atusisugoiのblog

カテゴリ: 園 芸

 7月も後一日を残すだけとなりました。夜には庭から、秋の虫の音も聞
こえ始めています。
 台風12号は、高潮による被害をもたらしましたが、中国地方も無事で
したので安心いたしました。お蔭で少しだけ炎暑が和らいだように思いま
す。
 この暑い中、三友花の挿し木を行いましたが、一回目は枯れてしまい、
二回目は日陰に鉢を持ってきて、挑戦しましたところ、今は元気に育って
います。親木の三友花から鉢に挿し木をし、先月、絵画サークルに持参し、
静物画のレッスンを受けました。サークル終了後、会員の方に挿し木したこの
三友花を鉢と共にプレゼントしましたが、生育はどうでしょうか、この暑
さではたぶん枯れてしまったかもしれません。日陰に置くようにその後ア
ドバイスはしたのですが。
 絵画サークルでのレッスン時、三友花は、小生一人しか描きませんでし
た。他の人たちはユリ、紫陽花、猫じゃらしなどのモチーフに魅かれたよ
うです。小生はユリも描いてみました。

                三友花の親木  2018.08.03撮影
CIMG0358







































  「三友花(さんゆうか)」の挿し木  2018.07.30撮影
CIMG0333



































  「三友花(さんゆうか)」の挿し木  2018.07.30撮影
CIMG0332




































 2018年08月1日(水曜日)

 今日も酷暑日となりました。あまりの暑さに挿し木をした「三友花」は
すぐ、ぐったりとしますので、家の中に入れてやりました。そしてもう一
鉢の「三友花」は裏庭の、大きな柚子の木の下に置いてやりました。根付
いたものですと少々の強い陽ざしでも喜んでいるぐらい強い木ですが。

         「三友花(さんゆうか)」の挿し木  2018.08.01撮影   
CIMG0348


































  「三友花(さんゆうか)」の挿し木  2018.08.07撮影
CIMG0369


































 2018年8月10日(金曜日)

 予報は日中の気温が32℃と報じていましたが実際は35℃まで上がり
、猛暑日となりました。午前中気がつかなかったのですが、三友花の挿し
木に花が咲きました。もっとも、挿し木の時点で花の蕾はあったのですが
、真っ白な花です。

  「三友花(さんゆうか)」の挿し木  2018.08.10撮影
CIMG0375



































 裏庭の木蔭に置いたもう一鉢の三友花の挿し木は、13号台風の影響で
昨日と今日の涼しさと雨を呼び、元気をとりもどしています。手前の萎れ
てい方は、もしかすると枯れてしまうかもしれませんが、様子を見ること
にしています。

 裏庭の「三友花(さんゆうか)」の挿し木  2018.08.07撮影
CIMG0370



































         三友花  静物画
CIMG0281




































 三友花の親木は大きな鉢に植替え、立派に生育していますが、この三友
花は、青森へ長期出張の際、引っ越し荷物と一緒に運んで、持っていき
ましたが、何しろ寒さを極端に嫌う植物を寒い北国へ持っていくもので
すから、もちろん花など咲かずじまいでしたが、寒さに耐え無事帰京し
たという貴重な体験をした植物です。
今は、庭には、百日紅(サルスベリ)の花も満開です。

       百日紅の花 2018.08.02撮影
CIMG0350




















                百日紅の花 2018.08.02撮影
CIMG0351




















           ユリ 静物画
CIMG0335
























 2018年8月6日(月曜日)
 今日は広島の原爆記念日です。あのころ、ちょうどアメリカは原爆の製造
が完成した時期で、どここかで使ってみたいという衝動も手伝い、不幸にし
広島をターゲットにして投下されたと聞いています。また原爆を上空のB-
29から落とした飛行士は、その後、気が狂ったといいます。
 被災された人々は、やけどの厚さで、川に身を投げなくなった方も多いそ
うです。心から哀悼を捧げたいと思います。
 一昨日、夕方散歩の途次、多摩川べりでバーベキューを楽しんでいる人た
ちを見、スケッチをしてみました。若い人たちは、炎天下の中、元気ですね。
向うにこちらを見ている犬は、主人といつも一緒で、主人は鳩に餌をやって
いる姿をよく目にします。スズメも寄ってきています。たまにトンビが上空
から急降下し餌を狙う場面もあります。あるいは遊んでいるのかもしれませ
んが。
 トンビは、対岸の木が大きくなり、かなり茂ってきていますから、そこを
塒(ねぐら)にしているのかもしれません。
にしている様子です。

