
っていて、たぶんこれはもうだめかもしれませんが、このまま放置しておこう
と思います。もしかすると奇跡が起こるかもしれませんから。
 
        ぎょりゅう梅  2017.07.05 撮影  
CIMG0159

このページのトップヘ