atusisugoiのblog

カテゴリ: つぶやき日記

 約1週間くらいになるでしょうか、Windows8.1から10に更新しま
した。
 なぜかといいますと。
 数年前から、ブログの記事を書いていますと、突然文字の大きさが変わっ
たり、画面が閉じたりし、妙な動きがしきりに発生していましたが、なんと
か凌ぎ凌ぎ、このパソコンを使っていました。およそ1週間前のことですが
、今度はプログを作成中、いきなり、ウインドウズ10の更新をしますか?
という、メッセージが画面に現れました。余り気が進まなかったのですが、
思い切って更新することにしました。
 更新が完了しますと、なんと、文字も当初の大きさに戻り、しかも安定し
た記事の書き込みが出来るようになり、夢のようでした。
 以前から、ウィンドウズ10に切り替えの案内がありましたが、更新する
とさらに操作が難しくなる恐れがあると思い、躊躇をしていましたが、今は
、快適さに満ちています。

 悪い状況だったのは、ウイルスのせいだったのでしょうか。マカフィーと
いうセキュリティーシステムが、JCOMさんの提供で、インストールされ
ているのですが、いづれにしましても、改善できて、大変うれしい出来事で
した。

 自然界のウイルスも厄介ですが、コンピューター界のウイルスは、人間の
悪玉菌が、作ったウイルスですから、まったく油断も隙もなりません。

 NECのノートパソコンですが、購入当初から、電源ジャックを、パソコ
ン本体に挿入接続する部分の本体側が、接触不良で、ノートパソコンを動か
したり、コードに触れたりすると、時折、電源が本体に通じていない場合が
あり、バッテリーへの充電不足のランプが点灯します。
購入当初は、元のコンセント部分の接触不良かと思って、パソコンをシャッ
トダウンしてから、電源の抜き差しをくりかえたり、いろいろ電源コードを
手繰ったりしているうちに、回復をしていましたが、結局本体への電源ジャッ
ク差し込み部の不良ということが、やっとわかった次第です。頃合いをみて、
修理をしなくてはと考えています。
 それと、画面の明るさの調節が、できなくなっています。このトラブルは
保証期間中にも発生し、修理をしたことがあります。

            愛用のNECノートパソコン
                                       CIMG0306



















 その後も、パソコンは順調に、しかも安定した動きをしていますので、大変
助かっています。

 義理の息子の妹さんが倒れ、病院で検査をしたところ脳腫瘍とのこと
です。
詳しい情報はまだわかっていませんが、精密検査を受け、処置方法が
検討されていることかと推察しています。

良性の腫瘍で簡単に切除ができれば不幸中の幸いなのですが、心配
です。

 従兄が六年くらい前、脳に悪性リンパ腫を発症、この部位は手術がで
きないということで、癌センターに入院、抗がん剤治療を余儀なくされ、
抗がん剤の副作用もひどくないそうですから、この分だと徐々に快方に
向かうと小生は信じていました。
ところが反対に容態は少しずつ悪化し、1年の闘病生活で帰らぬ人にな
りました。

入院してすぐの頃に見舞いに行った時は、ごく普通の会話ができていま
したが、後になって義姉に聞いたところによりますと、日に日に体が衰弱
し、首もうなだれていったといいます。

従兄の見舞いに行った帰りに、偶然、車内のラジオから悪性リンパ腫の
話が電波に乗って流れ、その内容は悪性リンパ腫は余命6か月と言っ
ていたのが、大変気になっていました。
そして1年の闘病生活にピリオドを・・・・・・・・また、看病に当たった
義姉にも「お疲れ様でした」とねぎらいの言葉をかけたものです。

 そのようなわけで、義理の妹さんが適切な処置を受け、一日も早く快
方に向かうよう心から願っております。医師と自分を信じて頑張ってくだ
さい。

 昨日の情報ですと、そんなに急を要することもなく、普段の生活も可
能とのことでしたので、ひとまず安心をしているところです。
年明けに処置方法が決まるようです。

 昨夜の電話では、1月21日ころに手術をするそうです。

 「出もの、腫(はれ)物所構わず」といって、昔母親が口癖のように言っ
ていたのを思い出しています。
私の知り合いの方は、脳腫瘍が前頭部のあたりにでき、もう一人の方は
側頭部であったとか聞いたことがありますが、どの部位に発症するかが
人によって相違があるようです。
いずれもこれらを手術で切除し、現在、普段通りの生活をされています。
なかでも、腫瘍の大きさが卵くらいであったと、言われた方がリアルで印
象的でした。