         多摩川べりに遊ぶ
CIMG0359


















 2018年8月7日(火曜日)

 台風13号により、今夜から関東地方は影響を受け、風雨が強まると予
報しています。
 「三友花「」の挿し木の鉢を裏庭へ置いている方が、気になり、様子を
見に行き、撮影する間にたくさんの蚊が集まって来て、足や手に、刺され
てしまいました。

 昨日、FB(フェイスブック)の友達をモデルに水彩画作品を仕上げまし
た。

       森の中に遊ぶ
CIMG0367

 テレビ画面の天気予報欄に、関東地方は、高温注意報が出ています。
まさに酷暑といってよいと思います。
 土曜日から、家内は、千葉の孫たちの家へ行っています。
ですから、小生は庭の木々に水を与えなくてはいけません。
庭のハイビスカスはまっ赤な花が咲く鉢と、黄色を咲かせるのと2鉢あり
ます。
この水撒きの前に、ハイビスカスを今の鉢より大きな鉢へ植え替えようと、
思い立ち、昨日、さっそく土をこしらえ、植え替えを先に行いました。
この暑い時期ですから、根は触らないで、そのままにして鉢の周りのすき
間に土を入れて、植え替えを完了しました。
 土は、赤玉土に腐葉土それに培養土、バーミュライト少々としました。
蜂の底には、軽石の代わりに、発泡スチロールを細かくして敷いてみまし
た。バーミュライトを使用したのは、保湿効果を上げるためです。
 作業中はもちろん蚊よけ対策として、ネット付きの帽子に、長袖のシャ
ツ、ビニール手袋のスタイルです。その後、水撒きをしておきました。
ということで、久しぶりにひと汗流しました。

     ハイビスカス 2鉢 2018.07.15 撮影
CIMG0287


































              ハイビスカス 2鉢 2018.09.10 撮影
CIMG0006



































 本日(15日)も猛暑日です。午前中に、コーナン(ホームセンター)へ
行き、時計草用にと、「ちょうちん」といわれている、輪の付いた支柱を
購入してきました。
 そして、時計草を取り木してみました。
 取り木といいますのは、時計草の蔓(つる)を鉢の中の土に潜らせ、そ
のまま自然に生長をさせるものです。
 写真で説明しますと、向かって右側は親から出ている蔓(つる)ですが、
これを土の中に潜らせて、向かって左側よりこのように蔓を出してきます
。この蔓が、どんどん生長して伸びてきます。
 土の中に潜った部分の蔓(つる)、陽の射さない暗い箇所になりますか
ら、一か月くらいの間に新しい根がその蔓から出てきますので、親からも
らっている養分が不要となり、新しい土に根付いて、生長するというわけ
です。

       時計草     2018.07.15 撮影
CIMG0286





































 2018年07月18日(水曜日)

 朝8時半ですでに30℃を超えている状態です。今日も酷暑です。
にもかかわらず時計草の取り木は順調に生長しています。

 そろそろ個の蔓を支柱のリングに巻き付けたほうがいいですね。

      時計草     2018.07.18撮影
CIMG0296



































 2018年7月26日(木曜日)

 時計草の親木から茎(蔓)を取り木した子供は元気に生長をつづけ花をも咲
かせる勢いです。この花は本当に暑い日差しをむしろ喜ぶように生き生きと
しています。

     取り木した時計草  2018.07.26 撮影 
CIMG0317




































              取り木した時計草  2018.08.02 撮影
CIMG0352


































                                                         親木の時計草の花の色が褪(あ)せてきましたので、鉢の中へ肥料と土を
追加してりました。それから約1か月くらい経ったと思いますが、少し色
がよみがえって来たようです。 

