atusisugoiのblog

カテゴリ: 温泉の妖精

温泉街の中心にある湯畑から、少し北に入った場所に参道の入り口があ
ります。
              白根神社
CIMG0145
























 参道の手前あたりに、鷲乃湯発祥の碑が建立されています。
碑には次のような文字が刻まれ、それを読んでみますと、

草津鷲湯碑
鷲乃湯(わしのゆ)は、草津温泉で最も古い共同浴場で、滝下通りにあって、
昭和44年(1969)まで時間湯の浴場として多くの湯治客に利用されていま
した。
この碑は明治37年(1904)に湯治客たちが、温泉の効能に感謝して建て
たもので、碑文は当時の日本皮膚科学の指導者土肥慶藏博士が、草津温
泉の発展を予見し、傷ついた鷲によって発見されたといわれる鷲乃湯の由
来と効能をたたえたものです。

また、筆跡は明治の三筆といわれた巖谷一六先生の作で、碑の側面には
鷲乃湯湯長の偉徳記が刻まれている。

 土肥慶藏:
慶応2年(1866)、越前領(福井県越前市)で医師であった石渡宗白の次男
として生まれ、ドイツ、オーストリア、フランスに留学し、日本皮膚学会を発足、
ハンセン病にも精通していることから、草津温泉の効能に着目していたのか
もしれません。

 巖谷一六:
天保5年(1834)水口藩(滋賀県甲賀市)の藩医巖谷玄の子供に生まれ、政
治家、書家として大成し、日下部鳴鶴・中林梧竹とともに明治の三筆に数えら
れました。
児童文学者の巖谷小波は一六の子供です。

碑の側面には鷲乃湯初代湯長小松原勝蔵の偉徳記が刻まれている。
湯長とは湯守りをする人で、湯の温度調節とか、安全な湯の入り方などを指
導する人だといいます。

              白根神社拝殿
CIMG0142



















 拝殿に向かって左手に、松尾芭蕉の句碑がありました。
ネット情報によりますと、この碑は天保13年(1842)に草津出身の俳人一
夏庵坂上竹烟が松尾芭蕉150回忌に建立したものだといわれています。

碑には「夏の夜や谺にあくる下駄の音」と記されています。

この句は芭蕉が天禄4年(1691)に京都嵯峨野の落柿舎で作ったもので、
句の意味と草津温泉の賑わいが似ていることから選ばれたといわれていま
す。
通称「夏の夜塚」、草津町指定文化財に指定されています。

一夏庵坂上竹烟は寛政(1795)に生まれた江戸時代後期の俳人で、京都
の田川鳳郎(江戸時代後期の俳諧師、成田そうきゅう、桜井梅堂とともに、
三保三大家に数えられた。)

             白根神社拝殿裏
CIMG0151


































神社の裏道ですが、写真の手前は雑木林に狭い道があって、シャクナゲが
群生していました。

 白根神社を出て坂道を上ったあたりに、しゃれた建物の中に茶房兼ブテ
ィックがありました。

             オシャレなたたずまいの店
CIMG0138


























              オシャレなたたずまいの店       
CIMG0137




























 ※
  明治の三筆に数えらた巖谷一六の子供で、児童文学者の巖谷小波(さ
ざなみ)について、ウイキペディアには、

明治から昭和にかけての作家、児童文学者で、お伽噺を開拓

作品の多くは彼自身が編集する博文館発行の雑誌「少年世界」に掲載さ
れた。
以後、同社の「幼年世界『、「少女世界」、「幼年画報」などの主筆となって
作品を執筆、さらに「日本昔伽噺」(1894~1896年)、「日本お伽噺」(1
896~1898年)、「世界お伽噺」(1899~1908年)など、大部のシリー
ズを刊行した。

今日有名な『桃太郎』や『花咲爺』などの民話や英雄譚の多くは、彼の手
によって再生され、幼い読者の手に届いたもので、日本近代文学の開
拓者というにふさわしい業績といえる。

