atusisugoiのblog

カテゴリ: 蚕でにぎわった時代

 立川市歴史民俗資料館の手引きから

 養蚕と桑苗
  
 江戸時代の中頃から養蚕技術は急速に発達し、明治時代には生糸が対外輸
出品の上位を占めるようになりました。

 養蚕農家は、少しでも繭を多く生産するため、いろいろと知恵を絞りまし
た。
 良質な桑の葉を求めたのもその一例でした。
 桑の葉の質は蚕の生育に大きく左右し、良い桑の葉は蚕の食いつきも良く、
繭も多く収穫できました。

 砂川の桑苗

 多摩地域は、かって、桑苗の一大産地でした。
 なかでも、砂川村は大正時代には桑苗の生産量が全国一だったこともあり、
桑苗の特産地として特に有名でした。
 江戸時代の享保年間(1716~1736)には、すでに桑の産地として知られ
ており、早くから桑苗の生産がおこなわれていたことが分かります。


 一般に、養蚕には「葉が大きく肉厚な桑がよい」とされています。このよ
うな桑は、蚕の食いつきが良いだけではなく、給桑(蚕に桑を与えること)
作業も楽になるため、養蚕農家にとっても有利でした。
 桑苗の生産が盛んに行われていた砂川村では江戸時代のころは「白庄土」 
「丸葉十文字」などの品種が既にあったと伝えられています。

 幕末・明治時代に接木による生産が確立されると、生産技術が簡略化し、
大量生産が可能となりました。接木法は品種改良にも適しており、毎年のよ
うに新しい品種が生み出されました。

 桑の葉の名称は上段より

      白庄土     島の内    剣持 
    
      丸葉十文字   伊太利    魯桑    

      白春日     甘楽桑    六郎高助  

      富栄桑     福島大葉   市平  

      紫早生     一の瀬    御所撰

                                           桑の種類

044
















































                 桑を刈る道具

048












                桑の葉を運ぶ籠等

043





























                   秤

047






















                養蚕道具

046

















            ヒラツケ・サンザシ・タケゴノメ

050
















  養蚕は江戸時代末期から昭和初期にかけて、立川、砂川、西地区の農業
の中心を占めていました。

 砂川では、万延元年(1860年)に蚕の神様の「高影神社」が祀られており、
当時養蚕がこの地方で盛んに行われていたことが分かります。

 養蚕がおこなわれる春から秋まで農家の生活は蚕を中心に営まれました。
 母屋も「蚕室造り」と呼ばれるものに改造されました。
 繭玉など養蚕に関連した年中行事も多い。

 しかし現在は、砂川のわずかの農家で行われているにす過ぎません。

             蚕に桑の葉を与える作業

052





















  機織りは女の仕事であり農家の副業として行われました。
 砂川では、江戸時代末期から「砂川太織り」が織らていました。
 明治になると、村山地方の「村山かすり」の影響を受け、生産の中心は砂
川太織りから村山かすりに移っていきました。

 道具も改良され、機織りはますます盛んになりました。明治22年の砂川村
の調査によると当時の村の農家の85%にあたる500戸で機織りが行われ
ていました。

                                               機 織 り  姫

037















                 機織り器

034

























                  糸  車

031



















              イトヒキ     イトアゲ

033














                   繭

036




















 養蚕業の発達

 明治35年(1902)の記録に「西多摩村の農業は、重きを養蚕業に置き、農業
生産の七割強は、繭、生糸の生産であるからである。

 田畑の多くは桑園化し、日常の食料品さえも他村から買い求めると書いてあ
ります。
 西多摩村は養蚕業の最盛期は、大正8年(1919)で、収繭総額約225,000㎏、
飼育戸数300戸、総価格80万円に達しています。

 養蚕が盛んになると、製紙工場も次々と作られました。

 工場には多くの従業員が集まり、村は活気にあふれていました。


 蚕の一生

 蚕は卵からかえると、通常4回脱皮した後、繭をつくってさなぎになります。
 桑の葉を食べて活動する時期を「齢」といい桑を食べるのをやめて脱皮をする
準備をする時期を「眠」といいます。

 卵⇒第一齢⇒第一眠⇒第二齢⇒第二眠⇒第三齢⇒第三眠⇒第四齢⇒第四眠
⇒第五齢⇒さなぎ(繭)⇒蛾という一生を送るのです。


179




















178
















               桑の葉を裁断する道具
 171

























             桑の葉を入れて背負う籠

172





















 さなぎになる直前に写真の木枠の中の各々の枡目に蚕を入れてやると
自分で繭を作ってさなぎになる。

173





















             養蚕に必要な道具類

174




















             養蚕に必要な道具類

175






















176





















                生糸巻きとり器

177




















               蛾が卵をうみつけます。

181




















              養蚕に必要な道具類

183



































              蚕が桑の葉を食むところ。

184





















                 暖房器具( コンロ )


186




















               温度管理用の床暖炉

187




















             日常に履いていた藁草履

188



















             

                 繭の鑑別器

170




















                                              工場で生糸を紡ぐ人

169




































 
 現代は化学繊維が発達して絹の需要が少なくなりましたが、本当は自然
のものである絹織物の方が体にも優しく健康にも良いと思います。

 桑の木を植えること自体が地球環境にもプラスになります。

 また、化繊のように化学製品自体が製造の工程を含めて環境に悪いの
ですから。

 お米と一緒で何とか養蚕も復活の手立てはないのでしょうかと思ってしま
います。

 近い将来、衣類も自給自足の時代になるかもしれません。
 
 農家の重要性をじっくりと考える時代です。

 
 絹の衣を詠んだ歌が、万葉集にあります。

 ☆  たらちねの母がそのなる桑すらに願えば衣に着るといふものを

 ☆ 筑波嶺の新桑繭の衣はあれど君が御衣しあやに着欲しも
 














このページのトップヘ