         時計草の親木  の花          2018.08.10 撮影
CIMG0373





































 この時計草も、親からの蔓を右から降ろし、土の中に潜らせ、左側より
蔓が立ち上げっています。これだけで、大丈夫です。

       時計草     2018.07.15 撮影  
CIMG0285




































                      時計草     2018.07.18撮影
CIMG0295



































     取り木した時計草  2018.08.02 撮影        
CIMG0353






































 時刻は、17時15分になりました。そろそろ、例の蚊よけのスタイル
になって、水撒きをしようと考えています、外はまだ32℃くらいありま
す。
 この水撒きを済ませますと、多摩川へ散歩を予定しています。

 2018年07月16日(火曜日)

 今日は、「海の日」海水浴場はさぞ賑わっていることでしょう。
このあまりの暑さでは外出は遠慮したいと思います。道路も混雑
を極めるでしょうから。
 昔、友達と車で、小田原の海の方へドライブし、海水浴を楽し
みましたが帰りに大渋滞し、夜半過ぎに帰宅した思い出がありま
す。
 今年も野菜のゴーヤと朝顔
を南側の縁側にプランタを置きそれに植
え付けし、さらにネットを軒下まで張り、そのネットにゴーヤと朝顔
の蔓(茎)を沿わしました。その緑の葉が陽除けをしてくれます。
 効果抜群で、涼しく快適です。省エネにもつながっています。
れにゴーヤは食材にも使っています。
 ソファに座り硝子越しにこのゴーヤとその葉のすき間から
庭を
見ると木々が心を和ませてくれます。昨年の10月ごろに挿し木
をした、椿と、ツツジ、シャクナゲが無事に根付いている様子が
緑の葉でうかがえます。

                   部屋から見たゴーヤの棚 緑色のゴーヤ
                 2018.07.17 撮影 
CIMG0292




































       部屋から見たゴーヤの棚 白色のゴーヤ 
                                                             2018.07.17 撮影 
CIMG0293








































 午前中にこのゴーヤと、玄関の外に置いている鉢植えの、「皇帝ダリヤ
」に主として散水ホースを使って水撒きをしました。
この二種類の植物は、午前中に水切れ症状をきたし、歯が萎れてくるから
です。
 皇帝ダリヤは、背丈もがあり、名前の通り大きな花を咲かせます。確か、
11月頃に開花したと思います。

 植え替えした後、ハイビスカスが一輪開花しました。たった一日しか咲
いていません。

      ハイビスカス 2018.07.16 撮影
CIMG0291































 
 2018年7月19日(木曜日)

 今日も酷暑が続いています。昨日より気温は1℃下がりそうだと予報し
ています。
 部屋からゴーヤの棚越しに、開花したハイビスカスが見えます。朝顔
も映っています。

      部屋から見たゴーヤの棚 
                 2018.07.19 撮朝顔
CIMG0302



































 外から撮影しますと。
         

       朝顔     2018.07.19 撮影
CIMG0300



































 一日しか、開花していませんので、困ったものです。

       ハイビスカス 2018.07.19 撮影
CIMG0299


































2018年7月18日(水曜日)

 多治見で40.5℃と7月にしては記録的な高温となりました。東京
は35℃くらいでしたが19時半ごろにやっと30℃を割るといわれ、
なかなか気温が下がらないのは、自分の記憶の中であまりないことです。
 昨日、大阪の姉から電話があり、熱中症にならないよう気をつけるよ
うにと見舞いをもらいました。『家の中でもエアコンを使って注意しま
しょう」とお返しに話したところです。

 2018年7月23日(月曜日)

 植え替え後、もう一輪開花しました。外気温度39℃にも平
気な顔をして
元気に見えます。
 隣りに白い鉢に植わっている黄色の花を咲かせるハイビスカ
スは、その後
、葉自体が少し小さくなったようで、葉の艶も少
し足りないように見えます。

植替え後にまだ花を咲かせていません。

       ハイビスカス 2018.07.23 撮影 
CIMG0312























 2018年7月26日(木曜日)

 今日は、久しぶりの曇り空です。日曜日頃には、台風が関東へ接近する
との情報がありますので、この台風通過後は暑さも少しぐらい、やわらぐ
のかもしれません。
 居間から庭を見ますと、朝顔と、まっ赤なハイビスカスが、華やかさと
涼しさを与えてくれています。
 「三友花」も、元気に真っ白な花を咲かせてくれています。