 1月28日に入院し、30日ころに手術という日程が最終的に組まれた
ようです。
長い間、この状態で待つ気持ちは、不安もつのり、はかり知れない寂し
さでしょうにと、同情します。
手術さえすれば治癒しますから、安心して日々を過ごしてくださいと、申
し上げたいのです。

 小生は、もうかれこれ35年くらい前になるのですが、後天的に鼓膜が
3分の1ほど破れてしまい、聴覚はそんなにさしさわりはなかったのです
が、それ以降は、洗髪時に水が耳に入ったり、海水浴に行き、泳いだり
した時にも、たびたび中耳炎を発症し、その都度、耳鼻科にお世話にな
るという、憂鬱な病を抱えていました。

 調布市から、多摩市に引っ越してから、やはり中耳炎にかかり、聖蹟
桜ヶ丘のF耳鼻咽喉科を訪ねました。

 先生がおっしゃるには、「10年前(当時より10年前)に判明したことで
すが、鼓膜はきちんと蓋がなされてないと、空気中の雑菌が鼓膜の内部
に入ると、炎症(中耳炎)を起こすことが分かったのですよ」、と前置きをし
てから、そんなわけで、小生のように鼓膜が欠損していると、耳鼻科と縁
が切れませんよと言われ、鼓膜再生手術をすることを勧められました。

 先生は顕微鏡を使って、小生の耳の中を詳細に観察し、あなたの耳は
治癒力が大きいので、手術もうまくいくとも言われました。
そして、浅草橋にある病院へ行くように紹介状を書いていただきましたが、
中耳炎が治ると、今度は手術をするのが怖くなり、机の中にしまい込み、
いつしか紹介状も無くしていました。

 しばらくして、ある日のこと、また中耳炎にかかってしまい、再度F耳鼻咽
喉科を訪ね、紹介状を紛失したことを先生にお詫びし、再度紹介状を書い
てくださいとお願いしました。

 そして紹介状を持って、浅草橋にある医院を訪ね、手術の詳細日程など
の打合せを済ませ、手術二日前から入院、指定の理髪店で頭部半分をか
みそりで剃り、準備をしました。
 やがて手術台に上がることになりました。

 いよいよ、耳の後の一部分を切りひらき、古い鼓膜を時間をかけて、切去、
そのあと、小生自身の頭の皮付きの肉を、切除し、それを4時間かけて、
顕微鏡を使いながら、移植をしていただき、無事手術は成功し、1か月の入
院治療後、無事退院となりました。

 なぜ顕微鏡を使っての手術がわかったのかといいますと、局部麻酔でした
ので、片方の健康な耳から、先生と看護師さんの会話が聞こえるからです。

 おかげさまで、その後一度も中耳炎にかかったことがありません。遅れま
したが、ここで、執刀してくださった先生に深く感謝をいたします。

 このような体験をしていますので、手術前の心理状態がよくわかるため、
同情の念がよけいに湧いてくるのです。

 妹さんはその後、元気に回復され、現在は何不住なく過ごされていますの
で、何よりだと思っています。
 

 種子島宇宙センターから13時21分頃に「はやぶさ2」が小惑星の地質調査
のため58億kmの旅に出ました。

4年後(1918年)にやっと目的地である小惑星にたどり着くそうですが、その
必要な精度は、日本から野球のボールを投げて、ブラジルで打者がバットに
そのボールに当て、打撃するのと同じくらいだそうです。

そして「はやぶさ2」は1921年にミッションを済ませて、地球に帰還するといい
ます。
気の遠くなるような宇宙科学にただ驚くばかりです。

 50数年前に、日本はロケットを開発するため、東大の糸川教授が、実験を
行った様子を映像で紹介していました。
当初は、おもちゃを思わせる小さなサイズのロケットを作り、それに火薬を手
で充填し、水平方向に発射実験を行っているものです。

現在、科学技術の進歩は、ここまで来ていることに、もう一度驚き、感動して
います。

        H2Aロケットに搭載された「はやぶさ2」
CIMG0053























        H2Aロケットに搭載された「はやぶさ2」
CIMG0059






























               
            H2Aロケットに点火
CIMG0078




































             発射の模様
CIMG0127




















             H2Aロケットにエンジン噴射
CIMG0113






























           「はやぶさ2」の旅立ち
CIMG0114
























三菱重工業の三菱がはっきりと宣伝されていますが、昔三菱重工業でロケ
ットの先端を研究開発しておられた人が、当社に入社され、その後不慮の
事故で亡くなられたことを思い出しています。
今更ながら、心からご冥福をお祈りいたします。

ちなみに、我が家の2階の部屋にある音響機器の一部であるツーウエイス
ピーカーは、三菱電機の「ダイヤトーン」で、35年間使用していますが、まだ
まだ健在です。
丈夫でもあり、良い音も出すようです。
階下にセットしているオーデイオには、ケンウッドのスリーウエイスピーカ
を使用しています。
アイワも使っていますが、このスピーカは小型ですが、長時間聴いても飽
きない音を出します。

