昨日も散歩で、あの「根川貝殻坂橋」まで行きました。
 橋の上から下を見ますとなんと普段より水量が多いくらいに小川の
水が流れていました。
 そして小魚がはっきりと元気に泳でいる姿が見えました。
 やはり何らかの理由で下水を処理した浄化水が、放流されなかった
のだと思います。
 人工の水は、機械の故障とか装置のトラブルなどの影響をすぐ受け
やすい欠点があります。
 それにしても水が復活してよかった!と安堵の気持ちです。
 これでカワセミという鳥が木の上から猛スピードで川の中の小魚を捕ま
える様子が見られます。
 浄化設備を維持管理される方も本当にご苦労様です。

                                                   (カワセミ)

 009                                        
 


 
























 今、利根川水系のダムの貯水量がかなり減少していますが、そのスピ
ードはゆっくりとした現象です。
 でも今年は梅雨が短かったせいか、渇水が深刻になることが予想され
ます。
 これもまたかなり心配事なので、心の中では神様に雨乞いをしています。


  広島から頂いたかまぼこを夕食にいただきましたが、弾力もあって、
本物の味覚を楽しみました。
 瀬戸の海幸という商標であるかまぼこの製造に「一球入魂」の心意気を
感じさせます。

 
 
 今日、広島の哲也先生夫妻と家族は、山口県側のほうから橋を渡った所に
ある島へ再度遊びに行くと言っていました。
  一昨年は、この島で泳いできたとの写真を添えた便りをもらいました。
 小生も3年前に一度皆と一緒に行ったことがあります。
 あの時は哲也先生は仕事の都合で行けなかったのですが、道の駅での買い
物と立ち寄り湯に入った思い出があります。

 帰りに島の中にあるレストランで、メバルを煮込んだ料理を頼んだところ小生
も含めて孫や娘も「大変おいしい」と云って、好評だったことを思い出しています。
 たしかお代わりをしたと思います。
 たぶん今日も元気に泳いだあと、帰りはあのレストランで食事をして帰ること
でしょう。
 よい休暇でありますように。