       居間から、ゴーヤの葉と朝顔、ハイビスカスが観えます

 ゴヤの棚と朝顔、ハイビスカスが咲く庭 2018.07.26 撮影
CIMG0314




















      ハイビスカス 2018.07.26 撮影
CIMG0315



































 2018年07月27日(金曜日)

 今朝は、少し涼しいくらいな気温でしたが、それでも日中は31℃近く
まで上がるようです。昨夜は外で、虫の音が聞こえたりしていましたが、
まだまだ暑さはつづくものとみられます。
 庭のハイビスカス(赤)がまた一輪咲いて、目の保養をしてくれています。
黄色のハイビスカスは、蕾も顔を出し始めていて、近日中に開花してくれ
そうです。
 明日からは台風12号の影響で、豪雨が予想され、東海から西日本へと
進路をとるそうですから、早すぎるほどの避難対応が肝要と思います。
困ったものです。自然には、かないません。
 写真の右奥の茶色の鉢には、昨年秋に挿し木した躑躅(つつじ)と、椿
それにシャクナゲが元気に生育しています。
 そのもう一つ向うの鉢は、「ギョリュウ梅」ですが、すっかり葉を落と
しています。順調にいけば、秋の終り頃から開花するのですが、毎年、枯
れていますので、今は何ともいえない状況です。


       ハイビスカス 2018.07.27 撮影
CIMG0320



































 2018年7月29日(日曜日)

 台風12号は、東京を避けて、三重県の津へ上陸、その後進路を西にと
り今ごろ広島附近をのろのろしたあと夜には九州へといいます。被害が最
小限になりますように・・・・・。
 今日も一輪赤いハイビスカスが開花しました。
 黄色のハイビスカスの開花も楽しみにしています。

      ハイビスカス 2018.07.29 撮影
CIMG0327




































           居間から眺めたハイビスカス 2018.07.29 撮影
CIMG0328






















 2018年7月30日(月曜日)

 台風一過、今日は、曇りがちですが、時々晴れ間があるという気候です。
日中の最高気温は30℃くらいです。ハイビスカスは今日も一輪だけ夏ら
しくまっ赤な花を咲かせています。

       ハイビスカス 2018.07.30 撮影
CIMG0331







































 2018年8月2日(木曜日)

 朝から強い陽ざしが照りつけ、庭の「三友花」や「ハイビスカス」は
元気に生育しています。「百日紅「(さつすべり)」も満開を迎えまし
た。

      ハイビスカス 2018.08.02 撮影
CIMG0349


































 2018年08月06日(月曜日)

 今日は少し雲も出ていますが、依然と暑さは続いています。
 まっ赤なハイビスカス、3輪は4日ぶりに同時に開花しました。植替
え後、3輪は初めてです。向う隣の黄色は植替え後まだ一輪も咲いてい
ませんが、早く開花することを期待しています。

       ハイビスカス 2018.08.06 撮影
CIMG0362
































  2018年8月10日(金曜日)

 朝から強い日差しが照り付け、府中市は日中32℃を予想しています。
 今年は8月の二十日過ぎ迄暑さが残るそうです。
 きょう午後から、家内は、千葉の孫たちの家に行きますので、小生はまた
水撒き、洗濯、簡単な料理などをこなさなければいけません。それに絵も描
かなければと思っています。14日が絵画サークルともあって・・・・。
 四日ぶりにハイビスカスが一輪咲きました。向こうを隣りの黄色のハイビ
スカスも明日には開花しそうです。
 植替えしてから初めて開花することになります。やはり大きな鉢に植え替
をしましたので、長く花を愉しむことができます。

       ハイビスカス 2018.08.10 撮影
CIMG0371








































 2018年8月17日(金曜日)

 今朝は、今夏で初めての涼しい風が吹き、気温も午前中は25℃くらい
と大変しのぎよい天候です。秋が少し見えてきたように感じますが、まだ
まだ残暑は厳しいと思われます。庭のハイビスカスは3,4日前に2輪開
花していましたが、今日のハイビスカスの花は、少し大きめで、元気があ
ります。

       ハイビスカス 2018.08.17 撮影
CIMG0383




































 2018年8月11日(土曜日)