その作品は膨大な数に上ったが、1928年から1930年にかけてその代
表的なものが、「小波お伽全集」(千里閣版・全12巻)にまとめられた。

日本昔伽噺は子供が幼いころ、テレビ放映していたのを思い出します。
一度、「小波お伽全集」を読んで純粋な気分にひったってみたいと思って
いるところです。





















湯畑の周りを散策しますと、お土産物屋さんとか、飲食店、旅館やホテルが
ぎっしりと立ち並び、中央部にこんこんと湧き出る草津の湯畑があります。
湯畑には木製の樋が8本くらいでしょうか縦列に並べられ、源流側の熱い
お湯をポンプで汲み上げ、樋の中に送り込み、あとは自然勾配で八十メート
ルほどの距離を池のほうへ流れています。
樋の中を流れる道中で少しお湯の温度が下がるそうですが、これが狙いだ
そうです。
夏は減温効果が小さく、冬にはその効果が大きいと思われます。
個人的な感想ですが、気の肌をそのままに湯畑に設備されている樋のある
光景は、温泉場として、少し色気がないかもしれません。

絵画の中の右側手前の建物が「湯もみの実演」が行われる建物ですが、お
しゃれな風情がありました。

 小生が水彩で描いた242枚目の作品です。

        手前右側が湯もみ実演が行われる建物です。
CIMG0190


















 
絵を見ていただきますと、湯もみ実演が開催される建物の向こう隣に、湯
めぐり施設「白旗の湯」がありました。
玄関脇に、白旗の湯の「由来書」がありますので読んでみます。

 源頼朝が建久四年(1193)八月三日、浅間山麓で巻狆をせし時たまたま
此処に湧きい出ずる温泉を発見し、入湯したと傳えられます。
当時は『御座の湯」』と称していたが明治三十年に、源氏の白旗にちなんで
『白旗の湯』と改称されました。

            「白旗の湯」
CIMG0071


































大衆温泉施設である「白旗の湯」は、湯めぐり三カ所目ですから、少々疲れ
がでたせいか、小生はこの白旗の湯では足湯のように脛から下を湯につけ
ただけで上がってきました。
かなり湯温が高いようです。
友達は、ただ黙って湯船につかるばかりです。

            「白旗の湯」浴室内部  
CIMG0073


































            「白旗の湯」浴室
CIMG0074



























「白旗の湯」を出て、光泉寺に行くことに決めました。
前記絵画の中に松の木が見えますが、その横に山のほうに上る階段が見
えます。
この階段を上り詰めると光明寺の山門があります。
友達はあまり乗り気でないようでしたが、小生は是非にということで誘ってみ
ました。
石段の傾斜がきついので、途中小休止を入れながら上っていきました。












 青森へ仕事に行った頃のことを思い出しています。
 小生が滞在中に大阪在住の姉が遊びに来てくれました。
 下北半島に大畑という地名があって、そこに村営の日帰り温泉
施設があります。 

 姉と二人で車でこの温泉に行ってきました。
 市内からの道は信号も少なく、快適なドライブが楽しめます。
 季節は秋の終わりころだと記憶をしています。
 そこは山から鹿とか猿が今にも出てきそうな、奥深い山に囲ま
れた所でした。
 回りには温泉旅館などの宿泊施設もあって、宿の着物に 丹前を
着た人達が下駄をはいて散策をしていました。

 早速、露天風呂温泉に入ろうとしましたが、熱過ぎて入れないので
、水を入れて薄めてもらいました。
 男湯と女湯を岩で仕切りが作られていてその天端から(岩の頂から)、
ごうごうと熱い源泉が惜しげもなく流されていました。

 この源泉の湧出量は万座温泉の露天ぶろの源泉よりはるかに多い
と思います。
 泉質は透明のアルカリ泉ですが、サラッとしていましたのでPHもそ
んなに高くないようです。
 泉温はたぶん90℃以上だと思います。
 ほとんどの温泉には、源泉の分析表を掲げていますが、ここでは
眼にも入りませんでした。
 このワイルドな湧出量と景色を見ると分析表などは見る必要は無い
と思います。

 温泉につかると側に谷川のせせらぎが聞こえ、その向こうは紅葉の
樹林がせまってきて、これぞひなびた温泉だと感じ入りました。
 この大自然の恵みの中に溶け込むような、気持になりました。
 自然の偉大さに感謝します。

    露天ぶろの温泉を思いだしつつ絵を描いてみました。
 001
 
 



















  風呂からあがって、この温泉施設が経営するレストランで姉と食事を
共にしながら、温泉と景色を絶賛したのを覚えています。

 

このページのトップヘ