atusisugoiのblog

カテゴリ: シンデレラ城

 孫たちとディズニーランドへ行くことになりました。
先発隊である、娘と孫、それに広島から遊びに来ている孫たちは、早朝6時
半過ぎに出発し、小生と家内は、寝坊助の、今年大学生になる孫と、三人で
午前9時ころゆっくりと車で出かけました。
春の気配が濃く、桜も満開になった、絶好の行楽日和でした。

 娘から、「デイズニーランドは、シンデレラ城を中心にしてその周りを、
乗り物だとか、イベント館、お土産店、レストランなどがあり、楽しめると
ころが沢山有るよ」と、事前に情報入手していました。

ずいぶん前になりますが、何度かこのランドへは来ましたが、今回は、ラン
ドの概要を頭に入れましたので、楽しむコーナーの焦点がしぼれ、効率的に
行動がとれそうな気分です。 

 入園し、このアーケードをくぐるとランドが開けてきました。

        アーケードの向こうにシンデレラ城が見えます
CIMG0041


































 オシャレな建物が目に入ります。
これはタウンセンターファッションで、パーク内最大のアパレルのお店。
            
             タウンセンターファッション
CIMG0043



































    アーケードを出ると、ウオルトデイズニーの銅像がります。
CIMG0048




































        向うに夢の国のような建物があります。
CIMG0049



































 入場してから、娘に連絡を取り、待ち合わせ場所に決めたシンデレラ城の
前に到着すると、広島在住の家族それに娘たちにも会えました。

 ここで、飲み物とピザを買ってくれましたので、ベンチでいただきました。
小生はピザと云いますと、年に一度くらいしか食しないのですが、ここのピ
ザは何ともいえない美味しさで、大満足でした。

たくさんの人出の中、華やかな景色が広がっています。

              ランドの情景
CIMG0060




















                 ランドの情景
CIMG0061


































 建造物では、やはりシンデレラ城が大きな夢の主役ですから、多く写真を
撮りましたので、これを掲載いたします。

               シンデレラ城
CIMG0065



































                シンデレラ城    
CIMG0068



































           シンデレラ城廻りの風景
CIMG0072



















             
                 シンデレラ城CIMG0085





































             シンデレラ城廻りの風景
CIMG0087



































               シンデレラ城
CIMG0088



































                 シンデレラ城   
CIMG0091



































                  シンデレラ城  
CIMG0092



































                 シンデレラ城 
CIMG0094



































                シンデレラ城 
CIMG0095



































                 シンデレラ城 
CIMG0096



































           
            シンデレラ城前の広場CIMG0102




































              シンデレラ城前の広場 
CIMG0114




















           シンデレラ城への出入り口
CIMG0104



































              シンデレラ城への出入り口   
CIMG0105


































 時折、レトロな車が、ゆっくりとしたスピードでシンデレラ城前の広場を横
切っています。
異国情緒たっぷりです。

            レトロな見物車
CIMG0107




















             シンデレラ城前の広場
CIMG0112




















                シンデレラ城前の広場 
CIMG0115



















 広場には、見張り用と思われる建造物があり、お城の雰囲気を醸し出して
いました。

             見張り用の円柱形の塔
CIMG0116


































 シンデレラ城からキャラクターの登場のようです。
前を先導する女性は、ガイドさんです。

              キャラクターの登場
CIMG0117



































                 
              キャラクターの登場CIMG0118



































 シンデレラ城前広場には、列を作って、待ちかねたファンの方々に愛想を
振りまいて、簡単なトークとか、サイン、握手などの交換風景がありました。

            キャラクターがファンサービス
CIMG0121



































                キャラクターがファンサービス  
CIMG0127



































              キャラクターがファンサービス
CIMG0130


































 ピーターパンですね。
                
           キャラクターがファンサービスCIMG0109





































              キャラクターがファンサービス  
CIMG0110




































              キャラクターがファンサービス
CIMG0111



































 このあと、ランドの中を、小学6年生になる孫を連れ、散策します。

 水彩画「Nの会」の作品を地域文化祭の一環で、中央文化センターに
展示公開されましたが20日に無事終了しました。

 生涯学習センターではまだ作品を出展公開中ですが、明後日には絵
画を搬出し片付けをする予定です。

 このところ何かとあわただしかったのですが、やっと落ち着きを取り戻
しました。

 久しぶりに水彩画を描こうと思い、デッサンと一部着彩をしていた作品
を取り出してきて、思い切って筆を動かしてみました。

 自転車と同じで絵のほうもしばらく描くのを離れていましても体が覚え
ていたようです。

 描き始めると集中力も増して、普段通りに楽しめましたので安心をして
います。
 二年前から水彩画を始めてこんなに長い間描かなかったのは初めて
でした。

 なぜか描き始めるのに勇気が必要でした。
 

 本日はSA・Iさんの作品を紹介させていただきます。

 最初の作品は残堀川の桜がある風景を描いていますが、小生が長距
離の散歩をするときは、この辺まで足を延ばして折り返しをする所です。

 残堀川の河川は、埼玉県にある狭山湖から出発した水だそうです。
 多摩川に注いでいます。
 この河川には鯉が泳いでいだり、鴨もいてこの絵の季節がやはり一番
美しいと思います。

                桜の頃に

040
























                  ゆっくりと

038



















                野菜と果実

039




























 それでは以前、小生が描いた絵画を添付させていただきます。

                ディズニーランド


088





















 船橋の孫たちは、ここディズニーランドの年間パスポートを購入していま
すので、たびたび遊びに出かけるようです。

 従いまして家の中はディズニーのグッズでいっぱいです。

 何事もほどほどがよいのですが・・・・・・・・・。
















このページのトップヘ