 午前中は強い太陽の光が照り付けていましたが、午後、急にスコールの
ような雨がやってきました。おかげさまで、今日は庭の水撒(ま)きが省
けて助かりました。
 予想道理、今朝は、黄色のハイビスカスが咲いていました。

     黄色の花のハイビスカス 2018.08.10 撮影
CIMG0379





































 2018年8月19日(日曜日)

 昨夜、アジア大会が、インドネシアにて開催され、式典には、インドネ
シア大統領が、オートバイを自分で運転し、会場まで訪れるという、異例
んおパ-フォーマンスを見せてくれました。人種の多い民族をまとめる力
はどこからくるものかと、ふと考えさせられました。
 また、最近のニュースとしましては、山口県の周防大島で、2歳の子が
ちょっとした隙に遭難し、大分県の、ボロンティアの人が、捜索に参加し、
無事発見に至ったという話題が、感動を呼んでいます。
 今日も、秋を感じさせるすがすがしい気候になっています。これは空気
の乾燥した晴れだからでしょう。我が家の庭には、今、百日紅と、三友花、
時計草それに今日開花したハイビスカスから、癒しをもらっています。

     赤色の花のハイビスカス 2018.08.19撮影
CIMG0389




































 時計草は、土と肥料を追加したせいか、勢いが復活しているようです。

        時計草 2018.08.19撮影
CIMG0392



















 先日上記写真で後ろに置いてある黄色い花を咲かせる『ハイビスカス
』の写真を撮っていましたので、描いてみました。

         ハイビスカスの静物
CIMG0297


















































 季節外れの気温が高い日中でしたが、空気は少しひんやりとして、爽や
かな気候でした。午後は風が少し強めに吹きました。
 我が家の庭の時計草が、今シーズン2輪目を咲かせてくれました。この
時計草は親から、取り木して育てたものですが、肝心の親木は、枯れてし
まいました、この親木からは5鉢くらい取り木をしましたので、体力を消
耗してしまったのでしょうか、その親木は裏庭に置いていますが、もしか
して新しく芽が出てくるかなと思い、観察しています。

      時計草〔1輪目〕   2018.05.03 撮影
CIMG0018




























      時計草〔2輪目〕   2018.05.05 撮影 
CIMG0022






































                 時計草〔2輪目〕   2018.05.05 撮影 
CIMG0020



































 2018年5月12日(土曜日)
 
 3,4日前は、季節外れの寒さで暖房を使用したくらいでしたが、今日
は日中25℃を予想しています。汗ばむ陽気になりそうです。
 ところで今メジャーに入団した大谷翔平の投打の大活躍で話題が集中し
ています。
未だ前半ですから、体調管理を十分行って、まず今シーズンの活躍を期待
したいと思います。
 庭の時計草の花が咲き出しています。
 反対に、あれほど咲き誇っていた、「ギョリュウバイ」は、なんだか葉
の色も悪く、昨年枯れてしまったギョウリュウバイに煮た症状ですが、手
を打つ手段を知りませんので、ただ傍観するだけです。

        時計草   2018.05.12 撮影
CIMG0032




































     ギョリュウバイ  2018.05.12 撮影
CIMG0031



































それに、「におい蕃(ばん)まつり」という名の植物が、たくさん花をつ
けました。
名前の通りに、独特のいい香りがしています。

   「におい蕃(ばん)まつり」 2018.05.05 撮影
CIMG0023


































 2018年5月14日(月曜日)

 昨日は、午後から雨が降り出し、気温も上がらずじまいで、暖房を焚い
たりして過ごしましたが、今日は一転して、夏日のように気温が上昇して
います。
 庭に出てみますと、時計草が、次々と花を咲かせ、強い陽射しを歓ぶよ
うにあざやかに誇っています。
 昨日、広島の娘たちから、母の日のプレゼントが贈られたのですが、都
合で今日受け取ることになりました。まだ中身は知りませんがませんが、
ちょっとした心づかいは、簡単なようで難しいものです。ゆんちゃん有難
う。哲哉先生にもよろしく伝えてくださいね。