 若いころ、「機械の寿命とコスト」というタイトルの講習を受けたことがあり
ます。
講師はアイワの設計者でしたが、コスト競争で他社と比較し、「どうしてもアイ
ワ(わが社)のテープデッキが負けてしまいました」と言い、その代り寿命は
他社には負けなかったと言ってらしたのを思い出しています。
つまり、部品の軽量化を極限まで求めると、コストは下がるが、寿命が短く
なり、その辺のバランスが難しいと話されていたように思います。
その意味で、製品の寿命と性能をかなり重視した設計思想が、まだアイワに
は伝統的に残っているから、このようないい音が得られるスピーカになって
いるのだと思います。
今もアイワのスピーカーからFM放送を聴いています。

           「はやぶさ2」の旅立ち
CIMG0079






























            「はやぶさ2」の旅立ち
CIMG0106



























           「はやぶさ2」の旅立ち           
CIMG0081





































           「はやぶさ2」の旅立ち                 
CIMG0083































          「はやぶさ2」の旅立ち      
CIMG0085




























            「はやぶさ2」の旅立ち 
CIMG0089



























  探査機、「はやぶさ2」の話でしたが、この水彩画は新聞に掲載された写真
に基づいて小生が描いたものです。
米国の火星探査機が火星の軌道を周回している様子です。

        米国の火星探査機(習作)
CIMG0131

 庭に「もち」の木があります。

その前は「ヒバ」の木が植わっていましたが、植木屋さんに頼んで植え
替えをしてもらいました。
 そのヒバの木を重機で引き抜く前に、植木屋さんが木に向かって手を
合わせていたのが印象的です。
 そして抜いた跡に「もち」の木を植えてもらいました。

 木は10年たつと神木と云われるくらいですから、合掌して一礼の態度
は殺生への恐れと、詫びの心だと思います。
  あれから25年くらいにはなりますが幹もだいぶ太くなりました。
 この木には赤い実がたくさんなりますが、冬場になりますと鳥たちの餌
が減りますので、ヒヨドリが来てこの実を食べています。

 この夏、遊びに来た友達が、柿の木を切ってしまってから1年後に骨折
する大怪我をしたとか言っていましたが、何かいわれがあるのだと思い
ます。
 柚子の木は切ってしまってはいけないとは聞いたことがあります。
 樹木も生き物ですから大切にしなくてはならないと思います。

 今日は、その「もち」の木の高いところが、長い枝切り挟みでも届かなく
て、選定ができませんでしたので、家内の要請もあって小生がこの木に
登り、小型の鋸を使ってかなり太くなった上部の枝を選定しました。
 いつものように蚊の対策衣装を着用してからです。
 

               さっぱりとした「もち」の木です。
 002                                            








































 今日は中秋の名月です。
 昔は月を神聖視していたものですから、団子などを供えて月見をしたも
のです。

 月と言いますとアメリカの宇宙飛行士が月面着陸をしたときのことを思い
出しました。

 アームストロング船長が、NASAの宇宙センターとの交信で「UFOが見え
る」と云ったが、その部分をカットし放送をしたのだという本を読んだことが
あります。
  それに、月は「UFO」の発進基地だったとも記述をしていました。

 かなり前にUFOがアメリカのある土地に墜落して、操縦していたのは小人
のような姿をしていて目の玉がテニスボールほどの大きさのクーロン人で
あると記述してありました。
 血液は白色で、肌は薄緑で太陽の光で光合成をおこない、体の栄養にし
ているとか、かなり高度な超能力を有しているようです。
 またUFOの機体の金属は飛行機に使われているジュラルミンより軽いが、
強度はそれよりも優れていて地球では作れない金属であったともいわれて
います。
 実際、宇宙人に技術教えてもらいUFOも試作していて実験を行っている
のだということも印象に残っています。

 近い将来現実としてUFOをこの眼で見ることができると確信している内の
一人です。

 また、月には、太陽から降り注ぐ「ヨウソ」という核燃料に代わる無公害
の燃料が存在するという説をテレビ放送で聴視したことがあります。
 燃料転換をする日が来るのも夢ではないようです。

 どうもUFOはこの「ヨウソ」をエネルギーとして飛行しているのではないか
と自分なりに空想をしています。

 ムードのある月なのにふとこんなことをつぶやいてしまいました。         

 004                                              






















 今夜の月に合せるように、今シーズン4回目の「月下美人」の花が咲き
ました。

 011                                                                                                                           




































 
 007

このページのトップヘ