      時計草   2018.05.14 撮影
CIMG0037



















                         時計草   2018.05.14 撮影
CIMG0035











 本日東京で、桜の花が満開になったと報じています。平年より10日早
いそうです。日本橋に勤務していた頃は、上野公園へ夜桜を楽しみに行っ
たものです。現在は桜の木も大きくなって、桜の花は上の方にあり、花よ
りも夜桜を楽しむ人ばかりが目につきます。桜は、間近で見れる方が僕は
好きです。
 この身延枝垂れ桜(みのぶしだれざくら)は、17年くらい前に、ドラ
イブで立ち寄った身延山で、購入した苗木から育てた思い出の桜です。
 自宅の裏庭に毎年花を見せてくれます。

      身延枝垂れ桜 2018.03.26 撮影
CIMG0036



















 わが家の庭では、シャクナゲの花が満開近くになっていて、庭を明るく
染めてくれ、癒しを与えてくれます。この石楠花(シャクナゲ)と、躑躅
(つつじ)それに昨日公園で手折った「椿」の枝をそれぞれ、挿し木にし
てみました。


      石楠花(シャクナゲ)2018.03.21 撮影
CIMG0001











































      石楠花(シャクナゲ)2018.03.21 撮影 
CIMG0002


































             石楠花(シャクナゲ)2018.03.28 撮影
CIMG0071




































石楠花(シャクナゲ)、椿、躑躅(つつじ)、カルミヤの4種類を、
1鉢へ纏めて挿し木をしてみました。


       挿し木   2018.03.24 撮影
CIMG0012




































 2018年3月26日(月曜日)

 春が急に訪れたことで、各種の花木の挿し木に今夢中になっています。
自分の気に入った花を、鉢植えで増やそうとしています。シャクナゲも、
ついに開花しました。

    シャクナゲ他の挿し木   2018.03.26 撮影
CIMG0031

































 椿の花は、萎(しお)れかけましたので、取り除いてみました。
次の花の蕾がありますが、果たして開花するでしょうか。
 躑躅(つつじ)も、根付いたようです。この躑躅は、栃木県の小山に一
番上の娘家族が住んでいた頃に、ここで挿し木にして自宅へ持ち帰った思
い出の花です。青森の出張時にもこの躑躅の鉢植えを一緒に連れて行った
ものです。

                 シャクナゲ他の挿し木   2018.03.28 撮影
CIMG0072






































 2018年4月8日(日曜日)

 日中の気温は、17℃くらいまで気温が上がりましたが、少し風が冷た
く感じました。
 黄色い花のシャクナゲの挿し木は花が萎(しぼ)んでしまいましたので,
その花のも除去しました。
 同じ鉢に挿し木をしている、つつじ、椿、カルミヤも元気そうです。特
に躑躅(つつじ)は新しい若い葉も出てきています。
 散歩の帰り道、大きな木のハナミズキが目にとまり、手を伸ばすとよう
やく手の届く高いところにあった小枝を手折って、園内のトイレで、紙に
水を滲(し)み込ませ、手折った部分にそれを巻くようにして、持ち帰り
ました。早速、土を拵(こしら)え、鉢へ挿し木をしてみました。
 楽しみがまた一つ増えました。もしこの挿し木が、順調に生育すれば、
植樹をしたことと同じですから、環境にやさしい行為だと思いますが・・
・・?。

    シャクナゲ他の挿し木   2018.04.09 撮影
CIMG0148


































 2018年06月24日(日曜日)

 石楠花(シャクナゲ)と、椿および躑躅(ツツジ)は、カルミヤの木を
除き順調に、挿し木が生長しています。


   シャクナゲ他の挿し木   2018.06.24 撮影
CIMG0207



































  2018年7月5日(木曜日)

 関東地方は、例年になく早い梅雨明けがあり、夏日も10日間続きまし
たが、今は梅雨前線が活発化し、西は九州から北は北海道にかけ、日本列
島は大雨に見舞われています。それにしても蒸し暑いのはたまりません。
 最寄りの講演で手折った、椿と、それにシャクナゲ、躑躅(つつじ)は、
順調に挿し木が根付き、成長しています。ただし、カルミヤは枯れてしま
いました。
 近いうちに写真を撮影し、紹介しようと考えています。

     ハナミズキの挿し木 2018.04.09 撮影
CIMG0147





































 2018年06月24日(日曜日)

 ハナミズキの挿し木は、早い時期に嗄れていることを確認いたしました。
以前ハナミズキの苗木を地植えしたことがありますが、この時も枯れてしま
いました。育てるのが難しい木だと思います。
 








 今日は、日中の気温は20℃を超え、さすがに上着は不要でした。
 午後、家内が親しくしている、近所の奥様と3人で、いつもの日野市に
ある園芸センターへ行ってきました。最近の園芸センターは、プランタな
どに寄せ植えするような1年草の花が多く、盆栽は大変少なくなっていま
す。今の季節これから花を楽しむ、木瓜(ボケ)の盆栽を2鉢、知り合い
の奥様が購入され、そのうちの1鉢わが家にを頂戴いたしました。
 品種は「芳寿の誉」といいます。
 楽しみがまた一つ増えました。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.14 撮影
CIMG0056


































 一輪開花しました。

      木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.15 撮影
CIMG0003



























 2018年3月16日(金曜日)

 朝からどんよりとした雲に覆われた天候です。日中の気温は昨日より7
度低い15℃を予想しています。この芳寿という木瓜(ボケ)の花は非常
に上品な花のように観えましたので今日も撮影してみました。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.16 撮影
CIMG0007


















 この芳寿の誉は、午前中に撮影をしたのですが、午後観るとこの花は、
鉢の中に落ちていました。まだ咲き初めたばかりすので、たぶん「ひよど
り」か「めじろ」の仕業(しわざ)だと思います。
 寒い時期は、鳥たちも、食べ物が少ないので、しかたがないかもしれま
せん。

              木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.16 撮影
CIMG0008




























 2018年3月17日(土曜日)

 昨日より気温は低めですが、素晴らしい太陽の光が木々の葉を照らして
います。一輪落花しましたが、待っていたようにつづいてもう一輪が満開
を迎えようとしています。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.17 撮影
CIMG0010

























                  木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.17 撮影
CIMG0011
























 2018年03月15日(木)

 今日も昨日と同じくらい4月頃の陽気になっています。最寄りのコーナ
ン(ホームセンター)内にある園芸センターに行き、木瓜(ぼけ)の挿し木
に使う商品名「メネデール」を購入してきました。
 このメネデールは、植物の発育によい成分の入った液体ですが、挿し木
に使用するというものです。
 まず、赤玉土を粉状にすりつぶし、これにメネデールを適量入れ、混ぜ
たものを、木瓜(ぼけ)の親木から枝を10㎝くらい剪定して、その切り
口に串し団子みたいに巻き付けます。
 そして、赤玉土を入れて拵(こしら)えた鉢に挿し木するという工程で
す。
 上記写真の木瓜の木で試してみようと考えていますが、リスクを伴う可
能性がありますので、少々迷っているところです。

 午後、やはり木瓜(ボケ)の盆栽の親木から、枝を剪定し前述の要領に
て、挿し木を施しました。

 2018年03月19日(月曜日)

 日中は曇り空でした。気温も16℃くらいでしのぎやすい一日で
したが、夜19時ころから雨が降り出し、この雨は明日の午前中
まで続くといいます。明日は真冬並みに気温が下がり、日中でも
7℃までしか上がらないそうです。
 木瓜(ボケ)の盆栽の花があまりに美しいので、撮影しました。

    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.19 撮影
CIMG0014


























               木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.19 撮影
CIMG0015




















    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.23 撮影
CIMG0004


























 2018年3月26日(月曜日)

 弱い日差しが朝からありますが、日中は21℃くらいまで気温がるとい
う予報が出ています。
木瓜(ボケ」芳寿の誉も元気に花を咲かせています。

   木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.26 撮影
CIMG0029

























     「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.27 撮影
CIMG0039





















               木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.27 撮影 
CIMG0040



















  2018年3月28日(水曜日)
 
 この処、春霞がかかり、空気がすっきりしませんが、これは気温が上が
ってきている証拠でしょう。日中の気温は23℃近くになりました。
木瓜(ボケ)の盆栽も日に日に花の数を増やし、花弁も大きくなっています。
 
    「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.28 撮影
CIMG0068




































           「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.29 撮影
CIMG0077




















    木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.03.29 撮影
CIMG0076


























 2018年4月2日(水曜日)
 桜の花もすっかり散り、その代わりに緑の若い葉芽吹きはじめました。
 わが家の庭に置いている木瓜の盆栽は、満開となりました。このような大
きな花は記憶にありません、色合いも含めて素晴らしい長めです。この親木
から挿し木をしたのも今のところ順調に生育しています。
 
     「木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.04.02 撮影
CIMG0115




























  2018年4月3日(火曜日)

 木瓜(ボケ」芳寿の誉は今が、挿し聖域です。予想より花弁が大きくし
かもゴージャスな感じにびっくりしています。

 
    木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.04.03 撮影
CIMG0137

























          木瓜(ボケ」芳寿の誉 2018.04.03 撮影
CIMG0136

























     ボケ(芳寿の誉)の挿し木 2018.03.15 撮影 
CIMG0058



































 2018年3月22日(木曜日)
 挿木したボケ(芳寿の誉)は元気そうです。裏庭の梅の木の枝も
一昨日挿し木してみました。

 ボケ(芳寿の誉)2018.03.22 撮影 
CIMG0490




















2018年3月23日(金曜日)

 今日は穏やかな春の陽ざしがいっぱいです。もうこのまま日に日に気温
も上がり本格的な春が訪れそうです。 ボケ(芳寿の誉)の挿し木も
1週間が経ちましたが、順調です。このままいきますと、開花も
まぢかと思われます。
 二、三日前、裏庭の梅の木の枝を剪(き)って、このボケ(芳寿
の誉)の鉢に
挿し木をしてみました。この裏庭の梅の木は、国立
の園芸センターで購入しましたが、もうわが家に来てから30年
は経過
していて、大きな木の割には、一部分にしか花が咲かなくなりまし
たので、次世代に残す必要性を感じ、このようにしたものです。
何しろ記念樹ですから。


CIMG0005



































 2018年3月25日(日曜日)

 朝から春本番の太陽が降り注ぎ、木々の若い葉が顔を出しています。
人の心もこの春の薫りに誘われて、野山に出かけたい気分になります。
 昨日は、東京の桜が満開になったと報じていましたので、いても立って
もいられずに、歩いて50分歩き、久しぶりに立川市の根川緑道を散策し
て来ました。桜は八分咲きでほぼ満開でした。
ところが、目当ての大きな木に先分ける桃の花は、まだ少ししか開花して
いなくてがっかりでした。
この咲きわけの桃の小枝を失敬して、挿し木にしようと、考えて
いましたが、小枝は生憎高いところにあって、手が届かないので
諦めました。

さくら、モクレン、水仙、こぶしの木々が小川のそばに植わり、緑道に癒
しを頂いてきました。

 自宅の庭で挿し木をしている、ボケ(芳寿の誉)は、花が開いてきまし
た。
      ボケ(芳寿の誉)2018.03.25 撮影
CIMG0023



































 2018年3月26日(月曜日)

 挿し木をしたボケ(芳寿の誉)は、満開寸前です。

CIMG0030




































   挿し木をしたボケ(芳寿の誉)2018.03.27 撮影
CIMG0030




































    挿し木をしたボケ(芳寿の誉)2018.03.28 撮影                
CIMG0080



































 園芸センターに行ったついでに、違う種類の木瓜(ボケ)を一鉢購
入してしまいました。
 品種は、「十二一重」です。

            木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.03.15 撮影  
 CIMG0060















































 この十二一重の木瓜(ボケ)はなかなか花の蕾が膨らみませんが、
徐々に生長しています。

    木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.03.27 撮影
CIMG0047


































 2018年4月9日(月曜日)

 今日は朝から紫外線の多そうな強い陽ざしがあります。庭のあたりも若
葉が増えてきている中、十二一重(ボケの花)が真っ赤な色彩で誇らしげに一
輪開花しました。


     木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.09 撮影
CIMG0146



































 2018年4月10日(火曜日)

 日中の気温は17℃と少し肌寒い一日でした。ですが陽ざしはいっぱいで、
すがすがしい気持ちになりました。木瓜の赤い花が目に染みるように美しい
です。
 この花が終わると、少し大きめの鉢に植え替えをする予定です。

    木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.10撮影  
CIMG0150








































    木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.11撮影   
CIMG0151







































               木瓜(ボケ)  「十二一重」      2018.04.11撮影
CIMG0153















このページのトップヘ